武器/【エンハンスソード】 の変更点

FF5以降登場する[[剣>武器/【剣】]]。
「エンハンス(Enhance)」には「高める」、「強化する」という意味がある。
装備すると知性、魔力が上がるあたり、魔力を高めるという意味合いだろうか。
-なんらかのエンハンス効果を与えるのに適した剣という印象もある。魔法剣や魔封剣を何も考えずに行使でき、属性効果もステータスのクセもないこの素直さは中盤以降頼もしい。
----
#contents

*&color(blue){FF1(GBA版以降)}; [#FF1GBA]
GBA版以降のFF1リメイク作にも登場。[[ナイト>ジョブ/【ナイト】#FF1]]、[[忍者>ジョブ/【忍者】#FF1]]、[[赤魔>ジョブ/【赤魔道士】#FF1]]が装備可能な[[剣>武器/【剣】#FF1]]。
知性+7の効果があるが、攻撃力が低すぎるため正直言って使えない。
-通常プレイでは無意味だが、下級職の[[戦士>ジョブ/【戦士】#FF1]]と[[赤魔術士>ジョブ/【赤魔術士】#FF1]]も装備可能。
[[クラスチェンジ>システム/【クラスチェンジ】#FF1]][[縛り>その他/【縛りプレイ】]]をする際に覚えておくと何かの役に立つかもしれない。
--ただし、クラスチェンジ縛りをする場合でも赤魔術師にはより魔法を強化可能な賢者の杖があるので、あくまでそれを入手するまでの繋ぎにしかならない。
----
道中では物理攻撃よりも魔法アイテムを駆使したほうが手早く済む場合も多いので、
[[魔法攻撃回数>バトル/【知性】#FF1]]が増やせるならナイトでも積極的に装備してもいい武器。
[[ラグナロク>武器/【ラグナロク】#FF1GBA]]から持ち換えるほどではないだろうが。
-ナイト・赤魔には[[上位>武器/【ラグナロク】#FF1GBA]][[互換>武器/【ライトブリンガー】#FF1GBA]]が存在するが、忍者にとってはこれが最も知性の上がる武器。
魔法忍者のお伴に最適。
--ライトブリンガーは[[風の囁く洞穴>地名・地形/【風の囁く洞穴】#FF1GBA]]B40Fの[[デスゲイズ>モンスター/【デスゲイズ】#FF1GBA]]を、ラグナロクは[[癒しの水の洞窟>地名・地形/【癒しの水の洞窟】#FF1GBA]]B20Fの[[神竜>モンスター/【神竜】#FF1GBA]]を撃破する必要があるため、これらを入手するまでは役立つ。
問題はこれ自体の入手難易度が高めなため、先にライトブリンガーとラグナロクを入手してしまって必要なくなる可能性があることか。
--赤魔に関しては魔法強化目的ならこれを狙うよりも知性+15とこれより知性ボーナスが2倍以上ある[[賢者の杖>武器/【賢者の杖】#FF1GBA]]を狙った方が良い。
加えて賢者の杖はライトブリンガー入手後は完全に不要となるこの剣と異なり、ライトブリンガー入手後にも[[ホーリー>魔法/【ホーリー】#FF1]]強化装置として大活躍してくれる。
---さらに付け加えると賢者の杖はクラスチェンジ前の赤魔術師の状態でも装備可能。
-ちなみに忍者だけでなく戦士もこれが最も知性の上がる武器であったりする。
--当然ながら戦士や忍者の場合でも、ドーピング等で知性が高くなり他の装備品でカンスト可能or知性ボーナスなしでもカンスト済になった後は自慢の知性ボーナスも完全に無意味になるので不要な武器となってしまう。
----
攻撃力は28と[[アイスブランド>武器/【アイスブランド】#FF1]]に劣る程度しかなく攻撃面には期待できないのだから、どうせなら知性+7と言わず+10~15位の極端な知性ボーナスがあっても別に罰は当たらなかったと思う。
それなら攻撃面では大幅に劣ろうともラグナロクやライトブリンガーの完全下位互換品にはならずに済んだだろうし。
-とはいえこの剣よりも攻撃力が低いうえに特殊効果も特になく(あっても微妙)、[[入手可能時点で既に>武器/【虎徹】#FF1GBA]][[完全なるコレクター品と>武器/【バイキングアクス】#FF1GBA]][[化してしまっている>武器/【阿修羅】#FF1GBA]][[さらに不遇な武器達>武器/【メイジマッシャー】#FF1GBA]]に比べると、微妙なものとはいえども一応使い道があるだけ全然マシな部類ではあったりするのだが。
----
入手は風の囁く洞穴のB9Fがボーナスマップ(水没城)になった際の宝箱、[[デュエルナイト>モンスター/【デュエルナイト】#FF1GBA]]のドロップの2通り。
宝箱からの入手はボーナスマップ限定だが階層が浅めな一方、デュエルナイトからのドロップは風の囁く洞穴B21~39Fの浮遊城フロアとB31~39Fのボーナスマップのみにしか出現しないうえに確実に落とすわけではないので、宝箱からの方がやや楽か。
-PSP版ではデュエルナイトが[[時の迷宮>地名・地形/【時の迷宮】#FF1PSP]](20~30分)にも出現するようになったのでGBA版よりドロップを狙う方法が多少楽になっている。
-GBA版でもB31~39Fが浮遊城フロアになった際なら高確率で複数で出現する場合があるので、そこで狙って狩っていけばそこそこ入手しやすい(1体毎にそれぞれドロップ判定がされるため1体のみ出現する場合よりも入手率が高くなる)。
当然ながらその方法でも確実に落としてはくれないものの、B9Fがボーナスマップになった際を狙う場合でも同様に運が悪ければいつまで経っても入手不可能なので、結局のところどちらの方法も労力的には同じ程度かもしれない。
--ちなみに1体毎のドロップ率は3%。


