翻訳作業 の変更点


  
  
 &color(orange){旧フォントキットはダウンロード出来なくなっていますが、他の有志の方により新しくフォント書き換えファイルが配布されています。&br;(2019/02/16時点で日本語化が可能な事を確認出来ています)};
  
  
 **日本語化手順 その1:日本語フォント適用 [#de45c5a8]
 クラシック版(本体のみ)、DLCディスハーモニー版 共通
 ~
 1. [[【&color(hotpink){ES1_JPFONTファイル};>http://www.mediafire.com/file/cz6pw9nbc7ocn49/ES1_JPFONT.zip]]】をダウンロードして解凍する。
  解凍して作られた&color(cyan){Unity_Assets_Files};フォルダと&color(cyan){unityex.bat};のバッチファイルの二つを&color(aquamarine){\steam\steamapps\common\Endless Space\EndlessSpace_Data};フォルダへコピーする。
 2.[[【&color(hotpink){UnityEX};>https://forum.zoneofgames.ru/topic/36240-unityex/]]】をダウンロードして解凍する。
  解凍して作られた&color(hotpink){unityex.exe};ファイルを上記1と同じく&color(aquamarine){\steam\steamapps\common\Endless Space\EndlessSpace_Data};フォルダへコピーする。
 3.&color(aquamarine){\steam\steamapps\common\Endless Space\EndlessSpace_Data};フォルダへコピーした&color(cyan){unityex.bat};を実行する。
 ※実行するのはファイル名が&color(cyan){unityex.bat};(バッチファイル)の方で&color(hotpink){unityex.exe};(実行ファイル)ではないので注意して下さい。
  実行するのは&color(cyan){unityex.bat};(バッチファイル)の方で&color(hotpink){unityex.exe};(実行ファイル)ではないので注意して下さい。
 ~
 以上で日本語フォントの適用作業は完了です。
 後は下記の【&color(khaki){日本語化手順 その2:翻訳テキストの反映};】に従いテキストを日本語に置き換えればゲームを日本語で遊べるようになります。
 **日本語化手順 その2:翻訳テキストの反映 [#o6f67b00]
 ***翻訳テキストの反映:クラシック版(本体のみ)[#p556098e]
 -※ ver.1.1.58 では[[Japanese.ver.1.1.58.xx.zip>翻訳作業/過去バージョンのテキスト置き場#y26391fa]]のファイルと差し替えます。
  注意:クラシック版では"Public"フォルダより下位のフォルダとなります。
  例) .\Steam\steamapps\common\Endless Space\Public\Localization\english
 ~
 -&color(#444444){以下の手順は、差し替え方式と異なる別の方法。};
 
 -&color(#444444){1. [[&color(#444444){作業所};>翻訳作業#m1fdd49d]]をクリック。};
 -&color(#444444){2.google docが表示される。};
 --&color(#444444){2-1. 下のシート一覧から"CSVダウンロード用シート"(またはCSV_Classic)をクリックする。};
 &color(#444444){左上の、ファイル>形式を指定してダウンロード>カンマ区切りの値(.csv、現在のシート)};
 &color(#444444){とクリックしてダウンロードする。};
 
 -&color(#444444){※1~2のかわりに直接ダウンロードできます: };[[&color(#444444){CSV};>https://docs.google.com/spreadsheet/pub?key=0AtTqr1mDLdXfdFBoNVF5a1ZSQWVUYTE5ajJvMDh0clE&single=true&gid=24&output=csv]]
 &color(#444444){(ver.1.1.58用: };[[&color(#444444){CSV_Classic};>https://docs.google.com/spreadsheet/pub?key=0AtTqr1mDLdXfdFBoNVF5a1ZSQWVUYTE5ajJvMDh0clE&single=true&gid=1384278528&output=csv]]&color(#444444){)};
 &color(#444444){※ただし、以上からダウンロードするとうまくいかない場合がある。手順2の通り実施した方が無難。};
 
 -&color(#444444){3.ここで、『Endless Space日本語化キット』にある「翻訳作業用」フォルダ > 「CSVテキスト反映」フォルダ から「CSV2XML」を実行。};
 -&color(#444444){4. CSV2XMLが起動したら、以下を実施。};
 
  &color(#444444){注意:クラシック版では"Public"フォルダより下位のフォルダとなります。};
  &color(#444444){例) .\Steam\steamapps\common\Endless Space\Public\Localization\english};
 ~
 
