txt投稿 の変更点


*txtの投稿はこちらへ [#w86da4d1]
新しいtxtの投稿や、
改造まとめスレッドへ投稿された筆者様で、
[[ElonaUploader>http://www.elonaup.x0.com/]]のログから消失してしまったデータを掲載しても良い、という方の投稿をお待ちしております。
#br
どうぞお気軽にご参加ください!
#br
コメントを残される場合、簡単な名前を付けるとわかりやすいかもしれません。
題名はわかりやすいものを付けましょう。
新規提案をする人は既出ではないか、既存項目と過去ログを確認してください。
#br
コメント投稿後にページを更新すると同じコメントを二重投稿してしまいます。
&color(Maroon){投稿後は更新しないか、こちらから入り直して下さい};→ [[txt投稿]]
#br
#contents
#article
*別館wikiミーア [#b88ae205]
> (2018-05-08 (火) 00:15:36)
#region()
・通常の待機状態のとき
%txtCalm,JP
「るんるんるん♪ねっこねっここっねこ♪ふ~んふ~ん♪」
「お~!ねっこねっここねこねこねこ♪」
「ね~こねこねこね~こねこ~♪」
「にしし♪1」
「フーン フンフン フーン フンフン ネコのフ~ン♪ フーン フンフン フーン フンフン かたい♪」
「♪ふ~んふ~ん♪」
「ふ~んふ~んフンねこのフ~ン♪」
「フ~ンフンフンかたい♪」
「ん~ふふふ~ん♪」
「き、き、きのこ♪き、き、きのこ♪」
「きのこのこのこげんきのこ~」
「うみみゃ?」
「きのこのこのこげんきのこぉ~♪」
「エリンギ マイタケ ブナ しめじ~ お~♪」

間延びした歌が聞こえる。
猫の鳴き声が聞こえる…
ミーアの綺麗な髪がさらさらと揺れている。
ミーアは猫の様な伸びをした。
ミーアの身に付けたショールがふわふわと風に揺れている。
ミーアから薄い香水の香りがした…
ミーアはどこか嬉しそうに歌を歌っている。
ミーアはショールの先を指で弄りながら歩いている。
何処からか良い香りがした…
「にしし♪」
「ん~ふふふ~ん♪」


%txtAggro,JP
「おしおきですぅ~♪」
「こらー!」
「おしおきしちゃいますよ♪」
「え~い♪」
「躾けないといけませんねー♪」
「許しませんよー?」
「そぉい!!」
「てぇ~い♪」
「冗談では済みませんよ~?」
「にしし!」
「やぁん♪このへんたいさん♪1」
「きゃ~!」
「やぁ~ん♪」
「にゃぁーんて!」
「にゃ~ん♪1」
ミーアは武器を振るうというよりは武器に振り回されているようだ。
ミーアは適当に武器を振り廻している。
ミーアは猫の様な唸り声を上げて敵を威嚇している。


%txtDead,JP
「はわわ!」
「痛いですぅ~…」
「痛いですよぉ…」
「んみゃあ!?」
「ん、もぉ♪1」
「ダメですぅ♪」
「いたぁい♪1」
「来世は猫になるですぅ。」

%txtKilled,JP
「あーん、バカぁ♪」
「いやぁーん♪1」
「だーめですよぉー♪」
「めっ♪」
「にしし♪」
「んみゃぁーん♪」
「んふふ♪1」
「ざーんねん♪」
「にゃーんで♪」
「調子に乗っちゃダメー♪」
敵をしばき倒したミーアの目は笑ってはいなかった…
あなたはしばき倒した敵を眺めるミーアの笑顔にぞっとくる何かを感じた…
ミーアは倒れ伏した敵に容赦なく止めを刺した…

%txtWelcome,JP
「お仕事お疲れ様でありますぅ♪」
「冒険者さんお疲れ様でありますぅ♪1ミーアもお外行きたいので今度連れて行ってくださぁい♪」
「冒険者さんおかえりなさいですぅ♪」
「おかえりなさぁい♪ミーアとっても寂しかったですぅ♪1」

%txtDialog,JP
どぉ~しましたかぁ~?にしし♪
パルミアを引っ張るミーアです、にしし♪
冒険者さんは迷子の子猫を見た事はありますかぁ?おうちに帰りたくても帰れないなんて可哀想ですぅ…それで私考えたんですけどぉ♪ あなたは会話が面倒になる前に話題を切り替えた。
ミーアパーティによく行くんですけどぉ、おもむろにパンツの自慢をする方がいてぇすっごく迷惑に思うんですよぉ。なんだか気持ち悪いですよねぇー!女性の敵ですぅ。
冒険者さんは猫好きですかぁ?ミーア生まれ変わったら猫になりたい位好きなんですよぉ♪
ミーア聞いた事があるんですけどぉ、遺伝子を合成する方法が何処かでは研究されてるそうなんですぅ。ミーアと猫ちゃんの遺伝子を合成させて本物の猫になれるかもしれないんですよぉ!凄いと思いませんかぁ♪


%txtabuse,JP
げへへミーア可愛いよぉミーアぁぁぁあ
ミーアを抱きしめてその柔かさと匂いと可愛い声を間近で聞きたいよぉぉぉ
ミーアミーアミーアァァァ猫なで声でミーアの金髪もふもふしたいよぉぉぉ

この汚物が…
ペッ! ミーアは唾をはいた。
ミーアは中指を立てた。

%txtmarriage,JP
「あ~ん♪嬉しいですぅ!幸せにしてくださいね♪1」 ミーアはあなたに抱きついて喜んだ。

%txtanata,JP
「そんなに遺伝子残したいんですかぁ?にしし♪」
「ミーアとにゃんにゃんしたいんですか~?」
「あぁん♪1冒険者さん発情した雄猫みたいですよぉ♪」
「冒険者さんならいいですよぉ♪」

%txtiyayo,JP
「また今度ですかぁ~?」
「い・け・ず~♪」
「あ~ん♪1バカぁ」
「ミーアは何時でもいいですよぉ~」
「あれぇ?もしかして物怖じしたんですかぁ?にしし♪」
%txtnakanaka,JP
「にしし♪いいですよぉー。」
「え~?したいんですかぁ~?えっちですねぇ~♪」
「やぁーん♪いいですよ~。こっちおいで~、にしし♪」
「そんなにしたいんですかぁ~?ん~、どうしましょうかね~♪」ミーアはあなたに抱き付き隆起した生棒を擦ってる…
あなたの生棒が持ち上がりミーアのスカートを巻き上げる。「きのこのこのこげんきのこ~♪1」
「冒険者さん我慢できなさそうですね~、もうこんな凄い事になってるじゃないですかぁ~♪1」

