マコト・ビン・ヴァファー

Last-modified: 2018-06-19 (火) 22:56:47

キャラシート

新基準

【名前】マコト・ビン・ヴァファー
【容姿】クールっぽい青年。あまり表情を変えない……といいなぁ。
【願い事】魔術式ゲーティア、その秘奥の一端。
【バッドエンド】省略
【グッドエンド】省略
【令呪】 3/3
【HP】20/20
【筋力】E:1
【耐久】B:4
【敏捷】E:1
【魔力】C:3
【幸運】E:1
【スキル1】模倣術式:任意のタイミングで英雄点5点の乗騎「劣化再現魔神柱」を召喚できる。
【スキル2】緊急召喚:交戦フェイズ中に1回、攻撃対象を味方陣営の乗騎に変更できる。
【その他】

 

【クラス】乗騎
【真名】劣化再現魔神柱
【容姿】多数の眼球が浮かぶ肉柱の幼体。
【HP】5/5
【筋力】E:1
【耐久】E:1
【敏捷】E:1
【魔力】E:1
【幸運】E:1
【その他】事前準備も整っていないので試験管から出しても長生きできない。

 

過去シート

 

番外特異点 ガンエデン

【名前】マコト・ビン・ヴァファー(・サッタール・アッ=アトラスィー)
【職業】魔術師
【HP】5 /5
【令呪】 2 / 2
【現在地】
【筋力】E
【耐久】E
【敏捷】E
【魔力】E
【幸運】E
【スキル】使い魔:自分以外のマスター(PL)の遭遇フェイズや戦闘フェイズを観戦出来る。
【容姿】クールな印象を与えるあまり表情を変えない青年。
【願い事】〝ありふれた日常”を守る
【その他】エジプト出身の時計塔降霊科から出向してきた魔術師。
     ソロモン72柱を模した使い魔の作成・育成を専門とするアトラスィー一族の現当主。
     魔術師らしい魔術師だが根は善良な方。
     〝ありふれた日常”が生きる上でも魔術探求の環境としても
     一番効率が良いと思っているため、カルデアの理念に賛同している。
     扱う魔術の関係上、また同じこしあん派としてDr.ロマンとは仲が良い。
【バッドエンド】守れなかった事を悔い、残念に思うが命があるのなら変わらず生きていく。
        今度は、必ず――。
【グッドエンド】願望器に興味がないのでキャスターに使用権を譲る。
        その後は、取るに足らない日常――平穏と、ほんの少しのトラブルの中、
        お気に入りの使い魔の育成を進める。
        そしていずれ、自力で以て英霊を……友を呼び出せるようになるかもしれない。

第五次双葉聖杯戦争

【名前】マコト・ビン・ヴァファー(・サッタール・アッ=アトラスィー)
【職業】魔術師
【HP】5 / 5
【令呪】3 / 3
【現在地】
【筋力】E
【耐久】E
【敏捷】E
【魔力】E
【幸運】E
【スキル】使い魔:自分以外のマスター(PL)の遭遇フェイズや戦闘フェイズを観戦出来る。
【容姿】クールな印象を与えるあまり表情を変えない青年。
【願い事】聖杯戦争のノウハウを吸収して生き残る
【その他】エジプト出身の時計塔降霊科所属の魔術師。
     ソロモン72柱を模した使い魔の作成・育成を専門とするアトラスィー一族の現当主。
     魔術師らしい魔術師だが根は善良な方。
     〝ありふれた日常”が生きる上でも魔術探求の環境としても一番効率が良いと思っている。
     英霊をサーヴァントとして召喚する聖杯戦争には以前から興味があった。
【バッドエンド】サーヴァントのマスターとして、召喚士としての責任と義務を果たせなかった事を悔い、
        今のままではいけないと決意する。
【グッドエンド】願望器に興味がないのでライダーに使用権を譲る。
        その後は、取るに足らない日常――平穏と、ほんの少しのトラブルの中、
        お気に入りの使い魔の育成を進める。
        そしていずれ、自力で以て英霊をサーヴァントとして呼び出せるようになるかもしれない。