*&color(blue){FF4TA}; [#FF4TA]
月の民編の[[チャレンジダンジョン>システム/【チャレンジダンジョン】/FF4TA]]1で入手可能な[[剣>武器/【剣】#FF4]]。
攻撃力はチャレダン2の[[ディフェンダー>武器/【ディフェンダー】#FF4TA]]に負けるが、知性上昇が[[しっこくの剣>武器/【漆黒の剣】#FF4TA]]より大きいため、
[[ゴルベーザ>キャラクター/【ゴルベーザ】/FF4TA]]を魔法メインで使用する場合はメイン武器となる。
装備可能なキャラで知性に影響を受けるアビリティを所持しているのがゴルベーザぐらいなので
実質彼専用とも言えるだろう。


*&color(blue){FF5}; [#FF5]
通常の剣では最も高い攻撃力を持ち、[[魔力>バトル/【魔力】#FF5]]を3上げる効果がある[[剣>武器/【剣】#FF5]]。
[[イストリーの滝>地名・地形/【イストリーの滝】]]と[[次元の狭間>地名・地形/【次元の狭間】#FF5]](森エリア)の宝箱から入手できる。
[[イストリーの滝>地名・地形/【イストリーの滝】#FF5]]と[[次元の狭間>地名・地形/【次元の狭間】#FF5]](森エリア)の宝箱から入手できる。
他に[[ソードダンサー>モンスター/【ソードダンサー】#FF5]]からもレア枠で盗むことができる。
[[魔法剣>アビリティ/【魔法剣】#FF5]]もかかるので戦力アップには最適。
なお、何故か[[投げる>アビリティ/【なげる】#FF5]]ことはできない。
-ちなみに、GBA版のアイテム説明文によるとこれのみ「剣」ではなく「[[サーベル>武器/【サーベル】#FF5]]」。
攻撃する時のグラフィックは他の剣と変わらないのだが。
----
攻撃力は102。

