特技/【フレイムショット】 の変更点


 #contents
 
 *&color(blue){FF5(GBA版)}; [#FF5GBA]
 [[砲撃士>ジョブ/【砲撃士】#FF5GBA]]のアビリティ「[[合成>アビリティ/【合成】#FF5GBA]]」で[[通常弾>アイテム/【通常弾】#FF5GBA]]と[[かとんのじゅつ>アイテム/【かとんのじゅつ】]]を組み合わせると使用できる攻撃。
 敵全体に火属性ダメージを与える。
 また[[炸裂弾>アイテム/【炸裂弾】]]と組み合わせると「フレイムバースト」、[[波動弾>アイテム/【波動弾】#FF5GBA]]と組み合わせると「フレイムキャノン」。
 弾の強さにあわせて、威力が強力になる。
 
 
 *&color(blue){FF8}; [#FF8]
 [[アーヴァイン>キャラクター/【アーヴァイン・キニアス】#FF8]]の[[特殊技>バトル/【特殊技】#FF8]]『[[ショット>アビリティ/【ショット】]]』で使える物理タイプの技。
 [[火炎弾>アイテム/【火炎弾】]]を用いて、敵全体に炎属性のダメージを与える。攻撃力は40で、速射間隔は1.2秒。
 -アーヴァイン「汚物は消毒だ~!」
 ----
 敵全体に炎属性のダメージを与えることができる。
 攻撃力もそこそこあり、また一発当たりの射出時間もそれほど長くないため、
 炎耐性がない敵であれば十分魅力的な攻撃手段になりうる。
 MD層のほか、天国に一番近い島でモルボルやオチューと戦闘するときなどに便利。
 -呪いの爪目当てでモルボル狩りをする時に役に立つ かも。
 ----
 着弾した瞬間に炎が炸裂するのではなく、なんと炎を伴った弾を曲射している。
 余りにも危険過ぎる技だが、アーヴァインは表情を変えずに行う。
 -銃身が熱くなりそう。最初から燃えているんだもんなぁ。
 --[[レーザー>特技/【ハイパーショット】]]も撃てるんだから、たぶん大丈夫でしょう。
 //-銃を撃たれても軽傷しか負わない世界観なのに銃身が大丈夫かとか滑稽な突込みであるなw
 銃の話題になると妙にリアルを意識してくる人が多い。
 --発砲時の火花で着火するドラゴンブレス弾なるものは存在するが、
 焼夷弾の一種でフレイムショット程炎を伴わないし着弾時に爆発もしない。
 ----
 どうせなら炎属性以外のショットがあってもいいのに…と思わなくもない。
 まあ「炎属性の弾丸」というのはイメージしやすいのかもしれないが。
 *&color(blue){FFRK}; [#FFRK]
 [[アーヴァイン>キャラクター/【アーヴァイン・キニアス】#FFRK]]のバースト超必殺技。[[ベテルギウス【VIII】>武器/【ベテルギウス】#FFRK]]に付いており、修得ボーナスは[[攻撃力>バトル/【攻撃力】#FFRK]]+10。
 
 敵全体に5回連続の炎&無属性遠距離物理攻撃でダメージを与え、
 [[攻撃力>バトル/【攻撃力】#FFRK]]と[[防御力>バトル/【防御力】#FFRK]]を一定時間ダウン(大)させ、
 自身を[[ヘイスト>バトル/【ヘイスト】#FFRK]]、バーストモード状態にする。
 
 バーストアビリティはいずれも物理補助。
 -「アタックスナイプ」:敵単体に遠距離物理攻撃でダメージを与え、[[攻撃力>バトル/【攻撃力】#FFRK]]と[[魔法防御力>バトル/【魔法防御】#FFRK]]を一定時間ダウン(小)。
 -「マジックスナイプ」:敵単体に遠距離物理攻撃でダメージを与え、[[魔力>バトル/【魔力】#FFRK]]と[[防御力>バトル/【防御力】#FFRK]]を一定時間ダウン(小)。