Top > テクニック


テクニック

Last-modified: 2019-11-16 (土) 19:44:16

知っておくと得する操作や戦術のテクニック。

操作テクニック Edit

アーセナルのターン・ロール Edit

一定速度以上で左右に切り返したり、一定以上の速さで前進中に地形へ直撃したり、空中で前進ブースト状態になったり…このようなとき、アーセナルがターンしたりロールしたりする。かっこいい。
普通の方向転換に比べ、移動速度を維持しながら素早く切り返せる。ミサイルや偏差射撃を回避しやすい?(要検証)

回転撃ち Edit

マシンガンかアサルトライフルを両手に持って*1、左右の切り返しのターンと同時に射撃をすると某ゲームのオープニング映像のような回転撃ちができる。かっこいい。
発動時は弾丸を消費せず、一定範囲の攻撃判定が発生する。ミサイルの迎撃や小型イモータルの掃除に有効。
フリーオーダーでは僚機にヒットしてしまう他、護衛や奪還オーダーの場合は損害になりうるので注意。

安全着陸 Edit

  • 飛行状態から着地する際、出来るだけ進入角度が地面と平行になるようにして着地すると着地硬直を防げる。
  • ブリンクで地面に突っ込んだ場合も着地硬直が発生しない。
  • 地上でジャンプした際、そのまま着地すると硬直が発生するが、ブーストで上昇を抑制しつつ飛行モードを間に挟むと着地硬直を防げる。

パイロン中のオートリロード及びそれを利用した回し撃ち Edit

  • 武器のリロード中や射撃間隔武器のクールタイム中でもパイロンの武器と交換することが可能。パイロンに引っ込んだ武器はパイロンの中でリロードやクールタイムの消費が行われる。
    分かりやすく言えば、射撃→パイロンの武器と交換→射撃という流れ。
    リロード性能が低いアームでフェイルノートやエンジェルオブデス、射撃間隔性能の低いアームでパニッシュメントやイービルスロウスなどの武器がある程度実用的になるので習得できるならやっておこう。

  • また、発射した弾丸が消えないと次弾が撃てない仕様のブラックムーンは武器毎の制約なので片腕のみで2発撃つことができるようになる。
    その気になれば戦場にブラックムーンの弾丸を4発出現させることができる。
    ただし、ブラックムーンの弾丸同士が接触すれば対消滅が発生し消えてしまうので注意。

  • フェムトを使用する武器を手に持っているとフェムトの回復が遅くなってしまう。貯める場合はパイロンへ。

各種キャンセル操作 Edit

  • 近接攻撃の突撃中、武器を振りかぶるまでの予備動作の間にブースト移動を入れるとキャンセル出来る。
  • レーザー武器のチャージ中に近接武器の突撃を入れるとチャージがキャンセルされ、フェムト消費もない。
  • ブリンクで様々な行動をキャンセルできる。
    • 照射レーザーの硬直
    • ミサイル発射
    • 巨大イモータルの武器利用(ブリンクするとその場に落とす)
  • 投擲構え中に「掴む/リロード/取り消し」ボタンを押すことで投擲をキャンセルすることができる。
    • アウター状態の場合は構え中に緊急回避する事で投擲をキャンセルすることができる。

粒子兵装節制術 Edit

フェムト残量が十分に多い場合、粒子兵装は以下のように回復する。

①使い切った場合、1/3→2/3→満タンの順に補充される。
②1/3未満の量を残した場合、2/3→満タンの順に補充される。
③1/3以上を残した場合、即座に満タンになる。

つまり、毎回残り1/3あたりで兵装を解けば、効率よく使用することができる。

戦術テクニック Edit

Wトリガー(ダブルトリガー) Edit

両手に射撃武器を持ち、同時に利用することで最大効率で攻撃する戦術。
名称は某作品で使われていた通称。
本作品でも戦術として有効で当たり前のように使われているが、
初めて触れる人は初期装備がシールドなのもあって気づかないことがある。

戦術としては

  • 両手の武器を揃える
    • 単純に片手で撃つよりも2倍のダメージ効率になる他、残弾数やリロードタイミング、最適距離の調整などを簡略化できる。
    • 例:シルバーレイヴン2丁で敵に張り付いて攻撃、相手は死ぬ
  • 違う特性の武器を持つ
    • 異常付加やスタミナ低下武器で機動性を削りつつ、もう片方の武器を確実に当ててダメージを与えるなど特殊な戦い方ができる。
      適正距離が一致しないことが多いので、片手の火力は度外視する場合も多い。
    • 例①:カグツチで炎上させスタミナを低下させつつイービルスロウスをブチ込む、相手は死ぬ
    • 例②:バレット武器と(最適射程のない)レーザー武器を組み合わせて対応力を上げる、相手は死ぬ

