作品/【ドラゴンクエスト&ファイナルファンタジーinいただきストリートポータブル】 の変更点


 ドラクエFFコラボ企画第2弾。2006年にPSPで発売された。略して「いたスポ」。
 昔からいたストをプレイする層には大不評であったスフィアバトルは取っ払われ、
 いたストシリーズ全体から見てもシンプルな内容になっている。
 -こちらも参照:[[【ドラゴンクエスト&ファイナルファンタジー in いただきストリートポータブル】>dqdic3rd:【ドラゴンクエスト&ファイナルファンタジー in いただきストリートポータブル】]](DQ大辞典)
 ----
 [[PS2版>作品/【ドラゴンクエスト&ファイナルファンタジーinいただきストリートSpecial】]]と比較してもFFキャラのアンバランスぶりが極端になり、
 FFのプレイヤーキャラは全12人のうちFF7から5人、当時の最新作・FF12から6人(主要メンバー全員)、
 あとは申し訳程度にFF9から[[ジタン>キャラクター/【ジタン・トライバル】]]が出演したのみ。あんまりである。
 一応NPCでFF8の[[キスティス>キャラクター/【キスティス・トゥリープ】]]、前作から継続してFF9の[[エーコ>キャラクター/【エーコ・キャルオル】]]も出ているが、6以前の冷遇振りは相変わらずであった。
 ----
 
 前情報もろくに聞かずに購入したはいいものの、スコールとリノアが消えた事に憤慨して、ほとんどプレイせずに中古店に売り飛ばした8好きは俺だけでいい。
 -ティーダとユウナが消えたことに(ry
 //↓は上記のものを無難な形に修正したつもりで書き換えたと思われますが、本スレで元に戻したほうがいいとの指摘があったため差し戻しています。
 //前作SPに登場したキャラが消えた事に憤慨して、ほとんどプレイせずに中古店に売り飛ばした人も多い。
 //-前作と比べると容量は少ないのだから消えるのは普通では…
 ----
 デザイン的にシンプルなこともあって、FFにくくらなければ楽しめる。
 まあキャラはアレだが、マップはクリスタルタワーや古代図書館、魔列車、オペラ劇場と6以前の物が多い。
 個人的には曲のアレンジがいいと思う。
 -編曲はDQでよくオーケストラアレンジしている松尾氏。
 そのためかDQは言いようが無いくらい良いのだが、FFはオケが合わない楽曲もある。
 ----
 プレイヤーは最初に男女を選ぶのだが、それで皆のリアクションが変わってくる。
 とりあえずエアリス他女子組が好きなら男性、ジタンやククールが好きなら女性でやるといい。