Top > キャラクター > 【デブチョコボ】


キャラクター/【デブチョコボ】

Last-modified: 2019-07-24 (水) 18:56:29

全般 Edit

手持ちのアイテムを預ける施設、いわゆる「預かり屋」の役割で登場するNPC。文字通りのデブなチョコボ。
初期FFでは持てるアイテムに制限があったため、ギサールの野菜を使ってアイテムを預けることができる。
チョコボは基本的に喋れないが、喋る場合は大概こいつが該当する。

  • 所持制限の緩和以外にも、手持ちのアイテムを整理出来るメリットがある。
    さいきょう」を使う場合やアイテムコレクションをする際は、近年の作品でも欲しい機能の一つ。
  • 微笑ましいというか愛玩キャラなので
    役目が変わっても近年の作品でも登場させてほしい。
  • 近年の作品で登場しないのは役目だけでなく「デブ」という呼称が差別的だとの理由もある。
    細かい箇所に何かとクレームがつく時代、しょうがないのかも。
    • 今後登場するとすれば3で言及されたように「おやぶんチョコボ」あたりだろうか。

アイテムをいくらでも預かってくれるのかと思いきや、預かれるアイテムの数にも制限がある。
手持ち・でぶチョコボ両方を合わせても全種アイテムを所持することはできないので、3・4(オリジナル版)においてアイテムコンプリートという遊び方は成立しない。

  • 実は上記は間違いである。
    3(オリジナル版)のでぶチョコボにおいて、預けることの出来るアイテム種類の制限はない。
    あるかもしれないが、手に入る範囲の物を全て預けられるくらい3のでぶチョコボは懐が深い。
    よって、イベントアイテム、没アイテムを除いたアイテムコンプリートに「近いこと」は可能である。
    アイテム変化技を使ってしまえば、アイテムコンプリートそのものすら可能。
    イベントアイテムはでぶチョコボが預かってくれないので、自前のアイテム欄で持っておこう。
    下記の「これいじょう~」というセリフは、99個以上同じアイテムを預けようとした場合のセリフであろう。

預ける時のセリフが「なにをくれるんだ~い?」なので「あげるなんて一言も言ってない」と困惑するプレイヤーもいるだろうが
実際にはちゃんと返してくれるので全く気にする必要はない。
デブチョコボの中では所有権が移っているのかもしれないが、いずれにせよシステム上はあくまで貸し借りである。


特技/【デブチョコボ】
幻獣/【デブチョコボ】
チョコボシリーズ/【デブチョコボ】

FF3 Edit

表記は「でぶチョコボ
アイテム欄が一杯になりやすいので、中盤以降のジョブチェンジには彼の協力が必須。


こちらの持ち物が一杯の状態でアイテムを引き出そうとすると、「持ち物が一杯で返せねーなー」なんて言われる。


預けられるアイテム数が限界を超えると、「これいじょう おなじもんはくえねえよ」と言う。
喰っては吐きを繰り返してアイテム管理していたとは…
露骨に「デブ」なんて名前につくのもよく考えるとかわいそうだな。

  • 「でぶチョコボは物をお腹にためておくことが出来るの!おかしいでしょ!!」という少女の言葉がありますね。
    • >おかしいでしょ!!
      • 食っては吐きを繰り返す…それ何て過食嘔吐
      • 返してもらうときのセリフは「ちょっとまってね いまだすから…」
        誰も吐いてるなんて言ってない。
      • 後ろの穴から出してるんですねわかります。……もちろん卵としてディスヨ?

サロニアではギサールの野菜なしで呼び出してくれる人がいる。
アイテム預けっぱなしで閉じ込められた場合のハマリ防止のためだろう。


ちなみに、でぶチョコボはチョコボのおやぶん。
この事はギサールに居る老人から聞くことが出来る。

ギサールのやさいを まんなかにはえた きに
つかってみなさい。
もしかしたら チョコボのおやぶん でぶチョコボに
あえるかもしれんぞ。


FC版では売却できず捨てられないミニマムトードのオーブも預かってくれる。他のアイテム同様、99個を超えた分は預かってくれないが、無意味に買い込まない限りはそんなに所持する事は無いだろう。

