チョコボシリーズ/【衰弱のツメ】

Last-modified: 2021-01-02 (土) 13:08:50

チョコボの不思議なダンジョン

攻撃力0、特防御5、ツメATB-2、元気減少歩数-2、攻撃ミス率-3、クリティカルヒット率0。
レベルが上がる程、弱くなるツメ
レベルを上げようとすると、逆に攻撃力がマイナス(赤字)になってしまう。
基本の攻撃力は0で、強化しようとしてもレベルをマイナスにするのが難しい為、戦闘には向かない。
然し合成の際の補正値が優秀である為、重宝される。
特にツメは合成の際にATB値がプラスされるものが多いので、この事を知っておかないと合成は難しいだろう。


レベルが下がる程、強くなるのだがマイナス=呪われるということなので装備を外すためにいちいちデスペルの薬を飲まなくてはならない。
ツメの使い分けができず融通が利かないので、非常に不便。


このツメの特殊能力はツヤ消しクリームを塗りまくるなどしてマイナス99まで鍛えあげれば
(他のツメのプラス99と同様に)攻撃力がプラス99の補正がつく。
ただし、衰弱のツメをベースとした場合は衰弱のツメの補正無しの攻撃力が0と全てのツメの中で最弱。苦労に見合うか、というと…
かといって他のツメにこの特殊能力をつけても特殊能力欄を1つ使って上記の呪われたデメリットを維持し続けるわけである。
……というわけで合体のタネ融合のタネを使わずに他のツメへ合成素材として使うのが有用といえる。


2ndダンジョンの15・29・39・40Fのノーマル宝箱、3rdダンジョンの14・26Fのノーマル宝箱や41・47Fの壁の絵等から入手できる。


売値は400ギル。

チョコボの不思議なダンジョン2

攻撃力:3,元気度:3,頑丈さ:8,限界Lv:99,命中率:90,クリティカル率:3。
不思議なハネは、修正値順にパワーシュート(+1~5),フェニックス(+6~)。

レベルが上がる程弱くなるのは前作と同じ。
基礎攻撃力が3しかないものの限界レベルがチタンのツメと並ぶ最大の99なので単独ではチタンのツメの次に強い。
そのチタンのツメはクリア後のひみつのダンジョンに出てくるオメガのエキスを使うことでしか手に入らないので、クリア前では最強のツメである。
マイナスにしても呪いにはならないし村でデスペルの薬が飲める、ツヤ消しカードが他に入る封印の宝箱は結構多い上に開けれなくても爆発しないなど仕様の変更による恩恵も地味にかなり受けている。
とはいえ手に入るのは最速でも海底遺構ダンジョンで、同時期にクラとの相乗効果で十分に強いブランドのツメや攻撃範囲に優れる回転蹴りのツメが作れるようになるのでライバルが多い。
しかもマイナスのついたツメはプラスに比べてかなり少ないので、ツヤ消しカードを分裂させて使うぐらいでないとなかなか育たずクリア前に最強にするには相当な時間を要する。
限界レベル以外のパラメータも酷く、頑丈さはやや高めだがやたらと元気度とクリティカル率が低い上に命中率もイマイチとかなり冴えない。
上述のように育成が難しいので合成で補おうにもプラス補正がついているとつい躊躇しがちなのも難点。
ツヤ出しカードをクラや他の装備に注ぎ込みつつプラス補正のついたツメをハネの生成に使うといったことができるので、あえてこちらを選ぶメリットもあるのだが。

  • 不思議なハネが両方共有用性が高いので、ハネ入手用の生贄にするのも手。

修正値が逆に作用する能力は合成で付加できる特殊能力ではなくツメ固有の特性となっており消すことはできない。
よってプラスのついたこのツメを消去のタネなどで強化することは不可能。


各種状態異常など確率で発動するツメの特殊能力は修正値のプラスを高くするほど発生率が上がるが、逆にマイナスを高くするほど発生率が下がっていく。
よって最終的に属性以外の特殊能力は意味を為さなくなる…のだがオーバーフローにより一定値を超えると必ず発動するようになる。
攻撃力と特殊能力の付加が両立ができる点は、他のツメにはない魅力である。
まあ吸血が付けばダメージなど発生せず即死扱いになるため攻撃力など関係ないのだが。