地名・地形/【ビーカネル島】 の変更点

*&color(blue){FF10、FF10-2}; [#t5af1782]
*&color(blue){FF10・FF10-2}; &aname(FF10-2){}; [#FF10]
本土から遠く西方に浮かぶ、[[アルベドのホーム>地名・地形/【アルベドのホーム】]]がある[[スピラ>地名・地形/【スピラ】]]最大の島。
[[アルベド族>設定/【アルベド族】]]以外は基本的に出入りする者はいないが、対アルベドの粛清のほか[[アカギ隊>設定/【アカギ隊】]]選抜の演習地になっている事もあり、[[寺院>設定/【エボン教】]]関係の人間の出入りはしばしばあるようだ。
地中には1000年前の機械文明の遺物が多く埋まっており、[[『シン』>設定/【『シン』】]]が倒されてからは[[ナーダラ>キャラクター/【ナーダラ】]]率いるアルベド族達の発掘拠点として、掘り出した機械の部品を[[マキナ派>設定/【マキナ派】]]に率先して輸出する卸元となった。
船の航路から外れた場所にある砂だらけの島。よーするに[[サヌビア砂漠>地名・地形/【サヌビア砂漠】]]。
[[アルベド族>設定/【アルベド族】#FF10]]以外は基本的に出入りする者はいないが、対アルベドの粛清のほか[[アカギ隊>設定/【アカギ隊】]]選抜の演習地になっている事もあり、[[寺院>設定/【エボン教】]]関係の人間の出入りはしばしばあるようだ。
地中には1000年前の機械文明の遺物が多く埋まっており、[[『シン』>設定/【『シン』】#FF10]]が倒されてからは[[ナーダラ>キャラクター/【ナーダラ】]]率いるアルベド族達の発掘拠点として、掘り出した機械の部品を[[マキナ派>設定/【マキナ派】]]に率先して輸出する卸元となった。
船の航路から外れた場所にある砂だらけの島。よーするに[[サヌビア砂漠>地名・地形/【サヌビア砂漠】#FF10]]。
飛空艇での表示名はこれ。
----
オアシスには何故かイルカが生息している。
…イルカって淡水で生きられたっけ?
と思って調べてみたところ、インドやパキスタンやカンボジアには淡水イルカが居るらしい。世界は広い。
-たまにシパーフもいる。