ジョブ/【機工士】 の変更点


 初出はFFT。銃を扱うジョブ。
 ----
 #contents
 
 *&color(blue){FF12}; [#FF12]
 インターでプレイヤーが使えるようになったが
 設定上ではNPCにコレがいる。
 
 **&color(blue){FF12IZJS}; [#FF12IZJS]
 FF12インターナショナルゾディアックジョブシステムで選択できるジョブの1つ。[[双子宮>幻獣/【死の天使ザルエラ】#FF12]]を冠する。
 [[銃>武器/【銃】#FF12]]は比較的安定したダメージを与えられるものの、
 終盤は他の強力な武器に威力を譲るため、補助に回されがちになる。
 特定の召喚ライセンスが必要であるが[[ヘイスガ>魔法/【ヘイスガ】#FF12]]を含む[[時空魔法>魔法/【時空魔法】#FF12]]を使用することも可能。
 また、今作ではオリジナル版の[[フォーマルハウト>武器/【フォーマルハウト】#FF12]]を越える銃「[[アルデバランY>武器/【アルデバランY】#FF12IZJS]]」が追加された。
 -[[ファムフリート>幻獣/【暗黒の雲ファムフリート】#FF12IZJS]]は絶対機工士に。6種類の範囲時空魔法を覚える。ただし[[レビテガ>魔法/【レビテガ】#FF12]]は覚えないので時空魔戦士のように探索中のトラップ回避はできない。
 --ファムフリートを取り合う[[モンク>ジョブ/【モンク】#FF12IZJS]]([[アレイズ>魔法/【アレイズ】#FF12]]・[[エスナガ>魔法/【エスナガ】#FF12]])、役割が丸被りになる[[時空魔戦士>ジョブ/【時空魔戦士】]]とは同じPTに入れてはいけない。
 ----
 最も似合いそうな[[バルフレア>キャラクター/【バルフレア】/FF12]]は銃装備での攻撃後硬直が他キャラより長い。
 //-「お気に入りキャラだから、少しくらい気にしない」と考えていると、進めるほどに「イイ加減にしろよ、この野郎!」とブチギレる可能性がある遅さ。銃自体のCTが長めな事もあって強敵との戦いほど気に障る。[[パンネロ>キャラクター/【パンネロ】#FF12]]も同じ仕様なため向いていない。
 //0.17秒の差を表すにはそぐわないコメントなので非表示
 -残念ながら、バルフレアではなく[[主人公>キャラクター/【ヴァン】/FF12]]が、このジョブに適している。
 または、[[アーシェ>キャラクター/【アーシェ・バナルガン・ダルマスカ】#FF12]]がオススメ。
 --ちなみにヴァン達のCTに比べるとバルフレアは5F(約0.17秒)ほど長い
 一見大した差は無いがメインウェポンを銃にするならバルフレア(パンネロ)はやや非推奨。
 -イメージで銃装備させたいけど性能も欲しい人は、シカリも銃装備可能なのでそちらをおすすめ。
 両手銃とは違いダガーと忍刀の相性は最良です。
 ----
 アイテム使用は得意なほう。最終的には[[時空魔戦士>ジョブ/【時空魔戦士】]]と[[弓使い>ジョブ/【弓使い】#FF12IZJS]]の半々くらいのポジション。結構地味。
 機工士が最高に輝くのは[[弱くてニューゲーム>システム/【弱くてニューゲーム】]]だろう。
 ----
 時空魔法に加え、[[エクスデス>幻獣/【審判の霊樹エクスデス】#FF12IZJS]]経由で[[デコイ>魔法/【デコイ】#FF12]]と[[オイル>魔法/【オイル】#FF12]]も扱う事ができる。HPの高い[[軽装備>防具/【軽装備】]]キャラでこれらの補助魔法が使えるのは便利。
 //[[リバース>魔法/【リバース】#FF12]]役を魔道士と分担させることで、囮戦法が安定する。
 //↑リバースは覚えられないのでは?
 オイルと[[ナパームショット>武器/【ナパームショット】#FF12]]のコンボを自分ひとりでできる。
 魔力が高くないためデコイ役としての信用度はいまいちだが、[[計算尺>武器/【計算尺】]]を装備して自分にかけると[[盾>防具/【盾】#FF12]]役になれる。無印版と違い盾が装備できないのが残念。
 -[[ジャンダルム>防具/【ジャンダルム】#FF12]]なら装備可能。もっとも、ジャンダルムの回避率があれば計算尺でなくても全て回避できてしまうので優位性も無いのだが。
 ----
 銃は[[チャージタイム>バトル/【チャージタイム】#FF12]]が長く、[[銃耐性>アビリティ/【銃・計算尺耐性】#FF12IZJS]]持ちの敵にダメージが通らない欠点があるが、レベルやステータスに全く依存せず、防御・回避無視で、銃の攻撃力のみでダメージ計算される。弱くてニューゲームではレベル1でも安定したダメージを与えられるため、機工士の重要度が非常に高い。
 ダメージは、[[アルデバランY>武器/【アルデバランY】#FF12IZJS]]+[[ブレイブスーツ>防具/【ブレイブスーツ】#FF12]]で6000~8000程度。
 -普通モードでは、最終的に他メンバーに武器のダメージ・攻撃速度共に見劣りする。防御回避無視や属性弾を使いこなして差別化しよう。
 弓使いと同様、オイルとナパームショットの組み合わせが強力。どちらも割と序盤から入手でき、強力な銃が手に入れば終盤の敵も数発で吹き飛ばせるほどの威力を発揮する。
 -HP満タンor瀕死○○アップ系の[[オプション>アビリティ/【オプション】]]が一切無い。そのため銃装備の本職でありながら下位の[[フォーマルハウト>武器/【フォーマルハウト】#FF12]]を装備した[[シカリ>ジョブ/【シカリ】#FF12IZJS]]のオプション付き攻撃に負ける。また[[透明武具>その他/【透明武具】#FF12IZJS]]の使いこなしにも難があるためやりこみプレイには向かない。
 --機工士にもHP満タンor瀕死○○アップ系もアクセサリで付与可能
 さらに言えば[[専用最強銃>武器/【アルデバランY】#FF12IZJS]]だけCR率が従来の5%から2倍の10%に引き上げられてるので、
 さすがに機工士の両手銃がシカリに負けるということは無い…。
 
