Top > キャラクター > 【シンク】


キャラクター/【シンク】

Last-modified: 2019-06-12 (水) 22:39:36

FF零式 Edit

FF零式に登場する主人公のひとり。魔導院ペリシティリウム朱雀クラスゼロの候補生。CVは豊崎愛生
反応が一風変わっていてつかみ所がなく、何をしでかすかわからない。
その反面、勘が鋭く突然核心を突くところがあり周囲を驚かせるが、本人はそれを自覚していない。


使用武器はメイス。本人曰わく、「どうせぶっ飛ばすなら、ダメージの大きい方がいいじゃん」という理由らしい。


年齢:16歳
身長:163cm
誕生日:火の(1)月12日
特徴:亜麻色の巻き毛と三つ編みが可愛らしい少女。


劇中で登場する著者不明の書物「無名の書」においては、五の座「純真なる力」を司る。
ただ短絡的なわけではなく物事の核心をつく思考を持つが、時にそれは毒舌にもなりうる。
カルラとの会話にて、トレイはその力を体感することとなる。
エースのピンクな噂話にも「純粋」な興味があるようである。


クラスゼロの担当になったモーグリとの初対面時に「もぐりん」というあだ名を付けている。
もぐりんに限らず、あだ名を使うことが多い。ex.「レムっち」「マキナん」
果てには朱雀ルシであるシュユ卿まで「シュユっち」と言う。


どうやらおバカさん組に属するようだが意外にもクリスタリウムの本が読める。ほかのは読まないのに。

  • どちらかというと頭は良い方だったりする。ただし普段の言動から周りからおバカに思われている。
    だからか、ちょっとでも鋭いことを言えば驚かれるわけだが、特別鋭い人なわけではない。
    所謂ギャップに対する評価と言ったところ。
  • また、さぼり魔とまで言わずとも面倒事を後回しにする傾向がある(授業中のセブンとの会話など)。
    しかし、さぼっても問題ないタイミングというものはきちんと理解しており、
    いつぞやのマキナさぼりの際には「さすがのシンクちゃんも」と前置きしてから苦言を呈している。
    • クリスタリウムの掲示板の「レポート再提出者一覧」に案の定こいつらと一緒に名を連ねている。結局シンクちゃんの実力や如何に。

髪形が似ている事や(ポニーテールをきちきちの三つ編みにしている、前髪が立っていないなどの違いはあるが)、天然な言動と性格からしてモデルキャラクターは彼女か?

  • いやいや、どっちかって言うとあの娘でしょw
  • 彼女と比べると、間延びした口調などから天然成分はこちらの方が上と感じた。
    シンクの性格はそれほど天然ではないようだが、中の人の影響かな?
  • 「でっかい鳥さんがいるね~」と言ってるので、意識はされていると思う

あそぶぅ?(^q^)
突撃ぃ~(どづげぎぃ~)
うげっ!?再提出……知~らない(せ~らない)!
も~え~て~き~た~~‼︎


あるイベントでは突然射殺されたり、EDでは一番に泣き出したりとなかなかインパクトがある。

  • 泣き虫、天然…0組の面々を兄弟としたら彼女は一番下の末っ子ポジションだろうか。
  • 小説からしてやはり末っ子キャラ
  • 天然のお姉ちゃんとも見れなくない感じもあり、結構不思議な人である。
    なお、昔の日記を読むと、昔はマザー以外は信用していなかったことがわかる。
  • 2周目特典映像「あなたたちは死なないわ」の内容。
    作戦中にシンクが敵兵に射撃されたんだけど、マザーの治療によって復活した話。
    この時マザーから少し込み入った話を聴けるけどシンクは難しがっていた。
    • ちなみにこのときにパンモロが見れる。その場にいたエイトが羨(ry。

マキナが0組への不信感からミッションをボイコット(正確には違うけど)した際、「自分たちが今まで殺してきた敵も、誰かの家族で恋人なのに」と彼を非難している。なかなかに核心をついているというか、心にくる台詞だと、個人的に思う。