X斬り(クロス斬り) Edit

ブレードを両手に持ち同時に攻撃ボタンを押すと両手をクロスさせながら振り下ろして攻撃する。かっこいい。
敵をダウンさせる性能が高い(要検証)とされており、マルチプレイでは状況を見て判断しよう。

  • 当たり判定は両手の武器それぞれに設定されており、左右にずれたらそれだけのダメージしか出ず、片方のダメージで破壊できる場合も片方分しか出ない。
    同時ヒットではとんでもない火力になるものもある。
  • メイスと他の近接武器だと両手メイスのモーションになる。
  • クロノスブレイク系列は使用不能。

アウター戦闘 Edit

トラップによる束縛とグレネードでの攻撃力で、撃墜されてもあきらめず戦える程度の性能はあるが、
撃破後のパーツ回収などは行えないため、その場しのぎ程度で考え、ソロの時はおとなしくリトライしたほうがいいだろう。
今後マルチで高難易度オーダーが実装されるようなことがあれば戦術に組み込まれるときもあるかもしれない。

対AI
先手必勝。刺される前に刺すこと。
対大型
できることは少ない。ブリッツやグレネードでひたすら削っていくこと。
対アーセナル
アーセナルはアウターをロックオンすることができないので、点の攻撃は動き回ると被弾をかなり減らせる。ただし面の攻撃には非常に弱いので注意。

アウターができること Edit

  • アウターブリッツによる射撃(連射とチャージショット)
    弾数は無限だが撃ち続けると加熱していき、オーバーヒートすると冷却が終わるまで撃てない。
    見た目の割に威力があるが、アーセナル相手に通用するかというとそれほどでもない。
    ただしアウター専用オーダーに登場する警備兵は耐久がかなり低いので撃破可能。

    ちなみにチャージショットのDPSは連射に劣り、どちらかといえば弾速向上を生かした長距離射撃に向く。
  • グレネード
    威力は高めで、アーセナルに対しても結構削っていけるが、非常に当てにくい上に弾数制限がある。
  • トラップ
    触れたアーセナルを一発でスタン状態にするチートトラップを設置する。個数制限あり。
    範囲は横に結構広いが、上にはほとんどない。
    NPCの行動パターンにもよるが、自分しかいない状態で地上でちょろちょろしてると攻撃しに降りてくるのであまり問題はない。
  • ブレード(要改造)
    スタミナを消費してブレード攻撃をする。めっちゃかっこいいが使いどころはほとんどない。
    副効果のレザブレ強化のほうがメインか。
  • エクスプロージョン(要改造)
    自爆。威力と範囲に優れるが、発生までがわかりやすいうえに時間がかかるため、対人選はおろか対NPCでも当てるのは難しい。
    ネタとしては優秀。
  • リペア(要改造)
    自機の近くで使うとVPを回復させる。回復はかなり遅いが、対NPCであれば追ってこない位置まで逃げる戦法で無限に戦える。
    撃墜された場合は使えないので、利用するつもりなら余裕を持った方がよい。
  • スマッシュ(要改造)
    車両を吹っ飛ばして攻撃できる。もちろん当てにくいしアーセナルの補正が付いた投擲には及ばない。

アウターのフェムト Edit

アウター状態で取得したフェムトは、アウター状態での使い道はない。
では、アウターのフェムト値に何の意味があるのかというと、搭乗時に機体のフェムト値にアウター状態で取得したフェムトが加算されるのだ。
ミラージュが降機状態でも解除されないことを利用してミラージュの効果時間を大幅に延長したり、レーザーやミラージュで使い果たしたフェムトを急速に回復させたい時に利用するといいだろう。
勿論、相手に大きな隙をさらすことになるので、しっかりと安全を確かめた上で利用したい。

戦闘機動 Edit

戦闘において自分を有利にする機体の動かし方など。

回避機動 Edit

ロックされた状態の攻撃はかなりの命中率があるが、機動に緩急やフェイントを設けることで回避率を上げることが出来る。
マシンガンや火炎放射のような継続的な攻撃には効果が薄いが、単発高威力なバズーカなどには絶大な効果を発揮する。

