イサアーク・鯰宮

Last-modified: 2020-06-21 (日) 01:08:14

シート1

【名前】イサアーク・鯰宮
【容姿】ラフな格好をした清潔感のある男
【願い事】ひとまずはリソースとして確保する
【バッドエンド】省略
【グッドエンド】省略
【令呪】 0 / 0
【HP】10 / 10
【筋力】E:1
【耐久】D:2
【敏捷】E:1
【魔力】B:4
【幸運】D:2
【スキル1】振動制御:自身のサーヴァントの物理防御、魔術防御、奇襲防御時、補正値1を与える。
【スキル2】寒暖自在:交戦フェイズ中に一度だけ、自分のサーヴァントの任意の判定に補正値2を得る。
【その他】混沌・中庸 なまずのみや
 

シート2

【名前】イサアーク・鯰宮
【容姿】氷のような印象を抱かせる清潔感のある男
【願い事】ひとまずはリソースとして確保する
【バッドエンド】省略
【グッドエンド】省略
【令呪】 3 / 3
【HP】10 / 10
【筋力】E:1
【耐久】D:2
【敏捷】E:1
【魔力】B:4
【幸運】D:2
【スキル1】『水銀杖(セルシウス・ロッド)』:自身のサーヴァントの魔術攻撃時に補正値3を与える。
【スキル2】相反する炎氷:自身のサーヴァントの魔術攻撃時に補正値1を、先手判定時に補正値2を与える。
【その他】混沌・中庸 なまずのみや
 

シート3

【名前】イサアーク・鯰宮
【容姿】氷のような印象を抱かせる清潔感のある男
【願い事】ひとまずはリソースとして確保する
【バッドエンド】省略
【グッドエンド】省略
【令呪】 3 / 3
【HP】10 / 10

【筋力】E:1
【耐久】D:2
【敏捷】E:1
【魔力】B:4
【幸運】D:2

【スキル1】紅蓮:自身のサーヴァントの魔術攻撃時、補正値3を与える。
【スキル2】蒼天:自身のサーヴァントの先手判定時、補正値3を与える。
【奥義】『無振領域・接死零点(マイナス・ゼロ)』 1/1
【効果】自身のサーヴァントの魔術攻撃時、補正値5を与える。

【その他】混沌・中庸 なまずのみや
 

シート4

マスター

【名前】イサアーク・鯰宮
【容姿】氷のような印象を抱かせる清潔感のある男
【願い事】平穏な生活を確保する
【令呪】 3 / 3
【HP】10 / 10 
 
【筋力】E:1
【耐久】D:2
【敏捷】E:1
【魔力】A:5
【幸運】E:1
 
【スキル1】紅蓮:自分のサーヴァントの魔術攻撃時、補正値3を与える。
【スキル2】蒼天:自分のサーヴァントの先手判定時、補正値3を与える。
【奥義】『無振領域・接死零点(マイナス・ゼロ)』 1/1
【効果】自分のサーヴァントの魔術攻撃時、補正値5を与える。
 
【その他】男性 混沌・中庸 なまずのみや
 
 
 

来歴

振動魔術の大家、鯰宮家の十一代目当主。三代前からロシア在住のため名前はロシア名。
古来は地震を起こし、また収める神職として崇められていた家系。
昨今ではそれを再現するほどの神秘がなく没落しかけていたところ、「温度もまた小さな振動のうちである」という結論に物理学より先立って到達。
以後、振動魔術は温度を操作する魔術へと変貌を遂げていく。
 
…三代前。移住と隠遁を決めたのは、荒涼たる奥地にて人の波に紛れる必要があったため。
神秘の秘匿のみならず、鯰宮にはもうひとつ隠れるべき理由ができたのだ。
 
そう────彼らは至ったのである。
アブソリュート・ゼロ、人類物理の未踏域に。
 

礼装

『水銀杖(セルシウス・ロッド)』
言うなれば巨大温度計。細長いロッドの中に水銀が充填されている。
振動魔術による温度操作の際に指標とするためのものであり、同時に変幻自在の武装でもある。
 

因縁キャラ

日蓮〔釈迦牟尼仏?〕:日帰りでの召喚鯖。
日蓮について深く知っていたわけではなく、日本で言うマルティン・ルターのようなもの…程度に認識しており、とにかく五月蠅そうなサーヴァントで自分への意識を逸らそうという事で狂化詠唱と共に召喚。
 
…結果として良くわからないものが出てきた。
 
ツヴェギ〔ワイルドハント〕:日帰りでの召喚鯖。
正体を察し、この日帰り中は正装+敬語で接していた。
あと、一緒にクレープを食べた。
 
気付けば相棒枠に。
だいたいは彼女の奔放さに押し負けているが、最近は自分の性質にも変化が出てきたようで。