モンスター/【ブエル】 の変更点


 元ネタは[[ソロモン72柱の魔神の1柱>http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%96%E3%82%A8%E3%83%AB]]。
 様々な知識に精通しており特に医学や薬学のエキスパートであるとのことだが、今のところそれっぽい種はいない。
 ----
 #contents
 
 *&color(Blue){FF8}; [#FF8]
 [[炎の洞窟>地名・地形/【炎の洞窟】#FF8]]などで遭う飛行モンスター。三枚羽が特徴で、顔が怖い。
 魔法防御が高いので攻撃魔法が効きづらく、炎系魔法と雷系魔法を使ってくるが、
 『たたかう』で楽に倒せる。ただし、レベルが上がると「[[デス>魔法/【デス】#FF8]]」を使用するので注意。
 [[ドロー>アビリティ/【ドロー】#FF8]]すれば基本三属性の攻撃魔法が手に入る。
 ----
 換気扇のように見える羽が若干いただけないが、「放射状に伸びた五本の脚と獅子の顔を持つ」という伝承に割と忠実なデザイン。
 ----
 レベル20以上の個体は、こちらに『[[リフレク>バトル/【リフレク】#FF8]]』状態のキャラがいると、
 自らに『リフレク』かけ、その魔法を反射してかけてくる。
 いわゆるデルタアタックの使い手である。
 ----
 炎の洞窟の[[ボム>モンスター/【ボム】#FF8]]とともに、[[カード化>アビリティ/【カード】]]するとレア判定で[[コキュートス>モンスター/【コキュートス】#FF8card]]に変化する。
 このため、[[ホーリーストーン>アイテム/【ホーリーストーン】#FF8]]を経由してSeed初任務前から[[ホーリー>魔法/【ホーリー】#FF8]]を精製することが可能。
 実用性には疑問があるが、なるべく早い段階から入手したい人は是非。
 -ブエルのカードを100枚持った状態で『カード』コマンドを連発する(もちろん残りHPを十分に減らして)。
 すると『カードにできない!』と表示されるが、無視して『カード』コマンドを連発すれば、
 コキュートスのカード(レア判定)ばかりを入手できる。
 -但しDISC1の終盤に訪れる[[Gガーデン>地名・地形/【ガルバディアガーデン】]]で、
 レベル6のカードを使用する女子生徒のカードプレイヤーが1F教室にいる。
 //(アーヴァイン加入後?)
 //未確認なのでいったんCO。
 コキュートスのカードはそこからでも入手可能なので、
 無理に頑張る必要はないだろう。
 ちなみに、DISC1でボスカードを使用するカードプレイヤーは彼女のみに限られる。
 ----
 炎の洞窟で出現するブエルはレベル5で固定されている。
 レベル7スコールとレベル8キスティスのパーティでキスティスがG.F.召喚で倒せば、
 12EXPで1APを得ることができる。
 こうすれば、同じ方法でフォカロル(小)を倒すよりも少ないEXPでAPを獲得できる。
 制限プレイ等でSeeD実地試験前に「カード」コマンドを覚えたい場合には便利。
 一般的な効率が悪いことは言うまでもないが…
 -レベル7のスコールがレベル5ブエルをG.F.で倒しても得られる[[EXP>バトル/【経験値】#FF8]]は12である。
 なのでスコールとキスティスのどちらを戦闘不能にするかは好みで選ぶといい。
 ----
 ライブラの解説文
  魔法に極めて強いモンスターで、魔法で攻撃しても、ほとんどダメージを与えることができない
  その代わり、剣などの物理攻撃に対しては非常に弱い
 
 **[[&color(blue){カード};>ミニゲーム/【トリプルトライアド】#FF8]] [#FF8Card]
 レベル2のモンスターカード。
 数字配列は ←:3・↑:6・→:2・↓:2。無属性。
 [[カード変化>アビリティ/【カード変化】]]で[[魔石>アイテム/【魔石】#FF8]]×1を精製できる。
 
 
 *&color(Blue){FF10}; [#FF10]
 [[アーリマン>モンスター/【アーリマン】#FF10]]などと同種の目玉系モンスター。
 [[雷平原>地名・地形/【雷平原】#FF10]]に出現することもあって、水属性が弱点。
 攻撃手段は低確率で[[混乱>バトル/【混乱】#FF10]]の追加効果を与える[[にらみ>特技/【にらみ】#FF10]]のみ。
 
 
 *&color(Blue){FF12}; [#FF12]
 >背中に竜のような羽の生えた不気味な水色の体をしたモンスター。
 ほの暗く、乾燥している場所を好み生息している。
 常に邪悪な冷気が周囲に漂い、背筋の凍るような雰囲気をかもしだしている。
 古来より、悪寒を感じるのはすぐ側にブエルがいるからだとされ、不幸を招く悪魔として人々から忌み嫌われている。
 
 [[ゼルテニアン洞窟>地名・地形/【ゼルテニアン洞窟】]]に生息するガーゴイル系モンスター。
 [[悪魔のしっぽ>アイテム/【悪魔のしっぽ】#FF12]]は交易品「[[あざけりの剣>武器/【デスブリンガー】#FF12]]」入荷に必要。
 狩るなら雷の槍か雷の杖+サンダラが用意できてからのほうがいいかもしれない。
 ----
 [[スコーピオ>アイテム/【スコーピオ】#FF12]]を比較的楽に入手できる相手。
 
 
 *&color(Blue){FF14}; [#FF14]
 朱色に光るたてがみと尻尾を持つ巨大なライオン、といった見た目のボスモンスター。
 雲海探索ディアデム諸島にて、特定の条件を満たした際に発生する「緊急任務」で戦う事になる。
 かなりの強さを誇り、30人以上のプレイヤーがいなければ、勝つのは難しい。
 [[コメット>魔法/【コメット】#FF14]]を連射する他、インフェルノブラストやインシネレイトラハールといった、火属性の技を多用する。
 更に雑魚が定期的に湧き、即死級ダメージの[[ファイジャ>魔法/【ファイジャ】#FF14]]と大ダメージの[[ファイラ>魔法/【ファイラ】#FF14]]を連発してく為、
 こちらへの対処もしなければならないと、かなり忙しく動き回る事になる。
 撃破すると3.5現在で最高レベルの武器を手に入れられる……事がある。
 -ドロップ率が低い上、どのジョブの武器がドロップするかも分からない。
 また、武器のステータスが完全にランダムな為、ステータスが低いハズレになる可能性も高い。
 ……と、三重のランダム要素を全て突破する強運を要求される為、
 最高レベルの武器を手に入れるには相当なリアルラックが必要である。
 
 
 *&color(blue){FF零式}; [#FF0]
 [[ダークアイ>モンスター/【ダークアイ】#FF0]]が大きくなった感じのモンスター。
 ダークアイが出現する近辺の森でたまに出てくる。
 HPが高く、攻撃も強い上に視線効果が[[キルサイト>バトル/【キルサイト】]]である。
 最低限、視線攻撃だけはかわす様に心がけたい。
 
 
 *&color(Blue){WOFF}; [#WOFF]
 Lサイズの[[ミラージュ>設定/【ミラージュ】]]。