 **&color(blue){FF12TZA}; [#FF12TZA]
 盾装備可能なジョブと組み合わせる事で、計算尺+盾の編成が可能に
 無印における計算尺装備での、盾役の動きに近い事が出来るようになった。
 さらに編成によってはHP満タン/瀕死攻撃力UPや闇属性強化を付与出来るようになり
 (主に弱くてニューゲームにおいて)機工士の攻撃面も強化された。
 -但しHP満タン/瀕死攻撃力UPと闇属性強化は[[アクセ>アクセサリ/【ブレイサー】#FF12]][[サリ>アクセサリ/【鋼のゴルゲット】]]を使わないと両立できない。
 2ジョブ制になっても尚まだ欲しいものがあるという稀有な存在。
 ----
 モンクと組ませればファムフリート修得の際にアレイズやヘイスガ等の高位魔法を一気に取る事が出来る。
 PT内でジョブを重複させない場合、どちらの職に召喚獣を回すか悩むのなら考慮に入れても良い編成。
 ちなみに機工士もモンクも軽装備しか出来ない為、注意。
 ----
 通常のセーブデータだと一見地味なジョブだが
 弱くてニューゲームや低レベルによる進行だとトップクラスに輝くジョブ。
 故に後者では両手銃の威力を上げるHP満タン攻撃力UP持ちのジョブと組ませるのがお勧め。
 -弱ニューにおけるヤズマット戦を少しでも楽にする為に闇属性を強化出来る魔導士との編成もアリだが
 HP満タン攻撃力UPが覚えられないのが難点(ブレイサーで擬似的にセットは出来るが)
 しかしシカリは召喚獣経由で銃装備を習得+HP満タン攻撃力UPを習得しながらも魔装備可能なので
 最初から銃を持てる機工士は本編を少しでも楽する為にHP満タン攻撃力UP持ちと組ませ
 終盤に銃を持てるようになるシカリは完全にヤズマット特化にしてしまってもいいかもしれない。
 *&color(blue){FF14}; [#FF14]
 |>|>|>|~機工士/MCN|h
 |~メイン武器|[[銃>武器/【銃】#FF14]]|~[[リミットブレイクLv3>アビリティ/【リミット】#FF14]]|[[サテライトキャノン>特技/【サテライトビーム】#FF14]]|
 |~ロール|遠隔物理DPS|~ベースクラス|なし|
 