%txtikuyo,JP
あなたはミーアの首筋に舌を這わせ、素肌の匂いを堪能した…
「ほ~らだっこだっこっ♪」
「ほ~らいいこいいこ♪」
「あ~ん、冒険者さん可愛いですぅ♪1」
あなたはミーアの首元にキスをし、柔かな桃尻を揉みしだく… 「や~ん♪冒険者さんのすけべさぁん♪1」
あなたはミーアの胸元に顔を埋めてその柔かさと良い香りを堪能した。 「あ~ん♪1冒険者さん甘えん坊さんですぅ♪1」
あなたはミーアの衣服を脱がせにかかった…  「やぁん♪そんなにがっついちゃダメですよぉ♪1」
あなたはそのままミーアの唇を奪い、下着に手をかけた…

%txtkiyameru,JP
「んもぅ♪いけずぅ♪1」
「焦らしプレイですかぁ~?」
「ミーアは何時でもいいですよぉ~」
「しないんですかぁ~?」

%txtkuyasii,JP
*ぬちゅ* 
*くちゅ…*
「んん…♪1」
「あん♪1」
「あっ…♪1そこはダメですぅ…♪1」
「えーい♪1」ミーアの乳に吸い付き谷間に顔を埋めるとミーアはあなたの頭を胸の中にぎゅっと押し付けた。   *むがが…!*     *もふもふ*
「ああん♪1冒険者さん凄いですよぉ♪」 内壁を擦りあげる様に突き入れるとミーアは堪え切れずに声をあげ快感に体を震わせる…
*くちゅ* *ちゅ…* ミーアの肉壺を撫でる様に掻きまわす様に愛撫すると卑猥な水音が響き愛液が止め処なく溢れ出る。
「ん…ちゅ…」 あなたはミーアの唇を奪い口内を激しく犯す…ぐちゅぐちゅと厭らしい音が響き舌はまるで別の生き物の様に絡み合う…
「あ…ふぅ…んぁ♪1………あっ…にゃあぁん♪1気持ち良い…♪気持ち良いですぅ♪1」
「あっ♪1あっ♪1」 ミーアがぴくりと跳ねると膣が狭まりあなたのペニスを程良く締めあげる…
蕩けた声を出し熱っぽい目であなたを見るミーアの姿にあなたは一層興奮した。
艶のある声を発しつつミーアは一心不乱に腰を振るう、肉と肉が打ち合い快感を貪る淫らな音だけが響き渡る…
ミーアはあなたのペニスをねっとりと舐めしゃぶり上目使いにあなたを見つめる…
「ふっ♪1くっ…ぁぁあああ…♪1」 あなたにしがみ付き切なげな声を上げたミーアの絶頂と供にあなたはミーアの子宮へとその精をを放った…
「あん♪1、冒険者さんのえっちぃ♪1」 ミーアの丁度良い大きさの乳に吸い付き乳首を舐めしゃぶるとミーアはそっとあなたの頭を撫でた。
あなたは後ろからミーアの程良い大きさの乳を揉みしだきながら腰を振るう…
ミーアはあなたのペニスを丹念に舐め上げる…何処で習ってきたのかその巧みな技にあなたは思わず射精しそうになってしまった。
ミーアはあなたの隆起したペニスを激しくしゃぶっている。「冒険者さんのおっきいですぅ♪そんなに遺伝子残したいんですかぁ~?にしし♪1」  *ジュップ*   *じゅる…*
「あっ……ん…ミーアの中に出すんですかぁ?いいですよぉ、沢山出して下さいねぇ♪1にしし」
ミーアの柔かな体を抱きしめゆっくりとしたストロークで膣内を擦りあげる…熱っぽい吐息をかけ、耳元で喘ぐミーアの声があなたの興奮をより一層高めた…
「あぁん♪1、冒険者さんの生棒すっごく熱くて硬いですぅ♪1」    *クチュ…*    *クチュ*
「かっ…はっああぁぁぁぁ…♪1」ミーアの膣内を激しく突き上げその奥に大量の精を放つ…  「ハァ・・・ハァ・・・冒険者さん…元気良過ぎですぅ///」
「あぁぁん……♪1奥ぅ…!奥凄いですぅ…♪1」
ミーアはあなたの腰に足を絡めて離さない。   *くちゅ*      *くちゅ*
ミーアの奥深くへペニスを沈める度にミーアから艶かしい声が溢れる…   「ひゃあん♪」
*クチュ…*
卑猥な音が響く…
「やぁん♪1」
「ああん♪そこぉ♪ダメですぅ♪1だめぇ♪1」
「ひゃぁぁぁん…♪1」
「にゃぁぁん♪1」
「もっと強くしていいですよぉ♪1」
「ふにゃぁぁぁああん♪1」
*パンパン*
*パンパン*
*クチュクチュ*          *クチュ…クチュ…*
「にゃあん♪1」
「ふにゃあぁぁん♪1」
*もふもふ*
*にゃんにゃん♪1*


%txtjigo,JP
「はぁ…はぁぁん♪1、凄かったですよぉ冒険者さぁん♪」
「はぁ…はぁ…、冒険者さぁん♪1、もっとしましょうかぁ?♪1にしし♪」
「冒険者さん……♪、激し過ぎですよぉ…♪1」
「あぁん♪1凄かったですよぉ…♪1」
あなたは荒い息をつきながら微笑むミーアの額にキスをした。
ミーアは蕩けた表情であなたに微笑みかけた。
ミーアはあなたの胸の中で甘えた声を出している。
ミーアはあなたの腕の中で丸くなって眠っている。

%txtnoru,JP
「おんぶですかぁ~?甘えん坊さんですね~。」

%txtoriru,JP
「重かったですよ」
「腰が痛いですぅ」
「今度はミーアを乗せてくださいね~」

%txtbiyaku,JP
「{player}さぁん…♪1体が熱いですぅ…♪1」
「{player}さぁん♪1…ミーア、そのぉ///今すっごく気分なんですぅ♪1」
ミーアは内股を擦り合わせて荒い息をついている…
ミーアの手が体の下の方へと向うのをあなたは見逃さなかった。
「なんだかすっごくいい気分ですぅ…♪1{player}さぁん♪1」
「これは精が付きそうですねぇ~冒険者さぁん?」


