Top > レイド > 楽欲の僧院 オーボンヌ

レイド/楽欲の僧院 オーボンヌ

Last-modified: 2019-02-07 (木) 23:12:22

概要 Edit

IL制限:平均IL365以上 ファイター/ソーサラー レベル70 制限時間120分
クロニクルクエスト「楽欲の僧院 オーボンヌ」を進行
8人のPTを1つのアライアンスとし、3つのアライアンスで進行する
PT編成に関しては、TANK:1 /HEALER:2/DPS:5 になるようにしなければならない
24人アライアンスを組んでで申請する場合のみ、ロール構成を無視した突入が可能

コンテンツ難易度について
「リターン・オブ・イヴァリース」の完結となるアライアンスレイド。
これまでのアライアンスレイドと比較して難易度が桁違いに高く、敵の攻撃がいずれも凄まじい。
対策を知っていないと即死する、そもそも「初見では即死した理由が分からない」ような攻撃があまりにも多い。
LB3は攻撃には使わずに緊急時の立て直しの為に温存し、壊滅したらヒーラーが使っていった方がいいかもしれない。
リドルアナ大灯台と同様、キャスターのLB3は派手なエフェクトで敵の攻撃と予兆範囲が判りづらく大事故を起こしかねないので要注意。

また敵の攻撃があまりにも激しいので、ヒーラーは「ヒーラーの役割はあくまでも回復である」という基本に立ち戻るよう心がけよう。
全く攻撃するなとまでは言わないが、せめて回復や蘇生をすぐに実行出来る程度のMPは常に確保しておく事。
攻撃にMPを使い過ぎた挙句、要所でMP不足で味方の回復や蘇生が出来ないなんて事になったら目も当てられない。

戦利品 Edit

  • 1ボス 機工士ムスタディオ 宝箱
    • 頭防具、手防具、帯防具
  • 2ボス 聖騎士アグリアス 宝箱
    • 頭防具、脚防具、足防具
  • 3ボス 雷神シド 宝箱
    • 胴防具、帯防具、足防具
  • 4ボス 聖天使アルテマ 宝箱1 (アライアンス24人ロット:取得の週制限無し)
    • マメット・ラムザ(ミニオン)
      • 必ず1つ入っている。
    • オーケストリオン譜:Under The Stars、オーケストリオン譜:緊迫1、オーケストリオン譜:Antipyretic、オーケストリオン譜:異形の者、オーケストリオン譜:Ultema The Perfect Body!
      • 以上5つの譜面から抽選で2つ入っている。同じ譜面が2つ入っていることもある。
    • トリプルトライアルカード:聖天使アルテマ ★5
      • 必ず3つ入っている。
  • 4ボス 聖天使アルテマ 宝箱2
    • 胴防具、手防具、脚防具

  • (パッチ4.5実装時点)装備取得の週制限有り
  • 1週間に1回、クリア時に必ずミュロンド古銭を入手できる。
    ミュロンド古銭は、ラバナスタとリドルアナで手に入る古銭と併せてラールガーズリーチ (X:13.8 Y:11.8)のエシナに渡すことでスカエウァ装備(武器・防具・アクセサリ)の強化アイテム1個と交換可能。
    • 武器の強化アイテムは4.5時点ではまだ交換できない。アライアンスレイドの前例を踏まえると後ほど追加すると思われる。
  • 1週間に1回、クリア時に必ず不活性クラスターを2個入手できる。不活性クラスターはラールガーズリーチ (X:12.4 Y:11.3)のスィッチスティクスに渡すことで任意の戦闘系ハイマテリジャ1個と交換可能。
    入手制限は火曜日の17:00にリセット。

