作品/【CRISIS CORE -FINAL FANTASY VII-】 の変更点

[[コンピレーションオブファイナルファンタジー7>作品/【COMPILATION of FINAL FANTASY VII】]]作品群の一つ。略称「CCFF7」。
キャッチコピーは「''男たちは己の悲運より、友のために涙を流した''」。
PSPソフトでジャンルは回避や防御アクションも付いた 超高速[[ATB>システム/【アクティブタイムバトル】]]によるRPGといったところ。 
----
FF7本編の7年前からの時代を舞台にし[[クラウド>キャラクター/【クラウド・ストライフ】/FF7派生作品#CCFF7]]の親友[[ザックス>キャラクター/【ザックス・フェア】#CCFF7]]が主人公、 
FF7でお馴染みのキャラも多数出演。
----
本家よりもパワーインフレが高くなっており。
[[リミット>アビリティ/【リミット】]]の発動が任意で出来ない点((一応マテリアで確率は上げられる))やその他、
ついでにいえばFF7本編の内容も含めて 
主人公とその周辺キャラの死亡率が凄まじい。
-マジで凄い。[[どいつも死に急ぎやがって>セリフ/【どいつも死に急ぎやがって…!】]](byカイン
公式サイトに載っているキャラ12人中6人が(後の作品で死ぬキャラも含め)死ぬ。
いくらなんでも新キャラまでこうも簡単にホイホイする必要があったのだろうか。
-本編以前の話なので、新キャラが本編にいないことの理由付けのためなのだろう
([[BCの新>キャラクター/【BCFF7の主人公】]][[キャラ>キャラクター/【ヴェルド】]]なんかは全員、7本編のエンディングのあたりまで殉職扱い)。
----
----
//文の途中に挿入されていて読みにくいため上から移しました
本編や他コンピ作品との設定矛盾などでそれなりに賛否両論。
-設定齟齬は矛盾というか、それまでの作品の設定を取捨選択していった結果らしい。
CC以外にも言えることだが、やはり一番初めのコンピであるBCからの影響が強い。
-具体的には[[ニブル山>地名・地形/【ニブル山】]]の魔晄炉の地形等。しかし、本家では省略されて違和感のなかったザックスの吹っ飛ばされるシーンだが、そのまま描こうとすると演出上かなり無理が出てしまうので致し方ない部分ではあるといえる。
-腐女子ゲーとの批判があり、宣伝の仕方からも大多数がそういうイメージを抱くが、
プレイしてみると、あらゆる人々との友情と、主人公とエアリスとの切ないラブストーリーである。
-批判するくらいの気持ちでプレイしたほうが落ち込まなくて良いかもしれない。
-いっそザックスという一人の男の生き様を描いた話、と見なしてプレイするのもいいと思う。
----
原作インターナショナル版プレイ済みの人がやること推奨だが、
プレイ済みの人は共通点への感動とか言ってられないほど終始胸を痛め続けることとなる。
FF7を全く知らず、セフィロスが原作で悪役であること等について全く予備知識がなかった場合、
ストーリーに絶望して死にたくなること請け合い。
知っていても知らなくても重々しいストーリーの中、ザックスの明るさが救いとなるのだが、
その分物語後半に進むにつれ絶望できる。
-俺はOP辺りからずっと絶望的だったが・・・ニブルヘイム前にやめようかと思ったくらい。
-FF7本編既プレイユーザーにとってみれば結末が分かっているだけに戦々恐々とプレイすることになる。
-本来嬉しいはずの昇進ですら死期が近づいているように感じてしまう。ニブルヘイム行きを告げられたときの心境はさながら刑の執行を宣告された死刑囚である。
----
7本編が1話だとすると、この作品は-○話から0話のようなものである。
ラストは、7の冒頭のシーンで締めている。
----
ストーリーや元祖7キャラの出番の少なさや新キャラの出番の多さなど批判も多い作品だが、
美麗なムービーや独特の戦闘にはそれなりに定評がある。
-戦闘での回転切り無双は爽快だった。
-空振りしてガラ空きになったところをフルボッコにされたけど楽しかった。
-何も考えずに○ボタン連打するだけなのでゲーム慣れしていない人には良いかもしれない。
--ストーリーの難易度は「ストーリーを見たい人が最後までいける難易度にしてあります」とのこと。
また連打で済むようになるのはやりこみ要素であるミッション等でLV上げやカスタマイズを限界までおこなった場合であって、
そこまで到達するには当然連打では到達し得ない、瀕死に焦ってケアルガを○ボタンで連打することはあるだろうが…
戦闘はコマンド選択と決定の○、回避である☓、それに平面のアナログ移動を組み合わせた比較的シンプルな設計。
-○で決定したコマンドを回避でキャンセルできるなど基本的な操作は後のDFFや[[ファイナルファンタジー零式>作品/【Final Fantasy 零式】]]の原点とも言える。
-ミッションはなかなか難しい。
--魔法のデスが非常に凶悪で自キャラ地点攻撃+即死であるためフレーム回避に失敗すると即ゲームオーバー、使ってくる敵こそ少ないものの即死無効アクセサリーが手に入るまでは本当に苦労させられる。