  ドラゴン族との果てなき戦いを繰り広げる皇都「イシュガルド」。
  剣と槍とを掲げる騎士の国として知られているが、強力なドラゴン族に対抗するため
  近年では対竜バリスタやカノン砲の開発にも余念がない。
  そんな中、帝国人機工師シド・ガーロンドが亡命したことで、エオルゼアに魔導技術が流入。
  皇都の「スカイスチール機工房」では、魔導技術を独自に発展させた兵器が開発され
  新たな機工猟兵「機工士」が産まれつつあった。
 東京で行われたファンフェスティバル2014にて発表された新しいジョブ。パッチ3.0で実装。
 同時に追加されたジョブである暗黒騎士や占星術士と共にFFTに縁の深いものとなっている。
 ----
 メイン武器は銃であるがタレットと呼ばれる自立兵器との併用が重要なジョブ。敵の数によってモードを使い分け、一時的に性能をブーストさせ敵を弱体化させたり、果てには自爆で大ダメージを与えたりと多彩な戦術が可能。
 ----
 なお「機工士」と「機工師」は別の役職であり、プレイヤーが就くジョブは「機工士」で技術者はすべて「機工師」となっている。
 なのでシドやネロといったNPC達は「機工師」にあたる。
 ----
 3.0実装時はレベル50までは普通に銃を使って攻撃する。しかしコンボが確率(Proc)だったためやり辛いと感じるプレイヤーもいた模様。
 -52から火力が上がるガウスバレルというスキルが登場するが、代わりにキャスティングが発生するようになる。
 そのためキャスターと同じ動きになっていた。
 -パッチ4.0でキャスティングは廃止され、代わりにヒートゲージと呼ばれるシステムが実装。スキルを使用すると上昇し、100になると一定時間威力が上がる代わりにガウスバレルが解除、発動させられなくなる。
 -パッチ5.0ではコンボが確実に発動するようになったほか、「機工士はガンナーではない」という結論に至ったらしく、[[エドガー>キャラクター/【エドガー・ロニ・フィガロ】]]の[[きかい>アビリティ/【きかい】#FF6]]のように、オートボウガンやドリル、エアアンカーなどを使用して戦えるようになる。
 --またヒートゲージのほかにバッテリーという要素が追加。オートタレットやオートマトンを呼び出すのにつかわれるらしい。
 --また80でオートマトン・クイーンと呼ばれるスキルを使用して一定時間ロボットを出現させて戦わせることができるようになる。
 --オートボウガン、ドリル、バイオブラスト、エアアンカーそれぞれ4種の機構を搭載したランチャー型の兵器を使用するようになった。とても浪漫に溢れている。
 