ボス攻略 Edit

機工士ムスタディオ Edit

  • エネルギーバースト
    • 回避不能の魔法属性全体攻撃で、約23000ダメージ。
    • 終盤、ファイナルテスタメントの直後に使ってくるので回復漏れが無いように注意する。
  • 腕を狙う
    • ヘイト1位への単体攻撃。ドンアクにはならない。
  • 右舷掃射、左舷掃射
    「避けられるかな?」
    • それぞれボスの右前方、左前方への扇状範囲攻撃。
      右舷はボスの左側へ、左舷はボスの右側が安全地帯。
      扇形といっても270度ほどあるため確実に反対方向へ移動する事。
  • メンテナンス
    「この程度の損傷、メンテナンスで元通りさ…!!」
    • 鉄巨人を起動させる(黄ライン)のと、タレットを起動させる(青ライン)のと2パターン。
      鉄巨人:外周の2方向からの十字範囲攻撃。
      タレット:エリア四か所のタレットがいる場所に範囲ダメージ。
      鉄巨人、タレット共にターゲット不可。
      • 鉄巨人はフェイズが進むごとに数が増えるので、一方のラインが繋がっていない場所を探し、もう一方を探すようにする。
      • タレットは単純にいない場所を探す。
  • ミサイル発射(着弾)
    「狙い撃つぜ!!」
    • 数名にマーカーが付き、一定時間後対象へ魔法属性の範囲ダメージ
      フェーズが進むと対象者が増える。
  • ロックオン
    「ロック・オンッ!!」
    • 何人かにマーカーが付く。対象はランダム
      対象者に追尾型の範囲攻撃が来るので、対象者はすぐに外周へと避難。
  • アナライズ → ファイナルテスタメント
    「さすがだ…中々やるじゃないか。だが、このアビリティに耐えられるかな?」
    「ファイナルテスタメントッ!!」
    • 放つ直前に一旦中央に移動してから場外に行く
      「(左・右・背面)未解析」のいずれかのデバフが付き、全員の足元にCの形をした黄色いサークルが付与。
      黄色いサークルの光っていない方をボスに向ければOK。
      光っている方を向けてしまうと、次のファイナルテスタメントで即死。
      • 集まっていると判別つきづらいので、デバフアイコンで確認するのが吉。上が正面なので青い方を向ける。
    • 初回はスタンが付与されカットシーンが入る。2回目以降はカットシーンを省いて撃ってくる
    • 回避に成功した場合は最大HP現在HPの約90%割合ダメージ(軽減は可能)
      終盤はこの直後にエネルギーバーストに繋げてくるので、急いでヒーラーの元に集まり回復をすること。
  • 足を狙う
    「戦場ではノロマな奴が真っ先に狙われるのさ…!!」
    • 対象地点に地雷設置。時間経過で範囲ダメージ。地雷を踏むと範囲ダメージ+麻痺
      集団の近くに置かれた場合、MTは地雷設置地点より少し離れるように移動するとよい。
      • 詠唱完了時にボスから最も離れている3人の足元に地雷が設置される模様
        遠距離DPSが距離をとると、ある程度地雷の設置地点を誘導することができる。
      • 地雷設置のあとに右舷掃射・左舷掃射を使う事が多いので、集団の真後ろに誘導する方が良い。