但し[[ナイト>ジョブ/【ナイト】#FF5]]&[[すっぴん>ジョブ/【すっぴん】#FF5]]以外は剣装備が無ければ騎士剣を扱えないので、後半の[[魔法剣士>ジョブ/【魔法剣士】#FF5]]には重要な武器。
また、『魔力+3』は[[ブラッドソード>武器/【ブラッドソード】#FF5]]の+5に次いで高いので、[[青魔道士>ジョブ/【青魔道士】#FF5]]にも有用かもしれない。
(他に『魔力+3』の武器は[[ルーンアクス>武器/【ルーンアクス】#FF5]]、[[リリスのロッド>武器/【リリスのロッド】#FF5]]、[[裁きの杖>武器/【裁きの杖】#FF5]])
[[赤魔道士>ジョブ/【赤魔道士】#FF5]]の場合は(無意味ではないが)力も魔力も加重値が低めなので、利点を活かしにくい。
-多めに持っておけば、[[攻撃力100の例の剣>武器/【エクスカリパー】#FF5]]を[[勝手に装備>システム/【さいきょう】#FF5]]させられることがなくなってありがたい。
-ちなみに上記に挙げられた「魔力ボーナス付き武器」の中で、(打撃自体ができないリリスのロッドを除いて)魔力がダメージに影響しない唯一の武器である。
-赤魔道士と比べて力の加重値がマイナスであったり、[[両手持ち>アビリティ/【両手持ち】#FF5]]を併用するにしても盾が装備できなくなるデメリットがあり、そして魔力+3よりも[[属性強化>バトル/【属性強化】#FF5]]武器の択のほうが強いことが多い青魔道士のほうが利点を生かしにくいと思うが。
----
上記以外のジョブ(剣装備併用)やナイトの場合、入手時期的にディフェンダーとの二択になりやすい。
-エンハンスソード:『魔力+3』、また攻撃力が僅かに上回っている
-ディフェンダー:アイテム使用でプロテス発動効果と、(1/4確率)物理攻撃回避能力がある

どちらも攻撃力は高いし魔法剣も掛かるので、この辺はプレイヤーの好みで決めてしまってもいい。
(個人的にはディフェンダーの物理攻撃受け流し効果が大変有用だと思うが)
-[[エクスカリバー>武器/【エクスカリバー】#FF5]]をスルーする意味が解らない。下記の「飛空艇入手直後に次元の狭間」という特殊プレイを行うプレイヤーか少年時代に[[ガーゴイル>モンスター/【ガーゴイル】#FF5]]や[[ミノタウロス>モンスター/【ミノタウロス】#FF5]]に斬りかかってしまったことが今もなおトラウマになっているピュアなプレイヤーを除いてナイトにエンハンスソードの択はほぼ無いと言っていい。
-[[エクスカリバー>武器/【エクスカリバー】#FF5]]未入手で火力重視なら[[ルーンブレイド>武器/【ルーンブレイド】#FF5]]も選択肢に入る。
エンハンスソードの強みは「そこそこの攻撃力の高さ」と「そこそこの魔力ボーナス」を両立していること。
(同じくそれなりの攻撃力とより高い魔力ボーナスを持つブラッドソードはロクに命中しないため、「両立」とは言い難い)
----
飛空艇入手直後に次元の狭間に行けば、早期に手に入る。
森の宝箱に入っているので、ボスと一切戦うことなく入手可能。
----
通常の剣では最強、なので青魔道士や赤魔道士も装備できるのだが、
なぜか魔法剣士専用の剣というイメージが強かったりするのは俺だけじゃないと思う。
-↑同意。第3世界の時点では、青も赤もまず使われないのが原因かと。
GBA版じゃ[[砲撃士>ジョブ/【砲撃士】#FF5GBA]]が追加されたけど。
-魔力を増幅して剣に宿して斬りかかる、とかもう魔法剣士の為にある様な武器だとしか思えない。
本職の魔法剣士(と赤魔&青魔)は大変なことになる。
--ただし魔法剣は魔力の影響を受けない為、(素の)魔法剣士ではこの剣の付加価値(魔力+3)を発揮させられない。
--青魔道士ならエアナイフ程ではなくてもエアロガのブーストに繋がる。
--「量産可能な魔法剣がかかる武器」の中で最強というのもある。GBA版以降はラグナロクが量産可能だが。
-純粋に攻撃力が高いので、8倍ゴブリンパンチで安定して9999カンストを出せるという意味でも
青魔との相性は非常に良い。
…なぜかゴブパンは[[エクスカリパー>武器/【エクスカリパー】#FF5]]でというこだわりのある人が多いので
あまり日の目を見ないが。
--スマホ版なら青魔道士が後列で[[両手持ち>アビリティ/【両手持ち】#FF5iOS]]して、物理に弱ければゴブリンパンチ・魔法に弱ければエアロガという感じだとかなり安定した。
-単純に魔法剣士と違い、ルーンブレイドという択があるからだと思うが。
----
言い換えれば、一品モノに頼らずかつあえて魔法剣士(と青魔&赤魔)を最後まで使い続ける場合、
これがないと、第2世界の店売り品[[グレートソード>武器/【グレートソード】#FF5]](攻撃力57)か非売品の[[ルーンブレイド>武器/【ルーンブレイド】#FF5]](攻撃力50)で、最終決戦まで戦い抜くハメになる。
しかもルーンブレイドは殴る度にMP消費の上、
あの[[スティングレイ>モンスター/【スティングレイ】#FF5]]の「ぬすむ(レア)」とエンハンスソードを8本揃える以上にマゾい。
-ルーンブレイドは[[イストリーの滝>地名・地形/【イストリーの滝】]]の宝箱から確実に手に入る。
-ルーンブレイドは[[イストリーの滝>地名・地形/【イストリーの滝】#FF5]]の宝箱から確実に手に入る。
-ただ、ルーンブレイドは魔法剣がかからないため、魔法剣士のお供としては不適格。
-青は上記にある通りエクスカリパー+ゴブリンパンチがあるし赤は[[モーニングスター>武器/【モーニングスター】#FF5]]+後列がある。
更に魔法アビリティを装着している場合などは[[エアナイフ>武器/【エアナイフ】#FF5]]や[[属性強化>バトル/【属性強化】#FF5]]ロッドなどの択もあり全く困らない。
これがなくて困るのは繋ぎの武器がせいぜい短剣くらいしかない魔法剣士のみだろう。
----
売値は10000ギルと高価。