FF3(DS版以降) Edit

DS版ではいくらでもアイテムを持てるため、三色ドラゴン狩り時のエリクサー貯蔵ぐらいにしか使えない。


どちらかというと、アイテム欄を整理するためお世話になった人の方が多いと思われる。
戦闘中にアイテムを使用する機会が多いので、大量に抱え込んだままでは検索性が悪くなるからだ。
 
使用効果のためだけに持っている装備アイテムなどは、整頓すると他の装備の間に埋もれてしまって探しにくい。
余談だが5以降、使うとなくなる装備品が多くなったのはこのためだろう。


DS Homeメニュー時のソフトイメージ画もでぶチョコボのイラストになっている。

FF4 Edit

表記は「でぶチョコボ


FF4ではチョコボ臭いところでギサールの野菜を使うと呼び出せるが、ギサールの笛を持っていればどこでも呼び出せる。
なお、ダンジョンの中などでコイツを呼び出すと…

デブチョコボ「こんなとこでフエ吹くなよ」

なんて文句を言われる。

  • と言うか、フィールドを歩いてる時以外だと大概言われる気がする。
    結局笛を吹く事自体、でぶチョコボには迷惑な事なのかもしれない。
  • フィールド以外の別マップの多くで言われる。
    それがたとえ、チョコボの森であっても。
    • せっかく森にいるのに野菜をくれないことに文句を言ってるのでは。
    • そりゃあ、その場にいるのに呼ばれたらそんな反応にもなる。
  • 文句ばかり言うなと突っ込むべきところなのか、街中でも地底の底でも月の中心でも来てくれるその能力を驚くべきところかは悩むところである。

魔導船に常駐しているが、ほかの場所では野菜や笛(共に消耗品)を使わないと出てこない。
ひょっとするとこいつは魔導船、飛空艇やデビルロードと同様からやってきたものか?

  • ファミコン通信のFF新聞によれば、出自は地底世界らしい。

デブチョコボの体は、魔導船の出入り口より大きい。どうやって魔導船の中に入ったのだろうか。魔導船から出られるのだろうか。


預けられるアイテム数が限界を超えると、「うーん、もうくえない。」と言う。
喰っては吐きを繰り返してアイテム管理していたとは…
露骨に「デブ」なんて名前につくのもよく考えるとかわいそうだな。

  • 上の方にもあるが、FF3から同様。意外と知られていないのだろうか。

こちらの持ち物が一杯の状態でアイテムを引き出そうとすると、「荷物を整理しなー」なんて言われる。


ドワーフの間では神の鳥とされている。
中にはデブチョコボ音頭を踊るドワーフがいる。


ドワーフの城にはデブチョコボのための祭壇のようなものがあり、手前のドワーフに話しかけると

でぶチョコボ?ぶれいものー!ここでは かみのとりー!

と怒られる。セシル達も彼をでぶチョコボと呼んでいるようだ。

  • 異文化というものをサラリと実装してのけるセンスには脱帽である。

FF4(DS版) Edit

ネミングウェイイベント追加の関係でアイテムを預かる役割ではなくなり、ネミングウェイが放り捨てた仕事を一手に担う位置づけになった。

  • それに伴い、ドワーフのセリフが変更されている。
    「何でも預かってくれる」から「たくさん楽しませてくれる」に変更された。

カイポの北西にデブチョコボが居る。ポーチカの説明のため?

  • ポーチカはデブチョコボのメニューからしかアビリティの付け替えができないというシステムだが
    リディア参入地点=カイポ周辺にはチョコボの森がなく、救済措置として設置されたものと思われる。

メカでぶチョコボが登場する。
魔導船内にいて、役割はでぶチョコボと同じ。

FF4TA Edit

完全に姿を消してしまった。
チョコボの森はもちろん、ドワーフの城や魔導船からも消滅。
ドワーフの城とトロイア北部のチョコボの村を除き、彼らがいたスペースさえも消滅している。
話題に出るのも、ドワーフの城で少々触れられているくらい。

  • 絶滅したとか?

