特技/【獄門】 の変更点


 [[獄門>http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%8D%84%E9%96%80]]とは死刑の一種で、別名晒し首とも呼ばれている刑罰。
 エアリス殺しの技に相応しい名前かもしれないが、別段これ自体に串刺しの意味はない。
 英語版では'''''Hell's Gate'''''
 ----
 スクエニメンバーズではアバター用の獄門モーションが200Crystaで販売されている。
 男性用・女性用両方あるが、女性用だと立て膝がちょっと内股になっている。
 ----
 #contents
 
 *&color(blue){FF14}; [#FF14]
 [[ギルガメッシュ>キャラクター/【ギルガメッシュ】/その他#FF14]]が使う技。
 [[ギルガメッシュ>キャラクター/【ギルガメッシュ】/その他#FF14]]が使う「大捕物」の後のトドメ技。
 セフィロスみたいに刺すものではなく、鎖でがんじがらめにして絞め殺す。
 対象にされたプレイヤーは身動きが取れなくなり、他のプレイヤーが鎖を破壊する必要がある。
 ギルガメッシュから近ければ近いほど鎖が固くなるため、「獄門」の文字が見えたら直ぐ離れる必要がある。
 
 大捕物の対象にされたプレイヤーは身動きが取れなくなり、他のプレイヤーが鎖を破壊する必要がある。
 ギルガメッシュから近ければ近いほど鎖が固くなるため「大捕物」の文字が見えたら直ぐ離れる必要がある。
 *&color(blue){DFF}; [#DFF]
 [[セフィロス>キャラクター/【セフィロス】/DFF]]の空中[[HP攻撃>バトル/【HP攻撃】]]。
 刀を突き立てるようにして急降下し、地面に叩きつける。
 原作のFF7で、[[エアリス>キャラクター/【エアリス・ゲインズブール】#FF7]]を殺害するときにとった動作と同じである。
 落下中は[[ブレイブ>システム/【ブレイブ】]]を奪い、HPを削るのは地面に突き刺した時だけ。
 強制的に地面に落下する技のため、
 足元を見て使わないと、デジョントラップに真っ逆様なんてこともある。
 このため、[[星の体内>地名・地形/【星の体内】#DFF]]などデジョントラップのあるマップでは使わないほうがいい。
 -その醜態を公式HPのプレイ動画で曝したことが、ネタ化に拍車をかけたような気もしないではない
 -実は星の体内で正確に足場に落下すると、
 地上回避では回避できない位置に敵を追い込むことができる。
 (足場が狭いため)
 決して同フィールドと相性が悪いわけではない。
 --星の体内は非常に高低差があるため、天井近くでヒットさせればかなりのダメージを叩きだせる。
 あくまでもそんな場所で都合よくヒット&上手く中央に着地できた場合の話だが。
 -約束の地へ………ピチュン
 ----
 実は「獄門」という技名は[[エアガイツ>その他/【エアガイツ】]]が元祖。
 ----
 「[[約束の地へ……>設定/【約束の地】#FF7]]」
 //空耳ネタを勝手に付け足さないでください。Extraの【空耳】でどうぞ。//
 ----
 ちなみに着地時に周りの地面を突き上げる。隙はでかいので多用は禁物。
 かといってEXガード時に行うとかわされる。使い所が重要。
 -回避のタイミングが早すぎると隆起した地面にぶつかるので注意。
 地上戦メインで戦うときは、使われると結構厄介な技。
 ただし慣れると案外簡単にオルガできる。
 ----
 ラストオーダーで「母さん、俺と一緒に約束の地へ…」と言いつつ
 ライフストリームへ投身自殺したのが元ネタなんだろうか。
 **&color(blue){海外版}; [#DFFUS]
 溜め押しに修正され、
 かつUTで修正された溜め押し技をEX発動でキャンセルするテク(通称:EXキャンセル)は残っていた。
 その為、獄門からEXキャンセルでフェイント。
 そこから更に追い打ちと言う連携が可能だった。
 実用性はそこまで高くなかったので、浪漫や魅せ技の域は脱しなかったが。
 
