ミニゲーム/【コンドルフォート】 の変更点


 *&color(blue){FF7}; [#FF7]
 同名の地名、[[コンドルフォート>地名・地形/【コンドルフォート】#FF7]]で遊ぶ(戦わせる)事が出来るFF7のミニゲーム。
 兵を配置し、下から攻めあがってくる神羅の兵隊を迎撃・殲滅するのが目標。
 上まで攻め込まれるとパーティがボスと戦うことになる。
 最後のヒュージマテリア防衛戦以外は負けてもストーリーに直接影響は無いが、攻め込まれると戦利品が実質[[バジリスクの爪>アイテム/【バジリスクの爪】#FF7]]になってしまう。
 
 
 ----
 ストーリーの進行とともにミニゲームのレベルが上がり、合計7つのレベルがある。
 レベル7はヒュージマテリア防衛戦であり、特定の時期になると強制的に発生する。
 レベル1~6で勝利時に手に入るアイテムの中には、[[スーパーボール>武器/【スーパーボール】#FF7]]などもあるため、結構手間だが、折を見て様子を見に行くと良い。
 レベル7が終わると二度と発生しなくなってしまう。
 -スーパーボールは後々店売りされる武器なので無理に取る必要は薄い。とはいえここで入手できると中々強力なので挑戦するかはお好みで判断するといい。
 
 レベル7で敗北するとヒュージマテリアを奪われた上、[[フェニックスのマテリア>幻獣/【フェニックス】#FF7]]の入手も困難になる。
 とはいえ、[[CMD.グランドホーン>モンスター/【CMD.グランドホーン】]]戦で全滅しないと敗北扱いにならない上、
 ヒュージマテリア防衛戦では敵を完封するよりも敵を小屋に攻め込ませて主人公達で倒し、
 [[インペリアルガード>防具/【インペリアルガード】#FF7]]を手にいれる方が貰えるアイテムが増える。
 小屋に攻め込まれようが撃退さえすれば住民達の反応も変わらないので、
 知ってるプレイヤーは防衛戦では敵をわざと招き入れたりする。
 ----
 [[ヒュージマテリア>設定/【ヒュージマテリア】#FF7]]防衛戦のCMDグランドホーンのみ、恐らく100%の確率で[[インペリアルガード>防具/【インペリアルガード】#FF7]]を落とす。
 [[解体真書>書籍/【解体真書】]]やINT版に付いてくるパーフェクトデータディスクでは、他のLVのCMDグランドホーンもインペリアルガードを落とすとあるが、これは高確率でガセである。
 ヒュージマテリア防衛戦以外ではINT版でも落とさない。
 ----
 コンドルフォートでしか手に入らない個数限定のアイテムは、ヒュージマテリア防衛戦のインペリアルガードとフェニックスのマテリアとヒュージマテリアの3つのみ。
 防衛戦以外で手に入るアイテムはあれば便利という程度なので、ミニゲームに[[興味が無かったり>セリフ/【興味ないね】]]、面倒臭ければ無視してしまっても構わない。
  
 正攻法でいくと結構な兵数が必要で費用がかさみ、そのくせ意外とあっけなく負けてしまうこともある。
 案外骨のあるミニゲームになっている。
 -逆に金に糸目さえつけなければ基本的に物量で押し勝つ事が可能だったりする。
 所詮[[世の中お金>セリフ/【っていうか、世の中、金だろ】]]なのかも知れない。
 -必ずやらないといけないのはヒュージマテリア防衛戦の一回のみ。
 しかもその1回は上記の通りわざと攻め込ませてインペリアルガードをいただくのがお得。
 それ以外の時点でやっても、戦利品は大したものはないし、それによってストーリーに影響があったりもしない。
 ストーリーをちょっと進めるごとにコンドルフォートにいちいち戻る手間と、かかるお金を考えると、真面目にやる意義は微妙である。
 もし防衛線以外で勝利するごとに戦利品がレベルアップし、できる機会全部で勝利すればレアな武器やマテリアが手に入る、
 とかだったらやるプレイヤーが一気に増えたと思うのだが。
 ----
 基本的に使うのはアタッカー、ディフェンダー、シューターの3ユニット。
 岩落機や投石機系も使えるには使える。
 リペアラーとワーカーは本体の性能が低く、使いこなすにはコツがいる。
 -敵ユニットはコマンダー(鈍足ボス)、バーバリアン(間接攻撃)、ビースト(鈍足高火力)、ワイバーン(速攻)の4種類。
 味方ユニットの特徴は以下の通り。
 --ファイター(400G)…標準的。得意なユニットも苦手なユニットも居ない。
 --アタッカー(420G)…移動は速いが火力は低め。ビーストが得意でバーバリアンが苦手。
 --ディフェンダー(440G)…火力と体力は高めだが移動が遅い。バーバリアンが得意でワイバーンが苦手。
 --シューター(520G)…間接攻撃が可能だが、体力・火力共に低い。ワイバーンが得意でビーストが苦手。
 --リペアラー(480G)…味方の体力回復が可能。自身の体力は低く攻撃も苦手。
 --ワーカー(400G)…地雷を設置可能。地雷の威力は高いが本人の攻撃力は低い。
 -設置系ユニットは移動不可な上に脆い。目前にディフェンダー等の防衛戦力を置いておくと良い。
 --岩落機(480G)…射程内の敵全てにダメージを与える。
 --三連岩落機(1000G)…岩落機よりもコストが高い分、威力と射程も上。序盤の内は使用不可(Gから解禁)。
 --投石機(480G)…岩落機よりも遠くの敵を攻撃できる。ただし放物線軌道を描くため、接近されると無力。
 --爆弾投石機(600G)…投石機よりも高威力かつ攻撃範囲も広い。ただし投石機と同じく接近されると無力。序盤では使用不可(Dから解禁)。
 