  • ブーストやターンを利用して急激な方向転換をする
  • ダウンブースターで高度を変える
  • まっすぐ移動するのではなくブースターなどを活かしてジグザグな機動を取る

ブースト連打 Edit

回避機動の応用になるが、ブーストを押し続けるのではなく細かく連打する事で簡単に緩急が付けられる。
移動キーでの方向制御も加えれば、かなり攻撃を避けられる。

ブーストボタンを押す指は疲れてしぬ。適度に休憩を取りましょう。

サテライト Edit

相手を中心に円を描くように移動する動き。由来は相手から見て衛星のように動く様子から。
具体的には相手をサイトに捉えた状態で進行方向と逆にカメラを回す事で、回避行動を取りながら攻撃できる。
軽量機などでこちらの速度が相手の旋回速度を超えている場合は一方的に攻撃できる、基本戦術。

地上戦闘 Edit

本作品は機体に地上モードと飛行モードがある関係で、地上での上下軸での回避に制限があるため、
お互い地上に降りる(降ろす)ことで回避ができる方向を減らし、攻撃を当てやすくする事ができる。
ただし、それは相手から見ても同じなのは留意しておくこと。

引き撃ち Edit

こちらに向かってくる相手に対して後退しながら弾を浴びせる動き。
弾との相対速度の関係で、後退する側は攻撃を避けやすく、前進する側は被弾しやすくなる。
特にまっすぐ向かってくることのあるCPUのアーセナル戦で効果を発揮する。

黄線は赤線 Edit

言うまでもないがマップ外側には黄色のエリア、その更に外側には赤いエリアがある。レーダー上でもわかる。黄エリアにいるとカウントダウン後爆散する。赤エリアはちょっと触れるだけで即爆散。機体から脱出することさえ許されない。黄エリアはまだ生存の余地があると一見思いがちだがその黄色い壁を背にしている時点で死と隣り合わせ。近接武器のバルガグリードやガンフォートのバリアなど吹き飛ばしの強い攻撃を受けると赤エリアまで一直線に運送され四散してしまう。大型イモータル戦などで赤エリアに飛ばされて事故死する事が多いなら、『黄色い線から離れる』というまるで駅のホームかのように意識しておくと、吹き飛ばされて乙ることは減るだろう。真ん中で余り動かない戦い方ならそんな心配は無用だが…

ダウン Edit

攻撃によりダウン値が蓄積し、一定以上を超えるとその場でダウン、飛行していれば落下する。
起き上がるまでダメージが入らないため、無駄弾を撃たないように相手の機体をよく見ること。
協力プレイではその間攻撃が出来ず効率が悪くなるのを理由に敬遠されがちのため、武器のダウン値には気をつけよう。
対戦では1vs1では出番はないが、2vs2では敵を足止めすることが出来る。一人をダウンさせて隙をつくり、もう一人を二人で袋叩きにする、といった戦術が取れる。

パージ Edit

パージを行うことにより機体重量が減り機動性が上昇する。弾が補充出来ない状況になった場合には検討してみよう。
また、投げつけたダメージは重量依存で、投げれるオブジェクト同様に投擲性能による倍率がのり、当たり判定は武器の大きさそのまま。
ロックしていればそっちに向かって投げるので、冷静に狙えば結構当てられる。

なお、パージで失った武器はオーダー終了後には元に戻る。残骸から回収した武器もしっかりとハンガーに送られている。
お気に入りの武器を失ってしまう、みたいなことにはならないので、弾が切れ次第、場合によっては弾が切れなくても気兼ねなく投げつけてやろう。

パンチ Edit

何も武器を持っていない時は素手で殴りかかる。
殴りの性能はアームの「近接格闘性能」に依存している。
アサルトシフトが乗るため、同時押しで殴ると馬鹿にできない火力になる。
ロックによるホーミングなどは無いため最終手段になるが、
NPC相手なら結構チャンスはあるので弾が切れても諦めずに殴ってみよう。

投擲武器を投げる腕 Edit

フィールド上に配置されている車やコンテナなどの投擲可能なオブジェクトは、
掴むボタン(デフォルトだと A ボタン)を押したときにオブジェクトに近い方の腕で掴んで投げる。
ただし、オーグジュアリのグレネードは、ガンアームでない限りは常に右腕で投げる。

サウスポーとして活躍したいなら右腕をガンアームにしておこう。

ピンチ時のミラージュ Edit

残VP30%以下の表示が出ているときにミラージュを発動すると、自機とミラージュの纏うフェムト粒子の色が金色に変化する。
この時、自機とミラージュの敵に与えるダメージがアサルトシフト発動時と同様に大きく上昇する。
回復ゾーンが残っていなくても、たとえどんなにピンチでも、諦めなければ逆転の一手は残されているのだ!

