Top > 武器 > 【弓】


武器/【弓】

Last-modified: 2019-07-22 (月) 20:30:39

文字通りの弓、何の名前も付いていない武器の例に漏れず、基本最弱の位置にある。
作品によっては矢が別に必要となる。


武器の種類としての【弓矢】


FF2 Edit

武器種と共に初登場。
最弱ので、攻撃力は1しかない。
マリアの初期装備だが、大抵の人は弓の熟練度を上げるよりも魔法の熟練度を上げるであろうから、この武器の出番は殆ど無いかも知れない。


弓系は魔法干渉が高いため、魔法使いにとても不向きな装備である。
よりによってこれがマリアの初期装備とは、何たる悪辣な罠。

  • むしろこれを売り払ってブリザドの書を買う資金に充てるか、リメイクではバックラーを2つ買って後列に置かれがちのマリアの回避率を補正するかした方が後々のためになるだろう。

PS版以前の場合、4人目の育成が面倒な場合、後列に下げて弓を引かせるのもあり。
回避率を一切考慮しなくてもいいので、巨人の兜または巨人の小手を装備して力の底上げを図ってもいい。あとは、魔法防御が上がるように防具を装備させれば死ににくくなる。


両手武器だが、利き手に持たせないと本来の攻撃力は発揮しない。

FF3 Edit

引き続き最弱のとして登場。攻撃力5、命中率90%。
たまねぎ剣士戦士黒魔道士赤魔道士狩人忍者が装備可能。
一部の魔道士も装備できるので、対空特性を利用して序盤は比較的使っていくことも出来る。


前作とはうって変わり、魔法干渉自体が存在しないので魔術師にも安心。
これはこれで酷い罠の様にも見えるが、実際のところ魔法干渉の存在そのものが
認知されていなかったため何の問題もなかった。


FC版ではさりげなく非売品。処分するタイミングは慎重に。


売値は50ギル。
入手場所はサスーン城だが、そこで一緒に手に入る矢も数が少ない上に非売品なので、コレクターには痛い。
入手時期がちょっと遅いのもネック。

FF3(DS版以降) Edit

攻撃力が10に上がったが、命中率が70%にダウン。
FC版のジョブに加えて、すっぴんも装備可能になったが、忍者は装備不可能に。
ウルで100ギルで購入できるようになった。

  • そのため使用タイミングも若干早くなり、更に矢の方も安価で購入出来るようになっているので気軽に使える。

FF4 Edit

セシル(パラディン)、ローザリディアギルバートシドパロムポロムフースーヤが装備可能な
ローザ(1回目)の初期装備。
この時点でのローザの能力もあいまって、当然攻撃力に期待などできない。
一刻も早くクロスボウに買い換えたい。

  • クロスボウは地味にダムシアン城の地下にあるから、買うこたない。
    • そもそもローザが攫われる前には購入できない。

カイポの村アガルトの村で220ギルで売っているが、買う必要は皆無。
攻撃力は10。命中率は30%と非常に低い。ねらうがあってようやくまともに機能するレベル。

FF4イージータイプ Edit

命中率が40%と僅かにUP。

FF4(DS版) Edit

初期装備でなくなっている上、ローザしか装備できない。
彼女が加入する時点では上位武器のパワーボウが入手できるため、この武器の存在意義は無いに等しい。


命中率75%に上がった他、素早さ+1の補正が掛かる。

FF4TA Edit

セオドア編ミシディアや、リディア編ドワーフの城トメラの村で購入可能。
やはり買う必要はほとんどない。

FF14 Edit

弓術士及び吟遊詩人が装備可能な武器。
旧時代はサブ武器として弓のほかに矢が必要だったが、新生時に削除され無限に使用可能になった。
吟遊詩人が装備できるため、一部の弓にはハープと一体化していて弦が複数ついているものもあるが別に特殊効果があるわけではない。


PvPエリア(対人戦コンテンツ)限定で、攻撃対象との距離によってダメージが変動する。