モンスター/【ドラゴネル型】

Last-modified: 2020-09-26 (土) 09:03:58

「ドラゴネル」とはダンテの「神曲」に登場する悪魔の名である。
名の意味は「大きな竜」「残忍な竜」「竜のような笑い方をする者」などがある。
天然アスファルトの池から顔を出す罪人に、鉄製の熊手で打ち付けるという役割を持つ。

FF13-2

アガスティアタワーAF200年またはAF300年に登場。
大型機甲兵に属し、上層階に出やすくなる。


黄銅色のズングリとしたボディーを持ち、常にジェットで浮遊して移動している。
全体的な印象として、四足歩行の大型獣もしくは四つん這いの鎧男のような姿形をしている。
そして、名の通りに頭部が竜っぽい造りをしている。
元ネタに起因しているのか、頭部が横に伸びる黒線のせいでニヤ~って笑ってるように見える。


図体の割りにはイェーガー型よりHPが少ないので意外と脆い。
とにかく範囲攻撃である拡散ビーム?を繰り返す単純戦法。
火が弱点で、氷を半減させる。バイオペインを無効化する。


仲間になった時のロールはアタッカー
最大レベルが20なので早熟型。クリスタリウムのレベルは上がらない。
物理攻撃特化型で、通常攻撃が銃撃なので、上空の敵にすべての物理攻撃が届く。
バックスタブを最低コスト(LV2)で修得。
チップ系のアイテムで成長する割には能力値が高め。
敵の時もあったバイオ無効が味方になっても生きているのは嬉しい。
シンクロドライブワイドレンジビーム?


仲間時に見られる特性に「低燃費」とある。
脚部では常にジェット噴射で火が出ているのだが…どんな燃料を使っているのだろうか?