  • 0組のある意味異常なまでのプロ意識の表れと見て取れる。

何気にエンディングが彼女の最大の見せ場。死への恐怖で泣き出してしまう彼女の元にみんなが集まって来てシンクを励ますのが0組の最期のシーンとなる。0組の最期の言葉を締め括ったのは彼女であり、瞳を閉じたシンクの言葉と共にエンディングテーマが流れ出す。
「わたし……ひとりじゃなくて……よかったあ……」

戦闘 Edit

見かけによらず腕力が強く、戦闘では超重量級のメイスを好んで使用する。
そういった内面からか、最大HPや攻撃力、防御力のステータスはとても高い。
それでもメイスはかなり重いらしく、自分自身も振り回されているように思える。
打撃に関しては何をするのも挙動が逐一遅く、通常攻撃でキルサイトを狙うのは不向き。
接近戦向きのステータスにメイスの破壊力、そして攻撃中はひるみにくくなる特性を生かし正面切ってブチ当たるのがシンクの攻撃スタイル。ちなみに下手なアビリティよりも通常攻撃の方が強かったりする。
コマンドアビリティは、スタン値の高いアビリティやメイスを振りまわすものを覚えるが、どれも挙動が遅くかなり使いづらい。
ダメージを受けても技を中断しなくなるなどの強化系アビリティが揃わないと使い辛いだろう。
その中では攻撃動作の早めなフルスイングを修得すると使い勝手が向上する。
シンクの持つアビリティの中でも強力なものなので、早めに取っておくといい。
魔法面の性能は、魔力が高い訳ではないため強力な魔法は使えず、魔法系アビリティの修得も遅いため低め。
全体的に操作感に癖があり、上手く使うには慣れが必要な上級者向けキャラクター。
余談だが攻撃後にスカートを整えたりする。
ちなみにパンツは薄紫色だったりする(とても見やすい)

  • 特に「アースクェイク」をかますとはっきり露になってしまうな……
    誰か指摘してやれよw
    • 「丸見えだぞ、コラァ! (//
    • いやいや、ここはじっと暖かい目で見守るべk(殴
  • 一番パンツが見えやすいキャラ。パンチラというよりあれはパンモロ(殴
  • 要するにそれに対する隙が多いともいえる。
  • HD版を見る限りパンツの色は薄紫色ではなく、青地に白の水玉のようだ。

ドーピングなしの状態でLv99だと全キャラ中
HP→3位
MP→9位
攻撃力→2位
防御力→2位
炎魔力→9位(エースと並ぶ)
冷魔力→11位(デュースと並ぶ)
雷魔力→10位(セブン・キングと並ぶ)
防魔力→5位

  • 女子ながらHPと防御力の成長率が高く、タフさはかなりのもの。
    高い攻撃力と通常攻撃中はひるみにくくなる特性を生かして接近戦をするのが得意。
    反面魔法系ステータスは総じて低いが、防御魔力は平均以上の数値を持つ。

FFアギト Edit

2期のイベントでは、エイトと腕相撲をする様子が見られる。
エイトが本気でかかってもシンクの腕はピクリとも動かないようだ。
このことから、怪力少女と言われる事があるらしいが、本人はあまり心良く思っていない模様…

PFF Edit

2016/04/01に実装されたプレミアムメモリア。

モグリンだ!!もぐりん、もぐりん、もぐりんりん~

武器はメイスが無いのでロッドバトルメイス黄金のメイス?を持っていた。
黒魔法がそこそこ得意。

ロッド装備なのに知性が全く無いという異端児。知性がないので黒魔法はほぼ使えない。
その代わりが有り余っており(下手な戦士キャラより高い)、幸運も高い。
いわゆる物理で殴る魔道士で、彼女を使うなら力を強化してロッドでの通常攻撃(魔法攻撃)になる。
素早さがほぼ伸びないのも、原作のメイス装備イメージだろう。