 **&color(Blue){UT版}; [#DFFUT]
 発動方法が変更となり、ボタンを押し続けることで無印同様に地面まで落下。
 それまでにボタンを離すと落下を中断して周囲を斬り払う仕様になっている。
 中断時はボタンを離してからの発生が極めて早い。
 飛び上がり→落下中の軌道修正がし易くなり攻撃範囲も広がった。
 -上から使われると見づらさも相まって結構厄介。
 自分で使うよりも相手に使われると嫌な技である。
 ----
 公式には発表されていないが、地面到達時のHP攻撃判定の持続時間が延長されているとの指摘がある。
 これにより反撃のタイミングを誤って突っ込んでしまうとHPダメージを食らう事故が起きやすい。
 また、中断した場合の挙動はほぼ単発HPと同等なのでEX弾きにも強い。
 さらに中断可能になったことにより気軽に出せ、結構ぶっぱ上等な性能に引き上げられた。
 ----
 新技の天照が上に強い技であり、それ以外の技も軒並み上下誘導が強くなっているため、
 元々そういうコンセプトのキャラというわけではなかったとはいえ、
 「セフィロスは上下に弱い」とはもう言えなくなっていると思われる。
 ----
 空中版のHP判定がよく分からない技。
 近接強同士でかち合うので近接強かと思えば、何故か遠隔攻撃を弾けない。
 //-ちょっとメモ-//
 //落下中の判定は近接強なので遠隔を弾くことは出来るが何故かHP判定部分は遠隔を弾けないと言う意味//
 //皇帝フレア(空中)相手に検証してみると分り易い。//
 また、相手の近接強に当たる瞬間に空中判定を出すと一方的に勝てたりする。
 →[[有志が検証した動画>http://www.nicovideo.jp/watch/sm8196622]]
 
 **&color(blue){DDFF}; [#DDFF]
 [[あのシーン>ストーリー/【エアリスの死】]]が再現できるようになってしまった・・・。
 しかも何の偶然かエアリスのホーリー詠唱中に狙われることが多いゲーム仕様となっている。
 -スタッフもホーリー阻止に獄門を推しているので偶然ではない。
 まぁ一種のネタ。
 ----
 敵セフィロスが使うとやたら追尾して落下してくるためかなり怖い。
 ----
 前作ではシャントットのハメ(?)が存在していた。
 今作では相手がアシストをブロックした直後にタイミングよくヒットさせると、
 空中でホッピングを繰り返しつつ上昇し続けるというバグが存在した。
 某動画でガーランド相手に偶然発見されたものが載っている。
 「獄門」という名称や原作での扱いとは裏腹に、毎度毎度ネタを提供してくれる技である。
 -アシストをブロックする必要は無いようで、
 アシストが攻撃をヒットさせた直後に獄門をヒットさせ発生したケースもある。
 ある程度の高さが無いと発生しない様子。
 ----
 【視聴覚室】
 #nicovideo(sm13858427)
 
 *&color(blue){DFFAC}; [#DFFAC]
 [[セフィロス>キャラクター/【セフィロス】/DFF#DFFAC]]の[[ダッシュ>バトル/【ダッシュ】#DFFAC]][[ブレイブ攻撃>バトル/【ブレイブ攻撃】#DFFAC]]( ↓+II・長押し可 )。
 跳躍して突きを仕掛ける下降攻撃で、長押し中は落下し続ける。
 空中で止めた場合は衝撃波を発して弾き飛ばし、着地まで続行した場合は地面を隆起させて吹き飛ばす。
 ジャストキャンセルダッシュに対応しているが、タイミングはシビア。
 ブレイブダメージは16×2~+464の合計496~。
 ----
 ''・&color(red){Ver1.320};(&color(blue){2016/11/10};)''
 降下技の不具合修正で、空中ヒット時に敵を零し難くなっている。
  
 ''・&color(red){Ver1.361};(&color(blue){2017/03/09};)''
 降下技の不具合再修正で、敵を零し難くなった。
  
 ''・&color(red){Ver1.420};(&color(blue){2017/09/07};)''
 スタン発生時に攻撃判定が残るため、中断処理の対象となった。
 
 
 *&color(blue){FFRK}; [#FFRK]
 [[セフィロス>キャラクター/【セフィロス】/その他#FFRK]]の専用必殺技。
 敵全体に物理攻撃を行う必殺技。
 DFF同様、エアリス殺害時のような動作で刀を地面に叩きつける。
 敵として登場した[[セフィロス>モンスター/【セフィロス】#FFRK]]も使用する。
 ----
 必殺技が付いている武器は[[正宗【VII】>武器/【正宗】#FFRK]]。