Top > Guide > Tutorial

Guide/Tutorial の変更点


 #contents
 *チュートリアル [#p8cd622d]
 キャラクターを作成しゲーム内に入ると、オーラ([[Aura>Backstory/Chronicles/Aura]]) のチュートリアルを受けることが出来ます。
 キャラクターを作成しゲーム内に入ると、オーラ([[Aura>Backstory/Chronicles/Aura]]) のチュートリアルを受けることが出来ます。&color(Red){(こちらは従来のチュートリアルの内容です)};
 
 すでにチュートリアルの窓が開いているかと思いますので、それを読みながら進めていきます。
 
 #br
 ※もしも、オーラ([[Aura>Backstory/Chronicles/Aura]]) のチュートリアル用ウインドウを閉じてしまった場合、画面左端のNeocomの下の方にある、チュートリアルのアイコン(人の顔っぽいアイコン)をクリックで再開できます。
 -Neocomとは------メニューバーの意味です。画面左端に並んでいるアイコンのバーのことを指します。
 #br
 
 チュートリアル中、ここを開いて(見て)欲しいといった場合こういうふきだしが画面内に出ます。
 &attachref(./fukidasi2.jpg,nolink,left,around);
 オーラの説明ウィンドウを注視していると気づかないこともあるので、ふきだしが出ていないか画面全体を確認するようにしておきましょう。
 
 **基本チュートリアルの補足 [#t25d73e0]
 -01.はじめに
 --チャットチャンネルに入るための「吹き出し」の位置
 &attachref(./fukidasi1_1.png,nolink);
 吹き出しをクリックして開いた窓に EVE_Japanese と入力し、「参加」を押せばプレイヤー作成の日本語チャンネルに参加できます。
 参加は任意ですので、日本語のチャットを見たい、日本語で話をしたいという方はどうぞ。
 -06.艦船の移動
 --あなたの艦が待っています。
 「これはルーキー船です」とふきだしに指されているのがあなたの艦ですが、画面端などでよくわからない場合、
 画面の何もない宇宙空間部分をマウス左ボタンを押しながらマウスを動かして画面内に入れましょう。
 どうしてもうまくいかない場合は、あなたの新しい艦はオーバービュー上で緑の帯で目立たせてありますので
 そこをマウス左ボタン長押しでもオーラの説明にあるメニュー盤を出すことができます。
 --メニュー盤で搭乗を選択
 マウス左ボタン長押しでメニュー盤を出し、ボタンを押したままメニュー盤の搭乗の部分へドラッグして離します。
 --アクセラレーションゲートを起動する
 スクロールホイールで画面を引き気味にしたほうが見つけやすいです。オーバービュー上でも緑の帯で表示されています。
 --飛んだ先の「(各国名)カーゴリグ」に接近し、そこから「カーゴを開く」で「(各国名)カーゴリグ」に保管してあるアイテムを取り出し持ち帰るのが
 今回のミッションの目的です。
 オーラの説明どおりに行動すればクリアできます。
 ---ルートしたアイテムを右クリックし、「情報を表示」をクリックし、新しく開いた窓の「説明」タブを選ぶとそのアイテムの由来や内容など
 EVE世界の設定を読むことが出来ます。
 -19.アカデミーの中へ
 --「(各国名)アカデミーオフィス」からアイテムを取り出します。
 「06.艦船の移動」のときの「(各国名)カーゴリグ」からアイテムを取り出したときと同じ手順で進めます。
 「カーゴを開く」を選択してからアイテムのの入った窓が空くまでに時間がすこしかかりますが、それはカーゴを開くためには
 2,500m以内に接近する必要があるためです。
 --カメラを操作して宇宙空間にある物体を観察する。
 オーラの説明どおりメニュー盤を使って見るには、メニュー盤を出し右側の+マークまでカーソルをドラッグするとさらにメニューが展開し、
 目のマークが出てくるのでそこまでカーソルをドラッグし離せば見ることができます。
 ---別の方法で見る
 宇宙空間で見たい艦をクリックすれば、オーバービューの上の選択アイテム欄に表示されます。
 その中に、選択したアイテムに対してできる行動メニューが出ているので、その中の目のマークを押せば見ることが出来ます。
 -22.長距離航行
 --オートパイロットを使って全自動で舟を航行させる
 オートパイロットの起動は画面下のHUDの左下にある"A"のボタンを押します。
 -23.参考資料
 --コーポレーションについて
 オーラに自分に最適な条件に沿って検索してみましょうと言われますが、初期状態でJPコープが出てくる検索条件が指定されています。
 リクルートタブの中の検索タブを押してそのまましばらく待つとメンバーを募集しているコープの一覧が右に出てきます。
 出てくるまでに時間がかかる場合があるので気長に待ちましょう。
 出てきたら、コープのマークをクリックすれば、活動内容や募集要項などが下に出てきます。
 ---右の"申込"ボタンはそのコープへの入社申請をしたいときに押します。
 --マーケットについて学ぶ
 ---「利用可能なエージェントのみ表示」にチェックが入っていると、現在売りオーダーが出ている商品のみが表示されます。
 買いオーダーが出ていても、売りオーダーがでていなければその商品は表示されません。
 ---チェックをはずすと、マーケットで取り扱い可能なすべての商品が表示されます。
 -24.キャリアエージェント
 --キャリアエージェント画面
 左のNeocomのヘルプボタン(?マーク)を押し、サポートタブの中の「キャリアエージェントを表示」をクリックでいつでも見ることが出来ます。
 --今までのチュートリアルの復習
 左のNeocomのヘルプボタン(?マーク)を押し、チュートリアルタブの中の「基本チュートリアル」内に今までのチュートリアルは
 すべて格納されています。いつでも見直すことが出来ます。
 --''これからキャリアミッション(10連ミッションと呼ばれています)をされる方へ。''
 チュートリアルタブの中には基本チュートリアル以外にもいろいろ格納されていますが、
 ''今の段階では基本チュートリアル以外の部分は開けないことをおすすめします。''
 なぜなら、キャリアミッション(10連ミッション)の進行にあわせて該当チュートリアルの窓がポップアップし、説明を受けられたり、
 アイテムがもらえるようになっているからです。
 チュートリアル関係は見たかどうかがセーブされているらしく、アイテムを貰えるのは1度きりですし、必要なときに窓がポップアップしない可能性もあります。
 *キャリアミッションについて [#xad46af6]
 こちらをご参照ください。→[[10連ミッション>Mission/1 to 10]]
 
