キャラクター/【レックス】 の変更点


 #Contents
 
 *&color(blue){FF12}; [#FF12]
 本編で最初にプレイヤーが操作する事になるキャラで、主人公[[ヴァン>キャラクター/【ヴァン】/FF12#FF12]]の兄。CVは[[田坂秀樹>スタッフ/【田坂秀樹】]]。
 国や弟を守りたいという一心で敗色濃厚なダルマスカの兵に志願するが
 ナルビナでの戦いの際に、[[バッシュ>キャラクター/【バッシュ・フォン・ローゼンバーグ】#FF12]]に成りすました[[ガブラス>キャラクター/【ガブラス】#FF12]]に剣で刺され重傷を負ってしまう。
 一命を取り留めるも[[国王>キャラクター/【ラミナス・バナルガン・ダルマスカ】#FF12]]殺害の一味として拷問を受け精神を害し、一年後失意のまま死亡する。享年18。
 //ちなみに弟より美形という意見が多い。
 -[[ジョヴィ>キャラクター/【新人ジョヴィ】]]のヒーロー。
 -チュートリアルではヴァンが身につけている首飾りが確認できる。
 ----
 声も存在感も役回りも一番主人公に近いよね。
 -むしろ忘れ去られる。
 -空賊の隠れ家での登場の仕方はあんまりだと思った。
 -空賊の隠れ家はレックス編でも数種類コンプリートする事が可能。
 『100000ギル以上入手する』,『たたかうを300回以上行う』,『魔法を200回以上使う』,
 『敵を500体以上倒す』,『バトルチェインを50回以上つなげる』がコンプリート出来る。
 下述にもあるような、『レックスの平均レベルが99以上』っていうのもあると良かったかも(無印版限定で)。
 -タクティクスオウガのデニムに近い印象だった。ヴァンはヴァイスに近いかな?
 ----
 冒頭のレックス編で[[戦闘のチュートリアル>バトル/【チュートリアルバトル】#FF12]]があるが、
 味方が多すぎて本当に自キャラが動いているのかよく分からない。
 12のシステム(自動で動く)のチュートリアルでこれはまずいんではなかろうか。
 -このチュートリアル中でトレジャーを取っても持ち越せず
 レックスがケアルを持っているので無視しても問題は無い。
 -通称「命懸けのチュートリアル」
 ちなみに理論上はこのチュートリアルでレベル99にする事ができる。
 [[あるきかた>書籍/【ファイナルファンタジーXIIのあるきかた】]]スタッフですら挫折するような超絶作業であるため、未だ実現した者はいないが。
 -プレイ時間を理論的に見積もると、ここまで来るのにどれくらい時間が必要なのだろうか。
 ----
 [[ガルバナの花>アイテム/【ガルバナの花】#FF12]]が好きだったらしいが、冒頭のイベントや病室のシーンぐらいしか出てこない。
 もう少し掘り下げればよかったのに。
 -まあも少し掘り下げたら良かった。
 以降のFF12RWにも[[ベイルージュ>乗り物/【ベイルージュ】#FF12]]とかで彼の影はあったりするけど。
 -(ヴァンがバッシュに「お前が兄さんを殺した!」的なことを連呼したからかもしれないが、)
 自分に至っては、レックスは偽バッシュに刺されてすぐ死に、ヴァンは病室シーンで彼の墓参りをしていたと勘違いしていた。
 --そもそも拷問を受けていたことを物語る描写はどの辺のイベント?
 ---[[国王>キャラクター/【ラミナス・バナルガン・ダルマスカ】#FF12]]暗殺団の一員として拷問同様の尋問を受けたと話すNPCがいます。
 [[首謀者>キャラクター/【バッシュ・フォン・ローゼンバーグ】#FF12]]が同時に逮捕されているのに妙なことだ。「首謀者の様子がどこか違った」と語らせないためだけに精神を壊したように思えた。
 -まぁ、ぶっちゃけ口封じの為に消されたんだろうな…。
 ----
 ちなみにIZJSで強くてニューゲームを開始すると、彼もレベル90でスタートする。
 -HPも4000を超えている。思わず「はぁ?」と言いたくなる。
 -バッシュ殺害も容易い。が、エリアを切り替えると復活してしまう。しかし仲間のダルマスカ兵は消滅する。
 ----
 レックス編にはセーブポイントが一箇所だけあるので、IZJSではトライアルに挑戦することもできる。ただし、どう頑張ってもステージ10まで行けない。仮に行けたとしてもベリアスで詰む。
 ----
 病室のシーンではレックスの姿が消えた後、ヴァンがレックスのものと思われる指輪を握るシーンが描かれるが、その後レックスの指輪について特に触れられることはない。没設定の残滓?
 -何かの記事で見たが、ヴァンが過去と決別する際この指輪を捨てるシーンがあったらしい。
 結局のところ過去と決別したわけではなく、受け入れたという形なので無くなったのだろう。
 ----
 ヴァンがレックスを見舞うシーンがタクティクスオウガの拷問で廃人となった聖騎士ランスロットに面会するシーンにかなり似ている。
 ----
 習得している[[サンダー>魔法/【サンダー】#FF12]]が強烈。
 これと[[ケアル>魔法/【ケアル】#FF12]]も習得しているが、ヴァンに受け継いで欲しかった([[ライセンス>システム/【ライセンス】#FF12]]面倒だから)。
 インターナショナルでは、単体対象だったのが範囲系魔法に進化した。素晴らしい。
 また、[[レモラ>乗り物/【CB56レモラ戦闘機】]]戦では、サンダーを使う事でレックスだけは無傷で攻撃に参加する事が出来る。
 (なんか、満身創痍的な味方には申し訳ない気持ちがあるが)
 ----
 ヴァンの[[ミスリルソード>武器/【ミスリルソード】#FF12]]はレックスの形見である可能性が高い。
 //((要出典))
 //↑ミスリルソードのFF12の項目参照
 -『軍刀』なので間違いないかと。
 ----
 初見でレックスが主人公だと思ったのは絶対自分だけじゃないだろうなあ。ドラクエで言えば勇者のようなものだと思うし、ヴァンよりも主人公然として見えた。能力的にも。というのも上記の通り物理攻撃だけでなくサンダーにケアルも習得していることから物理も魔法も強い万能な魔法戦士のスタイルだったかもしれない。もし正式メンバーならミストナックとかはどんなのだったのだろう。
 俺的には彼と最後まで一緒に冒険したかった。そしてヴァンと一緒にパーティーを組ませたかった。
 -(自分の場合)ゲーム雑誌にヴァンが大々的に紹介され、レックス本人も戦場で弟の話をするという死亡フラグを立てていたから、薄々だがそんな覚悟はできてた...
 まあその深読みのせいで、偽バッシュに刺された後も1年くらいは生きていたことに気づけなかったのかもしれない。
 ----
 メインキャラ(に見せかけたキャラ)が2人ともあっさり退場し、仲間に裏切られるというFFでも屈指の衝撃的なオープニング。
 従来のFFからの脱却を図ったスタッフの意気込みが伺える…かと思われたが、本編は極めてオーソドックスなストーリーで意表を突く展開は結局このシークエンスだけだった。
 
