Top > ナタク〔封神演義〕


ナタク〔封神演義〕

Last-modified: 2019-06-18 (火) 04:30:10

キャラシート Edit

4018聖杯戦争

【クラス】アサシン
【真名】哪吒〔封神演義〕
【容姿】上半身裸の少年。幾つもの宝貝を装備している。
【英雄点】40点(ステ24点・スキル16点):令呪2画消費
【HP】40 / 25+15
【筋力】B+:5
【耐久】A:5
【敏捷】A:5
【魔力】B:4
【幸運】A:5
【スキル1】風火輪 A
10点:先手判定時、補正値5を得る。
    交戦フェイズ中に相手前衛に対し、奇襲攻撃を行える。
【スキル2】霊珠子 A
1点:最大HPを15増やす。
【スキル3】乾坤圏 A
5点:物理攻撃と奇襲攻撃時、ダイスの面数を1増やす。

【宝具1】『宝貝・俱排炮』(ぱおぺえ・ぐはいほう) 1/1
【ランク・種別】B++:対人・対軍・対城宝具
【効果】任意の陣営の前衛全てに物理攻撃・魔術攻撃を行い、補正値5を得る。
    陣地破壊が発生する。

【宝具2】『金蛟剪』(きんこうせん) 1/1
【ランク・種別】A++:対城宝具
【効果】英雄点20点の乗騎「黄金虹霓龍」を召喚する。
    この交戦フェイズ中、HPが0になった時にHP10で耐える。
    この宝具はHPが0になった場合、即座に使用できる。

【その他】混沌・中庸 地属性
     なお、名前はナタではなくナタクと読む。

 

乗騎
【クラス】乗騎
【真名】黄金虹霓龍
【容姿】黄金色の龍。
【HP】5 / 5
【筋力】A++:7(8)
【耐久】E:1
【敏捷】E:1
【魔力】D:2
【幸運】A++:7(8)
【その他】

 

Edit

宝貝(パオペエ)一覧

『霊珠』
れいじゅ。只の肉の塊を生命へと変える宝貝。宝貝人間・哪吒の生命の源である。
後に一度死んだ後、蓮の花に植え付けられ、蓮華の化身となった。

最終決戦後に解禁
 

『乾坤圏』
けんこんけん。一対の銅輪によるロケットパンチ。
常に両腕に装備されており、哪吒が最も多用する宝貝である。

 

『混天綾』
こんてんりょう。哪吒の腰布。液体を振動させ、操作する能力を持つ。

 

『風火輪』
ふうかりん。足に装備されている飛行ユニット。ロケットブースター状になり、空中機動を可能とする。
乾坤圏・混天綾・風火輪の3つは哪吒が生まれ持って所有していた宝貝。

 

『金磚』
きんせん。四聖と交戦する際、太乙真人から与えられた宝貝。全方位ビーム砲。磚は瓦の意。
後に改造を受け、二門の砲台となった。

 

『火尖鎗』
かせんそう。四聖と交戦する際、太乙真人から与えられた宝貝。炎の刀身を形成する。
後に改造を受け、槍の形状となった。

 

『九竜神火罩Ⅱ』
きゅうりゅうしんかとう・ツー。元は太乙真人の保有していた捕獲専門宝貝。
スーパー宝貝を除けば仙界で最強の硬度を誇り、盾としても使用できる。

 

『俱排炮』
ぐはいほう。聖杯戦争TRPGに登場するに当たって、太乙真人が哪吒に新たに与えた対城宝貝。
スーパー宝貝・禁鞭および太極図を以てしても勝者となれなかった実情を鑑み、
封神演義より後世の軍略家である陳宮の開発した万能兵装・軍神五兵を元に、対聖杯戦争に特化した構成となっている。
対人精密打撃、対城撃砕爆撃、対陣構造解体など様々な用途に使用することが可能。
………けど哪吒は対軍殲滅兵装としてしか使用しないのであった。

 

『金蛟剪』
きんこうせん。妲己、聞仲と並ぶ金鰲島三強の仙人である趙公明の保有していたスーパー宝貝の一つ。
趙公明の封神後、太乙真人によって改造されて哪吒に搭載され、最終決戦時に使用した。
スーパー宝貝は世界に7つ(外伝で+1)存在する、全てのノーマル宝貝のオリジナルであり、
聞仲の禁鞭、妲己の傾世元禳、太公望の太極図などのようにその全てが規格外の性能を持つ。
七体の虹色の龍を召喚する鋏であり、哪吒が使用する場合はそれを一つに束ねた金色の龍を召喚する。
その破壊力は禁鞭や重力操作のスーパー宝貝・盤古幡をも凌ぎ、申公豹の持つ雷公鞭に次ぐ第二位と名高い。

 

『黄巾力士』
こうきんりきし。太乙真人の開発した移動宝貝。戦闘も可能であり、崑崙十二仙には専用機が存在する。
動力は崑崙山より受けているため無制限に活動ができる。

 

『陰陽剣』
おんみょうけん。いんようけんとも。
藤崎竜版封神演義では使用されなかったが、太乙真人から与えられた宝貝のひとつ。干将莫耶。一対の剣。
原典においては哪吒は三面六臂(顔が3つあり、腕が6つある)となったため、空いた手を埋めるために与えられた。
なお、封神演義にはこれとは別に「莫耶の宝剣」が存在するが、一対ではなく一本の剣となっている。

 

『斬妖剣』(ざんようけん)
『砍妖刀』(かんようとう)
『縛妖索』(ばくようさく)
『降妖杵』(こうようしょ)
『綉逑』(しゅうきゅう)
どれも西遊記を出典とする宝貝。封神演義では使用されなかったが、おそらくは太乙真人から与えられている。
西遊記の哪吒は三面六臂であったため、封神演義でも使用する風火輪に相当する『火輪』を加えた6つの宝貝を保有している。
なお、降妖杵は降魔杵ともされることがあるが、降妖杵との表記が一般的とされる。

参加歴 Edit