Top > 戚夫人/ポボス


戚夫人/ポボス

Last-modified: 2019-06-01 (土) 16:26:53

【クラス】アルターエゴ
【真名】戚夫人/ポボス
【容姿】中華風の装束に身を包んだ女性。傍らに人の姿をした豚を従えている。
【英雄点】30+10点(ステ20点・スキル20点):令呪1画消費
【HP】 / 
【筋力】B :3
【耐久】A :7(8)
【敏捷】E :1
【魔力】B :6(7)
【幸運】E :1
【スキル1】複合神性 C
5点:英雄点10を得る。属性”神性”を付与する。
【スキル2】現代汚染 B
5点:物理防御時、補正値3を得る。相手の攻撃時、攻撃対象を自分に変更できる。被虐体質 C+として扱う
【スキル3】狂化 A
10点&令呪1画:キャラシート作成時、令呪を1つ失う。物理攻撃と魔術攻撃と物理防御と魔術防御時、補正値5を得る。
 
         おな
【宝具】『常に死と互じとなる』(Live N.T.R[Nearly The Rest]) 1/1
【ランク・種別】A:対視聴者宝具(陣地宝具として扱う) レンジ:∞ 最大補足:1*1000人
【効果】移動フェイズに現在地で陣地を作成出来る。
陣地内で敵陣営の前衛全ては物理攻撃と魔術防御に‐4の修正を得る。
生きながらにその心を殺す宝具。
この宝具によって与えられた絶望は感染する。
 
【その他】秩序・悪 神性、人属性、獣属性
 
以下泥
【キャラクター詳細】
 戚夫人はかつて開催された聖杯戦争(マスター7名の夢の中にて発生)にて召喚されたバーサーカー。
 狂化により曇った理性で生前の生地獄が再開されると誤解した戚夫人は戦争開始前から暴走を始める。開催者であったマスターをも操り次々と召喚されたサーヴァント達を聖杯に捕り込んで行った。
 その際に縛りの緩かった聖杯が中途半端な魔力貯蔵で叶え初めてしまったのが戚夫人の願い「もう許してほしい」であり、それは恐怖と壊走の神ポボス(フォボス)の特殊な形での召喚という形をとった。
 
 余談ではあるが、狂化されたまま現代アンダーグラウンド知識を聖杯から受け取った戚夫人はそういう通販サイトとかで売っていそうな拘束具やマッサージ器具、そういった方向の大人の動画などに造詣深い。
 後宮での手練手管を現代社会で活かせるようにとの聖杯の配慮であったが、まぁそんなもの貰ってもしょうがないよね……。
 「あんなにドSなことされてたってことは私は生前から呂后に許されていた……というか愛されてたのでは?」
 とか言い出すのはこのお陰である。
 
【絆レベル2で解放】
真名:戚夫人/ポボス
身長/体重:162cm・48kg
出典:史実/ギリシャ神話
地域:中国/ギリシャ
属性:秩序・悪/秩序・悪
性別:女
中華風の装束に身を包んだ女性。傍らに人の姿をした豚を従えている。
残酷刑史に名高い呂后の人豚とされた高祖の愛妾、戚夫人。
そして彼女の内部に巣食った恐怖症(フォビア)にその名を残すギリシャ神話の恐怖の神。
以前の聖杯戦争で呂后のフリをしていた時には胸を盛っていたが、此度の聖杯戦争では自分のサイズのままで召喚された。
戚夫人は胸を反らす動作が特徴の舞を得意とする何でもこなす英才的才女、対する呂后はちょっと嫉妬深い闇堕ちヒロインである。
生前は胸の差がその生涯の差を運命づけ……た訳ではないのだろうけれど。
 
【絆レベル3で解放】
 かつての聖杯戦争で、戚夫人の中の妄想である“自身を許す呂后”を殻としたデミサーヴァントという特殊な形態で召喚された神霊ポボスは、最後の三名のマスターにより退去させられ、この恐怖の神の現代社会への顕現は未然に防がれる事となった。
 此度の聖杯戦争で召喚された戚夫人は変わらずポボスの神性を内包してはいるものの、その力は大きく減じられている。
 かつての聖杯戦争での暴威はそも、夢の中に妄想を殻として顕現した恐怖の神という最悪に近い組み合わせであったからによる部分が大きい。
 
【絆レベル4で解放】
 この状態の戚夫人に獣属性が付与されているのは彼女自身の自己認識による。
 以前の聖杯戦争で彼女は自分が夫や息子の事すら忘れ、呂后に許されるためだけに全てを投げうっていたのだという事実を認識している。
 そしてそれが獣の所業であることも知っている。
 
 自らが狂っている事に気づいている、という点で多少なりともその狂気が好転している戚夫人ではあるが、ポボスの方の状況は残念なものである。
 神威を失っているという事は戚夫人への支配力が全く失われているということ。
 変わらず戚夫人の脳内で色々と口出しは出来るものの、戚夫人はポボスの誘惑を跳ね除けつつある。
 
【絆レベル5で解放】
 戚夫人の傍らに侍るのは彼女のマスターであるモーリー・チャンスマン。かつて自らが主宰した聖杯戦争で彼女を召喚したマスターである。
 彼女の精神は戚夫人の操る拘束具により常に恍惚境に陥ったような状態で、半ば夢見心地で活動している。
 そして、その状況で繰り返し見る白昼夢は戚夫人の生前の人生の追体験……つまり高祖に見初められてから呂后の復讐により人豚として飼い殺しにされるまでの、バッドエンドの決まった後宮の戦いの顛末(それもその姿を見た恵帝の命さえ奪った最期をひたすら誇張されたもの)である。
 それは一魔術師の脆弱な精神が耐えきれるものではない。
 彼女は声も貌も奪われ、自己と戚夫人を同一視し、戚夫人に「許される(褒められる)」事だけを最優先する獣に成り下がっている。
 
 モーリー自身は自身の復権のため、此度の聖杯戦争に参加するに際し他のサーヴァントを呼ぶ手はずを整えていたのだが……
 前回の聖杯戦争で自身と呂后(ポボス)を引き合わせてくれた礼をしようと戚夫人が勝手に押し掛けたようだ。
 前回のトラウマを折角克服していたというのに、再び戚夫人を目の前にした途端、モーリーは腰が抜けたように四つん這いになりその足に首をすりつけたとかなんとか。
 戚夫人も気の置けない存在となっているそんなマスターを大層気可愛がっている。
 
 すなわち妄想ご主人様と人豚マスターに人豚サーヴァントのオモシロトリオ、しまった豚が被ってしまったな。
 

ボス時データ