軍旗 の変更点

*&color(#FEC317){軍旗}; [#title]
英名:Battle Standard
|CENTER:|CENTER:|CENTER:|c
|~アイコン|~[[クオリティ]]|~タイプ|
|&attachref(アイテム/Battle_Standard.png,nolink,200%);|&attachref(アイテム/D_Quality_Item.png,nolink);|パッシブ|
**&color(#FEC317){アモノミコンの記述}; [#ammonomicon]
 &sizex(4){団結の証し};
敵の心をうばう効果や、従者がもたらす特しゅ効果が強力になる。
&br;
現在のようなガンデッド社会が形成される前、好戦的なブレット族の一団はこういった旗のもとにつどい、舞をおどって士気を高め、上層のチェンバーに攻め込んだという。
**&color(#FEC317){アンロック方法}; [#unlock]
次の2つのうちどちらかの条件を満たす
-一度に2体の仲間(コンパニオン)を引き連れる
--[[忠犬]]や[[ベビーミミック]]など、
[[ピエロの仮面]]と[[ドリル]]/[[マネーバッグ]]で2体のギャングが出てもアンロック可能
-[[ガラクタ(仲間)>ガラクタ#minion]]をAngelic Knight(天使騎士)まで育てる

**&color(#FEC317){性能}; [#feature]
-仲間と魅了状態の敵が敵に与えるダメージが80%増加する
-魅了の効果時間を延ばす
-コンパニオンアイテムを見つける可能性が上がる。

**&color(#FEC317){シナジー}; [#synergy]
なし

**&color(#FEC317){解説}; [#description]
味方をかなり強化するアイテム、味方も出やすくなる。
様々なコンパニオンを呼び出すパッシブの他に、
[[ラブ弾]]や[[とても特別なリュート]]などと相性が良い。
しかし運が悪いと1層で軍旗を拾っても5層までコンパニオンなしという事もあるので期待を裏切られることも。

[[黄色いチェンバー]]とは非常に相性が良く、これに[[スーパースペースタートル]]とのシナジーが発動すると火力がとてつもなく出る。
**&color(#FEC317){その他}; [#other]
-見つける可能性が上がるコンパニオンアイテムに[[忠犬]]は含まれない。
-[[ブランクリング]]のコンパニオンが発動するブランクのダメージは増加しない。

-元ネタと思われる作品がいくつか存在する
--「Diablo III」では旗を背中に装備できる
--「Guild Wars 2」ではサポートしている味方と同じ名前の赤い旗を装備できる
--「Risk of Rain」ではWarbannerで攻撃と移動速度を強化できる
--「Warhammer 40,000」では指揮官を強化して軍の士気を上げ、ダメージを増やすシステムがある
--「League of Legends」では削除された「Banner of Command」という手下を強化するアイテムがあった。
//-歴史において戦いの形式は変わっているが、アモノミコンの記述はローマ軍の典型的な標準を元にしていると思われる。
//Battle standards were carried by numerous armies throughout history. This item most likely a reference to typical standard thought to be carried by Roman legions.
--歴史上において、ローマ軍団が持っていた鷲のシンボルであるアクイラと言う軍旗。
//↑うまく訳せなかったので非表示
-『上層のチェンバーに攻め込んだ』ということはおそらく第2チェンバーから第1チェンバーへと挑んだことになる
(チェンバーが進むほどマグマが湧いていたり地獄だったりするのであれが下層のはず)、出口を求めていたのだろうか。