モンスター/【ブレインポッド】

Last-modified: 2020-08-09 (日) 16:39:59

FF7

ジェノバ逃亡後の神羅ビル67~69Fで出現するモンスター。
浮遊する容器の中に人間の頭部か脳のような何かが入っている。
毒属性ダメージ+様々なステータス異常引き起こす単体攻撃「廃棄汚染」を使用する。


技名は同じ「廃棄汚染」だが2種類のエフェクトが存在し、それによってかかるステータス異常も異なる。
「毒or混乱」と「眠りorバーサク」のものがあるが、特に「毒or混乱」の「廃棄汚染」を頻繁に使用する。
混乱している時は、通常攻撃か「眠りorバーサク」の「廃棄汚染」のみを使用する。
なお、このモンスター自身は異常ステータスに対する耐性はほとんどない。


「廃棄汚染」は2種ともMPを消費する技である。
MPがなくなると、無駄行動(わざのパワーがつきた)はせずに通常攻撃のみを行う。


聖属性や回復魔法に弱く、逆に毒属性(毒のダメージ)や即死攻撃は吸収される。
つまり「デス」や「いあいぬき」などで攻撃すると、相手に「エリクサー」を使用したのと同じ状態になる。
DISC2で神羅ビルを訪れた際には、HPをこのモンスターのHP以下にして「ホワイトウィンド」をかけてやると楽しい。


HPは240と高め。序盤はステータス回復手段が少なく、さっさと倒さないと危険。
特にルーファウス戦の直後、クラウド一人で行動する時は注意。封殺される事も。


「廃棄汚染」使用時にポーズをかけてコイツの顔をじっくり見ると爆笑できる。
ちなみにこれが見られるのは、「眠りorバーサク」の「廃棄汚染」を使用する場合である。


ゼネネと同様に全体化ケアルで攻撃すると楽。
なおゼネネと違い、このモンスターは「ブレインポッド」のみの特有のグラフィックである。
(別の場所でグラフィック使いまわしのいわゆる「色違いモンスター」は登場しない)


ジェノバ逃亡後の陰鬱なBGMに嫌というほどマッチする「廃棄汚染」のエフェクトとSEも特徴である。
プレイヤーの神羅ビルにおけるトラウマの大きな要因の1つとして知られる。
どうでもいいがこいつは科学部門と兵器開発部門のどっちの系列になるだろ(あるいはジェノバ関係か)

FF7R

神羅ビルに登場するボスモンスターの一つ。種族は人工生命。
戦闘開始直後は1体のみだが、ある程度ダメージを与えると「ホワイトアウト」を使い12体に分裂する。


「有害廃棄物」や「ポイズンポッド」といった毒状態にする攻撃を多用するため油断はできない。
さらに全員をストップ状態にする「ブレインストップ」も使用してくる。


戦闘開始前に宝条に攻撃をしようとしたレッドXIIIがコイツに動きを止められているため、コイツがストップを使う事は予想できたかもしれない。