地名・地形/【小部屋】 の変更点


 *&color(blue){FF2}; [#FF2]
 FF2のほとんどのダンジョンにあるもの。特に[[ミシディアの塔>地名・地形/【ミシディアの塔】]]と[[ジェイド>地名・地形/【ジェイド】#FF2]]は悪夢…。
 小部屋の特徴は、
 -何も無い。
 -少し強いモンスターが出現することもある。(ダンジョンの上層部、或るいは最下層のモンスターが多い)
 -エンカウント率が『''非常に''』高く設定してあり、1,2歩でモンスターと遭遇する。
 --非常に高いどころか驚異の''128/256''! 乱数パターンが固定のFC版はともかく、
 リメイク版では2歩連続エンカウントまで発生することがあり、尋常じゃなく面倒。
 ---FC版はキャラが隠れる場所ではエンカウントしないので、最大1戦闘で外に出られた。
 -入った場合、必ず小部屋の『真ん中』から始まる(出口に向かうまでに大勢のモンスターと遭遇する)。
 あせって変な方向に歩くと3~4戦させられることも。
 -実は、この部屋が全くないダンジョンもある。それはあろうことか[[ラスダン>地名・地形/【パンデモニウム】#FF2]]。
 …詳しく言えばあるのだが、そこは隠し部屋とでも言うべき場所であり、必ず通るルート上には存在しない。ついでに、入り口も分かりづらい。
 ただ、非常に強力な[[武器>武器/【正宗】#FF2]]がある部屋でもあるため、寄らないのも考えもの。
 -焦って外に出ようとせず、1歩も動かず[[デジョン>魔法/【デジョン】#FF2]]Lv1を唱えれば…。
 ----
 要するに、ダンジョンの『''ワナ・トラップ''』なのである。FF2のダンジョンは扉がずらりと並んでおり、
 中に入ると大抵、この小部屋に繋がっているので、正しい道を見つけるのにはかなり苦労する。
 ----
 小部屋の中に宝箱があることもある(その場合、その部屋のエンカウント率は低いことが多い)ので、
 ダンジョンのマップはしっかり把握しておくと良い。
 -といっても、攻略本でも無ければ正しい場所は分からない。
 まぁ[[熟練度>システム/【熟練度制】#FF2]]稼ぎの足しにするとでも前向きに考えるべきだな。
 -この仕掛けを前提にしているからか、FF2のダンジョンはあまり入り組んでなかった印象が。
 4~5周もしていれば丸暗記も不可能ではないかも?
 --そりゃまぁ4~5周もすれば覚えられるだろうよ。それまでが怖いんじゃん…。
 ----
 ただ、[[竜巻>地名・地形/【竜巻】]]内部の小部屋は[[ウィザード>モンスター/【ウィザード】#FF2]]を狩るのに効率が良かったりするので、悪いことばかりではない。
 竜巻程ではないが、[[パラメキア城>地名・地形/【パラメキア城】]]の小部屋もウィザードを狩りやすい。
 ----
 [[河津>スタッフ/【河津秋敏】]]氏の関わったロマサガなどにも、この手の「ハズレ部屋が並ぶ」仕掛けが見られる(運河要塞など)。
 ----
 大体のダンジョンは最後の方に小部屋3つと正解の扉1つが並んでいる。
 もちろんそれまでに正解の扉のヒントなんかあるわけもないので、最後の最後で当てずっぽうのクイズをやらされるハメに。
 逆を言うと、4つ扉が並んでいる場所まで来たのなら、そのダンジョンの制覇は目前というわけである。
 ----
 かなり怖いのがSORの[[ラキア>地名・地形/【ラキア】#FF2GBA]]。まだ仲間も集まってない序盤に[[グラシャラボラス>モンスター/【グラシャラボラス】#FF2GBA]]とエンカウントしたら蹂躙が待っている。