聖騎士アグリアス Edit

2種類のコンテンツアクションが登場する。場面毎に地面に出現するので中に入ることで使用可能になる。

  • 幻光波
    • 魔法属性全体攻撃で約20000ダメージ。各技の合間によく使用する。
  • 雷鳴剣
    • 敵視1位(大抵はMT)にマーカーがつき、扇形の範囲攻撃
  • 不動無明剣
    • フィールド全域攻撃。発動前に地面に盾のマークが表示されるため、そこに入ってアグリアスの方を向いて聖盾防御(コンテンツアクション)を使用する。
      聖盾防御使用時にバフがつくが、何かしらの動作を行うと解除されるため技が終わるまでじっとしていること。
    • 初回は盾マーク出現から詠唱開始まで時間がある。2回目以降は盾マーク出現と同時に詠唱も始まるので発動が早い。
  • 聖光焼却撃
    • 各アライアンスから2名、合計6名にマーカーと予兆範囲が表示されてから攻撃。対象者は離れて対処する。
      • 乱命活殺打などでアライアンスが全滅している場合はその分引かれる。実用性は全く無い。
  • 無双稲妻突き
    • 対象二人にマーカーが付与され、ドーナツ型→対象中心・対象中心→ドーナツ型、どちらかのパターンで展開される二段階攻撃。
      周囲からある程度離れつつマーカー持ちはお互いに近づいておく。
    • 稀に3人対象になることがある。
      (各アライアンスから1名が対象?で、乱命活殺打で隔離されたアライアンスの復帰が早かった時に起こる?)
  • 乱命活殺打
    • A・B・Cどれか1つアライアンス全員が対象、別マップへ移動する。
      黒い亡霊と白い亡霊が出現するため、時間内にすべて処理する。
      Bのアライアンスも対象になる事があるので、対象になった場合MTが隔離されることになる。
      A・Cのタンクは速やかに挑発で取り、続く雷鳴剣を外側に向けること。
      • 黒い亡霊:通常攻撃
      • 白い亡霊:剣のコンテンツアクションで攻撃
  • 聖域束縛式 → 北斗骨砕打
    • いずれかのアライアンス全員が外周にノックバック・拘束。その方向に外周から直線のダメージラインが発生。
      他のメンバーは発動までに聖剣攻撃で拘束されているキャラクター(模造聖域)を攻撃して解除させる。
  • 聖光爆裂波
    • 後半戦で使用する。3名に対して線と繋がり直線上を攻撃する。
      不動無明剣と同じく盾のマークが出現するので、対象者は聖盾を取得してアグリアスの方を向いて盾で回避する。
    • 不動無明剣と違い直線上の範囲なので全員が盾を使う必要は無いが、
      対象者が自分の攻撃範囲上に来てさらに複数重なるのも十分あり得るので、盾を取得して防御に専念する事も想定したほうが良い。
  • 聖剣技(ヘヴンリージャッジメント)
    • 東西に剣の騎士が1体ずつ・南に盾の騎士の合計3体が出現する。
      同時に盾のコンテンツアクション習得エリアが出現し、剣の騎士が強打の詠唱を開始すると剣のコンテンツアクション習得エリアも出現する。
      Aが西(剣)、Bが南(盾)、Cが東(剣)の騎士をそれぞれ担当して倒す。騎士同士が接近するとダメージは通らなくなるので離すこと。
      時間内に処理しきれなかった場合は全滅する。
      • 剣の騎士は「強打」を使用する。フィールドとほぼ同じくらい広範囲の攻撃で、被ダメ上昇スタック付きの強攻撃。
        2つ同時に受けると即死級ダメージになる。同時に出現する盾アクションで回避可能だが範囲内の剣の騎士の方を向いて使う必要がある。
      • 剣の騎士が出現した場所で強打を発動されると、Bアライアンスの担当する場所全域を覆ってしまい強打を回避できる場所が無い状況になってしまう
        A・Cのタンクは、盾アクションを取って少し北側or外壁ギリギリまで誘導した方が良い。(後述も参考)
    • Bアライアンス担当の盾の騎士は、剣の騎士の強打詠唱発生時(範囲表示開始時)に周囲に光輝の大盾を3体出現させ攻撃が通らなくなる。
      盾のコンテンツアクションで強打を無効化した後、剣のコンテンツアクションを習得し大盾を破壊すると良い。
      剣盾のマークは一定時間後に消滅するので取りこぼしがないように注意。
      • 盾を使う時は、強打の範囲内にいる剣の騎士の方を向いておくこと。
      • 2つの強打を受けると即死級ダメージになる。盾を持っていない場合は2つの範囲が重なっている所に乗らないこと。
        (1つだけならダメージと被ダメ上昇デバフは受けるものの生き残る事はできる)
    • 【参考】
      A・Cのタンクは、もし余裕があれば剣の騎士をそれぞれ西~北西・東~北東に誘導すると良い。
      下図(1)のように、Bアライアンスに強打を回避できるスペースができて事故が減らせる。
      A・Cは各担当の騎士からくる強打を盾アクションで回避する。
      • ただし、Aアライアンスが盾取得の場所から大きく離れてしまい、Aが担当する剣の騎士の「強打」を回避し辛いリスクが生じる。
        誘導前に盾アクションを取るように意識しないといけない。
      • Aがやや西側・Cが北東に動くと下図(2)になり、フィールド南東側にBアライアンスが回避するスペースができる。
        A・Cは盾取得に近い場所で立ち回る事ができる。

FF14_45Raid_Stage2.png

雷神シド Edit

入ってすぐオートアタックが届く位置にボスがいるので、誤爆で始まらないように注意。

円型のフィールドが6つ並んでおり、アライアンス毎に2つの円を担当してギミックを処理していく。
担当は、北西A・中央南B・北東Cの配置が主流か。
FF14_45Raid_Stage3.png

ボスのオートアタックは各アライアンスTANK3名に対して同時に攻撃する(TANKが戦闘不能の場合はこの限りではない)。


詠唱時に技名が一部表示されない(「雷神式聖剣技」表記)のため、動作を見て見極める必要がある。
それぞれ円形の足場を2つ行き来して回避していく。マハのように落下死はない。