*&color(blue){FF6}; [#FF6]
崩壊後[[ニケア>地名・地形/【ニケア】]]、[[サウスフィガロ>地名・地形/【サウスフィガロの町】]]、[[コーリンゲン>地名・地形/【コーリンゲンの村】]]で買える店売りの武器として登場。価格は10000ギル。
本作では[[騎士剣>武器/【騎士剣】#FF6]]の扱いなので、[[ティナ>キャラクター/【ティナ・ブランフォード】/FF6]]・[[セリス>キャラクター/【セリス・シェール】#FF6]]・[[エドガー>キャラクター/【エドガー・ロニ・フィガロ】#FF6]]しか装備できない。
攻撃力も135とそこそこあるが、強力な武器が多く入手できるゲーム後半では霞んで見えてしまう。
しかし[[魔力>バトル/【魔力】#FF6]]が7も上がるうえ、[[魔法回避率>バトル/【魔法回避率】#FF6]]も+20するので入手した後はかなり使える武器である。
機械や魔法主体で武器を使わないなら盾代わりとして装備させても良いだろう。
-エドガーとの相性がイイと思う。
「[[機械>アビリティ/【きかい】#FF6]]」があるから「たたかう」なんてまずしないし、名称的にもなんかしっくりくるし。
魔力依存の機械もあるしね。
-ティナやセリスでも[[エクスカリバー>武器/【エクスカリバー】#FF6]]や[[ライトブリンガー>武器/【ライトブリンガー】#FF6]]を入手する
ゲーム最終盤まで十分装備するに値する武器。
FF6は魔法が強く、通常そんなに物理攻撃をおこなわないので、
武器においても攻撃力そのものより、装備補正のほうが重要だったりする。
-魔石[[ラグナロック>幻獣/【ラグナロック】#FF6]]を選んだ場合、この剣の二刀流も攻防一体スタイルとしてはなかなか強力。
特にティナとセリスには[[ミネルバビスチェ>防具/【ミネルバビスチェ】#FF6]]があるため、防御面の不安も少ない。
唯一エドガーは素直に盾を装備し、機械メインで戦ったほうがいいかもしれない。
//なおどうしてもティナやセリスに直接物理攻撃をさせたい時は、
//(なるべく前列に出て)アルテマウェポンで。
//-↑PS版だとバリアントナイフが一本しか手に入らないので
//実質アルテマウェポンはロックにゆずった方がいい。
//--ティナ、セリスにはライトブリンガーあるしね。
-SFC・PS版では[[バグ>裏技・バグ/【回避率バグ】]]のせいでたびたび物理攻撃を回避する。前作を知っていて違和感を感じた人もいるか?
物理回避率はゼロなので本来なら見られなかったはずのアクションなのだが、グラフィックはマインゴーシュあたりと同じものを持ってきているのか…?
----
その高い魔法回避率を生かして[[Vコーディー>裏技・バグ/【Vコーディー】]]にも使われたりする。
-これ+[[フォースシールド>防具/【フォースシールド】#FF6]]、[[フォースアーマー>防具/【フォースアーマー】#FF6]]、[[司祭の帽子>防具/【司祭の帽子】#FF6]]で110。
128を達成するにはアクセサリ枠も埋めなければならないので厳しいが……。
よっぽどレベルが低く、常に即死圏内等でない限り、魔回100超の回避率なら十分強力である。
----
[[コロシアム>地名・地形/【竜の首コロシアム】#FF6]]で[[クリスタルソード>武器/【クリスタルソード】#FF6]]を賭けると、これが景品になる(対戦相手は[[グラシャラボラス>モンスター/【グラシャラボラス】#FF6]])。単純な価値的にはランクダウン。
ただ、ラグナロックや[[ブラックフォース>モンスター/【ブラックフォース】]]経由でクリスタルソードを量産したが、エンハンスソードも揃えたい場合は
それを売った金で買うよりそれを賭けて入手した方が金銭的にお得ではある。
因みに、これを賭けてもしょうもないアイテム扱い故[[大先生>モンスター/【テュポーン】#FF6]]がお出ましになるので悪しからず。


