Top > 設定 > 【チョコボ屋】


設定/【チョコボ屋】

Last-modified: 2019-04-12 (金) 20:45:21

FF6 Edit

FF6では町の中や小さく丸い森に存在する、移動のためのチョコボを貸してくれる店。
世界崩壊後も営業しているので、新飛空艇ファルコンを入手するまでは役に立つ。


モグに「水のハーモニー」を覚えさせる場合、ニケアのチョコボ屋でチョコボを借りると
迷いの森を無視して突っ切って一気にバレンの滝まで行けるのでかなり便利。

…なのだが、実はこのニケアのチョコボ屋に限って、設定ミスなのか
メッセージでは「一回80ギル」と言っているものの、
実際には「150ギル」支払わないとチョコボを借りる事ができない。
(当然、手持ちが149ギル以下だと乗れない)
詐欺だ。


崩壊前よりも崩壊後に使う方が心強い…か?(旧帝国領到達後はセリス(+マッシュ)だけだし)
ツェンモブリズニケアとお世話になろう。
まぁこのエリアの出現敵は強くないので別に徒歩でも危険は小さいが、距離がかなり長く時間がかかる。
なお、崩壊後は使用料が100ギルに値上…実は値下がりしている。

  • 崩壊前に使えるのは上記バレンの滝行きと後のコロシアムゾゾのルート辺りだろうか。バレンの滝の方は滝~獣ヶ原~ニケアが一方通行のため飛空艇入手後でも役に立つ。

森にあるチョコボ屋でチョコボに乗ると、チョコボにまたがった横向きのグラフィックが
全キャラ分ちゃんと用意されている事がわかる。
しかしバナンだけは忘れられていた為か、フィガロ城の南西にあるチョコボ屋で彼を先頭にしてチョコボに乗るとグラフィックがトランス・ティナのバグった感じになっている。PS版において修正された。
世界崩壊後では森でのみ全軒とも世界が引き裂かれても命をかけて営業するという初心者の家と同様でも真逆に熱い心意気をもっている。飛空艇入手するまでとは言え強く説得力がある。

FF10 Edit

ミヘン街道ナギ平原にいる。
ミヘン街道のチョコボ屋はアルベド族が経営している。チョコボイーターが悩みの種。
ナギ平原にいるチョコボ屋はミニゲームをクリア後に利用可能。ミニゲームの一つではチョコボ屋と競争をするものも。
こちらは無料だが状況によってナギ平原内の居場所が変わる。

なお、ミニゲームは「チョコボを訓練する」というもので、最初の1種だけクリアすればチョコボの利用が可能……なのだが、貴重なキースフィア、ひいては最強武器の強化アイテムの取得条件となる他の訓練はアクション下手にはとても厳しい内容。


ナギ平原のチョコボ屋は基本的に、ナギ平原に訪れた方向から最も近い場所に移動するようになっている。
マカラーニャ側から来たなら入り口付近、飛空艇からなら旅行公司前といった感じ。素晴らしい気遣いである。

FF11 Edit

各国のチョコボ厩舎やテレポイントでチョコボ関連事業を手掛ける団体。
チョコボ厩舎は基本個人運営で、チョコボ関連アイテムの販売やレンタルチョコボ、チョコボ飼育を提供する。
また各国のチョコボ厩舎を統括する上位組織の「VCS」は、辺境へのレンタルチョコボ派遣や、チョコボレースの運営取りまとめを行っている。
その他、冒険者へのマイチョコボ普及の一環として「チョコボの宝探し」といった無償イベントにも取り組んでいる様子。
正式名称は「世界チョコボ厩舎協会(Vana'diel Chocobo Society)」


詳細はこちら →世界チョコボ厩舎協会

FF12 Edit

ガーディが各地で運営している。
レンタルしているチョコボは場所によってぼったくりだったり激安だったりする。
乗らなければ行けない所には、はぐれチョコボが居るので使わなくてもいい。
他にコッカトリスを1ギルでレンタルさせてくれる。


地名ゾーン名必要金額
王都ラバナスタ東門
南門
西門
500
ナルビナ城塞市街地西郭門前800
ガリフの地ジャハラソゴト川のほとり30*1
神都ブルオミシェイス白砂の小路600
フォーン海岸ハンターズ・キャンプ1400
港町バーフォンハイム海風通り800

はぐれチョコボ(FF12) Edit

限られた地域ではあるが、フィールド上に『はぐれたチョコボ』というNPCが出現している地名がある。
彼らは、『ギサールの野菜』をあげれば乗せてくれるものや、何もあげなくても乗せてくれるチョコボがいる。
ここでは、その一覧を纏めてみた。

地名ゾーン名必要有無*2備考
大砂海ナム・エンサ砂魚たちのみぎわ
オズモーネ平原ひびわれ谷(南側)
日差し落ちる小道期間限定(エルトの里でヨーテと話してからレンテの涙を入手するまで)
負傷した帝国兵ポーションを渡せば、以後無料でチョコボを貸してくれる。
モスフォーラ山地灰白のひさし(特になし)
フォーン海岸ハカウイの岸辺
カイマの丘

FF14 Edit

チョコボの仮面とエプロンをつけた人々。新生エオルゼア範囲(リムサ・ロミンサ、グリダニア、ウルダハ、クルザス、モードゥナ)のみ存在し、他の拡張エリアはチョコボ屋を介さないor別物になっている。グランドカンパニー所属は関係ない。
都市ごとに種族がちがい、仮面はチョコボレーシングの景品で、エプロンはレベル50のクラフター装備の一つとして登場する。
オートで拠点間移動させてくれる「チョコボポーター」と、自分で一定時間操作できる「レンタルチョコボ」がある。


詳しくはこちら→レンタルチョコボ






*1 一定期間中のみ無料になる
*2 『ギサールの野菜』の必要有無について