%txttiti,JP
「ほらぁ♪1よくみてて下さいねぇ冒険者さぁん♪」
「あっ、これ凄いですぅ♪1出ちゃいますよぉ♪1」
「あぁん♪こういうの興奮しますね~にしし♪1」
「こんな処でそんなぁん♪1んんっ…!」
「はぁぁん♪1でちゃいますぅ!」
ミーアの乱れた姿にあなたは欲情した!
ミーアは呆けた表情であなたを見ている。
ミーアはその場にへたり込み指を下腹部へ這わせている。
腰が抜けたのかミーアはその場にへたり込みあなたの名前を甘い声で呼んだ…
「あはぁ…こういうのも気持ち良いかもですぅ♪1」
「あぁん、気持ちいい…♪気持ち良いですぅ♪んん…!」
「ハア…ハア…♪1、こういうプレイもいいかもぉ♪1」

%txtsaite,JP
「こんなのダメですよぉ!」
「えっちぃですぅ♪」
「直接はダメですよ♪1」
「冒険者さんのえっちぃ♪1」
ミーアは媚薬を一口含むとあなたにキスをしそのまま喉の奥に流し込んだ。「美味しいですかぁ~?にしし!」*あなたは興奮した!*


%txtsand,JP
「下ろしてほしいですぅ…」
「こんなことしちゃいけませんよぉ…」
「これは何のお仕置きなんですかー?」
流石のミーアも不安そうな表情をしている…
ミーアはぷらぷらと揺れている。
ミーアの足がぱたぱたと揺れている。
ミーアはむすっとした表情であなたを見た。
サンドバッグにミーアが吊るされている…


%txtnikorose,JP
default
default
「にゃあん」
「みぅみぅ!」
「にしし!」
「フシャー!!」
「にゃぁーん♪1」
「んでんでんで♪」
「にゃぁーんで♪」
「うみゃみゃあ!!」
「うみゃぁ~ん♪1」
*ゴロゴロ*
*ゴロゴロ*


%txtkya,JP
「キャー♪1」
「いやーん♪1」
「このすけべさぁん♪1」
あなたはミーアの鼓動が微かに速いのを聞いた…
「お医者さんごっこですねー?」


%txttyohazusu,JP
あなたはミーアの頬が赤らめている事に気が付いた。
「あん♪1」
「あれぇ?冒険者さん顔赤いですよぉー?♪1にしし」


%txtsibaru,JP
「あん♪1」
「冒険者さん知ってますかぁ?猫は紐で繋がれる事をとぉっても嫌がるんですよ。」
「ミーア思うんですよぉ、猫ちゃん達は紐で縛られたり結ばれる事を望んでないだろうなぁってぇ。」
「そんなに傍に居て欲しいですかぁ~?にしし♪」
「縛らなくとも冒険者さんの傍を離れたりしませんよぉ♪1にしし♪」
「冒険者さんは縛りプレイが好きなんですねぇ♪1にしし♪」
「緊縛プレイがお好きですかぁ?ミーアはそんなに好きじゃないですぅ、にしし♪」

%txthodoku,JP
ミーアは自分についた紐の後を擦っている。
「ちょっと痛かったですぅ。」
「痕が付いちゃいましたねぇ、にしし♪」
「ようやく解放されましたぁ♪」
「少しきつかったですぅ。」
「少し位拘束されるのもいいかもぉ♪1」
「久し振りの自由ですぅ♪」

%txtturusu,JP
「いやぁん♪1」
「はわわ!何ですか!?何ですか!?」

%txtsorosu,JP
ミーアはゲホゲホと咳こんでいる。
流石にやり過ぎたのかミーアは目を合わせてくれようとしない…
ミーアはあなたを睨むと静かに泣きだした…

%txtsnaguru,JP
「ちょっ、ちょっと!痛いですってば!」
「冗談ですよね…?冗談ですよね!?」
「痛い!痛い!止めてくださいぃ…」
ミーアは苦痛に悶えた。
ミーアの叫びが響き渡る。
ギシギシと縄が軋む…
「ご、ごめんなさいですぅ…!!」
「やめてぇ…」
悲痛な叫び声が上がる…

%txtomiyage,JP
「くれるんですかぁ?わぁい♪ミーア嬉しいですぅ♪」

%txtyubikubi,JP
「いいんですかぁ?ミーア本気にしちゃいますよぉ?にしし♪1」
「わぁい♪ミーア宝石大好きですぅ♪1」
「冒険者さんの女たらしぃ♪1」

%txttoriage,JP
「ダメぇ♪」
「あげませんよ~」
「絶対ダ・メ♪」
「返しませんよ~、にしし!」

%txtpbou,JP
あ~!冒険者さんお久しぶりですぅ!ミーア一人でとっても寂しかったんですよぉ♪1
ミーアパーティ会場で豪華な装備を自慢する人を見たんですよぉ、ミーアもああいう綺麗な装備が欲しいですぅ。
ネフィアって薄暗くてじめじめしてて入りたくないですよねぇ~、お服が汚れちゃいますよぉ。
%txtexthank,JP
はわぁ。ほんとですかぁ~!嬉しいですぅ♪
お~♪ミーアうれしぃであります!
はーい、これと交換ですね~。
良い取引ができましたぁ~、有難う御座いますぅ!
%txtexhiya,JP
はーい♪また今度ですねー♪

//{calcadv}はそのキャラの護衛費用に置き換わります
//また、{calcadv}とgoldの間には半角スペースを入れた方が見た目的にいいです
%txtgoei,JP
冒険者さんの護衛ですかぁー?どっちかっていうとミーアの護衛だと思うんですけど~、それじゃあ{calcadv} goldでお願いしますねー♪

%txtyatou,JP
はーい♪有難う御座いますー!
%txthihiya,JP
はーい、さようならー♪
ミーアは冒険者さんに護衛して欲しいですぅー。
%txtumaku,JP
わーい♪また一緒ですぅ。
%txttikara,JP
え~、冒険者さんちょっと頼りないですぅ。
%txt0free,JP
ちょっと人が多すぎると思うんですよー、ですから~また今度声かけてくださいねー♪
%txtokoto,JP
い・や・で・す・よぅ♪にしし!