*&color(blue){FF7}; [#FF7]
[[クラウド>キャラクター/【クラウド・ストライフ】/FF7]]の[[剣>武器/【剣】#FF7]]として登場。攻撃力+43、魔力+16、命中率+107。
[[ガイアの絶壁>地名・地形/【ガイアの絶壁】#FF7]]で入手可能な他、飛空艇入手後に[[アルジュノン>地名・地形/【アルジュノン】#FF7]]で12000ギルで購入も可能になる。
入手時期の割に攻撃力が低いが、[[マテリア穴>システム/【マテリア穴】#FF7]]が8・連結が4で成長率も1倍と、育成を両立できる点では[[最終武器>武器/【アルテマウェポン】#FF7]]にも勝る。
マテリアを多用したいプレイヤーには重宝する武器。
----
魔力補正も同クラスの武器の中では高い方。
後半に出てくる高ランク武器にはだいぶ負けるが、これまでのFFの傾向が一応見られる。
----
[[アルテマウェポン>武器/【アルテマウェポン】#FF7]]と入れ替えてもマテリアの付け直しが必要ない武器。


*&color(blue){FF11}; [#FF11]
[[ノートリアスモンスター>その他/【レアモンスター】#FF11]]「[[ブーネ>モンスター/【ブーネ】#FF11]]」が落とす、[[赤魔道士>ジョブ/【赤魔道士】#FF11]]専用の[[片手剣>武器/【剣】#FF11]]。
「[[魔法剣>魔法/【エン系魔法】#FF11]]が自身にかかっている」場合に潜在能力が発動し、
攻撃力や魔法剣のダメージを高めてくれる。
この剣より高性能な剣は存在しているが、赤魔道士にピッタリの能力を持つことや、
シリーズ定番の武器であること等から、人気は高い。


*&color(blue){FF14}; [#FF14]
カストルム・アバニアで入手できるLv69から装備可能なIL288の[[片手剣>武器/【剣】#FF14]]。
ゲームの性格上、特に魔力が高まるようなことはないが見た目は比較的人気の装備となっている。
----
詳細はこちら→[[エオルゼアデータベース「エンハンスソード」>http://jp.finalfantasyxiv.com/lodestone/playguide/db/item/47b57bcb33b/]]


*&color(blue){FF15}; [#FF15]
[[ノクト>キャラクター/【ノクティス・ルシス・チェラム】#FF15]]が使用する[[片手剣>武器/【剣】#FF15]]の一つ。
----
クリア後に行ける[[フォッシオ洞窟>地名・地形/【フォッシオ洞窟】]]の[[脅威ダンジョン>ストーリー/【封印の扉】]]の中で拾う事ができる。
----
特別な効果は備えていないが、
最高ランクの攻撃力を誇る片手剣。


*&color(blue){DFF}; [#DFF]
Lv71以上で装備できる[[剣>武器/【剣】#DFF]]。ATK+49、バトル開始BRV+30%の効果がある。
ショップで[[ルーンブレイド>武器/【ルーンブレイド】#DFF]]、[[断罪の魔石>アイテム/【断罪の魔石】#DFF]]×3、[[グリーンジェム>アクセサリ/【ジェム】]]と22510ギルでトレードできる。