 --&color(#444444){4-1.共通テキストファイル(Localization_Locales.xml)の日本語化};
  &color(#444444){反映先xmlに、"english"フォルダにある"Localization_Locales.xml"を指定。};
  
  &color(#444444){その後、反映CSVにダウンロードしたCSV(またはCSV_Classic)ファイルを指定して実行。};
 ***翻訳テキストの反映:DLCディスハーモニー版[#c8b6cd02]
 -※ ver.1.1.58 では[[Japanese.ver.1.1.58.xx.zip>翻訳作業/過去バージョンのテキスト置き場#y26391fa]]のファイルと差し替えます。
  注意:クラシック版では"Public"だったフォルダ名がディスハーモニー版では"Public_xp1"になっています。
  例) .\Steam\steamapps\common\Endless Space\Public_xp1\Localization\english
 ~
 -&color(#444444){以下の手順は、差し替え方式と異なる別の方法。};
 
 -&color(#444444){1. [[&color(#444444){作業所};>翻訳作業#m1fdd49d]]をクリック。};
 -&color(#444444){2.google docが表示される。};
 --&color(#444444){2-1. 下のシート一覧から"CSVダウンロード用シート"(またはCSV_Classic)をクリックする。};
 &color(#444444){左上の、ファイル>形式を指定してダウンロード>カンマ区切りの値(.csv、現在のシート)};
 &color(#444444){とクリックしてダウンロードする。};
 --&color(#444444){2-2. さらに、下のシート一覧から"DLC1_CSVダウンロード用シート"(またはCSV_xp1)をクリックし、};
 &color(#444444){左上の、ファイル>形式を指定してダウンロード>カンマ区切りの値(.csv、現在のシート)};
 &color(#444444){とクリックしてダウンロードする。};
 --&color(#444444){2-3. さらに、下のシート一覧から"CSV_Vaulterシート"をクリックし、};
 &color(#444444){左上の、 ファイル>形式を指定してダウンロード>カンマ区切りの値(.csv、現在のシート)};
 &color(#444444){とクリックしてダウンロードする。};
 
 -&color(#444444){※1~2のかわりに直接ダウンロードできます: };[[&color(#444444){CSV};>https://docs.google.com/spreadsheet/pub?key=0AtTqr1mDLdXfdFBoNVF5a1ZSQWVUYTE5ajJvMDh0clE&single=true&gid=24&output=csv]] [[&color(#444444){DLC1_CSV};>https://docs.google.com/spreadsheet/pub?key=0AtTqr1mDLdXfdFBoNVF5a1ZSQWVUYTE5ajJvMDh0clE&single=true&gid=60&output=csv]] 
 &color(#444444){(ver.1.1.58用: };[[&color(#444444){CSV_Classic};>https://docs.google.com/spreadsheet/pub?key=0AtTqr1mDLdXfdFBoNVF5a1ZSQWVUYTE5ajJvMDh0clE&single=true&gid=1384278528&output=csv]], [[&color(#444444){CSV_xp1};>https://docs.google.com/spreadsheet/pub?key=0AtTqr1mDLdXfdFBoNVF5a1ZSQWVUYTE5ajJvMDh0clE&single=true&gid=1917908534&output=csv]], [[&color(#444444){CSV_Vaulter};>https://docs.google.com/spreadsheet/pub?key=0AtTqr1mDLdXfdFBoNVF5a1ZSQWVUYTE5ajJvMDh0clE&single=true&gid=1355154494&output=csv]]&color(#444444){)};
 &color(#444444){※ただし、以上からダウンロードするとうまくいかない場合がある。手順2の通り実施した方が無難。};
 
 -&color(#444444){3.ここで、『Endless Space日本語化キット』にある「翻訳作業用」フォルダ > 「CSVテキスト反映」フォルダ から「CSV2XML」を実行。};
 -&color(#444444){4. CSV2XMLが起動したら、以下を実施。};
  &color(#444444){注意:クラシック版では"Public"だったフォルダ名が"Public_xp1"になっています。};
  &color(#444444){例) .\Steam\steamapps\common\Endless Space\Public_xp1\Localization\english};
 
 --&color(#444444){4-1.共通テキストファイル(Localization_Locales.xml)の日本語化};
  &color(#444444){反映先xmlに、"english"フォルダにある"Localization_Locales.xml"を指定。};
  