  • ボスの技は、戦闘で初めて使う時に限りメッセージが表示される。
    2回目からは表示が省かれるので、動作や詠唱ゲージで判断しなければならない。音声で判断するのは遅いので注意。

フェーズ1 【HP~約65%まで】 Edit

  • 乱命活殺打
    • 全員を瀕死状態+死の宣告。
      この技の後、しばらくはAAによる攻撃をしてこない。
      死の宣告はHPを満タンまで回復させれば解除されるので、ヒーラーは速やかに回復させる。
  • 無双稲妻突き
    • 「お手並み拝見!」
      剣を三方向に振り下ろしており、その方向にダメージ。
  • 不動無明剣
    • 中心部分で剣を突き立てる。ドーナツ型の範囲攻撃。シドに近づいて回避。
  • 北斗骨砕打
    • 「無駄だ…!」
      剣を自分の体近くで構える。シド中心の範囲攻撃。外周寄りに移動しておく
      中央の通路ぐらいまでの範囲攻撃。
  • 星天爆撃打
    • メッセージと同時に各アライアンスのタンク(いなければ他の人)に対して斬耐性低下デバフ4スタック付与・4連続物理攻撃(最後の1回はダメージ大きめ)
      タンクは防御バフを使い、ヒーラーは回復を行い対処する。
  • 冥界恐叫打
    • 各アライアンスから1名対象、頭上にマーカーが出現→対象者に予兆範囲表示→4回追尾攻撃。
      初回は詠唱開始の瞬間にマーカーが出ていない。
      アグリアス戦の不動無明剣と同じで、初回だけメッセージが先に表示→詠唱開始(マーカー出現) ・・・のパターンになっている
      慣れてきた頃に引っかかりやすい。
    • 2回目以降はメッセージが省略されて詠唱から始まる。発動までが事実上早いので注意。
    • 4回追尾する攻撃だが、限られた行動範囲の中で全部避けるのは結構難しい。
      小円の端に沿って動いたとしても1~2回は当たる可能性がある。(2回連続で当たるとほぼやられる)
  • 闇の剣
    • 原作にもあった黒いエフェクト(マーカー)が表示されて対象がいた場所からドーム型に広がる範囲攻撃。
      対象者へ着弾時に約26000ダメージ。他のドームと触れると大ダメージ+ベイン(DoT)。ドームを接触させないように円の外周に捨てること。
    • 後半には各アライアンス2つに増えるので注意。置き場所を間違えると直後の暗の剣が処理できなくなる。
  • 暗の剣
    • シド側に円形のエリアが出現。各円3人ずつ乗る。
      タンク・ヒーラーが向かって右側の円に、DPSが向かって左側の円に集まって対処すると安定する。
      欠けた場合は全域に特大ダメージで、複数処理できない場合はほぼ全滅が確定する。
      なお、きちんと処理した場合でも13000前後のダメージが来るので、バリアを張っておくと良い。

フェーズ2 幻影の騎士 Edit

大円フィールドに移動して幻影の騎士3体を倒す。
上記の図のようにアライアンスが分かれていれば、騎士が近くに1匹ずつ出現するので全剣技のゲージが溜まる前に倒す。

  • 全剣技 (バランスブレイク)
    • 履行技、時間内に騎士を全て処理できなかった場合は全滅する。
  • 剣闘技場
    • 第2フェーズ移行時にフィールドの移動を兼ねた打ち上げ攻撃で約12000ダメージ
  • 無双稲妻突き + (頭割り攻撃)
    • 各アライアンス1名に赤いマーカーが表示されて対象者中心の範囲攻撃を2回行い、さらに別の1名に対して頭割りマーカーの表示・攻撃があり3段階攻撃。
    • 範囲攻撃はアグリアス戦と一緒で、2パターンのうちどちらかを使用する。こちらは予兆範囲表示・発動が若干早い。
      2段階攻撃の境目付近に立ち攻撃が出たところ確認して動くと良い。
    • 頭割り攻撃が3段階目の攻撃として加わっている。無双稲妻突きの発動中に各アライアンス1名に対してマーカーが表示される。
      上記の技を放った後に着弾するので集まって回復とバリアをしっかりする。
    • 頭割り攻撃は被魔法ダメージ増加デバフが付与されるので、2つ以上の頭割りを受けるのは不可。
  • 聖光爆裂波
    • アグリアス戦とほぼ同一で、各アライアンス1名に紫のマーカーと線が繋がり直線攻撃。
      盾が無いので対象者は回避できない。
    • 対象者は直線攻撃が外壁に向かうように立って処理すること。
      この攻撃自体に一瞬だけ被魔法ダメージ増加デバフがあるので、複数重ねると即死級ダメージになる。
      壁がない広場の方に向けると、直線攻撃の先にいる他のアライアンスを巻き込む(≒直線範囲を2つ重ねてしまう)事故を起こす可能性がある。

