地名・地形/【恐竜の森】 の変更点


 *&color(blue){FF6}; [#FF6]
 [[世界崩壊>ストーリー/【世界崩壊】]]後の[[獣ヶ原>地名・地形/【獣ヶ原】#FF6]]の北、[[ナルシェ>地名・地形/【ナルシェ】#FF6]]の東に位置する森。
 正式名称かどうかは不明だが、[[ティラノサウルス>モンスター/【ティラノサウルス】#FF6]]と[[ブラキオレイドス>モンスター/【ブラキオレイドス】#FF6]]しか出現しない為こう呼ばれる。
 貰える経験値が異常なため、終盤における稼ぎの名所である。
 獣ヶ原の出現テーブルはカイエンの夢の世界の枠の次で
 全ての組み合わせが統一されており、森以外に出てくる敵も同枠のテーブルで出現する。
 ----
 崩壊前には「[[ボム>モンスター/【ボム】#FF6]]の森」として存在しており、複数のボムや[[グレネード>モンスター/【グレネード】#FF6]]が登場する。
 経験値稼ぎの名所でもあるが、油断するとあっさり全滅する場所でもある。
 きっとここに近づいた者たちの屍とかがゴロゴロしているんだろうな…というイメージが…。
 -もしやその死肉をあさりに恐竜たちがあの森に集まったのだろうか…?
 -ボムの森とは、位置座標こそ近いが形はまったく似ていない。あちらの方が広大で、特に何の形にも見えない。
 ----
 一応、[[獣ヶ原の洞窟>地名・地形/【獣ヶ原の洞窟】]]にいる盗賊たちが、ここの恐竜の話をしている。
 「人間の力じゃ絶対倒せない。でも倒せたら自慢できるんだろうな」そりゃそうだ。
 そこの恐竜は異常に捻くれた恐竜で、[[隕石>魔法/【メテオ】#FF6]]を落とすばかりか[[究極魔法>魔法/【アルテマ】#FF6]]までぶっ放すんだから……
 -現在の最有力説では、恐竜の絶滅は隕石の衝突。
 なのにその絶滅の原因をバンバン振り撒く。ひねくれ方が半端ではない。
 -自分達の脅威になるものを自分たちが使役できればもう怖いもの無しじゃないか、という
 捻くれではなく極めて単純で合理的な行動原理である。火を利用するようになった人間(の祖先)のようなものだろう。
 ----
 恐竜は強く死にやすい。一回戦うごとにセーブして恐竜と戦う必要があるかも(ステータス関係なく)。
 [[グロウエッグ>アクセサリ/【グロウエッグ】#FF6]]を装備して一人で戦えば一戦ごとにレベルが上がる。
 [[魔法修得値>バトル/【魔法修得値】]]もそれなりなので魔法習得もここでやるといい。
 グロウエッグと[[リボン>アクセサリ/【リボン】#FF6]]を装備して[[血塗られた盾>防具/【血塗られた盾】#FF6]]の解呪に使うのも手か。
 [[バニシュデス>裏技・バグ/【バニシュデス】]]が恐竜には効くので倒すのに手間取るなら活用するといいだろう。
 [[バニシュデス>裏技・バグ/【バニシュデス】#FF6]]が恐竜には効くので倒すのに手間取るなら活用するといいだろう。
 MPが尽きたら森の西にある[[ガウの父親>キャラクター/【ガウの父親】]]の家のベッドを使えば回復できる。
 -敵からアスピルしてもよい。MPが365以上減っているときにティラノサウルスから吸い取れば、メテオを封じることもできるし。
 ----
 スクウェアゲーにしては珍しい[[「道場」>裏技・バグ/【エクスデス道場】]]と呼ばれない稼ぎ場でもある。
 [[スリースターズ>アクセサリ/【スリースターズ】#FF6]]、[[カッパ>防具/【アーマーガッパ】#FF6]][[装備>武器/【沙悟浄の槍】#FF6]]、経験値、魔法修得値等稼ぐ要素はそれなりにあるのに。
 -かなり強くなっててもブラキオレイドスにブチのめされることもあり、
 「道場」と呼ぶには安定感に欠けるからと思われる。
 -全滅し、再開した際に魔石ボーナスが消えてしまう為、こまめなセーブは忘れなきよう。
 -ここを稼ぎ場に出来る(ティラノを余裕で倒せる)ほど成長しているならもう充分クリアできる強さ。
 そのため道場通いという表現はしっくりこない。
 ----
 この森の周囲の草原もレベル上げに適している。
 
 -「[[プレランタール>モンスター/【プレランタール】#FF6]]×4」(経験値10216)
 -「[[スプリンター>モンスター/【スプリンター】#FF6]]×2・[[リカオン>モンスター/【リカオン】#FF6]]×2」(経験値7298)
 -「[[グランインセクト>モンスター/【グランインセクト】#FF6]]・スプリンター・リカオン×2」(経験値9617)
 