**&color(blue){UT版}; [#DFFUT]
素材のグリーンジェムが[[烈火の砂>アクセサリ/【砂】]]×4に変更された。

**&color(blue){DDFF}; [#DDFF]
装備Lv60以上の[[剣>武器/【剣】#DDFF]]。ATK+54、バトル開始BRV+30%の効果がある。
[[珊瑚の剣>武器/【さんごの剣】#DDFF]]、ガガゼト鋼材、[[英雄の想い>アクセサリ/【想い】]]×5、113800ギルでトレードできる。


*&color(blue){DFFAC}; [#DFFAC]
[[ティナ>キャラクター/【ティナ・ブランフォード】/DFF#DFFAC]]の[[スキンセット>システム/【スキンセット】]]に設定できるウェポンの一つ。
最初から所持している。


*&color(blue){DFFOO}; [#DFFOO]
**&color(blue){WOL}; [#DFFOOwol]
「エンハンスソード【I】」。☆5の[[剣>武器/【剣】#DFFOO]]。
[[WOL>キャラクター/【ウォーリア・オブ・ライト】#DFFOO]]の[[相性装備>システム/【相性装備】]]で、相性性能は「輝ける加護」。
装備時の性能(+相性)は下記。
|~Lv|~HP|~初期BRV|~最大BRV|~攻撃力|~防御力|~最大CP|
|1|132(+26)|53(+10)|436(+87)|150(+30)|75(+15)|15|
|35|132(+26)|223(+44)|2449(+489)|850(+170)|75(+15)|80|
----
相性性能「輝ける加護」により、「[[シャインシールド>特技/【シャインシールド】#DFFOO]]」使用時に対象としたキャラの[[ブレイブ>システム/【ブレイブ】#DFFOO]]を初期BRVの50%分アップするようになる。

**&color(blue){バッツ}; [#DFFOObutz]
「エンハンスソード【V】」。BURSTの[[剣>武器/【剣】#DFFOO]]。
[[バッツ>キャラクター/【バッツ・クラウザー】/DFF#DFFOO]][[専用BT武器>武器/【専用武器】#DFFOO]]かつ[[相性装備>システム/【相性装備】]]で、相性性能は「クリスタルに眠る勇者の心」。
装備時の性能(+相性)は下記。
|~Lv|~HP|~初期BRV|~最大BRV|~攻撃力|~防御力|~最大CP|
|1|103(+20)|340(+68)|3399(+679)|1133(+226)|55(+11)|130|
----
相性性能「クリスタルに眠る勇者の心」により[[バーストモード>バトル/【バーストモード】#DFFOO]]が使用可能になり、バーストモード終了時にフィニッシュバースト『[[クイック魔法剣二刀流みだれうち>特技/【魔法剣二刀流みだれうち】#DFFOO]]』が発動する。
フィニッシュバーストの詳細は該当記事を参照。

**&color(blue){ティナ}; [#DFFOOtina]
「エンハンスソード【VI】」。☆5の[[剣>武器/【剣】#DFFOO]]。
[[ティナ>キャラクター/【ティナ・ブランフォード】/DFF#DFFOO]][[専用装備>武器/【専用武器】#DFFOO]]かつ[[相性装備>システム/【相性装備】]]で、相性性能は「降り注ぐ流星」。
装備時の性能(+相性)は下記。
|~Lv|~HP|~初期BRV|~最大BRV|~攻撃力|~防御力|~最大CP|
|1|80(+16)|106(+21)|795(+159)|265(+53)|49(+9)|35|
----
相性性能「降り注ぐ流星」により、「[[メテオ(詠唱)>魔法/【メテオ】#DFFOOtina]]」の攻撃力アップ期間が延長される。
さらに「メテオ+」のBRV威力がアップし、攻撃対象に付与される素早さダウンの期間が延長される。