 *チュートリアル一覧 [#i8da5b74]
 - [[Aura Tutorial 日本語訳>Guide/Tutorial/In Japanese]]
 -- 2009年8月時点のもの。
 - [[チュートリアル 日本語版>チュートリアル]]
 -- 2012年5月時点のもの。編集中。
 
 *操作がわからない場合 [#qa65e8ad]
 操作方法については [[UI>System/UI]] の [[Overview>System/UI/Overview]] と [[SELECTED ITEM>System/UI/Selected Item]] を参照願います。
 
 
 *コメント [#d53e8705]
 - チュートリアルが日本語で表示されません。フリートライアル版、言語設定:日本語 -- [[日本語]] &new{2009-05-25 (月) 15:16:51};
 - 一時的なものだとおもうが、現在チュートリアルの日本語対応がなくなっている。 --  &new{2009-05-27 (水) 15:24:58};
 - CCPに問い合わせたところ、現在翻訳の品質を上げるために、日本語チュートリアルを外してあるとのこと --  &new{2009-06-01 (月) 11:38:20};
 - missonの名前が違っています>>Making Mountains of Molehills --  &new{2009-08-18 (火) 12:02:41};
 - 今日初めて体験版をやってみたんですが日本語で表示されません、今でも日本語ははずされているのでしょうか? --  &new{2010-06-09 (水) 17:34:46};
 - 2010年11月現在、CCP(運営)はゲーム中に表示される言語を英語、ドイツ語、ロシア語に絞る方針を表明しています。
 なお、チャットやメール等では従来通り日本語などは利用可能であり、今後もこれは維持される方向です。 -- [[日本語版について]] &new{2010-11-12 (金) 14:52:47};
 - 「キャラクター作成から10連ミッションまで」のニコニコ動画のリンクですが、掲載者が動画を削除されていて見ることが出来ないため、削除させていただきました。黒画面に蛍の光の音楽が流れます・・ --  &new{2015-04-01 (水) 22:55:23};
 - 内容が現状とだいぶ違っていたため、このページを作り直しました。リンク先については未改修です。 --  &new{2015-04-07 (火) 16:53:56};
 
 #comment