 出現パーティは以上の3つで、いずれも[[透明>バトル/【透明】#FF6]]になっておけばこちらが弱くてもやられる心配は無い。
 プレランタールの[[ライフシェイバー>特技/【ライフシェイバー】#FF6]]だけは防げないが、これは単体にならないと使ってこないので、
 ある程度レベルが上がるまでは逃げておくといい。
 荒地に入ってしまうと邪魔者の[[クロウラ>モンスター/【クロウラー】#FF6]]が出るので注意。
 恐竜狩りに比べると経験値ではやや劣るが、事故死の心配はほぼ皆無なのが利点。
 ギルが得られるのもメリット。
 -勝率(まず100%)と戦闘時間の短さを考えると経験値でもこっちの方が勝っているかも知れない。
 -絶対にこの「草原エリア」の方がいいと思う。
 透明になっていればダメージを受けないので、[[前列>バトル/【隊列】#FF6]]に出て[[通常物理攻撃>アビリティ/【たたかう】]]していればMP切れの心配もないし、
 透明になっていればダメージを受けないので、[[前列>バトル/【隊列】#FF6]]に出て[[通常物理攻撃>アビリティ/【たたかう】#FF6]]していればMP切れの心配もないし、
 [[グロウエッグ>アクセサリ/【グロウエッグ】#FF6]]を装備してアクセサリ欄を一つつぶすことになっても心配なし。
 さらにほとんどの戦闘で5000ギル以上も稼げ、結構な金稼ぎにもなる。
 さらにさらにリカオンからは貴重な[[エクスポーション>アイテム/【エクスポーション】#FF6]]が盗め、
 他の敵からも([[コロシアム>地名・地形/【竜の首コロシアム】#FF6]]で貴重な投資品となる)[[カッパ>バトル/【カッパ】#FF6]]装備品が手に入る。
 …「森」の方はティラノはぶっちゃけ問題ないのだが、
 (出現率が低いとはいえ)ブラキオがやば過ぎる。低レベルの時はまず勝ち目がない。本当に…。
 こちらが高レベルになれば[[リボン>アクセサリ/【リボン】#FF6]]、[[スリースターズ>アクセサリ/【スリースターズ】]]という超有用アクセサリをゲットするために戦うのもやぶさかでないが。 
 こちらが高レベルになれば[[リボン>アクセサリ/【リボン】#FF6]]、[[スリースターズ>アクセサリ/【スリースターズ】#FF6]]という超有用アクセサリをゲットするために戦うのもやぶさかでないが。 
 とにかく、ブラキオはレベル上げで狩る相手じゃない。
 一応これは[[バニシュデス>裏技・バグ/【バニシュデス】]]ができないGBA版前提です。
 一応これは[[バニシュデス>裏技・バグ/【バニシュデス】#FF6]]ができないGBA版前提です。
 -グランインセクトのコンビがなかなか出ないです。
 -用意できるまでに時間がかかるが、[[メルトン>魔法/【メルトン】#FF6]]+[[フレイムシールド>防具/【フレイムシールド】#FF6]]+[[スリースターズ>アクセサリ/【スリースターズ】]]の組み合わせもあり。
 -用意できるまでに時間がかかるが、[[メルトン>魔法/【メルトン】#FF6]]+[[フレイムシールド>防具/【フレイムシールド】#FF6]]+[[スリースターズ>アクセサリ/【スリースターズ】#FF6]]の組み合わせもあり。
 コンフィグでカーソルを記憶にして、戦闘になったらボタン押しっぱなしでOK。バニシュ+通常攻撃のパターンも同様ではあるが。
 ----
 この森の形は人によっては「?(ハテナ)」や「恐竜の頭」に例えられる。
 ちなみに崩壊前にも魔法修得値の高い[[「アイツ」>モンスター/【眠れる獅子】]]がいる[[小三角島>地名・地形/【小三角島】]]の山と森が「!」を象っており、
 ちなみに崩壊前にも魔法修得値の高い[[「アイツ」>モンスター/【眠れる獅子】#FF6]]がいる[[小三角島>地名・地形/【小三角島】]]の山と森が「!」を象っており、
 強敵がいる共通点もあることから、同じ約物である「?」を象ったものと思われる。
 -ファルコン号に乗って上下逆さにしてみると、ブラキオレイドス自身のシルエットにも見える(左右反転してるけど)。
 ----
 冒頭の「経験値が異常」という文ははっきり言って大げさで…実際はそこまでずば抜けて経験値が高いわけではない。
 レベル99目指すなら長くお世話になる場所なのは確かだが。
 森で狩るなら、ティラノサウルスを瞬殺できることが大前提と言っていい。
 そうでないなら、(上記のように)他の敵を倒した方が効率がいい。
 ----
 ティラノ2匹を倒した時の経験値は17600。グロウエッグ装備ならば35200。
 草原エリアの敵よりも15000ほど多くなってくる。この差は戦闘回数を重ねるほど顕著になり
 高レベルを目指すのならばやはり森での狩りに落ち着くことになると思われる。
 メテオの頻度はあまり高くないので、透明状態でバニシュデス戦法ならば、比較的安定して狩れる。
 バニデスに抵抗がなければ最初から森で稼いでもよい。すぐにレベルが跳ね上がるので
 そのうちメテオを考慮した上でも安定して倒せるようになる。一戦ごとにセーブができるのでリスクもそれほどない。
 -レベルアップまでの歩数が少なくて済む、というのもメリットの一つ。言わずもがな[[歩数ダメージ>青魔法・敵の技/【歩数ダメージ】#FF6]]対策として。