  
 アタッカーとワイバーン、ディフェンダーとビースト、シューターとバーバリアンがそれぞれ対の性能になっている。
 またアタッカー>ビースト>シューター>ワイバーン>ディフェンダー>バーバリアン>アタッカー……という力関係になっている。
 速攻型は重量型に強く、重量型は射撃型に強く、射撃型は速攻型に強いという三すくみである。
 ----
 画面上の敵ユニットを全滅させれば勝利となるので、最速のアタッカー1体で下降していき、敵の発生源に十分近づいてからユニットを集中配置すれば短時間で勝利できる。
 -非常に財布に優しい戦術でもある。3000ギルもあれば最終戦でも余裕。しかし攻略性皆無であっけない。
 -配置可能エリアの一番下にユニットを配置すると配置可能エリアが広がるので、配置可能エリアの一番下に一体ずつリレーするように配置していくとそのうち全体にユニットを配置できるようになる。
 これを利用して速攻で敵を全滅させるのがおそらく一番早い攻略法。
 ----
 作りこまれたミニゲームの中では、唯一[[ゴールドソーサー>地名・地形/【ゴールドソーサー】#FF7]]でプレイできない。
 所持金を消耗したり攻め込まれるとバトルが始まる仕様がまずかったのだろうか……。
 -ゲーム中では、費用がかさんだり、わざと失敗したほうが得だったりするので、
 ミニゲームだけをじっくりと楽しみたかったプレイヤーも多かったはず。少し勿体無いゲームである。
 ----
 ゲームのジャンルとしては、RTS(リアル・タイム・ストラテジー)ゲームと呼ばれる。
 後の[[聖剣伝説 HEROES of MANA>http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%81%96%E5%89%A3%E4%BC%9D%E8%AA%AC_HEROES_of_MANA]]などは、このコンドルフォートの経験を活かして作られたのだろうか。
 -タワーディフェンスではないのか…
 -タワーディフェンスではないのか…。
 --タワーディフェンスはリアルタイムストラテジーの一種なので間違いではない。
 ----
 英語版では撃退時にもらえるアイテム表示(同じ軍隊が上ってくる2回目以降?)にいくつかバグがある(Windowsダウンロード版)。
 [[英語版>その他/【海外版】#FF7]]では撃退時にもらえるアイテム表示(同じ軍隊が上ってくる2回目以降?)にいくつかバグがある(Windowsダウンロード版)。
 [[エクスポーション>アイテム/【エクスポーション】#FF7]]は台詞すら表示されず、小さな空欄が…。
 アイテム自体はきちんと手に入る。
 ----
 ストーリー一周あたり最大で14回プレイできる(最終戦含む)。
 プレイ可能になるタイミング、およびその際のミニゲームのレベル等は以下。尚、完全に回数は時期ごとに固定化されており、シナリオを進めるとプレイに拘わらず進行してしまう(スーパーボールを入手する場合、最低でもIから始めないと間に合わない)。
 -完全勝利時の戦利品とボスのドロップの両立は不可能。
 -&color(Red){赤文字};は優先戦利品。
 -乗り物入手と同時に敵のパターンが変化する場合が多い。
 -B、Cではクラウド一人となるため、攻め込まれた際一人でボスと闘うことになるため注意。
 -ギ族の洞窟関連のところ(D、E)は、バギーが壊れると洞窟をクリアするまで修理できず、行けないので注意([[コスモキャニオン>地名・地形/【コスモキャニオン】#FF7]]の手前でバギーを降りる必要がある)。
 