%txtsibui,JP
「うぷ………」
「ケホケホ……」
「ぅぅ、これ腐ってますぅ…」
「あーん、お腹が痛いです…」
ミーアは渋い顔をしている。
ミーアは嫌そうな顔をしている。

%txtnamaniku,JP
「生ですぅ…」
「美味しくないですよぉ…」
「…」
「贅沢は言いませんですぅ…」
「うぅ、生臭いですぅ…」

%txtkona,JP
「素材の味が生きてますぅ…」
「ケホ…ケホ…」

%txtnamamen,JP
「おつゆが欲しいですぅ。」
「たれか何かないですかぁ?」
「味がないですよぉ。」

%txtheibon,JP
「う~ん?」
「素朴ですねぇ。」
「美味しくはないですぅ。」
「ごちそうさまでしたぁ。」
「平凡ですねぇ。」
「大味ですぅ。」
*もそもそ*
*もぐもぐ*

%txt1_2,JP
「大した事ありませんですぅ。」
「う~ん、普通の味ですねぇ~。」
「ごちそうさまでしたぁ。」

%txt3_4,JP
「ごちそうさまでしたぁ♪」
「美味しかったですぅ♪」

%txt5_6,JP
「ごちそうさまでしたぁ♪」
「美味しかったですぅ♪」

%txt7_8,JP
「ごちそうさまでしたぁ♪1」
「美味しかったですぅ♪1」
「ほっぺたが落ちそうですぅ♪1」
「これ凄く美味しいですぅ♪1」

%txt9saiko,JP
「ミーアすっごく幸せですぅ♪」
「ミーア冒険者さんと一緒で良かったですぅ♪1」
「あぁん♪美味しいですぅ♪1」
「ごちそうさまでしたぁ♪1」
「あーん♪ほっぺたが落ちそうな位美味しいですぅ♪1」

%txtkaradake,JP
「もう終わりですかぁ?ミーアの勝ちですねぇ♪1」
「冒険者さんだらしないですぅ♪1」
「あーん♪ばかぁ♪1」
「んもう、冒険者さんもう終わりなんですかぁ?にしし♪」

%txtyanwari,JP
その冗談面白くないですよぉ。
ちょっと鏡見て来いよ。
はあ?よく聞こえませんでしたよぉ?

%txtkunren,JP
ミーアは財布を振って首を傾げている。
「冒険者さぁん訓練費の工面をお願いしたんですけどぉ。」
「お財布が軽いですぅ!」
ミーアはあなたに何かを期待する様な目線を投げかけた。
ミーアは空の財布を弄っている。

%txtonaka,JP
「ミーアお腹が空きましたぁ。」
「冒険者さぁん何か食べに行きましょうよぉ♪」
「冒険者さぁん、ミーアお腹がすいたんですよぉ♪だから何か食べに行きませんかぁ?」
*ぐぅ~…*
ミーアのお腹が鳴った。
*くぅ…*
「冒険者さぁん、何か食べ物はないですか~?」

%txthinsi,JP
ミーアは険しい顔で歩いている。
ミーアはふらふらとよろけている。
「ミーアは…もう…ダメかもしれませぇん……」
*フラリ*
荒い息が聞こえる…
「冒険者さん……少し休みましょうよぉ…」
ミーアの表情には余裕がない…

%txtkodukuri,JP
「良い子に育てましょうねぇ♪1」
「冒険者さんとの赤ちゃん…♪1にしし♪」
「大切に育てましょうね♪{player}さぁん♪1」

%txtlayhand,JP
うみゃみゃあ!

%txtakita,JP
「聞いてられないですぅ。」
「つまらない演奏ですねぇ~」
「ミーア飽きましたぁ。」
「この曲単調過ぎると思いますぅ。」
ミーアの関心は別の物へ移ったようだ。
ミーアは演奏を聴いていないようだ。
ミーアは欠伸をした。

%txturusai,JP
「ひっこめぇ~♪」
「え~い♪」
「お静かにお願いしますぅ~♪1」
「うっるさぁ~い!」
「にゃぁぁん♪1」
「聞くに堪えないですぅ♪」

%txtthrowrock,JP
ミーアは石を投げた。

%txtbravo,JP
「良い曲ですねぇ…」
「うっとりしちゃいますぅ♪」
「一曲歌っちゃいたい気分ですぅ♪」
「ねーこねこねこ♪」   あなたはミーアを黙らせた。
ミーアは上機嫌に手を叩いている。
ミーアは曲を褒めながらはしゃいでいる。

%txtbatou,JP

%txtparasite,JP
ミーアは飲み込んだ異物を吐きだそうとしている…
「はわわ!何か飲み込んじゃいました!」
ミーアはむせている…

%txtumare,JP
ミーアはしきりにお腹をさすっている。
ミーアは気分が悪そうにしている…
「気分が悪いですぅ…」
「冒険者さぁん…お腹が…変なんですぅ……」

%txttobidasi,JP
「はわわ!?」
「きゃあぁぁ!?なんですかこれぇ…!?」


%txttoketa,JP
「だいぶ気分が良くなりましたぁ…」
「うぅ…有難う御座いましたぁ…」
「助かりましたぁ…」
#endregion
#endregion
#endregion