**&color(blue){ザックス}; [#DFFOOzack]
「エンハンスソード【VII】」。☆5の[[大剣>武器/【大剣】#DFFOO]]。
[[ザックス>キャラクター/【ザックス・フェア】#DFFOO]][[専用EX武器>武器/【専用武器】#DFFOO]]かつ[[相性装備>システム/【相性装備】]]で、相性性能は「力の解放」。
装備時の性能(+相性)は下記。
|~Lv|~HP|~初期BRV|~最大BRV|~攻撃力|~防御力|~最大CP|
|1|132(+26))|145(+29)|1018(+203)|360(+72)|75(+15)|70|
|35|132(+26)|315(+63)|3178(+635)|1080(+216)|75(+15)|80|
----
相性性能「力の解放」により、EXアビリティ『[[アポカリプス>特技/【アポカリプス】#DFFOO]]』を使用できるようになる。
アビリティの詳細は該当記事を参照。
----
加えて、限界突破効果により、以下の[[パッシブ>システム/【パッシブ】#DFFOO]]を習得できる。
-1回目:アポカリプスパワー
『アポカリプス』の与えるBRVダメージを小アップ
-2回目:アポカリプスリキャストアップ
『アポカリプス』のリキャストスピードを小アップ
-3回目:力の解放ベースアタック
EX武器「エンハンスソード【VII】」またはパッシブ「力の解放」装備時
自身の初期BRV小アップと攻撃力中アップ
----
真化させることでEX+武器「エンハンスソード【VII】+」に変化する。
真化効果は「アポカリプスフォースアドバンスHPドレイン」。
『アポカリプス』使用時、以下の効果が発動する。
-BRV威力中アップ。
-奪ったBRVを最大BRVを超えて加算する上限を小アップ。
-与えた合計HPダメージに応じて自身のHP大回復。回復量の上限は、自身の最大HPの20%分。

加えて、現界突破効果により、以下のパッシブを習得できる。
-1回目:力の解放エクステンドアタックブーストアップ
EX+武器「エンハンスソード【VII】+」またはパッシブ「力の解放エクステンド」装備時、自身の最大BRV中アップと攻撃力大アップ。
-2回目:ハードラッシュバフスタートHPリーブ++
--クエスト開始時、自身に7ACTION「最大BRV極大アップ」「HPリジェネ」を付与。
--自身のHPが最大HPの50%以上の時、敵の攻撃でHPダメージを受けても必ず1残る。
--「通常BRV攻撃」「BRV攻撃+」が「BRV攻撃++」に変化し、以下の効果が発動する。
---BRV威力小アップ。
---自身をターゲットにしている敵が存在する時、BRV威力アップ。
--「通常HP攻撃」「HP攻撃+」が「HP攻撃++」に変化し、以下の効果が発動する。
---近距離物理BRV攻撃+HP攻撃に変化。
---自身をターゲットにしている敵が存在する時、BRV威力アップ。
---奪ったBRVを最大BRVを超えて加算する。上限は自身の最大BRVの120%分。
---HPダメージを与えた時のBRV加算量小アップ。
-3回目:アポカリプスBRVHPヒットプラスフォースアドバンス
--『アポカリプス』使用時、以下の効果が発動する。
---「6HIT全体魔法BRV攻撃+全体HP攻撃」が「4HIT全体魔法BRV攻撃+全体HP攻撃+7HIT全体魔法BRV攻撃+全体HP攻撃」に変化し、合計BRV威力も極大アップ。
---与えた合計HPダメージの20%分、自身のBRVをアップさせる。
--EX+武器「エンハンスソード【VII】+」またはパッシブ「力の解放エクステンド」装備時、自身の奪ったBRVを最大BRVを超えて加算する上限を小アップ。

最大強化ボーナススフィアは「ターゲットアタックBRVアップ」。スフィアグループはB。
自身を狙っているターゲットに攻撃した後、自身に自身の初期BRVの40%分のBRVを加算。
1回の行動での効果発動は1回のみ。


*&color(blue){FFL}; [#FFL]
黄昏の章で販売している[[剣>武器/【剣】#FFL]]。
[[知性>バトル/【知性】#FFL]]と[[精神>バトル/【精神】#FFL]]に各+5の装備補正が付いている。
[[赤魔>ジョブ/【赤魔道士】#FFL]]にとっては中々心強い武器だろう。