FFRK Edit

FF零式出身のキャラクターとして登場。ジョブは「0組」。


初期必殺技は「気合」。
ミスリルバングル【零式】を装備することで超必殺技「アースクエイク【零式】
クラッシュメイス【零式】を装備することでバースト超必殺技「アースインパルス
バスターハンマー【零式】を装備することで閃技「刹那!フルスイング
ショックハンマー【零式】を装備することで超絶必殺技「メイスハリケーン
ホワイトケープ【零式】を装備することでオーバーフロー奥義「21連!気合スイング?
オーガハンマー【零式】を装備することで覚醒奥義「メイスサイクロン
を使用できる。
また、朱雀軍帽【零式】にレジェンドマテリア「栗色の三つ編み」、ガードアーマー【零式】にレジェンドマテリア「大ダメージを好む少女」がついている。

DFFOO Edit

イベント「純真なる力」にて参戦。
クリスタル覚醒は緑色に対応し、武器種カテゴリは杖…ではなく超重量級の武器という事で専用の「メイス」。
初期習得アビリティに「アースクエイク」、クリスタル覚醒20で「フルスイング」を習得する。
また、同時に実装されたEX武器もしくはパッシブを装備する事でEXアビリティ「メイスハリケーン」を使用できる。


原作同様、メイスを豪快に振り回して戦う近距離パワーファイター。
BRV攻撃+HP攻撃のアビリティを2種類持ち、防御力ダウン付き全体攻撃の「アースクエイク」と自身の攻撃力に依存したブレイブを加算してから攻撃を行う単体攻撃「フルスイング」を使い分けて相手を文字通り粉砕してくれる。
そんな彼女の戦闘の肝となるのが両アビリティを使用した際に付与されるスタック型専用弱体効果「スタン」。
相手を気絶させる効果ではなく、「素早さダウン」「防御力ダウン」の複合効果で比較的動作の重いマイペースな彼女だけでなく、味方の行動もサポート出来る。
各アビリティのエクステンド装備時はフラン同様、敵全体で合計5段階付与するとアビリティの性能が強化されるがその性能は驚異。
威力が大幅に向上し、奪ったブレイブを上限を超えて所持可能(上限200%)
大剣持ち筋肉ムキムキを差し置いて豪快なダメージを叩きだしてくれる。
が、反動なのか強化アビリティは行動負荷が高めに設定されているため次回の行動が遅くなる欠点がある。
何かしらフォローを入れてあげよう。
EXアビリティもDFFOO史上初の「リキャスト:とてもおそい」で登場。
こちらも所持超過上限最大250%の上、高威力、対象に行動遅延&吹き飛ばし、自分以外の味方に与えたHPダメージの30%分ブレイブを配布などリキャストの遅さに見合ったロマン溢れる性能となっている。
‐「ぐるぐるどーん!」

  • なお、何処とは言わないが絶対防御を手にした模様。
  • DFFOOのリキャスト:とても遅いの初はシンクでなくヤ・シュトラであるというのは嘘である。まぁね攻撃出来るってところではヤ・シュトラは間違いなんだわ?分かるかい?
    • 動作の重いのほほんシンクちゃんに行動遅延やブレイブ配布でのフォローが出来てEXアビリティのキャストタイミングも一致とヤ・シュトラとの相性は良好。
      ヤ・シュトラでなくてもいいなんてヤボなツッコミは無しな!
    • しましょうよ?

異世界に飛ばされた事に気付かず、COMMによる通信を試みるも魔導アーマーに囲まれ万事休す…と思いきや魔導アーマーを次々と粉砕し、騒ぎを聞き駆けつけたケット・シーやアーシェ、フライヤらを不審者と勘違いして襲い掛かろうとする等天然ぶりを発揮。
…たしかにその3人組をいきなり見たら怪しむのも無理はないか。

  • オリエンスの感覚で解釈すると蒼龍軍人が魔物を従えてきたとも認識できるメンツである。
    アーシェくらい背の高い蒼龍人がいるのかわからないが。