音楽/【カオスの神殿】

Last-modified: 2019-01-11 (金) 01:44:27

FF1 Edit

カオスの神殿および海底神殿で流れるBGM。過去のほうは別の曲が使用されている。
今でも多数のサイトで自作MIDIが公開されている人気曲。

  • ダンジョンの曲でありながらメロディアスで神秘的な曲は、当時としては珍しかったのかもしれない。それに加えて、最初と最後のダンジョンが同一という意外性が重なったことで、カオス神殿の印象自体もまた強くなり、この曲の存在感をさらに大きく上げたのではないだろうか。

GBAとPSPのリメイクにより神曲となった。


リメイクによる音質の向上は良いが、全般的に似たようなイントロパートが追加され些か没個性化している。


チョコダン時忘れでも流れる。なかなか神だと思う。


そもそもFC・WSCとPS以降ではかなりBGMのアレンジの方向性が異なる。
比較的テンポが速く明るめな雰囲気を持つ「動」のFC・WSCに対し、神秘的な雰囲気を持つ「静」のPS以降というとわかりやすいかもしれない。

  • FC版では初めての敵地の緊張感、ドキドキ感を思わせつつ、後半部分ではスタッカートの効いた、何処か楽しげというか、ワールドマップの曲のようなワクワクを感じさせてくれる。
    一方でPS版以降は、穏やかでありながら、底知れない不気味さや恐怖を起こさせる落ち着いたアレンジとなっている。

FF15 Edit

レガリアのカーステレオで放送される曲として聞くことができる。

DDFF Edit

アレンジで登場。


原曲の静かな雰囲気とは正反対にものすごいロックになっている。まずイントロでビビる。
ていうか初めて聴いたとき誰がこの曲をカオス神殿だと思うか。
だが、これはこれで格好良いと個人的には強く思う。ザナルカンドにてがTBM化したときの衝撃に似ている。

  • サガシリーズのバトル曲かと思うほどの熱さと激しさである。
  • FF1の曲は大体何の曲かわからないぐらいにアレンジされてる。(いい意味で)

個人的にこれを聴くと、ドラムの感じとかで某世紀末スポーツアクションゲームが思い浮かべてしまう。
ガーランドを操作していれば尚更のこと。ジョイヤー。かっこいい曲だし好きなんだけどね。


FFモバイルの会員特典でもらえるコードで原曲がダウンロードできる。

DFFAC Edit

戦闘曲の1つとして登場。
上記のアレンジ版の他、アップデートにより原曲版も選択できるようになった。
どちらもプレイヤーズサイトのショップにて3600ギルで販売されている。

  • ガーランドの参戦PVにて上記のアレンジ版が使用されている。
  • ガーランドといえばこの曲、というスタッフの一存によりBGM販売前にもかかわらず採用された模様。
  • アップデート直前生放送の出だしで多用された。

TFF Edit

カオス神殿モード選択時と、コレカ閲覧のカオスのキャラビューワーでアレンジが流れる。


BMSとしても登場。リズポを10000以上まで貯めると強制的に開始するカオスとの戦いの舞台となる。
BMSとして登場するものの、プレーする事ができるのはこれっきりで単体で選曲する事はできない。

TFFCC Edit

今作の曲名は『カオスの神殿 -シアトリズムFFCC BMS Arrange- from FF』。


前作のように、リズポが20000以上になるとカオスとの戦いで熟練譜面、40000以上でデスペラードカオスとの戦いで再度熟練譜面でプレーする事になる。
前者をクリアする事でカオスが仲間になり、エンディング及びスタッフロールが流れ、後者をクリアする事でこの曲がBMSとして解禁され、自由にプレーができる。


なお、リズポを貯めた時の強制プレーでの記録(スコアや累計のCRITICAL)は一切残らないので気軽にプレーしよう。


曲自体は短めでトリガーの数も少なめ。熟練でも105に満たない。
解禁後はクエストメドレーでこの曲がラスボス戦が選ばれる事があるが、
熟練以下では、フルチェインしても肝心のラスボスを倒せないまま終わってしまう事が多々ある。