フェーズ3 【HP~0%まで】 Edit

バランスブレイクで元のフィールドへ、落下位置は各アライアンス担当の円付近になる。
新しい攻撃パターンが増える・闇の剣の対象も各アライアンス2人に増えるなどギミックの難易度が上がる。
以下はフェーズ3で追加される攻撃

  • 聖光爆裂波
    • 表示は「雷神式聖剣技
    • 隣接する3つの円に剣を添えて順に攻撃していく、時計回りor反時計回りの順で攻撃をする。
      アライアンス担当の2つの円両方を含む場合があるので、この場合は無理せず一時他のアライアンスの方まで避けたほうが良い。
      ただし、この後オートアタックを2回挟んで乱命活殺打を使うので、速やかに自アライアンス担当まで戻るように。
  • 強甲破点突き
    • 各アライアンスの一人に線が繋がれ、4回線で繋がれた対象に物理ダメージと被物理ダメージ増加デバフ(20秒)を付与する
    • デバフが非常に厄介で、線で繋がれた人が連続で受けたりボスのオートアタックを受けたりすると即死級のダメージを受ける
    • 対処法は、DPSとヒーラーの7人で1回受けたら他の人に線を渡していく感じで処理する。
      ボスからオートアタックを常に受けるタンクはこの線を取ってはいけない。デバフ中はタンクでもノーバフでは即死しかねない程のダメージになる。
      タンクは線が他の人に付いているのを確認して線がなくなるまで一旦離れること。
      • タンクでも防御バフや無敵バフをフルに使いヒーラーが頑張れば凌げないこともないが、
        デバフが20秒と長いのを考えると取らないほうが無難だと思われる。
  • 咬撃氷狼破
    • DPSチェック。
      3つの大氷塊を出現させて、各円後方の範囲以外に凍傷のAoEフィールドを展開する(AoEに入ると凍傷DoTデバフが付いてしまう)。
      大氷塊は詠唱ゲージが溜まり次第大爆発をする。1つ残しで全域に特大ダメージ、2つ以上残ると全滅になる。
      凍傷のAoEフィールドは大氷塊を全て破壊すると消滅する。
    • 大氷塊は円を1つまたぐように合計3つ出現する。
      各アライアンスは担当する2つの円でどちらかに必ず1個湧くので氷塊まで移動して破壊する。

聖天使アルテマ (前半戦) Edit

ボスが正面固定の前半戦、履行技でフィールドを移動した後の後半戦の2回に別れている。
後半戦で全滅しても、フィールド移動直後からリスタートする形式になっている。

フェーズ1 (HP50%まで) Edit

ボスはその場から動かず、また討伐できない(と思われるが現状は検証不可能)。
デミ・レオまで順に発動して統制の塔が倒れた後にHPが49%以下なら次のフェーズへ移行する。
HP50%以上の場合は、グランドクロスかルカヴィ召喚を引き続き行う
この場合HP49%まで減らした瞬間に次のフェーズへ移行する。

  • ホーリジャ
    • 4名の位置に着弾による範囲攻撃、さらに別の4名へマーカー付き追尾型の範囲攻撃を行う
      初回は着弾の範囲攻撃のみ
    • 後述の聖石光とルカヴィの複合攻撃で回避場所が限られるのでよく見ておく。
  • 聖石光
    • ボス周辺と放射状に障害物を設置する攻撃、この後ホーリジャや召喚の攻撃を混ぜてくる。光の範囲がそのまま移動できない壁となる。
      狭いスペースに入ると後続の攻撃の回避がかなり制限されるので、広く空いたスペースの方に避けたい。
  • グランドクロス (落下)
    • フィールド後ろ側に「聖石塊」を落下させる。3つ落下させた後、塊から十字型にビームを発射する。
      この十字の範囲が届かないスペースを探して避ける。2つ以上のビームが重なると即死級のダメージになる。
      • フィールドを縦横4x4の16区切りとして、塊は縦横の軸で2つ以上重ねて設置されることはない。
        この法則から16区切りのうち1ヶ所だけが範囲が届かない安全地帯になる。
    • 前半戦はボス至近距離の向かって左右どちらかが安全地帯になる模様。
  • デミ・アクエリアス
    • リドルアナ大灯台1ボス、デミ・ファムフリートを召喚する(ターゲット不可)
      暗黒の水瓶を使用してフィールド後方に左右から直線軌道で水流を流す。
  • デミ・アリエス
    • リドルアナ大灯台2ボス、デミ・ベリアスを召喚する(ターゲット不可)
    • タイムエラプションを使用する。フィールド3x3の9つ分割した区切りで床の針が早い方→遅い方の順にエラプションを発動するのは同じ。
      ただし、こちらは針のタイミングが不規則に設置される点に注意。
  • デミ・レオ
    • ラバナスタ2ボス、デミ・ハシュマリムを召喚する(ターゲット不可)
    • 統制の塔2つ設置する。塔を切断し下敷きになると即死する点は同じ。
      ホーリジャを避けつつ等が倒れない方向に行く。

