アビリティ/【オートリジェネ】

Last-modified: 2020-08-25 (火) 17:00:18

初出はFF10。
戦闘中に永続リジェネがかかる(LRFF13では制限時間あり)。縁の下の力持ち的なポジションである。


関連項目:アビリティ/【いつでもリジェネ】


CCFF7

妖精の指輪源氏の鎧の装備時の効果のひとつ。
常にリジェネ状態になり、4秒毎に最大HPの1/16(小数点以下切捨て)分HPが回復していく。

FF10

防具用のオートアビリティ。
戦闘開始時にリジェネ状態になり、効果が永続する。
回復の泉」80個で改造できる。


バランスブレイカーの誉れ高かった前作に比べ、通常プレイではパッとしない。
原因はバトルシステムが根本的に変わったことにある。しかし、やり込む場合には強力なアビリティとなる。


実は、つけたらつけたらでリジェネの回復フェイズが数秒発生するので
味方のコマンド入力にわずか間が発生してしまう。


HP99999、すばやさ170以上、オートヘイストクイックトリックを連発すればかなりの回復量となる。
最強防具のアビリティ候補として検討する価値はある。
尤もその場合、HP限界突破とオートヘイストでアビリティ欄が埋まり、空きグリッドが一つしかなくなってしまう事が欠点。


上記の組み合わせの場合、オートフェニックスまたは完全毒防御と完全混乱防御を入れる場合が多い。


  • 『オートリジェネ』または『ピンチにリジェネ』のアビリティが付いた防具一覧
    ティーダ:【リジェネシールド】?
    ユウナ:【活力の指輪】?
    ワッカ:【ハーフタイム】?
    ルールー:【リジェネリング】
    キマリ:【活力の小手】?
    アーロン:【活力の腕輪】?
    リュック:【リジェネアーマー】?

FF10-2

ドレスフィア「バーサーカー」で覚えられるオートアビリティ。
戦闘中、常にリジェネ状態でいられるようになる。
ピンクの光がキラキラと、バーサーカーの周囲で常に輝いているのは少々シュールなものを感じる。
これを覚えることで派生するアビリティはない。
アクセサリ「回復の腕輪」を装備してもこのアビリティが付く。
リザルトプレート「満ちゆく癒し」で緑色と赤色のゲートを通ることでも付く。

FF11

白魔道士と魔導剣士(青魔法のセットしだいで青魔道士も)が習得するジョブ特性。
3秒毎に微量ではあるがHPが回復する。効果は永続。
回復量がごくわずかであるため緊急時の回復には向かないが、魔法のリジェネや装備品のオートリジェネの効果と重複可能なので、その効果は決して馬鹿にはできない。


詳細はこちら→オートリジェネ

LRFF13

カチ割り包丁および豪刀マッスルチョッパーのアビリティとして登場。
バトル開始から15秒(改造で延長可能)で切れてしまうが、それでもHPの回復が面倒な本作では非常に有用なアビリティ。