----
ストーリーは後出し情報が多数のため新情報が多い
本編の演出と異なる部分もあり、これを矛盾と捉えるか新情報が出たと捉えるかで印象が違うだろう、
ストーリー考察好きにとっては賛否両論な作品。
逆にアクションはカスタマイズの種類の多さも含めて結構楽しめる。
もちろん好き嫌いはあるが、それを言い出すと止まらないのでこの辺で。
----
男キャラの背中にやけに羽が生える。
----
本編クリア済みなら当然エンディングは予想できるが…それでも悲しすぎる。
ストーリーはどうかと思うがエンディングは泣ける。このゲームをやった後に綾香の「WHY」を聞くともうそれだけで泣けてくる。

-結末が分かっているのにここまで泣ける作品もそうそうないだろう。
-やり込み要素もいろいろあるけど、エンディングが辛すぎて結局二周目やってない…。
--エンディングの為だけに買うのもアリ。
----
ストーリー部分が短いが、当初は二枚組みで前後編・二部構成にする予定だったものの、
まだ一本も出来ていないことを理由に企画が却下されてしまったらしい。

なぜかイベントをスキップする機能が無い。
DCFF7にはあったのに、どうして今作では搭載されなかったのだろう。
-「イベントスキップとリミット技スキップを入れられませんでした。
無いとわかった時には既に仕様的に対応が難しくなってしまったのです。
これはとても大きな反省点。」(by田畑氏) 
----
FF7の過去で始まりに至る物語にしては、神羅ビルの中に設置されているパソコンなどをみたり、ザックスが使っている携帯電話を見る限りではFF7原作よりもかなり情報メディアが発達しているように見える。
--時代の流れだね。本編が1900年代発売なのに対してこっちは2007年発売だから仕方ないだろうな。
----
本作のスタッフが手掛けた[[ファイナルファンタジー零式>作品/【Final Fantasy 零式】]]に一部グラフィックが流用されている。開発当初はクライシスコアの戦闘システムも引き継がれる予定だった。
-重いストーリーも引き継いでいる。
-召喚獣はその点が顕著で、イフリート・バハムートは本作のデザインを改造したものとなっている。
翼や角で個性を出したバハムートはまだしも、イフリートは改造点すらやけっぱち臭い。
反面、オーディンは新規描き下ろしになっているなど、まんま全部が、と言うわけではない。
----
[[FF7R>作品/【FINAL FANTASY VII REMAKE】]]でも本作のシーンが使われている。
流用ではなく新規で作り直された映像が使用されている。
-インターナショナル版からは改変されている内容だが、コンピレーション準拠の内容の方針がとられているようだ。
----
詳細は[[こちら>http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%82%B7%E3%82%B9_%E3%82%B3%E3%82%A2_%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%8A%E3%83%AB%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%82%B8%E3%83%BCVII]]参照