リロード Edit

マガジン弾数を撃ち切ると、残弾がある場合は自動的にリロードされる。
マガジン弾数が残っている状態では「掴む/リロード/取り消し」ボタンを押しながらウェポンボタンを押すことでリロードすることができる。
敵との間合いが開いたときや、次の標的に向かうときにリロードしておくと良い。

コメント Edit

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • レーザー撃ってるときにブリンクすると照射終了時の硬直を無くせる。 -- 2019-10-09 (水) 21:51:22
    • レーザー照射中はブーストできるから終了間際にブースト吹かして離脱すれば比較的安全に逃げれる(硬直は無くならないけど) -- 2019-10-10 (木) 13:52:25
  • 安全着陸の項、もしかしたら間違っているかも。 -- AU-G? 2019-10-16 (水) 14:41:14
    • 途中で送っちまったよ……。申し訳無い……。背中のブースター口部分?が、降下ボタンを押した時はオレンジの炎、上昇ボタンを押したときは青白い炎が出ているのですが、オレンジの炎が出ているときに着地をすると硬直が発生してるんじゃなかろうかなと。ブリンクで地面に突っ込む場合も、オレンジの炎が出ているときは、降下出来ないと思われる。試験場で数時間、挙動の検証を行っていたんだがそうとしか思えなくて…。 -- AU-G? 2019-10-16 (水) 14:49:40
      • 、、、間違ってました、、 -- AU-G? 2019-10-18 (金) 09:08:42
  • オーダー中に拾って装備した武器はミラージュ側には反映されないの、ここと小ネタどっちがいいかな? -- 2019-10-19 (土) 16:46:54
    • 戦術にミラージュの項目作ってそこに入れるとかどうだろう 他にもミラージュについて戦術書けるだろうし -- 2019-10-19 (土) 16:49:47
    • これ、どうもショルダーウェポン取得した時だけ装備がミラージュ側に反映されない(ショルダーウェポン取得→アームウェポンパージで全部反映される)ので不具合の方がいい気がします -- 2019-10-21 (月) 01:03:59
  • ブーストしながらジャンプすると速いね -- 2019-10-27 (日) 21:54:49
  • 新しいテクニックを追加しました。たぶんテクニックと呼べるものだと思うけど... もっと分かりやすい表現があれば編集してください。 -- 2019-10-28 (月) 00:25:15
  • 任意のリロードと投擲のキャンセル操作ができるのに最近気づいたのですが載せるべき?ゲーム内ではヘルプやチュートリアルではわからず、ボタン配置に説明があるのみです。 -- 2019-10-28 (月) 02:04:11
    • あれ?チュートリアルでなかったっけ もしなさそうなら追加しといて良いと思う -- 2019-10-28 (月) 07:29:03
      • お、遅くなりましたが追加したお -- 2019-11-16 (土) 19:47:04
  • レーザー手持ちでフェムト回復が遅くなるのは知らなかった -- 2019-10-30 (水) 11:10:52
  • パイロン武器交換のテクニックを書いた者だけど、何かいいテクニック名ないかな? -- 2019-11-01 (金) 10:03:14
    • 回し撃ちとか -- 2019-11-02 (土) 05:36:07
    • 回転撃ち -- 2019-11-10 (日) 00:21:35
    • テクニック名を書き込みました -- 2019-11-10 (日) 17:57:39
  • 背中の炎が赤のとき、アーセナルは地上形態なので空中でも地上ブースト速度が反映される。胴のブーストより足のブーストが速いアセンなら使い道あるかも。 -- 2019-11-02 (土) 15:52:33
  • パンチを両手同時に使うとモーションが変化するのは既出だろうか -- 2019-11-17 (日) 02:09:04
    • 情報としてはかなり出回ってると思うけど何気にどこにも記述されてないような -- 2019-11-17 (日) 02:49:27
お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White





*1 片方にマシンガン、もう片方にアサルトライフルという組み合わせや両手ガンアームでも可