Top > キャラクター > 【エルミナ・ゲインズブール】


キャラクター/【エルミナ・ゲインズブール】

Last-modified: 2019-10-16 (水) 23:10:20

FF7 Edit

エアリスの育ての親。肝っ玉母さんと言った感じで野村哲也氏のイラストではタマネギ型の髪結いにエプロン姿でホウキを持ったいかにもなデザインである。


実の子供はいないようで、駅で瀕死状態だったイファルナから託されたエアリスを養女として育てる事になる。戦争に出征中の夫がいつ帰ってくるのかと何度も駅に通うが、エアリスが「お母さんの大切な人がいなくなる」と言った数日後に夫の戦死報告が届く。ゲリラ組織アバランチの反神羅活動が活発化した頃にはエアリスも神羅によって連れて行かれてしまう。

その後のエアリスの死は、何となく予感していたとはいえ、ショックであったと思われる。


クラウドティファバレットセフィロス打倒後、エルミナの元を訪れ、エアリスを助けられなかったことを謝罪した時、エルミナは

 

「精一杯やってくれたんだろ? あんた達が謝ることないよ」

 

と言い許している。おそらく3人を気遣ったのだろう。
死んだエアリスに対しては、ストライフ・デリバリー・サービスを始めたクラウドに、亡骸が沈んでいる忘らるる都に花束を届けてくれるよう依頼し、悼んでいた。


エアリスが連れ去られたあとのエルミナの回想は本当に何回見ても泣く。

  • あのマップをスクロールさせるような演出がまた良いんだよなぁ
  • この回想では他にも、旦那さんが出征していたのはウータイだったこともわかる。時期が本編の15年前なので、恐らく魔洸炉建設関連の戦争ではないだろうか。

CCで登場はしなかったが、ザックスとの出会いから行方不明になったまでのエアリスの様子を見ていた故に神羅にもクラウドにもかなり警戒していた。

  • 警戒していたというよりも、危険な仕事を請け負う男とまたお付き合いして同じ悲しみを味合わせたくないからでは?
    自身は戦争で夫を亡くしてるし、過去にエアリスと付き合っていたザックスも結局帰らぬ人になってしまったから。