    &color(#444444){その後、反映CSVにダウンロードしたCSV(またはCSV_Classic)ファイルを指定して実行。};
  
 --&color(#444444){4-2.DLCディスハーモニー専用テキストファイル(Localization_xp1_Locales.xml)の日本語化};
  &color(#444444){4-1を実施したら、念のため反映ツールCSV2XMLを1回終了して、再度起動する。};
  &color(#444444){反映先xmlに、"english"フォルダにある"Localization_xp1_Locales.xml"を指定。};
  
    &color(#444444){その後、反映CSVにダウンロードしたDLC1_CSV(またはCSV_xp1)ファイルを指定して実行。};
  
 --&color(#444444){4-3.Vaulterテキストファイル(Localization_Vaulter_Locales.xml)の日本語化};
  &color(#444444){4-2を実施したら、念のため反映ツールCSV2XMLを1回終了して、再度起動する。};
   &color(#444444){反映先xmlに、"english"フォルダにある"Localization_Vaulter_Locales.xml"を指定。};
  
  &color(#444444){その後、反映CSVにダウンロードしたCSV_Vaulterファイルを指定して実行。};
 ~
 **日本語入力環境 [#qeed91d1]
 『[[&color(orange){Endless Space日本語入力ツール};>https://sites.google.com/site/0dd14lab/home/mod-tools/endless-space]]』をダウンロードします。
 使用方法は、このファイルを解凍した中にある「必ずお読みください.txt」を参照してください。
 
 **「日本語化トラブルQA」 [#pf9cbe59]
 ほとんどの人は、日本語化手順を一部しか実行していないため、日本語化できていません。
  
 -うまくいかないパターンその1
  現象 手順その2.4 で『反映するテキストがありません』と表示された。
  原因 手順その2.2 の手順を実行していない。
  対処 手順その2.2~ 手順その2.4 を順番に実施する(下に図で操作方法を説明しています)。
  
 -うまくいかないパターンその2
  現象 手順その2.4 で『不正な文字が含まれています』と表示された。
  原因 手順その2.2 でダウンロードしたデータに規定外の文字(制御文字等?)が含まれている。
      翻訳作業中もダウンロードできてしまうので、タイミングが悪いとこうなる。
  対処 時間を変えてもう一度、手順その2を順番に実施する(下図の操作方法も参照)。
      あるいは、翻訳作業を手伝って完成させる。
  
 -うまくいかないパターンその3
  現象 ゲームを起動するとほとんどの文字が表示されない。
  原因 手順その1を実行していない。あるいは自動アップデートで英語環境に戻っている。
  対処 手順その1、手順その2を実行する。
  
 -うまくいかないパターンその4
  現象 手順その1で、EndlessSpaceがインストールされていない旨が表示される。
  原因 ゲームのインストール先を変更している。
  対処 デフォルトのインストール先にインストールする。
 --デフォルトのWindows 64bit版でのSteamのインストール先は、"C:\Program Files (x86)\Steam"。
 --デフォルトのWindows 32bit版でのSteamのインストール先は、"C:\Program Files\Steam"。
 --デフォルトの『Endless Space』のインストール先は、Steamフォルダの下、
 "SteamApps\common\Endless Space"。
 例)"C:\Program Files (x86)\Steam\SteamApps\common\Endless Space"。
 ---「日本語フォント」が適応され改変されるファイルは、
 "SteamApps\common\Endless Space\EndlessSpace_Data\sharedassets2.assets"。
 
 ※1 以下は 手順その2.2 の図解です。
 
 &attachref(ReflectionMethod_Japanese.png);
 
 ※2 以下は 手順その2.4 の図解です。
    なお、DLCディスハーモニーに日本語データを適用する際は、反映先xmlも変更する必要があります。
    (上記手順参照)
 &attachref(ReflectionMethod_Japanese2.png);
 
 *翻訳作業 [#m1fdd49d]
 ''%%&color(red){作業所};%%'' (2016-12-29 頃に閉鎖されました)
 //https://docs.google.com/spreadsheet/ccc?key=0AtTqr1mDLdXfdFBoNVF5a1ZSQWVUYTE5ajJvMDh0clE
 
 Google Docsです。
 
 2015-06-20 [[''ver.1.1.58''>翻訳作業/過去バージョンのテキスト置き場#yd35082f]]に対応開始(別シート: CSV_Classic, CSV_xp1, CSV_Vaulter)
 
