アビリティ/【オートヘイスト】 の変更点


戦闘開始時に[[ヘイスト>バトル/【ヘイスト】]]状態になり、効果は永続する。
----
ヘイストはスロウやストップを上書きするため、スロウやストップを防御できる。
ただし、効果が少し異なるFF13やFF13-2は除く。
----
関連項目:[[いつでもヘイスト>アビリティ/【いつでもヘイスト】]]
----
#contents

*&color(blue){FF8}; [#FF8]
キャラアビリティとして登場。
[[G.F.ケルベロス>幻獣/【ケルベロス】#FF8]]がAP250で修得可能な他、
G.F.能力アイテムの[[加速装置>アイテム/【加速装置】]]を使えば他のG.F.も修得できる。
----
力とすばやさをMAXにした[[スコール>キャラクター/【スコール・レオンハート】/FF8]]につけるアビリティの代表。
あとは[[ライオンハート>武器/【ライオンハート】#FF8]]装備[[メルトン>魔法/【メルトン】#FF8]][[オーラ>魔法/【オーラ】#FF8]][[連続剣>アビリティ/【連続剣】#FF8]]で敵を切り刻むとこりゃまた爽快。
[[オメガウエポン>モンスター/【オメガウェポン】#FF8]]に5連連続剣もかませます。
----
[[リノア>キャラクター/【リノア・ハーティリー】#FF8]]に装備させておくと、[[ヴァリー>アビリティ/【ヴァリー】#FF8]]使用後に次から次へと[[隕石を降らせてくれる>魔法/【メテオ】#FF8]]。


*&color(blue){FF10}; [#FF10]
防具用のオートアビリティとして登場。
訓練場を制覇する上では必須となるであろう。
改造は[[チョコボの羽>アイテム/【チョコボの羽】#FF10]]80個とやや面倒だが、手間よりもはるかに大きな恩恵をもたらしてくれる。
----
勝利ポーズの速度まで速いのである意味気味が悪い。
----
性質上、[[完全スロウ防御>アビリティ/【完全スロウ防御】]]の上位互換。
こちらはディレイに加え、完全スロウ防御やリボンでも防御不能のスロウ効果も無効化できる。
----
上記の様なモーションに関する見た目の好き嫌いはあるが、非常に強力なアビリティなので最強防具を作る際は筆頭候補のアビリティとなる。
しかしその防具を長く使って慣れてしまうと、いざ外した時にバトルのテンポが非常に悪く感じてしまう難点もあるのだが。
-一刻一秒のターンを争う強敵相手に、一々ヘイストをかける手間を省けるのは大きい。
戦闘不能からの復帰も容易になるなど、数あるオート○○系アビリティの中でも群を抜いた性能である。
----
-『オートヘイスト』または『[[ピンチにヘイスト>アビリティ/【ピンチにヘイスト】#FF10]]』のアビリティが付いた防具一覧
ティーダ:[[【ヘイストシールド】>防具/【ヘイストシールド】]]
ユウナ:[[【加速の指輪】>防具/【加速の指輪】]]
ワッカ:[[【スピードキング】>防具/【スピードキング】]]
ルールー:[[【ヘイストリング】>防具/【ヘイストリング】]]
キマリ:[[【加速の小手】>防具/【加速の小手】]]
アーロン:[[【加速の腕輪】>防具/【加速の腕輪】]]
リュック:[[【ヘイストアーマー】>防具/【ヘイストアーマー】]]

**&color(blue){FF10-2}; [#FF10-2]
オートアビリティ。戦闘中、常に[[ヘイスト>バトル/【ヘイスト】#FF10-2]]状態でいられるようになる。
アクセサリ「[[倍速の腕輪>アクセサリ/【倍速の腕輪】]]」を装備するか、リザルトプレート「[[勇者の騎行>アイテム/【勇者の騎行】]]」で全てのゲートを、
「[[比類なきもの>アイテム/【比類なきもの】]](ILM版のみ)」で青色のゲートを通ることでこの効果を得られる。


*&color(blue){FF13};[#FF13]
[[ダッシューズ>アクセサリ/【ダッシューズ】#FF13]]の装備アビリティ。
バトル開始直後、装備したキャラに状態異常【[[加速>バトル/【加速】#FF13]]】が発生する。
効果時間は60秒。

**&color(blue){FF13-2};[#FF13-2]
特性アビリティの一つ。
バトル開始から60秒間[[ヘイスト>魔法/【ヘイスト】#FF13-2]]状態になる。
バトル開始から60秒間[[ヘイスト>バトル/【加速】#FF13-2]]状態になる。
----
[[エルメスの靴 重式>アクセサリ/【エルメスの靴】#FF13-2]]に内蔵されている。
[[ピンチにヘイスト>アビリティ/【ピンチにヘイスト】#FF13-2]]も同時にあるので正にスキが少ない。
----
オートヘイストは非常に有用なアビリティ。
これの継承に役立つのが[[サハギンプリンス>モンスター/【サハギンプリンス】#FF13-2]]で、まず赤鍵じゃない。
次にレベル45で修得し、これは全モンスター中、2番目の低コストである。
1番の最低コストは、壺猫系の[[シュレディンガー>モンスター/【シュレディンガー】#FF13-2]]なのだが、仲間にするのが手間。
またサボテンダー系の[[サボテニョール>モンスター/【サボテニョール】#FF13-2]]もサハギンプリンスと同コストで覚えるのだが…
エンカウント率とクリスタル入手確率(5%)の問題で効率が悪い。
結果、サハギンプリンスがベストとなってしまうのである。