Top > ジョブ > 【曲芸士】


ジョブ/【曲芸士】

Last-modified: 2018-12-27 (木) 17:29:24

FFTA Edit

モーグリ族のジョブで、シーフの上級職にあたる。
アクションアビリティ「曲芸」は、敵に色々なものを投げつけるというもの。
相手をバーサクにする「火炎ビン」、ドンアクトにする「ダガー」、ストップにする「輪っか」、
クイックと同効果の「スマイル」など、便利で使いやすいアビリティが揃う。
しかも、どれもMPを消費しないのはオイシイ。


スピードと物理防御の成長率が高く、物理攻撃力もまずまず。
そのため、物理系に育てるならレベル上げ用ジョブに適している。
モーグリにしては魔法防御がとても低いが、スピードの重要性を考えれば気にするほどでもない。
ただしMPは低いので、将来アルテマチャージを使わせる気があるなら注意。

  • 物理攻撃力の成長も、まずまずどころかモーグリ族の中では十分高い。
    成長ボーナスこそ殆ど期待できないものの、基本上昇値は1番高いモーグリナイトと同じ。
    また全種族から見ても、物理防御はトップクラスで魔法防御はワーストクラスである。

FFTA2 Edit

FFTA同様、やっぱりスマイルは反則級の効果である。
トドメバトルで戦う事になるクラン「スカーフェイス」のリーダーも曲芸士である。


時魔法をアビリティにセットすれば支援役としては申し分なくなる。


スピードだけを見るならチョコボ士のほうが伸びがよい。
しかしTA2のスピード上昇の仕様では、このジョブでスピードを吟味したほうが強いユニットに育つ。


MPの成長率は相変わらず低いが今作は開始時MP0仕様になったのでほとんど気にならない。

FFB Edit

ファブールエリアのクリア報酬として手に入る。
初期得意武器は短剣・追加得意武器は弓だが、鎌装備がお似合い。
FFTAを意識したようだが、知らないとトランプのジョーカーに見える。


表記は「曲芸師」だったり「曲芸士」だったりところどころ統一されていなかったが、
最終的には「曲芸師」表記になった模様。

PFF Edit

踊り子Iから派生するジョブ。武器は短剣
曲芸士IIIまで育てるとジョブアビリティ「なげる」が使えるようになる。
投げる物は忍術でなく、曲芸のものになっている。
FFTAをプレイしてないと、何故なげるがこのジョブなのかと困惑する(プレイしていても忘れる)
ちなみに当の忍者のアビリティは分身

パズドラ Edit

パズル&ドラゴンズで開催された、スクウェアエニックスの作品『クリスタルディフェンダーズ』とのコラボにて
6回目の実施に伴いレアガチャにて実装されたキャラである。
ちなみにクリスタルディフェンダーズには曲芸士自身は登場していない
リーダースキルが回復ドロップを2コンボするだけで攻撃力が7倍を出せる。


これまでのキャラと比較して、攻撃力上昇倍率に対する条件が非常に緩い事から、ユーザーからの反響はこれまでに無いほど大きかった。

その結果、公式サイトで曲芸師に関する見解が発表されるという異例の対応がなされた。また、Yahooニュースなどの大手ニュースサイトでも取り上げられるほどの話題となった。
これまでもパズドラが話題になることが少なからず存在したが、たった1体のキャラがここまでの騒ぎに発展したのは極めて希な例であると思われる。

  • それまでの7倍といったら「5色同時攻撃」「高いコンボ数が必要」と、発動条件が厳しいものであったが、
    回復をたった2回消すという緩さは衝撃だった。ただし、このままでは攻撃はできないので、別に属性ドロップを消す必要がある。
    しかし、時代の流れとは恐ろしいもの、今ではもーーっと火力が高いリーダースキルが出てきてしまい、曲芸士は完全に影の存在になっている。
    後に究極進化が実装されたものの、全く話題にならないほど、表舞台に出てこなくなってしまった。
    もっとも、そのインフレ化の波もこれまでのパズドラの遷移を辿りながら見れば、実装時点でのゲームバランスを
    容易に覆す曲芸士の登場が発端となった、という解釈も捉え方の一つとしてはあるだろう。