 13/07/15 [[''v1.1.9''>翻訳作業/過去バージョンのテキスト置き場#ibb7bf9b]]に対応開始(クラシック(CSV)、DLC第1弾ディスハーモニー(CSV, DLC1_CSV)共用)
 13/06/29 ''v1.1.4''に対応開始(クラシック、DLC第1弾ディスハーモニー共用)
 13/06/29 ''v1.1.3''に対応開始(クラシック、DLC第1弾ディスハーモニー共用)
 13/04/31 ''v1.0.67''に対応
 13/03/31 ''v1.0.66''に対応
 13/02/25 ''v1.0.60''に対応
 13/01/16 ''v1.0.49''に対応
 12/12/22 ''v1.0.46''に対応
 12/12/21 ''v1.0.45''に対応
 12/11/30 ''v1.0.38''に対応
 12/11/07 ''v1.0.30''に対応
 12/10/19 ''v1.0.29''に対応。反映ツールの仕様変更にも対応。\nでない普通の改行も反映されるようになったので、無駄な改行を削除
 12/10/06 ''v1.0.27''に対応
 12/09/12 ''v1.0.19''に対応
 12/08/29 ''v1.0.17''に対応
 12/08/26 ''v1.0.16''に対応
 12/08/11 ''v1.0.14''に対応
 12/07/14 ''v1.0.9''に対応
 
 注意点として、
 -$とか#がついてる単語は、ゲーム内で随時文字の置き換えをされるところなのでそのままにしてください。
 -「\n」は改行コードなのでそのままにしてください。xmlに戻すとき LF に変換します。
 *過去のバージョンのテキストについて [#w8c26fa9]
 一部のバージョンについて、以下のページに保存しています。
 [[翻訳作業/過去バージョンのテキスト置き場]]
 *翻訳資料 [#t939e977]
 [[翻訳作業/翻訳資料]]
 *用語 [#de7b1fc0]
 
 できれば統一しておきたい表記のもの
 
 |~用語       |~候補                                   |~決定 |~備考|
 |Endless     |エンドレス                              |エンドレス|太古に銀河を支配していた伝説的な種族。|
 |FIDS       | FIDS                                    | FIDS |食料(Food)・工業(Industry)・ダスト(Dust)・科学(Science)の各頭文字から。|
 |FIS       | FIS                                    | FIS  |食料(Food)・工業(Industry)・科学(Science)の各頭文字から。|
 |Food       | 食料、食料生産、食物、糧食            | 食料 ||
 |Industry   | 工業、産業、工業力                    | 工業 ||
 |Dust       | ダスト、資金                            | ダスト |太古に滅んだエンドレスが作ったナノテクノロジーの産物。&br();希少性から恒星間貿易でお金のように扱われる。&br();ただし、高濃度のダストの扱いには注意が必要。|
 |Science    | 科学力、研究、科学性、科学技術、技術    | 科学 ||
 |Approval   | 支持率、幸福度、満足度、賛意                    | 支持率 ||
 |Ecstatic&br();(とFERVENT) | 熱狂、恍惚、有頂天、(無我)夢中、狂喜、歓喜      | 恍惚 |ver.1.1.58訳では「熱狂」&br();に変更しました。|
 |Happy      | 幸福                                    | 幸福 ||
 |Content    | 満足                                    | 満足 ||
 |Unhappy    | 不満、不幸                              | 不幸 ||
 |Strike     | 暴動、ストライキ                        | ストライキ ||
 |Hero       | ヒーロー、英雄                            | ヒーロー ||
 |Anomaly    | アノマリー、超常現象、変異、変調、異常    | 超常現象 |良い効果もあるので異常ではない|
 |Strategic Resource| 戦略資源                           | 戦略資源 ||
 |Luxury Resource| 贅沢品、嗜好品、嗜好物資、高級品、高級資源             | 嗜好品 ||
 |Kinetic Weapon | キネティック兵器、運動兵器、運動エネルギー兵器 | 実弾兵器 |バトルカードの幅的に限界|
 *決めたいこと [#s4b46557]
 
 -英語ままが良いかどうか?
 --テクノロジー名称 
 --テクノロジーカテゴリ
 --種族名
 
 →全て日本語にする事で決定。
 *コメント [#k4d6545b]
 
 #pcomment(./コメント,reply,10)