 
 *&color(blue){FFTA}; [#FFTA]
 FFTAにも[[ヒュム族>設定/【ヒュム族】#FFTA]]の[[汎用キャラ>設定/【汎用キャラ】#FFTA]]の名前としてちゃっかり登場している。
 FFTAのイヴァリースは主人公達がプレイしたFF12の世界がベースとなっているため、
 なかなか感慨深いものがある。
 //-他作品の記述だったので節を分割-//
 
 
 *&color(blue){DDFF}; [#DDFF]
 [[ヴァン>キャラクター/【ヴァン】/DFF#DDFF]]の専用武器として「[[レックスの剣>武器/【レックスの剣】]]」が登場する。
 
 
 *&color(blue){FFRK}; [#FFRK]
 FF12出身のキャラクターとして登場。ジョブは「ダルマスカ義勇兵」。
 ----
 初期必殺技は「[[ケアル【XII】>魔法/【ケアル】#FFRK]]」。
 [[ダイヤシールド【XII】>防具/【ダイヤシールド】#FFRK]]を装備することで超必殺技「[[ソードコンボ>特技/【ソードコンボ】#FFRK]]」
 [[ダルマスカ軍刀【XII】>武器/【ダルマスカ軍刀】#FFRK]]を装備することでバースト超必殺技「[[ホワイトフォール>特技/【ホワイトフォール】#FFRK]]」
 [[ミスリルスピア【XII】>武器/【ミスリルスピア】#FFRK]]を装備することで閃技「[[ブレイブマインド>特技/【ブレイブマインド】#FFRK]]」
 [[バスタードソード【XII】>武器/【バスタードソード】#FFRK]]を装備することで超絶必殺技「[[救国の勇志>特技/【救国の勇志】#FFRK]]」
 [[病床の衣【XII】>防具/【病床の衣】#FFRK]]を装備することで超絶必殺技「[[サンダーソードラッシュ>特技/【サンダーソードラッシュ】#FFRK]]」
 [[レックスモデル【XII】>防具/【レックスモデル】#FFRK]]を装備することで覚醒奥義「[[ダルマスカスパイラル>特技/【ダルマスカスパイラル】#FFRK]]」
 を使用できる。
 また、[[ボーンメイル【XII】>防具/【ボーンメイル】#FFRK]]にレジェンドマテリア「若き義勇兵」がついている。