聖杯ダンジョン

【名前】マコト・ビン・ヴァファー(・サッタール・アッ=アトラスィー)
【職業】魔術師
【HP】5 / 5
【令呪】3 / 3
【現在地】
【筋力】E:1
【耐久】E:1
【敏捷】E:1
【魔力】E:1
【幸運】E:1
【スキル】使い魔:任意のタイミングで真名看破を行える。
【容姿】クールっぽい青年。あまり表情を変えない……といいなぁ。
【願い事】聖杯戦争のノウハウを吸収して生き残る
【その他】
エジプト出身の時計塔降霊科所属の魔術師。
ソロモン72柱を模した使い魔の作成・育成を専門とするアトラスィー一族の現当主。
魔術師らしい魔術師だが根は善良な方。
〝ありふれた日常”が生きる上でも魔術探求の環境としても一番効率が良いと思っている。
英霊をサーヴァントとして召喚する聖杯戦争には以前から興味があり、何度か参加している。
【バッドエンド】省略
【グッドエンド】省略

無限闇魔神塔ヤルダバオト

【名前】マコト・ビン・ヴァファー(・サッタール・アッ=アトラスィー)
【職業】特殊役職
【容姿】クールっぽい青年。あまり表情を変えない……といいなぁ。
【願い事】謎の記憶、デジャヴュの真相を明かす。
【バッドエンド】省略
【グッドエンド】省略
【令呪】1画
【HP】5 / 5
【筋力】E:1
【耐久】E:1
【敏捷】E:1
【魔力】A+:6
【幸運】E:1
【スキル】平行世界の記憶(特権召喚):ルーラー、アヴェンジャーの召喚が可能。
【その他】
エジプト出身の時計塔降霊科所属の魔術師。
ソロモン72柱を模した使い魔の作成・育成を専門とするアトラスィー一族の現当主。
英霊をサーヴァントとして召喚する聖杯戦争には以前から興味があり、何度か参加している。
ある時から不意に“経験していないが間違いなく自分の記憶”が脳内に再生されるようになり、
また夢遊病患者のように何日か意識をなくすことも増えた。
決して悪性の呪いなどではないと何故か確信しているが、その真相を探る為に魔塔に挑む。

聖杯大戦エミュレート版

【名前】マコト・ビン・ヴァファー(・サッタール・アッ=アトラスィー)
【職業】魔術師
【容姿】クールっぽい青年。あまり表情を変えない……といいなぁ。
【願い事】ライダーの願いを叶えて責任を取る。……取らせる?
【バッドエンド】省略
【グッドエンド】省略
【令呪】1画
【HP】5 / 5
【筋力】E:1
【耐久】E:1
【敏捷】E:1
【魔力】E:1
【幸運】E:1
【スキル】使い魔:任意のタイミングで真名看破を行える。
【その他】
エジプト出身の時計塔降霊科所属の魔術師。
ソロモン72柱を模した使い魔の作成・育成を専門とするアトラスィー一族の現当主。
英霊をサーヴァントとして召喚する聖杯戦争には以前から興味があり、何度か参加している。
とある魔塔で手に入れた聖杯により、平行世界の記憶を手に入れた。
現在は「魔神柱」というサンプルもあり、魔術の研鑽に忙しい。
が、かつて召喚したライダーをどうにかしないとなとは常に頭の片隅に入れている。

聖夜聖杯戦争

【名前】マコト・ビン・ヴァファー(・サッタール・アッ=アトラスィー)
【職業】主人公
【容姿】クールっぽい青年。あまり表情を変えない……といいなぁ。
【願い事】ライダーの願いを叶えて責任を取る。……取らせる?
【バッドエンド】省略
【グッドエンド】省略
【令呪】0/0
【HP】5/5
【筋力】E:1
【耐久】E:1
【敏捷】E:1
【魔力】E:1
【幸運】E:1
【スキル】劣化再現魔神柱・軍魔:陣地破壊をセッション中1度だけ無効化する。
【その他】
エジプト出身の時計塔降霊科所属の魔術師。
ソロモン72柱を模した使い魔の作成・育成を専門とするアトラスィー一族の現当主。
英霊をサーヴァントとして召喚する聖杯戦争には以前から興味があり、何度か参加している。
とある魔塔で手に入れた聖杯により、平行世界の記憶を手に入れた。
現在は「魔神柱」というサンプルもあり、魔術の研鑽に忙しい。
が、かつて召喚したライダーをどうにかしないとなとは常に頭の片隅に入れている。
……願いは叶い、責任は取った。

