ジョブ/【歌姫】 の変更点

*&color(Blue){FF10-2}; [#FF10-2]
冒頭で手に入る[[ドレスフィア(ジョブ)>システム/【ドレスフィア】]]の一つ。
名前の通り「[[うた>アビリティ/【うた】]]」だけでなく、「[[ダンス>アビリティ/【ダンス】#FF10-2]]」で後方支援する。
ダンスによる能力アップやステータス異常は踊っている間ずっと効果が継続するので、
戦闘に時間はかかるものの戦闘は大幅に楽になる。
ただし、歌姫自身に攻撃能力はない。
ちなみに、イベントでしか覚えられないアビリティが2つある。
----
ファイナルファンタジータクティクスの「吟遊詩人」と「踊り子」をひとつに組み合わせたようなジョブ。
----
とりあえず[[マタドールの歌>特技/【マタドールの歌】]]は早めに習得することをオススメする。
相手にもよるがこれがあるのとないのではボス戦でかなり差がでてくる。
----
ゲーム冒頭で[[ユウナ>キャラクター/【ユウナ】#FF10-2]]がこのドレスに着替えるという、ドレスアップのチュートリアルのようなイベントがある。
また、ユウナの歌姫は[[レン>キャラクター/【レン】#FF10-2]]の格好まんま。
ラスボス戦前、ユウナが歌姫になって[[シューイン>キャラクター/【シューイン】#FF10-2]]を%%騙そうとする%%諭そうとするイベントがあるなど、
他のドレスフィアと比べてイベントに絡むシーンが多い。
----
ユウナの歌姫は野村氏デザイン。
一方ユーロビート系のイメージのリュック、メタルロックののパイン…と当初発注されのたがパインは明らかに宝塚になってしまったという製作の経歴がある。
ザナルカンド時代のドレスという設定のため現代スピラのアジアンテイストは排されている。
歌姫退場シーンは某元アイドル引退コンサートのパロディだったりする(FF10-2IMLアルティマニア参照)。
3人とも裾がヒラヒラしたステージ衣装。
----
実は呪われており、ユウナが装備時、レンとオーバーソウルして
いろいろな現象が発生した。
----
>ただし、歌姫自身に攻撃能力はない。
バーサクかけたらマイクで殴るよ
-「ぶんどる」でも攻撃できたはず。
-マイクを鈍器にするなど、歌手のすることではない!(爆)
----
白魔導士などと同様、デフォルトに「たたかう」コマンドが存在せず
ドレスのアビリティを戦闘中に連発する仕様のため、AP入手が多くマスターまでの道のりは早い。
ただし、上記のように特定のイベントアイテムがないと覚えられないアビリティが2つ存在する。
----
DFFACのユウナの3rdコスに採用された
もちろんマイクを持ったりモーションや性能が変わったりするわけではないが
元々レンはザナルカンドの召喚士だったこともあり杖を持ってガンナー姿で戦うより違和感のない仕様となっている。
----
歌姫にドレスアップする際の台詞は以下の通り。
&color(#C80064){「体が勝手に動くんだよなぁ」};
&color(#C80064){「楽しまないと損かなー?」};
&color(#C80064){「照れてる場合じゃないよね。うん!」};
&color(#C80064){「ユウナ、歌って踊ります!」};
&color(#966400){「あたしにマイク持たせたら、絶対放さないよー!」};
&color(#966400){「嫌でも聞いてもらうからね!」};
&color(#966400){「まあ、見ててちょーだいなっ!」};
&color(#966400){「よーこそ!あたしのライブへ!」};
&color(#0000AF){「歌って踊るだけで…いいのか?」};
&color(#0000AF){「こういう勝負もありってことさ」};
&color(#0000AF){「絶頂まで連れてってやるよ」};
&color(#0000AF){「ヌルいヤツは置いていく。気合い入れてかかってきな!」};
-ぜひ絶頂まで連れて行ってくださいパインさん!