 ----
 詳細はこちら→[[機工士>http://ff14wiki.info/4434.html]]
 *&color(blue){FFT}; [#FFT]
 [[ムスタディオ>キャラクター/【ムスタディオ・ブナンザ】#FFT]]と[[バルク>キャラクター/【バルク・フェンゾル】]]の固有ジョブ。
 銃を装備でき、「[[狙撃>アビリティ/【狙撃】#FFT]]」なるジョブコマンドを使って遠距離から相手を無力化でき、
 特にモンスター相手に活躍してくれる。
 因みに両者ともジョブコマンド自体に違いはないものの、
 バルクの方は銃だけでなく、[[ナイフ>武器/【短剣】#FFT]]や[[自動弓>武器/【自動弓】#FFT]]も装備可能だったりする。
 ジョブの特性として、[[Speed>バトル/【Speed】#FFT]]の補正がかなり良い。
 一方で成長は然程良くはないので、他のジョブで底上げしてあげると良い。
 -狙撃のコマンド自体は銃でなくても使用可能で、射程は装備武器依存である。
 もっとも、アビリティの性質上長射程武器が適していることは確かだが。
 --その都合でムスタディオは機工士が終わったら
 同じ長射程の武器をもつ[[アイテム士>ジョブ/【アイテム士】#FFT]]や弓使いなんかにされやすい。
 -スピードの補正値が高いのは[[盗む>アビリティ/【ぬすむ】#FFT]]など器用さが必要そうなアビリティの成功率に
 スピードが関係しているからだろう。
 -狙撃アビリティの成功率は50%+Speedになっているためと思われる。
 -バルク版機工士はメリットアビリティとして密かに防御力UP・魔法防御力UP・まじゅう語が付いている。
 ----
 PSP版の[[空賊>ジョブ/【空賊】#FFTPSP]]の登場でお株を全て奪い取られてしまった。
 なんだって、あんなバランス崩壊な性能にしたかな…
 -そのせいでいくらムスタファンであろうと、バルフレアを使用する輩がいる。
 -バルフレアが登場してお役ゴメンのムスタ…カワイソス。
 -バルとムスタは棲み分けさせればいいと思うよ。
 バルは[[騎士剣>武器/【騎士剣】#FFT]]装備で[[乱れ撃ち>特技/【乱れ撃ち】#FFTPSP]]アタック要員、ムスタは銃で長射程サポートって感じで。
 尤も、選択肢の幅がバルの方が広いのは確かだが…
 -いくつかのイベントに必要不可欠。なんかもうDQ6のテリー的な扱いである。
 [[除名>システム/【除名】#FFT]]だけはされないので[[マラーク>キャラクター/【マラーク・ガルテナーハ】#FFT]]よりはマシなのかもしれないが。
 -どうせならこっちにも乱れ撃ちを追加してほしかった。
 序盤に入手可能な銃の性能はお世辞にも良くないし、他の武器で使ってもダメージは二刀流付けたキャラと大差ないからゲームバランスが崩れる事も無かっただろうし…。
 -比較的早い時期に仲間になるので、ムスタディオをすでに育成終了していればバルフレアに席を奪われることもない。
 --とはいえ、空賊の方が、攻・守・使いやすさいずれにおいても機工士を完封しているため、バルフレアが成長すると同時に、ムスタは降板させられやすい。
 ---まぁ狙撃だけでもサポート役としてはそれなりに役に立つので、よほどやり込まない限り、少なくともエンディングまではムスタディオが戦力外になることはないだろう。
 また星座相性によっては味方への回復や補助でムスタディオの方が使いやすいというケースも有り得る。
 逆にそちらの役割でもバルフレアが優る場合もあるが……その場合は御愁傷様としか。
 ----
 ちなみに親父の[[ベスロディオ>キャラクター/【ベスロディオ・ブナンザ】]]は「機工師」である。ちょっと違うらしい。
 -魔術師と魔術士みたいなもんか。
 -職人的な技術者集団だけに、親方と弟子といった感じだろう。
 ----
 ローブが装備できるので、終盤は[[黒のローブ>防具/【黒のローブ】#FFT]]で[[魔法銃>武器/【魔法銃】]]を[[属性強化>バトル/【属性強化】#FFT]]するのも良い。
 