FF5 Edit

召喚魔法のチョコボでたまに出てくる。最強装備の関係で預かり屋としての需要もあったというのに。

FF7 Edit

召喚魔法「チョコボ&モーグリ」や、ケット・シーのスロット「トイボックス」で稀に出現。
他にも、コンフュのチョコボのエフェクトや、ゴールドソーサー入り口の置物など、ふくよかなチョコボが目に付く。

FF9 Edit

桃源郷の主として登場。
桃源郷に到達出来たチョコに暮らすよう促すが、チョコに拒まれてしまう。
その後デブチョコボと会話すると、桃源郷を拒んだのはチョコが初めてだという。
それでもチョコには、桃源郷に暮らしたければいつでも来いと寛容な心意気も見せてくれる。


桃源郷に住んでいるのはチョコボだけだが、以前に訪れた人間はいたらしく、カードゲームの心得がある。
そしてチョコボ関連のミニゲームが終了した際にはデブチョコボのカードをもらえる。
またカードバトルを挑んでおきながら断ると「別に構わん……」とちょっと残念そうに言う。

  • 王様然としたキャラだが、意外とカード好き、もしくは寂しがり屋なのかもしれない。
  • ちなみに勝負に使うのは弱いチョコボのカードばかりの上、戦法も消極的。勝負というよりは道楽か。
    時々ボコのカードを使う。

チョコボの中でも唯一人語を喋ることが出来る。また、人間に対しチョコボと対話できる術を行うことも出来る。ただし、桃源郷内のみの効果らしく(チョコとは対話できないため実際には不明)離れてしまうと効果を失ってしまう。

FF14 Edit

移動に使える「でぶチョコボマウント」、及び装備品「でぶチョコボヘッド」、ミニオン「ぽちゃチョコボ」として登場。
マウントは騎乗者がでぶチョコボの目の前にギサールの野菜をぶら下げる、といった仕組みで走らせている。
飛行時はギサールの野菜をショートケーキにすることでさらなるパワーを引き出しているようだ。
マウント騎乗時はでぶチョコボのテーマが流れる。

  • ちなみに移動用のマウントにはそれぞれ個別に紹介文が設定されているのだが、
    でぶチョコボの紹介文には「『こんなところで笛吹くなよ』と言わんばかりの態度で接してくる」という一文が。

セブンイレブンとのコラボキャンペーンにてFF3の白いカラーリングを再現した「初代でぶチョコボ」も登場した。


ローソンとのコラボイベント「からあげクン討滅戦」では黒チョコボの毛色の「でぶ黒チョコボ」が登場。
紹介文曰く「からあげ」を食べ過ぎて太ったらしい。コラボ商品のことを考えると、共食いではないのかとの疑問を禁じ得ない。


パレード用に用意されたデブチョコボなのに食費が掛かって敵わんため、優れた冒険者に押し付けるという「パレードチョコボ」もいる。
王冠を被っているが、設定がなかなかひどい。

FF15 Edit

FF14コラボで、ヤ・ジメイと共に登場する。
ジメイは普段は高い野菜などを目の前にぶら下げている、と言っていたが、野菜がなくなったために彼女はデブチョコボの足元に敷かれていた。


何気にこのクエストで初めて、FF15の世界では初登場となる。
これまで存在は確認されてきたが、姿が見えず仕舞いだった。
イグニス曰く、チョコボは本来脂肪がつきにくい動物だそうで、この巨大な個体に興味を持っていた。

  • そしてこの話を聞いたプロンプトがとても羨ましがっていた。

そして腹が膨れたら、すぐさまヤ・ジメイがいるペルプトゥース基地にかけつけるあたり、
案外主人想いな性格かもしれない。この事はグラディオも感心していた。


何故こんなに大きくなってしまったかというと
主人のヤ・ジメイが研究中や勉強中の間は中々かまってやれず。
それで餌だけ勝手に食べさせてたら、いつの間にかこんなに巨大化してしまったらしい。


こんだけ巨大だと走る専門かと思いきや、あの巨体でホバリングできる程の飛翔力は持ちあわせている。
FF13の10cm程のひなチョコボでも充分すぎる程の飛翔力を持ち合わせていたので、
チョコボの翼は通常の鳥の翼とは構造機構が異なるのかもしれない。


また、ガルーダ討伐後に話しかけると、ノクト達が何か銜えてるのに気付き、
そのままエンディングが始まり、ヤ・ジメイが動き回る楽しげなスタッフロールが流れる。

DFF・DDFF Edit

ストーリークリア後、PPカタログ/etcで「プレイプラン/デブチョコボコース追加」を購入すると登場。
プレイプラン「とにかく宝箱をあつめる」を選択すると、チョコボがデブチョコボになる。
 
