地名・地形/【ダイムの塔】

Last-modified: 2016-01-23 (土) 21:32:47

聖剣伝説 Edit

かつて不安定な地形であるガラスの砂漠バンドール帝国の技術を象徴する建造物として君臨していた。
バンドール帝国崩壊後は地中深く沈んでいた。
内部にはバンドール帝国に関する石碑が点在し、帝国の歴史を記したものでもある。
ただしバンドール帝国独自の言語のためかヒーローは解読できず、代わりにマーシーが解読してくれる。
物語中ではジュリアスによるネオバンドール帝国成立及び侵攻を防ぐためにグランス公国へ再度進入するための手段として登場し、遺跡の洞窟聖剣を掲げることにより再び浮上する。
内部には帝国の技術により生み出されたと思われる魔法生命体やロボットが数多く存在する。
何とかグランス公国に辿り着いた後、マーシーと共に再び地中へと沈んでいった。

かつてボンボヤジがマーシーを作り探索していたようである。