 |タイミング|レベル(敵パターン)|戦利品(完全勝利時)|[[ボス>モンスター/【CMD.グランドホーン】]]Lv.([[ドロップ>システム/【アイテムドロップ】#FF7]])|h
 |A.初訪問時~ボトムスウェルを倒しておばあさんの家で休む前まで|1|[[&color(Red){マジックコーム};>武器/【マジックコーム】#FF7]]|19([[バジリスクの爪>アイテム/【バジリスクの爪】#FF7]])|
 |B.[[ボトムスウェル>モンスター/【ボトムスウェル】]]を倒し一夜明けた後(クラウド1人)~入り江にいるプリシラに話しかける前まで|2|[[&color(Red){安らぎの指輪};>アクセサリ/【安らぎの指輪】#FF7]]|19(バジリスクの爪)|
 |C.[[プリシラ>キャラクター/【プリシラ】#FF7]]からイルカの笛をもらった直後~笛を吹いて柱の上の『ボウ』に乗る前まで|2|[[エーテル>アイテム/【エーテル】#FF7]]×3|19(バジリスクの爪)|
 |D.[[バギー>乗り物/【バギー】]]入手後~コスモキャニオンでレッドXIIIに話しかける前まで|3|[[&color(Red){ラストエリクサー};>アイテム/【ラストエリクサー】#FF7]]|19(バジリスクの爪)|
 |E.コスモキャンドル会話イベント直後(レッドXIII固定)~ギ・ナタタク戦前まで|3|[[ハイポーション>アイテム/【ハイポーション】#FF7]]×5|19(バジリスクの爪)|
 |F.ギ族の洞窟クリア後~ロケット村でシド会話後シドの家に入る前まで|3|ハイポーション×5|19(バジリスクの爪)|
 |G.[[タイニーブロンコ>乗り物/【タイニーブロンコ】#FF7]]入手後~ディオの展示場で挑戦を受ける前まで|4|[[&color(Red){スーパーボール};>武器/【スーパーボール】#FF7]]|25(なし)|
 |H.[[デートイベント>ストーリー/【デートイベント】]]後~古代種の神殿内部侵入前まで|4|[[エーテルターボ>アイテム/【エーテルターボ】#FF7]]×3|25(なし)|
 |I.[[古代種の神殿>地名・地形/【古代種の神殿】]]クリア後~ルナハープを入手して眠りの森に入る前まで|4|エーテルターボ×3|25(なし)|
 |J.[[ルナハープ>アイテム/【ルナハープ】#FF7]]で[[眠りの森>地名・地形/【眠りの森】]]の封印を解いた後~忘らるる都の民家で休む前まで|5|[[エクスポーション>アイテム/【エクスポーション】#FF7]]×5|25(なし)|
 |K.[[忘らるる都>地名・地形/【忘らるる都】#FF7]]で休息し、夜中に目覚めた後~水の祭壇手前の足場付近に行く前まで|5|エクスポーション×5|25(なし)|
 |L.[[エアリス死亡イベント>ストーリー/【エアリスの死】#FF7]]後~竜巻の迷宮で黒マテリアを預けた後、奥に進む前まで|5|エクスポーション×5|25(なし)|
 |M.[[ハイウインド>乗り物/【ハイウインド】#FF7]]入手後|6|[[エリクサー>アイテム/【エリクサー】#FF7]]×3|25(なし)|
 
 
 
 優先戦利品を獲得しなかった(そのタイミングで訪問しなかったorボスを倒してクリアした)場合、次回以降に持ち越される。
 また優先戦利品それぞれの優先度は上から順番。
 例えば、スーパーボールはGのタイミングで獲得できるが、さらに条件として「マジックコーム・安らぎの指輪・ラストエリクサーを以前のミニゲームで獲得している」必要がある。
 多くの人が目指すであろうスーパーボールの取得には13回の内4回勝利すれば良い。
 旅路を戻るには面倒臭すぎるタイミングはスルーすれば良し。A.I.M+1戦を推奨。
 -あとの1戦はオヤジ小屋に行けるバギー入手後がお勧め。
 
 また最終戦に限り特殊で、以下で固定。優先戦利品ももらえない。
 
 |タイミング|レベル(敵パターン)|戦利品(完全勝利時)|ボスLv.([[ドロップ>システム/【アイテムドロップ】#FF7]])|h
 |[[シド>キャラクター/【シド・ハイウインド】#FF7]]がリーダーになった後|7|&color(Red){戦利品なし};|37([[インペリアルガード>防具/【インペリアルガード】#FF7]]※100%ドロップ)|
 
 ※[[参考1>https://gameclue.jp/wiki/ff7/288/]]、[[参考2>http://nemax.mygamesonline.org/ff7/minigame3.htm]]、[[参考3(参考2の参照元)>http://www.geocities.co.jp/Playtown/4494/fort.html]]
 ※[[参考>https://gameclue.jp/wiki/ff7/288/]]