Top > 武器 > 【ウィングソード】


武器/【ウィングソード】

Last-modified: 2018-07-29 (日) 13:09:58

FF2以降時々登場する剣。
ウイングソード ではない。


FF2 Edit

中盤で登場する
最速でディスト城の宝箱から入手でき、開放後のフィンの町で購入できる。
店売り品では最強の攻撃力を持つ。
PS版以前ではリチャードの初期装備である。

  • この剣を落とすオーガチーフが買えるようになるよりも先に登場する(=量産できる)ので、買うのは必要分調達できなかった場合だけだろう。

空中属性を持つモンスターに特効。
入手直後のボスのキマイラに有効。一撃で倒すのは難しいが。


ミスリルソードクラスの武器からこの武器入手まで結構合間があるのだが
次に続く剣(だいちのつるぎ)がなかなか登場しないため、剣使いキャラは嫌が応にも長期的に使用することとなる。
そのため登場時には強力だったはずのこの武器はどんどん時代遅れになっていき、仕舞には「弱い」「イマイチ」という印象さえ持たれてしまうことも。

  • しかし、ミスリルソードからこの武器までの間も長いと思われる。
    なぜなら、ミスリルソードに続く剣は古代の剣眠りの剣。これらは追加効果こそ強力だが、命中率が低いので、メインウェポンとして使っていくには微妙だからだ。

剣に対して、ミシディアで強力な武器を購入することが出来る。

  • 但し、剣はリバイアサン以降、どんどん強い武器が登場する。

FF2(GBA版以降) Edit

なんとGBA版ではFF3以降の竜騎士のイメージからかリチャードの初期装備がほのおのやりに変えられており、これを初期に装備していた事は無かった事にされてしまっている…。

  • もっとも、ほのおのやりの方が攻撃力が高いので、ゲーム攻略の上では全く問題ない(どころか強くなっていてむしろお得)。
    加えて、剣の熟練度もGBA版以前と同様に高いまま(熟練度8と槍とほぼ同等)なので、どうしても槍ではなく剣をメインに使わせたいという人にも安心仕様。

Soul of Re・birthにも登場。
マハノンで買える。
黒騎士相手にサンブレードを粘らなかった場合などにスコットに買い与えてやるといい。

FF11 Edit

鳥を模した鍔の彫刻が美しい片手剣
武器としての性能はイマイチだが、エクスカリバー作成の際に必要になる。
なお、今作では空中属性モンスターへの特効が無く、代わりに追加効果で
風属性ダメージが発動するようになっている。


詳細はこちら→ウィングソード

DFFAC Edit

フリオニールスキンセット「ウェポンパックIII」に収録されている剣。

DFFOO Edit

「ウィングソード【II】」。☆5の
フリオニール相性装備で、相性性能は「エナジースティール」。
Lv1時の性能(+相性)は、HP+101(+20)、初期BRV+51(+10)、最大BRV+463(+92)、攻撃力+154(+30)、防御力+58(+11)、最大CP+15。


相性性能「エナジースティール」により、「ブラッドウェポン」のBRV威力がアップする。
さらにHP吸収効果の上限が「自身の最大HPの15%」から「自身の最大HPの25%」まで上がる。

PFF Edit

モーグリセレクションで、持っているフリオニールなどが登場するのみのレア武器。
名前通り飛行特攻が付いた
レア7で最大まで強化して力+234、限界突破+3000、飛行特攻2.5倍。

FFRK Edit

「ウィングソード【II】」。FF2と共鳴するレア4の
ステータスは以下。()は共鳴時。

Lv攻撃力命中
142(67)89
1565(130)
2073(155)
2581(179)
3090(203)

レア4の剣では一番弱い。
攻撃力自体は「クリスタルソード【VI】」と同じだが、命中で劣る。