 *&color(blue){FFTA}; [#FFTA]
 設定上のみ存在。[[銃>武器/【銃】#FFTA]]や[[飛空艇>設定/【飛空艇】#FFTA]]を扱う技術者。
 メインキャラクターだと[[ノノ>キャラクター/【ノノ】#FFTA]]が機工士見習いとなっている。
 
 
 *&color(blue){PFF}; [#PFF]
 デザインはFF14?と思われる。頭にゴーグルをしている。
 [[狩人I>ジョブ/【狩人】#PFF]]→[[砲撃士II>ジョブ/【砲撃士】#PFF]]から派生するジョブ。
 武器は[[銃>武器/【銃】#PFF]]。初期装備は[[クイックシルバー>武器/【クイックシルバー】#PFF]]。
 グレードIIIでジョブアビリティ「[[狙撃>アビリティ/【狙撃】#PFF]]」を覚える。
 HPと幸運が高めで、飛行特攻が突けられる。
 
 
 *&color(blue){FFRK}; [#FFRK]
 [[ムスタディオ>キャラクター/【ムスタディオ・ブナンザ】#FFRK]]のジョブが「機工''士''」。
 [[シド(XIV)>キャラクター/【シド・ナン・ガーロンド】#FFRK]]のジョブが「機工''師''」。
 ----
 また、アビリティの種別の1つとして機工士アビリティが登場している。
 機械や銃を使用する内容のため、セットできるのも歴代作品の機械に関係するキャラや銃使いのキャラが中心となっている。
 『機工士アビリティ』一覧は[[こちら>データ/アビリティ一覧/FFRK#MCH]]
 
 
 *&color(blue){FFEX}; [#FFEX]
 CPを累計150000以上入手すると解放されるジョブ。
 銃、重火器、格闘が装備でき、アビリティは銃技と重火器技が得意。ユニークアビリティは[[ドライブ>アビリティ/【ドライブ】#FFEX]]、ジョブ特性は[[天衣無縫>アビリティ/【天衣無縫】#FFEX]]。
 マスターすれば[[二刀流>アビリティ/【二刀流】#FFEX]]に加え、槍も装備可能になる。
 主な役割は遠距離型の[[アタッカー>バトル/【アタッカー】#FFEX]]。
 ----
 力が高めなことを除くとどの能力も平均的なアタッカー。銃技はどれも独特の効果を持ちカスタムしがいがある。矢と違って距離で威力が減らないのもありがたい。
 [[十字砲火>特技/【十字砲火】#FFEX]]、[[カモフラージュ>特技/【カモフラージュ】#FFEX]]で簡単にヘイトコントロールができる。遠距離方のアタッカーの中ではかなり使いやすい。
 欠点は銃自体に隙が大きいこと。隙を考えて立ち回りたい。
 [[ドライブ>アビリティ/【ドライブ】#FFEX]]、[[天衣無縫>アビリティ/【天衣無縫】#FFEX]]、[[ブレイクサイト>特技/【ブレイクサイト】#FFEX]]、[[ブレイカ―>特技/【ブレイカ―】#FFEX]]などのおかげで爆発力があるのも特徴。
 -[[錬金術士>ジョブ/【錬金術士】#FFEX]]とはほぼ相互互換。こちらのほうが攻撃的。
 ----
 重火器技の唯一得意なジョブ。だがその使い勝手は…
 
 
 ----
 コストが210と非常に豊富で格闘、槍でも本職に劣らぬ程にカスタムが可能。天衣無縫とドライブに魅力を感じるならこちらで運用するのも良いだろう。
 *&color(blue){FFBE}; [#FFBE]
 [[ムスタディオ>キャラクター/【ムスタディオ・ブナンザ】#FFBE]]のJOB。