ストーリー/【シャドウの悪夢】

Last-modified: 2020-09-24 (木) 11:52:11

FF6

シャドウをパーティーに入れて宿屋に泊まるとある確率で見られる。
崩壊前はコーリンゲンで加入後に宿屋に泊まると見られる。


シャドウがパーティーにいる時に宿屋に泊まると、4分の1の確率でシャドウの悪夢を見られる。
宿屋で見る悪夢は4種類あり、泊まる度に1つずつ順番で見る事になる。一度見た夢は見られない。
なお無料回復ポイントでは不可のため、
最初にシャドウを連れて宿屋に泊まれるのはコーリンゲンの村での加入後から。
どれもシャドウの過去を示すものとなっている。

  • 基本的に無料回復ベッドでは夢を見れないのだが、なぜかリターナー本部の無料宿屋はOK。
    宿屋扱いだからだろうか?
  • 悪夢繋がりなのか、ドマ城の無料ベッドでも確認可能。
    カイエンのトラウマに立ち会っているシャドウを連れて夢のダンジョンを攻略する人も多いと思われるので、ギルを節約したければついでに見ておくと良いだろう。
    家族を失いながらもその家族の想いで悪夢を晴らすカイエンと悪夢に囚われ続けて家族も捨てたシャドウはどことなく対照的に思える。
  • サマサの村では、1500ギル払った場合だけ悪夢を見ることができる。1ギルの場合は不可。

上記のとおり1回ずつしか見ることができないが、正直結構怖い。
もしテントで見ることができていたら(実際はテントでは見られないが)、
シャドウのいるパーティーを操作するときはかなりおびえていたかもしれない。

  • 初見時にいきなりグラビデのSEが流れて、その後もそれがずっと続くせいか、グラビデとグラビガがトラウマ音になった。

どうでもいいが、大きな秘密を抱え閉鎖的な(と思われる)サマサの村の女性が、
なんでいかにも胡散臭い男と子供を作るまでの関係になった挙句に
数ヶ月も村で世話した(少なくとも10ヶ月)んだろう。他の住民もよくシャドウを追い出さなかったよなぁ。

  • リルムの悪夢と崩壊後サマサで見る夢が繋がると考える場合、
    クライドはリルムが喋れるほど成長するまではサマサで生きていたと推測できる。

1回目

暗転画面にビリーとクライドという名前の2人の男が登場。
ビリーはクライドが自分を殺したと責め立て、クライドも自分の元へ来るように告げた後、闇に消え去る。

2回目

コンビを組んで意気揚揚と列車強盗を働くクライドとビリー。
そろそろ自分たちのコンビ名を付けようとビリーが提案し、
世紀の列車強盗団「シャドウ」という名前に決まった。

3回目

盗みでドジをやらかしたビリーは重傷を負ってしまい、
もはや逃げられないと悟って、クライドだけ逃げるように伝える。
だが、捕まった後の拷問を恐れるビリーは逃げる前に自分を殺していくように哀願するが
クライドはそれを拒否してそのまま逃げ去ってしまった。

  • ビリーは拷問にあうことを恐れて震えが止まらない。見捨てて行くクライドに
    動かぬ体で、恨みの叫びを浴びせている。

4回目

クライドは彷徨い、小さな村にたどり着いた。
そこで1人の女性と1匹の犬に出会い、助けられる。
この時、村の名前が「サ…マ……」である事を聞かされる。

崩壊後・シャドウ救出後

上記の宿屋で見られる夢とは別に、
崩壊後に獣ヶ原の洞窟キングベヒーモスを倒してシャドウを救出した後、
サマサの村で介抱されたシャドウが見る悪夢もある。
こちらはシャドウを助ければ必ず見る事ができるが、
魔大陸でシャドウを待たなかった場合はシャドウの代わりにリルムが倒れているため
見られるのはリルムの悪夢に変わる。つまり、どちらか1つしか見られない。
 
夢の内容は、
村を立ち去ろうとするクライドをインターセプターが追って引き留めようとするが
クライドは娘と一緒に暮らすように諭し、そのまま村を出ていってしまう。
しかし、インターセプターもその後、村へ一吠えしてからクライドを追う、というもの。
 
実際のゲーム中には一度に両方を見る事はできないが、
リルムの悪夢→シャドウの悪夢の順番で見ると1つに繋がり、
リルムの父親が家を出ていき、それを止めに家を飛び出したインターセプターが
そのままクライドと共に村を出た、という事が分かるようになっている。

  • しかし崩壊前に宿屋で夢を見る機会は殆ど無い(意図せずに4つとも見た人はいないだろう)から、最初に見た夢がこれだったという人も多かろう。
    流れ的には最後に見ると話がわかりやすいのだが。
    • 総合的には宿で泊まったときのシャドウの夢4つ目→リルムの悪夢→これだと話がすっきり。
    • リルムがパパはもう帰って来ないのと言うのを聞いてインターセプターが出ていった時点で、シャドウは意外に家の近くにいる。
      未練を断ち切れずにサマサの村の周囲をウロウロしていたか、一度旅に出た後で再度家の近くを通りかかった時のシーンだろうか。

【視聴覚室】