//
//・通常の待機状態のとき
//%txtCalm,JP
//「るんるんるん♪ねっこねっここっねこ♪ふ~んふ~ん♪」
//「お~!ねっこねっここねこねこねこ♪」
//「ね~こねこねこね~こねこ~♪」
//「にしし♪1」
//「フーン フンフン フーン フンフン ネコのフ~ン♪ フーン フンフン フーン フンフン かたい♪」
//「♪ふ~んふ~ん♪」
//「ふ~んふ~んフンねこのフ~ン♪」
//「フ~ンフンフンかたい♪」
//「ん~ふふふ~ん♪」
//「き、き、きのこ♪き、き、きのこ♪」
//「きのこのこのこげんきのこ~」
//「うみみゃ?」
//「きのこのこのこげんきのこぉ~♪」
//「エリンギ マイタケ ブナ しめじ~ お~♪」
//
//間延びした歌が聞こえる。
//猫の鳴き声が聞こえる…
//ミーアの綺麗な髪がさらさらと揺れている。
//ミーアは猫の様な伸びをした。
//ミーアの身に付けたショールがふわふわと風に揺れている。
//ミーアから薄い香水の香りがした…
//ミーアはどこか嬉しそうに歌を歌っている。
//ミーアはショールの先を指で弄りながら歩いている。
//何処からか良い香りがした…
//「にしし♪」
//「ん~ふふふ~ん♪」
//
//
//%txtAggro,JP
//「おしおきですぅ~♪」
//「こらー!」
//「おしおきしちゃいますよ♪」
//「え~い♪」
//「躾けないといけませんねー♪」
//「許しませんよー?」
//「そぉい!!」
//「てぇ~い♪」
//「冗談では済みませんよ~?」
//「にしし!」
//「やぁん♪このへんたいさん♪1」
//「きゃ~!」
//「やぁ~ん♪」
//「にゃぁーんて!」
//「にゃ~ん♪1」
//ミーアは武器を振るうというよりは武器に振り回されているようだ。
//ミーアは適当に武器を振り廻している。
//ミーアは猫の様な唸り声を上げて敵を威嚇している。
//
//
//%txtDead,JP
//「はわわ!」
//「痛いですぅ~…」
//「痛いですよぉ…」
//「んみゃあ!?」
//「ん、もぉ♪1」
//「ダメですぅ♪」
//「いたぁい♪1」
//「来世は猫になるですぅ。」
//
//%txtKilled,JP
//「あーん、バカぁ♪」
//「いやぁーん♪1」
//「だーめですよぉー♪」
//「めっ♪」
//「にしし♪」
//「んみゃぁーん♪」
//「んふふ♪1」
//「ざーんねん♪」
//「にゃーんで♪」
//「調子に乗っちゃダメー♪」
//敵をしばき倒したミーアの目は笑ってはいなかった…
//あなたはしばき倒した敵を眺めるミーアの笑顔にぞっとくる何かを感じた…
//ミーアは倒れ伏した敵に容赦なく止めを刺した…
//
//%txtWelcome,JP
//「お仕事お疲れ様でありますぅ♪」
//「冒険者さんお疲れ様でありますぅ♪1ミーアもお外行きたいので今度連れて行ってくださぁい♪」
//「冒険者さんおかえりなさいですぅ♪」
//「おかえりなさぁい♪ミーアとっても寂しかったですぅ♪1」
//
//%txtDialog,JP
//どぉ~しましたかぁ~?にしし♪
//パルミアを引っ張るミーアです、にしし♪
//冒険者さんは迷子の子猫を見た事はありますかぁ?おうちに帰りたくても帰れないなんて可哀想ですぅ…それで私考えたんですけどぉ♪ あなたは会話が面倒になる前に話題を切り替えた。
//ミーアパーティによく行くんですけどぉ、おもむろにパンツの自慢をする方がいてぇすっごく迷惑に思うんですよぉ。なんだか気持ち悪いですよねぇー!女性の敵ですぅ。
//冒険者さんは猫好きですかぁ?ミーア生まれ変わったら猫になりたい位好きなんですよぉ♪
//ミーア聞いた事があるんですけどぉ、遺伝子を合成する方法が何処かでは研究されてるそうなんですぅ。ミーアと猫ちゃんの遺伝子を合成させて本物の猫になれるかもしれないんですよぉ!凄いと思いませんかぁ♪
//
//
//%txtabuse,JP
//げへへミーア可愛いよぉミーアぁぁぁあ
//ミーアを抱きしめてその柔かさと匂いと可愛い声を間近で聞きたいよぉぉぉ
//ミーアミーアミーアァァァ猫なで声でミーアの金髪もふもふしたいよぉぉぉ
//
//この汚物が…
//ペッ! ミーアは唾をはいた。
//ミーアは中指を立てた。
//
//%txtmarriage,JP
//「あ~ん♪嬉しいですぅ!幸せにしてくださいね♪1」 ミーアはあなたに抱きついて喜んだ。
//
//%txtanata,JP
//「そんなに遺伝子残したいんですかぁ?にしし♪」
//「ミーアとにゃんにゃんしたいんですか~?」
//「あぁん♪1冒険者さん発情した雄猫みたいですよぉ♪」
//「冒険者さんならいいですよぉ♪」
//
//%txtiyayo,JP
//「また今度ですかぁ~?」
//「い・け・ず~♪」
//「あ~ん♪1バカぁ」
//「ミーアは何時でもいいですよぉ~」
//「あれぇ?もしかして物怖じしたんですかぁ?にしし♪」
//%txtnakanaka,JP
//「にしし♪いいですよぉー。」
//「え~?したいんですかぁ~?えっちですねぇ~♪」
//「やぁーん♪いいですよ~。こっちおいで~、にしし♪」
//「そんなにしたいんですかぁ~?ん~、どうしましょうかね~♪」ミーアはあなたに抱き付き隆起した生棒を擦ってる…
//あなたの生棒が持ち上がりミーアのスカートを巻き上げる。「きのこのこのこげんきのこ~♪1」
//「冒険者さん我慢できなさそうですね~、もうこんな凄い事になってるじゃないですかぁ~♪1」
//
//%txtikuyo,JP
//あなたはミーアの首筋に舌を這わせ、素肌の匂いを堪能した…
//「ほ~らだっこだっこっ♪」
//「ほ~らいいこいいこ♪」
//「あ~ん、冒険者さん可愛いですぅ♪1」
//あなたはミーアの首元にキスをし、柔かな桃尻を揉みしだく… 「や~ん♪冒険者さんのすけべさぁん♪1」
//あなたはミーアの胸元に顔を埋めてその柔かさと良い香りを堪能した。 「あ~ん♪1冒険者さん甘えん坊さんですぅ♪1」