フェーズ2 (ルカヴィ連続召喚) Edit

ボスにバリアがかかって攻撃できなくなる。ルカヴィの猛攻を回避して凌ぐフェーズになる。
どれも高威力の攻撃で慣れないうちは死にやすい上に何でやられたのかが分かりにくい。
上から順に連続で攻撃を繰り出してくる。赤字は特に注意したい攻撃

  • タイムエラプション
    • 不規則に配置されるパターンに注意する。同時に上空に(黄色の)大地のハンマーが設置される。
      大地のハンマーを確認して離れながらエラプションを避ける。
      ハンマーとタイムエラプションの設置次第になるが、フィールド中心に寄っておくと後のブーストエッジを回避しやすくなる。
  • 大地のハンマー
    • ラバナスタ2ボス・ハシュマリムが使用したのと同じ
    • フィールド外周1つ上空に設置して距離減衰型攻撃。ハンマー近距離は即死級ダメージ
      タイムエラプションの地面を気にしていると上空のハンマーを見逃しやすいので注意。
    • ハンマーが南側に設置するなら被害は少なくて済む。しかし全員が集合している北側に置かれると危ない状況になる。
  • 闇の砲撃
    • 頭上に▼マーカーが付くので、マーカー同士が2名以上重なって打ち消す
  • 暗黒の水瓶
    • 直線上に水流を流す。同時にハシュマリムが東西どちらかに出現するので外周を見る。
  • ブーストエッジ
    • ラバナスタ2ボス・ハシュマリムが使用したのと同じ
    • 東西どちらかの外周に出現して刃が赤く染まった方の北側か南側を攻撃する。即死級ダメージ。
      切傷DoTも入るため、エスナやイレースで瞬時に解除しなければDoTで削り殺される。
  • ファイジャ
    • リドルアナ2ボス・ベリアスが使用したのと同じ。
    • 対象者3名にマーカーが付き3連続範囲攻撃

フェーズ3 (究極幻想) Edit

ムスタディオ・アグリアス・シドの3人が現れルカヴィを消滅させて魔法障壁を張るので中に入る。
途中短時間で破壊する場面があるので立て直しを急ぐ。

  • 究極幻想(アルティメット・ライブファイア)
    • 1秒毎に約4000ダメージが連続する。ヒーラーは範囲回復・バリア・HoTを使って耐える
    • 攻撃が20回ほど来ると【堕天の証】が出現するので攻撃に耐えつつ破壊する。破壊できない場合は全滅確定になる。
      • 魔法障壁耐久度(猶予時間)は20秒弱とかなり短い
        ここまで戦闘不能が多いと破壊しきれない可能性もあるので、DPSを全力で出しLBを即打ちする事も考えておこう。
    • 破壊すると一時攻撃が止まるが、再び1秒毎に約6000ダメージが17回ほど連続するのでこれを耐える。
      耐えた後は演出の後フィールドを移動して後半戦へ。

聖天使アルテマ(後半戦) Edit

後半戦で全滅した場合はフィールド移行したところからのリスタートになる。
MTへのオートアタックは軽減なしで約13000ダメージ(魔法属性)。
MTに対して強攻撃の【破壊】を放ってくるので、後半戦通して攻撃スタンスに変えない方が良い。
MTが落ちる事故も発生しやすい。A・Cのタンクはいつでもスイッチできるようにはしておきたい。
攻撃の一部は「デミ・ヴァルゴ」の表記で、効果は予兆範囲などから判断しなければならないのがある。

