Top > モンスター > 【シーデビル】


モンスター/【シーデビル】

Last-modified: 2019-01-24 (木) 14:35:54




FF3 Edit

地底湖に出現するオレンジ色の魚型モンスター。
湖なのにシー(Sea=海)とはこれいかに。

FF5 Edit

Lv30、HP5000、MP1000、種族:なし。
攻撃力71、物理倍率8、素早さ20、魔力0。
防御力15、回避力0、魔法防御10、魔法回避0。
弱点属性:雷。無効化属性:なし。吸収属性:水。カテゴリ弱点なし。
有効な状態異常:全て。ボス系耐性なし
行動:たたかう/得意技>クリティカル(1.5倍)。
操る:たたかう/得意技/まきつき。はなつ:パワーヒット
盗み:通常枠ハイポーション/レア枠ディフェンダーが。落とすアイテム:亀の甲羅(6.25%)。
EXP:0。獲得ギル:3000。


第三世界の海域に出現する巨大イカ。
よく3体で出現するが、巨大鳥のお供として2体ついてくることも多い。
HPが5000とけっこう高いが、
攻撃手段は通常物理攻撃と「クリティカル」のみなので怖い相手ではない。
雷属性が弱点なので魔法剣サンダガで一撃死させられるほか、
レベルが30なのでレベル5デスを使えば苦労せずに倒せる。
ハイポーションか、たまにディフェンダーが盗める。
倒すと亀の甲羅を落とすこともある。

  • 状態異常は全て有効。低レベルでも魔法剣スリプルで簡単に無害化できる。
  • ボス系耐性もないので(愛の歌で止めるなど安全確保してから)居合抜きで一掃すればほぼノーリスクノーコスト。

はなつでの「たたかう」の威力は8倍撃になり、4500ダメージぐらい。


第三世界の海上に出現する敵(のうち第一世界に出ないもの)は、倒しても経験値は得られない。
こいつも例外ではないが、ギルは3000も持っている金持ちモンスターである。出現率も非常に高い。
「巨大鳥×1・シーデビル×2」なら11000ギル、「シーデビル×3」なら9000ギルを一戦闘で得られる。
出現場所としてはクレセント付近の湖(第一世界では入り江だった場所)が分かりやすい。


上述の通り、度々巨大鳥のお供で出るモンスター。
だがこの巨大鳥からはなんと稀に村雨が盗める。
そこそこ強いが、イカのついでに襲っていればディフェンダーが2本×4人分が貯まるころには1本くらい村雨もアイテム欄に収まっているだろう。多分。おそらく。もしかしたら。
ツインタニア戦でティンカーベルを狙う人は頑張ろう。


尤もSFC版・PS版では99個盗みで簡単に大儲けできるし、
GBA版では中断技シルビューヌムーバーを狩ったほうがABPを同時に稼げて良さそうだが。


トルナ運河に出現するサッカーと全く同じ外見。色違いですらない。
もちろん能力値ではシーデビルのほうが圧倒的に高いが。


因みにロマサガ1には「海の悪魔」というイカがいたりして。

  • さらにロマサガ1では、海賊ブッチャーの所有する船がシーデビルという名前だったりする。
  • 欧米ではタコやイカがデビルフィッシュという俗称で呼ばれているのは有名な話。

GBA版公式コンプリートガイドではブレスウイングを使用すると記述されているが、巨大鳥と混同された誤記。

FF15 Edit

サハギン系モンスター。背中や前足から大きな鰭が生えたワニのような野獣
クレイン地方を中心に生息しており、ガーディナ渡船場の討伐対象にもなっている。
強さはサハギンに毛が生えた程度。


エネミー図鑑によると、一般的なサハギンより、遥かに体の大きな亜種。
クレイン地方南部に棲息し、サハギンに似た習性を持つ。
自ら接近してきた獲物に集団で襲い掛かるのは原種と変わらないが、
シーデビルは体内に貯蔵していた水を高圧で射出する事もできる。

●クラストゥルム水道のシーデビル
クラストゥルム水道の最深部に棲息しているシーデビル。
本来の棲息域から隔離されているせいか、姿かたちは似ているものの事実上の別種で、
水道内の過酷な環境に適応した結果、地上の個体より強靭な肉体を持つようになっている。

FFL Edit