*&color(blue){FFRK}; [#FFRK]
FF3、FF4、FF5、FF6、FF7、FF9、FF10から[[剣>武器/【剣】#FFRK]]として登場している。
-「エンハンスソード【III】」
レア6。[[イングズ>キャラクター/【イングズ】#FFRK]]の覚醒奥義「[[ティターンソリッド>特技/【ティターンソリッド】#FFRK]]」付き。修得ボーナスは[[攻撃力>バトル/【攻撃力】#FFRK]]+10。
-「エンハンスソード【IV】」
レア5。[[セオドア>キャラクター/【セオドア】#FFRK]]のバースト超必殺技「[[ホーリークロス>特技/【ホーリークロス】#FFRK]]」付き。修得ボーナスは攻撃力+10。
Lv20のステータスは攻撃137、[[命中>バトル/【命中率】#FFRK]]95。
2016/12/2、FF4TAイベント「最後の赤き翼」で追加された。
-「エンハンスソード【V】」
レア3。[[魔力>バトル/【魔力】#FFRK]]が5上がる。ステータスは下記。()は共鳴時。
|~Lv|~[[攻撃>バトル/【攻撃力】#FFRK]]|~魔力|~[[命中>バトル/【命中率】#FFRK]]|
| 1|19(42) |5|89|
|10|33(77) |~|~|
|15|40(99) |~|~|
|20|47(121)|~|~|
|25|55(143)|~|~|
-「エンハンスソード【VI】」
レア5。[[ティナ>キャラクター/【ティナ・ブランフォード】#FFRK]]の専用必殺技「[[トランス・ファイラ>アビリティ/【トランス】#FFRK]]」付き。
Lv20時のステータスは攻撃82、魔力110、命中95。
-「エンハンスソード【VII】」
レア6。[[クラウド>キャラクター/【クラウド・ストライフ】/その他#FFRK]]の閃技「[[幻想と真実の心>特技/【幻想と真実の心】#FFRK]]」付き。修得ボーナスは攻撃力+10。
2020/2/29、FF7イベント「星の危機訪れしとき」装備召喚第1弾で追加された。
-「エンハンスソード【CCVII】」
レア6。共鳴時に風属性強化【小】の効果を持つ。
[[ザックス>キャラクター/【ザックス・フェア】#FFRK]]のリミットチェイン超必殺技「[[ラッキースター>特技/【ラッキースター】#FFRK]]」付き。修得ボーナスは攻撃力+10。
Lv25時のステータスは攻撃172、命中95。
武器としての性能は「[[フォースイーター【VII】>武器/【フォースイーター】#FFRK]]」と同じ。
2016/12/31、FF7イベント「Awakening Cloud」で追加された。
同時期に登場した「フォースイーター【VII】」、「[[オーガニクス【I】>武器/【オーガニクス】#FFRK]]」、「[[父王の剣【XV】>武器/【父王の剣】#FFRK]]」、「[[プレミアムハート【VII】>武器/【プレミアムハート】#FFRK]]」と同じ攻撃力で登場時点の全装備の攻撃力ランキング同率1位。
-「エンハンスソード【IX】」
レア5。共鳴時に炎属性強化【小】の効果を持つ。
[[スタイナー>キャラクター/【アデルバート・スタイナー】#FFRK]]のバースト超必殺技「[[己の騎士道>特技/【己の騎士道】#FFRK]]」付き。修得ボーナスは攻撃力+10。
Lv20時のステータスは攻撃133、命中95。
FF9イベント「こころのありか」で追加された。
-「エンハンスソード【X】」
レア7。水属性強化【小】の効果を持つ。
[[パイン>キャラクター/【パイン】#FFRK]]のシンクロ奥義「[[斬騎・アクアセイバー>特技/【アクアセイバー】#FFRKZanki]]」付き。
2020/5/31、FF10イベント「キミと出会えた物語」装備召喚第1弾で追加された。


*&color(blue){FFEX}; [#FFEX]
[[長剣>武器/【剣】#FFEX]]の1つ。


*&color(blue){FFBE}; [#FFBE]
 持ち主の知性を高めてくれるといわれる剣。その特性から、魔法剣士たちにも広く愛用されている。
 魔法剣に使われることも多いことから、魔力を通しやすい原料を用いて作られている。
 使用者層の影響からか、他の剣に比べれば比較的軽く、振り回しやすい。
 剣としての攻撃力も併せ持つため、戦士たちには扱いやすいと評判になっている。
[[眠れる獅子>モンスター/【眠れる獅子】#FFBE]]の初討伐報酬で貰える[[片手剣>武器/【剣】#FFBE]]。攻撃+82、魔力+23。
トラストマスターを持っていなければ十分出番はある。