経験値ボーナスが無い変わりに、戦闘することで、チョコボの毛のいずれかが入手できる。

  • どれが手に入るか分からないので実は報酬を集めるのにも向いていない…。
    欲しい報酬が貰えるプランに切り替えたほうが早く目的を達成出来るだろう。

経験値ボーナスも無く、宝箱も目当ての物を集めるのには不向きなので殆ど使われない。
但し経験値変換アビリティの効果が非常に大きくなったUTでは、対戦の公平性を保つために導入する人もいる。
流行れば経験値ボーナスによる不公平な試合展開は無くなるだろう。

  • 最近はデブチョコボがデフォになってきた。
    まぁスペシャルデー&黒チョコボで一発HP当てたら状況が180度変わるとか運ゲー過ぎたし。

TFFCC Edit

FMSで今作から登場する新キャラクター。
いつもよりも少し良いアイテムが手に入る宝箱を渡されるため、出会えたらラッキーなキャラ。
ゲームシステム上の立ち位置では、チョコボよりもモーグリの立場に近いキャラクターといえるだろう。
登場時にはゴールしたプレイヤーに「LUCKY♪」か「SPECIAL♪」のどちらかのコメントをしてくれる。

  • 飛空艇ステージでは登場しないが、同じくコメントしてくれるモーグリがいるので判定上はちゃんと出現している。

クエストメドレーでは、デブチョコボが表示されているマスでは必ずサブキャラの代わりにデブチョコボが出現する。

  • 「SPECIAL♪」コメントはこの場合のみ行う。

エンディングでは、最後のシーンで沢山のキャラが向かい合う中、中央に現れる巨大な宝箱の中から出現する。
トリを飾る最もおいしいところを持って行ったキャラでもある。

  • だってトリですから

コレカ Edit

ナンバー#067のコレカ
コレカクリスタリウムでの強化値は以下の通り。
N:成功率+5(%) クリティカル率+5(%)
R:成功率+10(%) クリティカル率+10(%)
P:成功率+15(%) クリティカル率+15(%)
成功率:100(%) クリティカル率:0(%)


コレカ的には召喚獣と同列に扱われている。

FFB Edit

表記は「でぶチョコボ
白いチョコボ。歩けそうにないくらいでぶい。
でぶチョコボの間に居り、好物をあげると物を交換してくれる。
カラッカの野菜で「アビリティ」を、ピピオの野菜で「武器」を、でぶチョコボが持ってる物とユーザーの持ってる物を変えてくれる。
レア度は差し出すものと同じものなので、SRを出せばSR物が貰える。
持っていないもの、尚且つ差し出したものより強くなる傾向がある。
一回まで交換し直しができるが、その際一個目のは入手した事にならない。
イベント限定、招待限定のものは手に入らないので、でぶチョコボを使ってもコンプはできない。


2012年5月23日からのイベント「でぶチョコボ旅行記」では例外的に、交換したものより
ランダムで1ランク上の物と交換してくれることがあった。R+を差し出すとSR、SRを差し出すとSR+となる。

また、SR以上の武器と交換でイベント武器「バーバリアンサイズ」や「フランシスカ」をくれることもあった。

FFRK Edit

「デブチョコボの交換所」に登場。
ギサールの野菜と交換で様々なアイテムを入手できる。
最初はコレクションイベント限定だったが、曜日ダンジョンでギサールの野菜が手に入るようになった2015/12/16からは常設されている。


敵としては、BRA★BRAコラボイベント「コンサートホール -金色の演奏会-」や「サントラ発売記念ダンジョン」のボスとして「【響】暴走デブチョコボ」が登場した。
吟遊詩人アビリティを一定回数使用しないまま倒そうとすると超暴走状態になって強くなるが、吟遊詩人アビリティを繰り返し使用すれば一定回数ごとに弱体化する音楽系イベントらしい特性を持っている。


召喚魔法としても登場している。
幻獣/【デブチョコボ】

黒デブチョコボ Edit

デブチョコボの色違いキャラ。
コレクションイベントに登場し、イベント内の「黒デブチョコボの交換所」でカラッカの野菜と交換で様々なアイテムを入手できる。
初登場は2019/1/25、コレクションイベント「しびれるお願いゴト」。