フェーズ1 (HP100%~約15%) Edit

最初は、デミ・ヴァルゴ(ドミニオン外周3体) → グランドクロス → デミ・ヴァルゴ(ドミニオン上空6体) → デミ・ヴァルゴ(ドミニオン低飛行1体と抱擁)の順番で攻撃する
その後、天変地異フェーズに移行。天変地異終了後はHP15%ぐらいになるまでグランドクロス、デミ・ヴァルゴの中からランダムに行う

  • 破壊
    • 敵視1位に対して特大魔法属性ダメージ。威力が非常に高く、20%軽減状態でも約55000ダメージはある。
      オートアタックを含めると合計65000ダメージになる。
    • 軽減無しでは70000ダメージを超えオートアタックも含めると即死級になる恐れもある。
      よって、防御スタンスを切るのは推奨できない。
    • MTはこれに軽減アビリティを合わせるようにする。
    • Bアライアンスのヒーラーは特に注意が必要になる。他のギミック中に来ることもある。
      MTのHPはMAXにしておきたい。またバリアをかけたりカウンターヒールを差し込む準備をしておく。
  • デミ・ヴァルゴ (ドミニオン:外周)
    • 外周にハイレグ姿の眷属(ドミニオン)を3体召喚して直線状に攻撃する
      初回はイーストワード・マーチまたはウエストワード・マーチで位置をずらしてくるので、最初に範囲表示された場所が安全地帯になる。
  • イーストワード・マーチ
  • ウエストワード・マーチ
    • ギミック発生源をそれぞれ東・西に移動させてくる。
  • グランドクロス (落下)
    • 前半戦と同じく聖石塊を3つ落下させて十字範囲の攻撃をする。
    • 塊の落下に当たると約33000ダメージ
    • 前半戦は聖石塊は後方に置かれてボス正面左右のどちらかが安全地帯候補だったが、後半戦は聖石塊が全域から置かれるようになる。
      さらに2つ落とした時にイーストワード・マーチまたはウエストワード・マーチで塊を移動させ、3つ目をそのまま落とす。
      聖石塊が移動するので安全地帯の判断が若干難しくなっている。
    • 全員が十字攻撃の通らない部分を探して移動と誘導をしなければいけない。
      • 前半戦と同様に縦横4x4の16区切りのうち1ヶ所だけが範囲が届かない安全地帯になっている。
  • デミ・ヴァルゴ (ドミニオン:上空)
    • ドミニオンを上空に6体召喚する(ターゲット不可)。
      地面に矢印が書いてある小さい円のマーカーが6つ出現して、円は矢印が示す方向に一定の時間と距離を移動する。
      (フィールド中心として六角形の形で移動)
      円の描いた所がドミニオンの落下攻撃の候補地点になるので、それぞれ一人ずつ円に乗ってドミニオンの攻撃を受け止めなければならない。
    • 落下攻撃が決まる直前・決まった場所に円の表示が変わることは無いので、常に誰かは乗っているようにしておきたい。
      • 受けとめるのに成功した場合はドミニオンと「鍔迫り合い」が起こって数秒間動けなくなるが、
        受けた人には「勇気」バフが付与される。(60秒間:与ダメージ上昇バフ)
      • 逆に、円に乗ってなくて失敗した場合は、アルテマバーストが発動して1体につき全員に約14000ダメージと被ダメ上昇デバフがスタックする。
        複数取りこぼすとヒーラーはもちろんMTへの負担が増す。
      • 気づきにくいところだが、落下のタイミングとMTへの破壊のタイミングがほとんど一緒である。
    • 直前のグランドクロスでフィールドの端に移動した場合は、反対側に間に合わない可能性があるので注意する。MTは中央に寄せたほうが良い。
    • 円が移動している時に、MTへ「破壊」が1発あるので注意。
      • さり気なく使ってくるので、気を付けていないとMTを落としかねない。
      • 破壊・ドミニオンの落下がほぼ同一なので、落下攻撃を複数受け止められなかった場合は致命傷になる。
  • デミ・ヴァルゴ (ドミニオン:1体、抱擁)
    • ラバナスタ3ボス・ロフォカレ戦で使われた「抱擁」(バインドトラップ)が使われる。
    • さらに、フィールドに低飛行のドミニオンが1体出現する(ターゲット不可)。
      一人に線が繋がり攻撃を受けるので、AかCのタンクが線を取って誘導する。
  • ホーリジャ
    • 上記、デミ・ヴァルゴ(ドミニオン:1体、抱擁)の間に2回連続で使用する。着弾時約14000ダメージ
    • ランダムで5人に対してマーカーが表示されると同時に、対象者が居た位置に範囲攻撃と対象者への範囲攻撃の2段階攻撃をする。
      対象者はもちろん、それ以外の人も抱擁に注意しながら避ける。
      • MTも対象になることがあるので注意する。

天変地異 Edit

我ニ叩頭セヨ!

