Top > クチュルク


クチュルク

Last-modified: 2018-09-03 (月) 23:59:15

キャラシート Edit

【真名】クチュルク
【容姿】血みどろの鎧を身に纏った凶悪そうな風貌の男
【英雄点】40/令呪3画
【クラス】ライダー
【HP】15 /15
【筋力】B:4
【耐久】C:3
【敏捷】A++:7(8)
【魔力】B:4
【幸運】E:1
【スキル1】騎乗 B
10:任意のタイミングで英雄点25の乗騎『サラマンドラ』を召喚する。
【スキル2】信仰捏造 B
5:仏教徒以外のユーラシア大陸のサーヴァントに対する魔術攻撃と魔術防御時、補正値5を得る。
【スキル3】九十九の偽証 C 
5:攻撃対象を自身のみに変更できる。
【宝具】「偽証聖帝・古出魯克」(ナイマン・グチルク) 1/1
【ランク・種別】D 対軍宝具
【効果】キャラシート作成時、令呪1画を消費する。移動フェイズ時に、現在地に陣地を作成する。この陣地内において、ライダーは先手判定時と魔術防御時、補正値3を得る。
ライダーによるもの以外の陣地がある場合、その効果を自身にも適応する。他の陣地効果を適応した場合、交戦フェイズ終了後、この陣地と対象の陣地は破壊される。
【その他】

【名前】サラマンドラ
【クラス】乗騎
【容姿】赤いドラゴン
【HP】30 / 30
【筋力】A:5
【耐久】A+:6(7)
【敏捷】E:1
【魔力】A+++:8(10)
【幸運】D:2
【その他】

彼がロシアで強奪した聖杯は今、とある魔術師の手の内にある。そして、魔術師は自身の悔恨を晴らすためにとある『計画』を実行に移そうと企んでいる……

Edit

キャラクターデータ Edit

真名:クチュルク
身長:181cm / 体重:79kg
出典:史実?
地域:モンゴル
属性:混沌・悪/ 隠し属性:地
性別:男性
イメージカラー:真紅
特技:改宗の強制、裏切り
好きなもの:仏教、ジャムカ/ 苦手なもの:キリスト教、イスラム教
天敵:チンギス・ハン、ジェベ

ステータス Edit

筋力:D 耐久:D+ 敏捷:C 魔力:D+ 幸運:E 宝具:D

略歴 Edit

なし。クリスマスセッション及び長安に登場する予定はあった。

人物 Edit

テムジンと争ったタヤン・ハンの息子。父がテムジンに敗れると逃れ、西遼(カラ・キタイ)に逃れ、そこの王の娘と結婚するが、やがて王位を簒奪した。
その後、今まで国民が信仰していたイスラム教に変わり仏教の信仰を強制したが、それが国民たちの不興を買い、国の分裂を招いてしまう。そこに機会をうかがっていたジェベが強襲し、体制は崩壊。
クチュルクは逃れるも中途でジェベが率いる軍勢に追いつかれ、その生涯を終えたという。
なお、クチュルクは元々はネストリウス派キリスト教の信者であり、ウイグルの辺りでは同じく、ネストリウス派を信仰する者がいた。また西遼(カラ・キタイ)は創設者耶律大石の時にイスラム教国であるセルジューク朝に勝利したことがあり、その二つが歪んで伝わり、深く信じられるようになったのがいわゆる『プレスター・ジョンの伝説』である。

クラス別スキル Edit

・騎乗:B
「剣士」「騎兵」のクラス特性。
乗り物を乗りこなす能力。「乗り物」という概念に対して発揮されるスキルであるため、生物・非生物を問わない。
また、英霊の生前には存在しなかった未知の乗り物(例えば古い時代の英雄にとっては見たことも無いはずの、機械仕掛けの車両、果ては飛行機)すらも直感によって自在に乗りこなせる。基本的に「騎兵」クラスは非常に高ランクでこのスキルを持つ。
Bランクでは大抵の乗り物なら人並み以上に乗りこなせるが、幻想種あるいは魔獣・聖獣ランクの獣は乗りこなすことが出来ない。
・気配遮断:E
「暗殺者」のクラス特性。
自身の気配を消すスキル。隠密行動に適している。完全に気配を断てばほぼ発見は不可能となるが、攻撃態勢に移るとランクが大きく下がる。

保有スキル Edit

・九十九の偽証:C
低ランクの「勇猛」「精神汚染」「信仰の加護」の複合スキル。クチュルクの固有スキル。
クチュルクは生前幾重にも渡り自身の信仰を翻した。
もともとネストリウス派キリスト教を信仰する一族に生まれ、その後西遼の王位を簒奪すると妻の影響から仏教へと鞍替えし、イスラム教を弾圧した。そしてその精神はいつからか、父を殺した王とその一派が侵攻する天の神々の欠片に侵されていたのだ。
また、キリスト教を信仰していたことからクチュルクは西欧におけるプレスター・ジョン伝説の由縁の一つであるとも言われプレスター・ジョンとして召喚されうる素養を持っている。
・仕切り直し:C
戦闘から離脱、あるいは状況をリセットする能力。機を捉え、あるいは作り出す。
また、不利になった戦闘を初期状態へと戻し、技の条件を初期値に戻す。同時にバッドステータスの幾つかを強制的に解除する。
・カリスマ:E
軍団の指揮能力、カリスマ性の高さを示す能力。団体戦闘に置いて自軍の能力を向上させる稀有な才能。生前は王として君臨した三者は高レベル。
稀有な才能だが、稀に持ち主の人格形成に影響を及ぼす事がある。王や指導者には必須ともいえるスキル。
Eランクでは国を統率はできても、兵の士気が極端に下がる。

宝具 Edit

「偽証聖帝・古出魯克」(ナイマン・グチルク)
ランク:D 種別:対人宝具 レンジ:1 最大捕捉:1
その戦歴からプレスター・ジョン伝説になぞられたクチュルクの生涯が宝具となったもの。常時効果は発動している。
ステータスを隠ぺいした上で上昇させ、真名を看破されない限り、攻撃時と防御時に有効なボーナスを得ることができる上、ヨーロッパでクチュルクが召喚された場合、その霊基はプレスター・ジョンへと変質する。
プレスター・ジョンとなれば、軍馬は赤き竜へと変貌し、自身も赤き騎士となりて異端を滅せんとする『救教の騎士』へと人格も変貌するだろう。しかし、魔力消費は絶大であり、その維持はとても難しい。

関連事物 Edit

・タヤン・ハン
・チンギス・ハン
・ジェベ
・耶律直魯古
・プレスター・ジョン