名前:ماكوتو بن فافا الستار الالأطلس
年齢:不詳
身長:175cm / 体重:76kg
地域:エジプト・イギリス
属性:混沌・善 / 性別:男性 / 血液型:A型
誕生日:1月17日
イメージカラー:紺
一人称:僕 / 二人称:君
特技:育成ゲーム 周回作業
好きなもの:ローズティー 実験 / 苦手なもの:横やり 中断
天敵:自分のペースを崩さない人種
起源:『反覆』
魔術属性:火・風
魔術系統:降霊術、召喚術
魔術特性:育成
魔術回路・質:A+ / 魔術回路・量:B/ 魔術回路・編成:異常

 

ソロモン72柱を模した使い魔の作成・育成を専門とし、時計塔降霊科に所属する。
かつての聖杯戦争で得た聖杯と「魔神柱の破片」により並行世界の記憶を手に入れた魔術師。
とある世界線では人理継続保障機関フィニス・カルデアにも所属し、ロマニ・アーキマンとは友人だった。
現在は扱う魔術の特性からか或いは何かあるのか「魔神柱の理解・再現」に力を尽くしている様子。

人物詳細

●略歴
エジプトに本拠を置く“アトラスィー一族”現当主。
魔術王ソロモンこそ根源に辿り着いた先達と考え、その領域へと辿り着くことを目的とする家系。
その関係上生まれた際に『起源』を確認され、「再現」など目的に近い『起源』を持つ子供が後継者に選ばれる。
マコトは珍しく先代当主であった父の種から生まれ、そのまま後継者とされたレアケース。
物心が付く前から父から英才教育を受けていたが、ある時期を境に自主学習に切り替わる。
その為か、幼少時代に改造手術などは施されなかった。

 

かねてから召喚魔術師として英霊召喚を行う聖杯戦争に興味を持っていたからか、
第五次双葉聖杯戦争ライダーを召喚し参戦。
最終局面まで生き残るが陣地から出て敗退。
その際、召喚士としての矜持から「召喚した責任は取る」という類の発言をし、
ライダーを召喚して聖杯戦争に参加する。
結果受肉させ、パートナーとなり、子供も授かった。

 

他にも、アルカトラスの第二十八迷宮『ドゥオ・フォリウム』を調査する際、
手違いで聖杯戦争に巻き込まれてしまうが、ランサーを召喚し事態解決に当たったり、
中国の奥地で開催された聖杯戦争にも足を運んだりと聖杯戦争に関わり続けている。
そして、全ての平行世界が直面した危機全次元最終防衛戦線にも一魔術師として参戦。
魔神塔を他のマスターたちと助け合いながら踏破し、『ソロモン王の聖杯』『魔神柱の破片』そして『並行世界の記憶』を手に入れる。

 

その後は以前にも入手していた『魔神柱の破片』などを元に「魔神柱の研究」を本格的に開始。
聖杯戦争介入などは一族の配下や弟子、友人組織に任せる形となった。
回収した小聖杯の魔力などで『並行世界の記憶の抽出』を繰り返しているようで、
それらを元にした魔術王ソロモンについての研究や並行世界論などの実績で典位を授かる。

 

『猟番』の拠点によく足を運んだり待機していたり、ベルフェバン翁との交渉の用意をしたり、
緊急連絡の窓口などの雑事をやっていたりするので、所属しているのではないかと噂されている。
ただでさえ、所属メンバーにアトラスィー一族出身者が多いため乗っ取りを仕掛けているとかも言われている。

 

●人物
魔術師らしい性格をしているが、根は善性。
倫理観も薄く、自身や周辺すらも研究材料にすることも躊躇わない。
あまり表情も変えず、共感力なども低いため他人と知り合い以上になることが難しい性格。
しかし一度身内認定するととても重くなり、そのような相手に対しては急に興奮することもしばしば。
パートナーが帝政ローマ最悪の暴君なので、女性関係に関してはアレかもしれない。

 

●能力
ソロモン72柱を模した使い魔の作成・育成を専門とした魔術師。
かつては呼符に封じた霊体の使役や能力付与を得手としていたが、
ある時期を境に体を完全に「魔神柱特化」に改造している。
劣化再現魔神柱の召喚、及び強化が可能となったが従来の降霊魔術の行使に制限が付くように。
極短時間の発動に留まるようになり、応用力も低下した。
「継戦能力は無くなったが、その分爆発力は向上したとも」とは本人談。

参加歴

番外特異点 ガンエデンキャスター
第五次双葉聖杯戦争ライダー
聖杯ダンジョンランサー
無限闇魔神塔ヤルダバオトルーラー
聖夜聖杯戦争ライダー
俊明市聖杯戦争ライダー