//あなたはミーアの衣服を脱がせにかかった…  「やぁん♪そんなにがっついちゃダメですよぉ♪1」
//あなたはそのままミーアの唇を奪い、下着に手をかけた…
//
//%txtkiyameru,JP
//「んもぅ♪いけずぅ♪1」
//「焦らしプレイですかぁ~?」
//「ミーアは何時でもいいですよぉ~」
//「しないんですかぁ~?」
//
//%txtkuyasii,JP
//*ぬちゅ* 
//*くちゅ…*
//「んん…♪1」
//「あん♪1」
//「あっ…♪1そこはダメですぅ…♪1」
//「えーい♪1」ミーアの乳に吸い付き谷間に顔を埋めるとミーアはあなたの頭を胸の中にぎゅっと押し付けた。   *むがが…!*     *もふもふ*
//「ああん♪1冒険者さん凄いですよぉ♪」 内壁を擦りあげる様に突き入れるとミーアは堪え切れずに声をあげ快感に体を震わせる…
//*くちゅ* *ちゅ…* ミーアの肉壺を撫でる様に掻きまわす様に愛撫すると卑猥な水音が響き愛液が止め処なく溢れ出る。
//「ん…ちゅ…」 あなたはミーアの唇を奪い口内を激しく犯す…ぐちゅぐちゅと厭らしい音が響き舌はまるで別の生き物の様に絡み合う…
//「あ…ふぅ…んぁ♪1………あっ…にゃあぁん♪1気持ち良い…♪気持ち良いですぅ♪1」
//「あっ♪1あっ♪1」 ミーアがぴくりと跳ねると膣が狭まりあなたのペニスを程良く締めあげる…
//蕩けた声を出し熱っぽい目であなたを見るミーアの姿にあなたは一層興奮した。
//艶のある声を発しつつミーアは一心不乱に腰を振るう、肉と肉が打ち合い快感を貪る淫らな音だけが響き渡る…
//ミーアはあなたのペニスをねっとりと舐めしゃぶり上目使いにあなたを見つめる…
//「ふっ♪1くっ…ぁぁあああ…♪1」 あなたにしがみ付き切なげな声を上げたミーアの絶頂と供にあなたはミーアの子宮へとその精をを放った…
//「あん♪1、冒険者さんのえっちぃ♪1」 ミーアの丁度良い大きさの乳に吸い付き乳首を舐めしゃぶるとミーアはそっとあなたの頭を撫でた。
//あなたは後ろからミーアの程良い大きさの乳を揉みしだきながら腰を振るう…
//ミーアはあなたのペニスを丹念に舐め上げる…何処で習ってきたのかその巧みな技にあなたは思わず射精しそうになってしまった。
//ミーアはあなたの隆起したペニスを激しくしゃぶっている。「冒険者さんのおっきいですぅ♪そんなに遺伝子残したいんですかぁ~?にしし♪1」  *ジュップ*   *じゅる…*
//「あっ……ん…ミーアの中に出すんですかぁ?いいですよぉ、沢山出して下さいねぇ♪1にしし」
//ミーアの柔かな体を抱きしめゆっくりとしたストロークで膣内を擦りあげる…熱っぽい吐息をかけ、耳元で喘ぐミーアの声があなたの興奮をより一層高めた…
//「あぁん♪1、冒険者さんの生棒すっごく熱くて硬いですぅ♪1」    *クチュ…*    *クチュ*
//「かっ…はっああぁぁぁぁ…♪1」ミーアの膣内を激しく突き上げその奥に大量の精を放つ…  「ハァ・・・ハァ・・・冒険者さん…元気良過ぎですぅ///」
//「あぁぁん……♪1奥ぅ…!奥凄いですぅ…♪1」
//ミーアはあなたの腰に足を絡めて離さない。   *くちゅ*      *くちゅ*
//ミーアの奥深くへペニスを沈める度にミーアから艶かしい声が溢れる…   「ひゃあん♪」
//*クチュ…*
//卑猥な音が響く…
//「やぁん♪1」
//「ああん♪そこぉ♪ダメですぅ♪1だめぇ♪1」
//「ひゃぁぁぁん…♪1」
//「にゃぁぁん♪1」
//「もっと強くしていいですよぉ♪1」
//「ふにゃぁぁぁああん♪1」
//*パンパン*
//*パンパン*
//*クチュクチュ*          *クチュ…クチュ…*
//「にゃあん♪1」
//「ふにゃあぁぁん♪1」
//*もふもふ*
//*にゃんにゃん♪1*
//
//
//%txtjigo,JP
//「はぁ…はぁぁん♪1、凄かったですよぉ冒険者さぁん♪」
//「はぁ…はぁ…、冒険者さぁん♪1、もっとしましょうかぁ?♪1にしし♪」
//「冒険者さん……♪、激し過ぎですよぉ…♪1」
//「あぁん♪1凄かったですよぉ…♪1」
//あなたは荒い息をつきながら微笑むミーアの額にキスをした。
//ミーアは蕩けた表情であなたに微笑みかけた。
//ミーアはあなたの胸の中で甘えた声を出している。
//ミーアはあなたの腕の中で丸くなって眠っている。
//
//%txtnoru,JP
//「おんぶですかぁ~?甘えん坊さんですね~。」
//
//%txtoriru,JP
//「重かったですよ」
//「腰が痛いですぅ」
//「今度はミーアを乗せてくださいね~」
//
//%txtbiyaku,JP
//「{player}さぁん…♪1体が熱いですぅ…♪1」
//「{player}さぁん♪1…ミーア、そのぉ///今すっごく気分なんですぅ♪1」
//ミーアは内股を擦り合わせて荒い息をついている…
//ミーアの手が体の下の方へと向うのをあなたは見逃さなかった。
//「なんだかすっごくいい気分ですぅ…♪1{player}さぁん♪1」
//「これは精が付きそうですねぇ~冒険者さぁん?」
//
//
//%txttiti,JP
//「ほらぁ♪1よくみてて下さいねぇ冒険者さぁん♪」
//「あっ、これ凄いですぅ♪1出ちゃいますよぉ♪1」
//「あぁん♪こういうの興奮しますね~にしし♪1」
//「こんな処でそんなぁん♪1んんっ…!」
//「はぁぁん♪1でちゃいますぅ!」
//ミーアの乱れた姿にあなたは欲情した!
//ミーアは呆けた表情であなたを見ている。
//ミーアはその場にへたり込み指を下腹部へ這わせている。
//腰が抜けたのかミーアはその場にへたり込みあなたの名前を甘い声で呼んだ…
//「あはぁ…こういうのも気持ち良いかもですぅ♪1」
//「あぁん、気持ちいい…♪気持ち良いですぅ♪んん…!」
//「ハア…ハア…♪1、こういうプレイもいいかもぉ♪1」
//
//%txtsaite,JP
//「こんなのダメですよぉ!」
//「えっちぃですぅ♪」
//「直接はダメですよ♪1」
