魔法/【ファウル】

Last-modified: 2020-02-26 (水) 07:49:13

英語で「Foul」。
野球のファウルと同じく、意味は「反則・禁じ手」辺りだと思われる。
魔法であることを踏まえると、意訳すれば「禁呪」だろうか。


FF14 Edit

黒魔道士のレベル70のジョブクエストをクリアすると覚える黒魔法
対象と周囲の敵に無属性大ダメージを与える。
パッチ4.0以降における強力な範囲技の調整に漏れず、2体目以降の敵に対しては威力が減衰する。
実装当初は2体目以降の対象へのダメージ10%ずつ減少し、最低で元の威力の50%まで減少していたが、
パッチ5.2にて2体目以降へのダメージ倍率は75%固定となった。

発動条件は「ポリグロット」が付与された時。ポリグロットはエノキアンを維持し続けると付与される。
火属性魔法ではないため、サンダー系と同じく属性の状態に関わらず常に最大の威力を発揮できる。
「30秒あたりに1発だけ撃てる最強の魔法」という位置づけとなっている。
また、レベル80になると最大2発までチャージ可能になり、ポリグロットの付与タイミングを合わせれば三連射まで可能になる。


PvPではとても威力があるせいか(フレアの倍ほど)、AFまたはUBが付いているとほかの魔法に差し変わってしまう。
また、PvPルール全体で範囲攻撃は弱めの調整となっており、威力の減衰が25%ずつ、かつ最低25%と非常に重くなっている。
こちらは「一発撃ち切りのトドメの魔法」という立ち位置。

DFFAC Edit

ヤ・シュトラの専用EXスキル呪術時・I)。リキャストタイムは50秒。
相手位置にブレイブを奪う空間を発生させる遠距離攻撃で、移動撃ちに対応している。
ブレイブマグネ系の技で、ヒットしても相手は仰け反らない。
溜め押しで射程を伸ばす事ができる。
ブレイブダメージは 250(10F間) + 40 * 29(※20F毎) = 1410。
攻撃時間は約10秒に達するので、フルヒットは望めない。


攻撃発生が遅いので、移動中の敵に刺すのは難しく、ガードや脱出もされやすい。

  • 要は固まっている敵を動かし分散させるための技。

Ver1.5712018/12/20※DFFNTは2019年1月下旬適用予定)
リフレッシュに伴う技再編で、呪術THM)の新技として実装された。