時空ノ牢獄ノ中デ、永遠ニ悔イルガイイ!

上記のメッセージと共に天変地異が発動する。
フィールドが異常な空間に変化して全員が南側に押し出される。この衝撃波で3500程度のダメージ有り。
空間内ではアルテマの真下に到達するまで全てのアクションが封じられる。さらに南側から即死(?)エリアが迫ってくる。
眷属からの攻撃を避けながら迷路を抜けて北側にいるアルテマまで到達する。
道中アクションが封じられるため、戦闘不能になると天変地異が解除されるまで蘇生できない。
アルテマの真下はアクションが使えるので、攻撃のチャンスになる。
ホーリジャ・フレアジャの発動が終わってしばらくすると元のフィールドに戻る。

  • 加速度爆弾
    • オズマ戦・労働七号などにあったものと同じ。
      天変地異が発動してすぐA・B・Cいずれかのアライアンス全員に爆弾を付与する。カウント終了時に動いていた場合ダメージになる。
  • 爆撃
    • 南に動いている眷属からの攻撃。約33000ダメージ。
      範囲表示~発動が一瞬なので、範囲内にいた時点で被弾がほぼ確定する。眷属の場所に注意する。
  • イーストワード・マーチ、ウエストワード・マーチ
    • 南に移動している眷属をそれぞれ東・西に動かしてくる。
  • ホーリジャ
    • 3名にマーカーが付いて範囲攻撃。対象者は一旦離れる。
  • フレアジャ
    • タンクから1名にマーカーが付いて対象者中心の距離減衰型攻撃。マーカーがついた人は隅の方まで離れる。

フェーズ2 (HP約15%~0%) Edit

我ノ力、スベテ解キ放トウゾ……!

残りHPが約15%あたりで上記メッセージと共に攻撃パターンが変化する。俗に言う発狂モード。
(※グランドクロスなどが発動している場合は途中で消滅して移行する)
一旦崩れると立て直しが非常に困難になる。残りHP1%で全滅も普通にありえるので気を抜かないように。
MTへの「破壊」も短時間で3回以上あるので、軽減バフ・ヒール・バリアを厚めにしておく。

  • デミ・ヴァルゴ (発狂1回目)
    • ドミニオンが外周に3体出現して直線上を攻撃
    • 別のドミニオンが低飛行で1体出現して、ランダム1名と線で繋いで攻撃
    • ランダム3名にマーカー表示、対象者がいたところに範囲攻撃と対象者へ直接範囲攻撃の2段攻撃(ホーリジャ)、2回行う
    • 途中、敵視1位に「破壊
      • 以上4つの攻撃を同時に繰り出す。今までの範囲攻撃を一気に投入するのでかなり厳しくなる。
        直前のグランドクロスで1ヶ所に集まる時にフェーズが移行すると、集合した所に範囲攻撃が集中することもあるので注意が必要。
        同時攻撃に紛れてMTに高威力の破壊まで使ってくるので、MT・ヒーラー双方が気をつけないとMTが落ちる。
        (実際に、ここはMTが落ちやすい)
  • デミ・ヴァルゴ (発狂2回目)
    • ドミニオンが上空に3体出現、地面に矢印が付いた円が3つ出現
    • ランダム3名にマーカー表示、対象者がいたところに範囲攻撃と対象者へ直接範囲攻撃の2段攻撃(ホーリジャ)、2回行う
    • 敵視1位に「破壊」を2回連続。
      • 以上の攻撃を同時に行う。
        ホーリジャ対象者は地面のマーカーに被せないように離れるよう注意して、地面の円のマーカーには1人ずつ入っている状態にする。
        (対象者が直接円のマーカーに入っても良い)
      • MTに「破壊」を2回連続で使ってくる。
  • 以降デミ・ヴァルゴ は1~2回目をループする