モンスター/【すべてを超えし者】

Last-modified: 2021-01-25 (月) 19:47:05

FF10

FF10(インターナショナル版を除く)最強のモンスター。
英名はNemesis。姿はアルテマウェポンの色違いで黄金色。
HP1000万。もう既に『シン』とかどうでもいい、常軌を逸したレベルである。まさに真のラスボスとはこのことか!
(『シン』で一番HPが高いのはHP14万、全個所含めてもHP30万6000)。


行動パターンは通常攻撃、単体攻撃「エターナルカノン」、
毒+スロウ+カーズ+パワーブレイクの効果を与える全体攻撃「ウルトラスパーク」、
約10ターンごとに放つ(事実上)99999ダメージ固定回避不能の全体攻撃「世界最後の日」の4つ。
また、物理攻撃以外の何らかの行動(オーバードライブ技含む)を行うと「アルテマ」でカウンターを行う。
物理魔法防御ともに最高の255にしつつ「シェル」「プロテス」をかけた場合、
通常攻撃で8000ダメージ、「アルテマ」で5000ダメージ、「エターナルカノン」で10000ダメージ、
「ウルトラスパーク」で15000ダメージというところからも彼(?)の異常さがうかがえる。
インターナショナル版でダーク召喚獣デア・リヒターが出て以来影が薄いが、十分に強力なモンスター。

  • エターナルカノンが魔力255に威力255でダメージを最小限に抑えられてしまうのは
    魔法攻撃のダメージ計算式によるもので
    防御無視もしくは斬魔刀のように物理攻撃だった場合は確実に即死している。
  • インター版ではクイックトリックの動作時間が1から2に増え、消費MPも12から36になったので倒しにくくなっていることが強く感じる理由の一つ(クイックトリックの仕様が通常版のままなら、ダーク召喚獣もデア・リヒターもずっと簡単に倒せてしまうが)。
  • 世界最後の日は項目でも説明されているとおり、固定ダメージではなく元々のダメージ値が50万程度の威力が高いだけの技である。
    何が凶悪かというと、この技は召喚獣のオーバードライブと同じ特殊魔法扱いでダメージの軽減ができず、防御も魔法防御も無視するところである。
    ダメージ最低値が40万を超えているため、唯一例外の軽減方法である召喚獣の「まもる」ですら99999を回避する手段とはならないのである。
  • ウルトラスパークは物理攻撃だが、プロテスで軽減できないため30000程度のダメージをもらってしまう。はげますによる軽減は可能で、5回重ねればダメージを20000程度まで抑えることができる。
  • アルテマは魔法防御255ならシェル抜きで5000程度、シェルありなら2500程度だった気がする。

ちなみに倒すと訓練場の主から「超人のあかし」がもらえる。
「だいじなもの」に分類されるが、何ら効果はない。


倒した後の爺さんのセリフ
「あやつを倒すとはなんちゅう強さじゃ!
 これからはおぬしがすべてを超えし者を名乗るが良い
 これであとは『シン』を倒すだけじゃな、ほっほっほ…」


訓練場での出現条件は、捕獲可能モンスターをすべて10匹以上捕獲することに加え
地域制覇&種族制覇&訓練場オリジナルの各モンスターをすべて倒していること。
こいつに勝つより、出現させるまでの過程が面倒。


厭らしいST異常を誘発する攻撃が殆どないので、実のところ大して強くない。
ここまで辿り着いたプレイヤーにとっては単なる肉の壁でしかないだろう。
強いて言えば、毒とパワーブレイクの効果が鬱陶しい「ウルトラスパーク」に注意する程度だろうか。
「ウルトラスパーク」のダメージそのものに耐えられない場合は召喚獣に肩代わりさせましょう。

  • 七曜の武器だと硬いの影響も受けてしまうが貫通付きの武器だと影響なくダメージを与えられる。
  • 出現条件を満たした時点なら何のレベル上げも戦略も要らないので
    シリーズ最弱の裏ボスと言われることも。
    インター版では厳密な意味での裏ボスですらなくなったが。

攻撃がパターン化してるので慣れたプレイヤーにとってはHPがバカ高いだけの雑魚と化す。
せめてHPが減ると攻撃パターンが変わるとか、そういった仕様にしておけばもう少し強くなっただろうに…。

  • とはいえ、単純なローテーションではないだけまだマシだろう。
    「ウルトラスパーク」の次のターンに「世界最後の日」が来ると少々厳しい。

Lv4キースフィアが盗め、ダメージ限界突破の付いた武器か、HP限界突破の付いた防具を落とす。
クイックトリックに対しては反撃が来ないので、
召喚獣を盾にしつつ全員でクイックトリックし続ければ割と楽に倒すことが出来る。

  • スロット3が出てくると実質はずれ、しかも限界突破系のアビリティ価値は0なので安値で叩かれる。
    (スロット3が出てくる確率が高いので、ある程度手に入れたら地道作ったほうが無難である)
  • こいつが限界突破装備を落とすからこいつを狩ればいい
    という声をよく耳にするが、そもそもここまで来たパーティーに
    今更限界突破付き装備など不要である。
    強いて言うなら現在使用中の装備のほかにアビリティを変えたものを
    新たに作り直すくらいか。
  • 敵のターンまでクイックトリック連発→
    敵のターンの直前に召喚する→
    敵の攻撃で召喚獣がやられるまで戦うで攻撃→最初に戻る
    この方法でキャラクターが一切ダメージを受けずに倒せる。
  • その性質上、Lv4キースフィアを盗もうとするとカウンターのアルテマを受けてしまうが、ぶんどれば反撃を受けない。
  • 武器にせよ防具にせよ、狙ったキャラの狙った装備で4スロットのものを得られる確率は単純計算で1/28。目当てのものが複数あるうちはまだいいが、特定の装備を狙って戦うくらいなら、ネムリダケ240回ほど倒したり神龍35回ほど倒したりした方が早いかもしれない。

