アビリティ/【鎧装備】

Last-modified: 2020-02-23 (日) 00:28:37

FF5 Edit

ナイトのジョブレベル5で修得するアビリティ。要累計340ABP
を装備できるようになる。
つけるとすれば、装備が貧弱な魔道士系ジョブあたりになるが、多くのプレイヤーは魔道士系を物理攻撃ダメージが減少する後列に下げているはずなので、更に物理防御力を増やしたところであまり意味がない。
わざわざこんなアビリティをつけるくらいなら逆にナイトに魔法のアビリティをつけた方が他の装備もできる分有用だろう。


鎧の他に、戦闘服も装備できるようになる。
戦闘服は物理防御で鎧に劣るが、軽量で、銅の胸当て以外には何かしら特殊効果がある。
しかし、そもそも魔道士系が戦闘服を必要とする局面があるかと言われると、正直微妙。
制限攻略等の限定状況下ならまだしも、やはり通常プレイでは〇〇装備中ほとんど出番がないと思われる。


物理防御力を強化する点では使えるが、
盾を装備させて攻撃自体を避け易くする方が効率的か。


自前で盾を装備できる青魔道士か、
盾を装備すると片手攻撃になるモンク忍者用か…


むしろ物理防御力は低くても、魔法防御力や特殊効果に優れたローブ系を装備できる「ローブ装備」
ってアビリティを作った方がよかったのでは。
前衛系ジョブの防御面の穴を埋める意味でも。


物理防御を強化したいという需要自体はあるものの、最大のライバルとなるのは盾装備だろう。
たとえば黒のローブをクリスタルメイルに変えた場合、物理防御が8上昇するものの、魔法防御が大きく下がり、黒のローブ特有の魔力ブーストもなくなるというデメリットが付いて回る。
その点黒のローブ+クリスタルの盾という構成ならば、上記のデメリットなしで物理防御が8上昇し、しかも物理回避45%のおまけも付いてくるのである。
辛うじて活路を見出すなら、上記にもあるように盾を持たせられないモンク忍者の耐久を高めるぐらいか。(この場合も黒装束の素早さ補正が犠牲となるが。)