//「冒険者さんのえっちぃ♪1」
//ミーアは媚薬を一口含むとあなたにキスをしそのまま喉の奥に流し込んだ。「美味しいですかぁ~?にしし!」*あなたは興奮した!*
//
//
//%txtsand,JP
//「下ろしてほしいですぅ…」
//「こんなことしちゃいけませんよぉ…」
//「これは何のお仕置きなんですかー?」
//流石のミーアも不安そうな表情をしている…
//ミーアはぷらぷらと揺れている。
//ミーアの足がぱたぱたと揺れている。
//ミーアはむすっとした表情であなたを見た。
//サンドバッグにミーアが吊るされている…
//
//
//%txtnikorose,JP
//default
//default
//「にゃあん」
//「みぅみぅ!」
//「にしし!」
//「フシャー!!」
//「にゃぁーん♪1」
//「んでんでんで♪」
//「にゃぁーんで♪」
//「うみゃみゃあ!!」
//「うみゃぁ~ん♪1」
//*ゴロゴロ*
//*ゴロゴロ*
//
//
//%txtkya,JP
//「キャー♪1」
//「いやーん♪1」
//「このすけべさぁん♪1」
//あなたはミーアの鼓動が微かに速いのを聞いた…
//「お医者さんごっこですねー?」
//
//
//%txttyohazusu,JP
//あなたはミーアの頬が赤らめている事に気が付いた。
//「あん♪1」
//「あれぇ?冒険者さん顔赤いですよぉー?♪1にしし」
//
//
//%txtsibaru,JP
//「あん♪1」
//「冒険者さん知ってますかぁ?猫は紐で繋がれる事をとぉっても嫌がるんですよ。」
//「ミーア思うんですよぉ、猫ちゃん達は紐で縛られたり結ばれる事を望んでないだろうなぁってぇ。」
//「そんなに傍に居て欲しいですかぁ~?にしし♪」
//「縛らなくとも冒険者さんの傍を離れたりしませんよぉ♪1にしし♪」
//「冒険者さんは縛りプレイが好きなんですねぇ♪1にしし♪」
//「緊縛プレイがお好きですかぁ?ミーアはそんなに好きじゃないですぅ、にしし♪」
//
//%txthodoku,JP
//ミーアは自分についた紐の後を擦っている。
//「ちょっと痛かったですぅ。」
//「痕が付いちゃいましたねぇ、にしし♪」
//「ようやく解放されましたぁ♪」
//「少しきつかったですぅ。」
//「少し位拘束されるのもいいかもぉ♪1」
//「久し振りの自由ですぅ♪」
//
//%txtturusu,JP
//「いやぁん♪1」
//「はわわ!何ですか!?何ですか!?」
//
//%txtsorosu,JP
//ミーアはゲホゲホと咳こんでいる。
//流石にやり過ぎたのかミーアは目を合わせてくれようとしない…
//ミーアはあなたを睨むと静かに泣きだした…
//
//%txtsnaguru,JP
//「ちょっ、ちょっと!痛いですってば!」
//「冗談ですよね…?冗談ですよね!?」
//「痛い!痛い!止めてくださいぃ…」
//ミーアは苦痛に悶えた。
//ミーアの叫びが響き渡る。
//ギシギシと縄が軋む…
//「ご、ごめんなさいですぅ…!!」
//「やめてぇ…」
//悲痛な叫び声が上がる…
//
//%txtomiyage,JP
//「くれるんですかぁ?わぁい♪ミーア嬉しいですぅ♪」
//
//%txtyubikubi,JP
//「いいんですかぁ?ミーア本気にしちゃいますよぉ?にしし♪1」
//「わぁい♪ミーア宝石大好きですぅ♪1」
//「冒険者さんの女たらしぃ♪1」
//
//%txttoriage,JP
//「ダメぇ♪」
//「あげませんよ~」
//「絶対ダ・メ♪」
//「返しませんよ~、にしし!」
//
//%txtpbou,JP
//あ~!冒険者さんお久しぶりですぅ!ミーア一人でとっても寂しかったんですよぉ♪1
//ミーアパーティ会場で豪華な装備を自慢する人を見たんですよぉ、ミーアもああいう綺麗な装備が欲しいですぅ。
//ネフィアって薄暗くてじめじめしてて入りたくないですよねぇ~、お服が汚れちゃいますよぉ。
//%txtexthank,JP
//はわぁ。ほんとですかぁ~!嬉しいですぅ♪
//お~♪ミーアうれしぃであります!
//はーい、これと交換ですね~。
//良い取引ができましたぁ~、有難う御座いますぅ!
//%txtexhiya,JP
//はーい♪また今度ですねー♪
//
////{calcadv}はそのキャラの護衛費用に置き換わります
////また、{calcadv}とgoldの間には半角スペースを入れた方が見た目的にいいです
//%txtgoei,JP
//冒険者さんの護衛ですかぁー?どっちかっていうとミーアの護衛だと思うんですけど~、それじゃあ{calcadv} goldでお願いしますねー♪
//
//%txtyatou,JP
//はーい♪有難う御座いますー!
//%txthihiya,JP
//はーい、さようならー♪
//ミーアは冒険者さんに護衛して欲しいですぅー。
//%txtumaku,JP
//わーい♪また一緒ですぅ。
//%txttikara,JP
//え~、冒険者さんちょっと頼りないですぅ。
//%txt0free,JP
//ちょっと人が多すぎると思うんですよー、ですから~また今度声かけてくださいねー♪
//%txtokoto,JP
//い・や・で・す・よぅ♪にしし!
//
//%txtsibui,JP
//「うぷ………」
//「ケホケホ……」
//「ぅぅ、これ腐ってますぅ…」
//「あーん、お腹が痛いです…」
//ミーアは渋い顔をしている。
//ミーアは嫌そうな顔をしている。
//
//%txtnamaniku,JP
//「生ですぅ…」
//「美味しくないですよぉ…」
//「…」
//「贅沢は言いませんですぅ…」
//「うぅ、生臭いですぅ…」
//
//%txtkona,JP
//「素材の味が生きてますぅ…」
//「ケホ…ケホ…」
//
//%txtnamamen,JP
//「おつゆが欲しいですぅ。」
//「たれか何かないですかぁ?」
//「味がないですよぉ。」
//
//%txtheibon,JP
//「う~ん?」