意外なことに、運と回避が0という弱点がある。(デアリヒターも10しか無い)
そのため、暗闇状態でない限り、攻撃が確実に命中する。
また、クリティカルの発生率が他のモンスターより10%ほど高くなる。


かたい」特性を備えているが、物理防御力が150もあるため貫通武器よりも、防御無視効果をもつ七曜の武器の方が高ダメージを与えられる。
(もっとも、攻撃力255ならパワーブレイク状態でも両者ともダメージはカンストする。)

  • アルマニΩによると物理防御力150で「かたい」持ちの場合、物理攻撃の軽減率は約23.3%のようだ。
    • なお、魔法防御力も150である。(アルティマニアΩ)

死の宣告」を使うのも非常に有効。255ターンで倒せるので、「MP消費1」と「リレイズ」さえあれば初期ステータスでも撃破可能?

  • 初期ステータスでは不可能。
    まず、リレイズを習得している時点で初期ステータスとは言えない。
    習得していたとしても、すばやさの圧倒的な差でリレイズをかける前にやられる。
    (すばやさが170未満だと、リレイズで蘇生した時にターンが回ってこない。)
    かけられたとしても、どのキャラクターも初期MPは100にも満たず、MP消費1があっても全然足りない。
    そもそも、初期ステータスですべてを超えし者を出現させること自体不可能。
  • 初期ステータス=スフィア盤封印ではないぞ。どれだけアビリティ習得しても初期ステータスは初期ステータス。
  • つかスフィア版なら初期ステータスでもリレイズ習得可能では?(もっとも初期ステータスでどこまでいけるかだが)
  • リレイズの習得だけ認めることにしても、素早さ200を誇るすべてを超えし者には対抗できない。
    敵の攻撃は回避も軽減も不可能だし、さきがけで全員にリレイズをかけようと2度とこちらにターンは回ってこない。
  • 可能性があるとしたら、さきがけ斬魔刀くらいか。
  • 255ターンも耐えられるなら、よほど変わった育て方してない限り余裕で倒せると思うけどな……

超人のあかしを手に入れ(自己満足に浸ったり、友達に自慢し)たら、最早こいつと戦うメリットは無い。得られるアイテム・装備も他の手段で手に入れられるものばかりであり、効率もそちらのほうが良い。

  • 得られるAPは55000と最多だが、それでも他の訓練場オリジナルモンスターより5000多いだけ。
    こいつを倒す手間を考えると全然割に合っていない。

アルティマニアの人気投票モンスター編にて、なんと隠しモンスターでありながら一位の座に輝いている。
「すべてを超えし者は、人気投票でもすべてを超えた」という総評が面白い。


HDリマスター版ではこのモンスターを倒すことで「すべてを超えし者を超える者」というトロフィーが貰える。

PFF

2015年の高難度クエスト「完全制覇!モンスター訓練所」のボス。
クリアすると一定確率で(10回で確定)氷天の聖杖?が手に入った。


氷・水弱点。物理または魔法攻撃のパターンがある。
物理パターンはアルテマドレインを交互に使い、魔法パターンはアルテマ→フェイスを交互に使う。
魔法パターンは防御が高い。
どちらのパターンも先制攻撃にアルテマを使う。アルテマの使いすぎである。

FFRK

2周年記念イベント「レコードクロス」の目玉モンスターとして登場
強さが三段階(序破急)に分かれており、特に急は恐ろしく強い。
それこそフラグメントダンジョンのイフリートや旧魔女のパレードなどの数々のプレイヤーを泣かせてきたイベントが簡単に見えるレベルの強さである。
そのあまりの強さにいつも解説しているDr.モグが解説を放棄している、クリアしたら公式wikiに攻略PTが掲載されるが実装初日はたったの20人しかクリアできなかった、2日目以降急激にクリア者が増えたが半分近くがチーターだった等様々なエピソードが生まれている。
倒すことによる報酬は、破まではそこそこ良いものが貰えるが、急に関しては殆ど無報酬に近いため完全な腕試しコンテンツとなっている。
今までそういったコンテンツが無かったためか挑戦者はなかなか多く10月13日までに35978人が挑戦している。
だがクリア者は5228人と15%程度に留まっていることがこのコンテンツの難易度を示していると言える。


イベント終了後、全てを越えられなかった件に関してのお詫びとしてミスリル1個が全員に配布された。
その時のお知らせでは、発生期間が最初のクリア時間に合わせて2016年9月25日(日)3:42~2016年10月10日(月)14:59となっていた。
また、お知らせの最後には

次回このようなボスを登場させる際には、
【全てを超える】ボスになるよう、運営チームの総力を
注がせていただきます、ご容赦下さい。

と運営からの恐ろしいメッセージが添えられた。