武器/【ゴールドソード】

Last-modified: 2019-01-03 (木) 16:58:02

金で装飾された。金は軟らかい素材だからか、シリーズ中ではゴールドシリーズの中でもほとんど出番がない。
似たものとしてFF3のきんきらのつるぎがあるが、あちらは丸ごと金で出来た剣で、実質換金用のアイテムである。


ただし、金のは既に何度か登場している。


FF11 Edit

初登場。Lv62以降いくつかのジョブで装備可能な片手剣
赤魔道士が該当レベルで装備できる片手剣の中では優秀な一振りであるため、レベルキャップ75時代はそこそこの流通及び取引があった。


詳細はこちら→ゴールドソード

DFF Edit

として登場。コンビネーションゴールドの魅力」の1つ。
サーベルゴールド、10750ギルでトレードできる。
レベルが低くても装備できるゴールドソード+と言う種類もある。
こちらはゴールドソード、白の石、変化の粉×3、10750ギルでトレード可能。
材料としてゴールドが必要なので手に入る頃には既に上位の武器があることも多い。

DDFF Edit

ATK+27、ゴールドの魅力(1/3)の効果がある。装備Lvが30以上になった。
サーベルゴールド空賊の想い×3、24600ギルでトレード可能。

FFRK Edit

「ゴールドソード【VII】」。レア5の。FF7共鳴。