//「素朴ですねぇ。」
//「美味しくはないですぅ。」
//「ごちそうさまでしたぁ。」
//「平凡ですねぇ。」
//「大味ですぅ。」
//*もそもそ*
//*もぐもぐ*
//
//%txt1_2,JP
//「大した事ありませんですぅ。」
//「う~ん、普通の味ですねぇ~。」
//「ごちそうさまでしたぁ。」
//
//%txt3_4,JP
//「ごちそうさまでしたぁ♪」
//「美味しかったですぅ♪」
//
//%txt5_6,JP
//「ごちそうさまでしたぁ♪」
//「美味しかったですぅ♪」
//
//%txt7_8,JP
//「ごちそうさまでしたぁ♪1」
//「美味しかったですぅ♪1」
//「ほっぺたが落ちそうですぅ♪1」
//「これ凄く美味しいですぅ♪1」
//
//%txt9saiko,JP
//「ミーアすっごく幸せですぅ♪」
//「ミーア冒険者さんと一緒で良かったですぅ♪1」
//「あぁん♪美味しいですぅ♪1」
//「ごちそうさまでしたぁ♪1」
//「あーん♪ほっぺたが落ちそうな位美味しいですぅ♪1」
//
//%txtkaradake,JP
//「もう終わりですかぁ?ミーアの勝ちですねぇ♪1」
//「冒険者さんだらしないですぅ♪1」
//「あーん♪ばかぁ♪1」
//「んもう、冒険者さんもう終わりなんですかぁ?にしし♪」
//
//%txtyanwari,JP
//その冗談面白くないですよぉ。
//ちょっと鏡見て来いよ。
//はあ?よく聞こえませんでしたよぉ?
//
//%txtkunren,JP
//ミーアは財布を振って首を傾げている。
//「冒険者さぁん訓練費の工面をお願いしたんですけどぉ。」
//「お財布が軽いですぅ!」
//ミーアはあなたに何かを期待する様な目線を投げかけた。
//ミーアは空の財布を弄っている。
//
//%txtonaka,JP
//「ミーアお腹が空きましたぁ。」
//「冒険者さぁん何か食べに行きましょうよぉ♪」
//「冒険者さぁん、ミーアお腹がすいたんですよぉ♪だから何か食べに行きませんかぁ?」
//*ぐぅ~…*
//ミーアのお腹が鳴った。
//*くぅ…*
//「冒険者さぁん、何か食べ物はないですか~?」
//
//%txthinsi,JP
//ミーアは険しい顔で歩いている。
//ミーアはふらふらとよろけている。
//「ミーアは…もう…ダメかもしれませぇん……」
//*フラリ*
//荒い息が聞こえる…
//「冒険者さん……少し休みましょうよぉ…」
//ミーアの表情には余裕がない…
//
//%txtkodukuri,JP
//「良い子に育てましょうねぇ♪1」
//「冒険者さんとの赤ちゃん…♪1にしし♪」
//「大切に育てましょうね♪{player}さぁん♪1」
//
//%txtlayhand,JP
//うみゃみゃあ!
//
//%txtakita,JP
//「聞いてられないですぅ。」
//「つまらない演奏ですねぇ~」
//「ミーア飽きましたぁ。」
//「この曲単調過ぎると思いますぅ。」
//ミーアの関心は別の物へ移ったようだ。
//ミーアは演奏を聴いていないようだ。
//ミーアは欠伸をした。
//
//%txturusai,JP
//「ひっこめぇ~♪」
//「え~い♪」
//「お静かにお願いしますぅ~♪1」
//「うっるさぁ~い!」
//「にゃぁぁん♪1」
//「聞くに堪えないですぅ♪」
//
//%txtthrowrock,JP
//ミーアは石を投げた。
//
//%txtbravo,JP
//「良い曲ですねぇ…」
//「うっとりしちゃいますぅ♪」
//「一曲歌っちゃいたい気分ですぅ♪」
//「ねーこねこねこ♪」   あなたはミーアを黙らせた。
//ミーアは上機嫌に手を叩いている。
//ミーアは曲を褒めながらはしゃいでいる。
//
//%txtbatou,JP
//
//%txtparasite,JP
//ミーアは飲み込んだ異物を吐きだそうとしている…
//「はわわ!何か飲み込んじゃいました!」
//ミーアはむせている…
//
//%txtumare,JP
//ミーアはしきりにお腹をさすっている。
//ミーアは気分が悪そうにしている…
//「気分が悪いですぅ…」
//「冒険者さぁん…お腹が…変なんですぅ……」
//
//%txttobidasi,JP
//「はわわ!?」
//「きゃあぁぁ!?なんですかこれぇ…!?」
//
//
//%txttoketa,JP
//「だいぶ気分が良くなりましたぁ…」
//「うぅ…有難う御座いましたぁ…」
//「助かりましたぁ…」
//
----------
- 勝手ながら、直接テキスト内容を書き込んだ人のせいでひどいことになってたから、regionとバグってるところを*に置き換えて閉じてみました。表示が変になってるかもしれないけどそのままよりはいいと思います。 -- [[匿名]] &new{2018-05-13 (日) 07:25:06};
- 勝手ながら、直接テキスト内容を書き込んだ人?の内容でひどいことになってたから、本文まるごとコメントアウトしました。消すか迷ったのでこうしました、すみません。 -- [[匿名]] &new{2018-05-13 (日) 07:25:06};

#comment

*無題 [#e7d79975]
>[[レイヴン]] (2016-12-11 (日) 15:40:43)

txt投稿から添付を押してください。そこにございます。


----------
- どうも、鉄血のくじらさんのを改造したというよりか完全に別物になってしまった・・・。 -- [[レイヴン]] &new{2016-12-11 (日) 16:04:47};
- 改造大歓迎ですよ、でもそのtxtはどこにあるのだろう?ながれちゃったかな -- [[鉄血のくじら]] &new{2017-01-03 (火) 23:06:10};
- 見つけた、探し物が下手ですまない。妖精ちゃんカワイイヤッター‼ -- [[鉄血のくじら]] &new{2017-01-03 (火) 23:34:22};

#comment