設定/【時間圧縮】 の変更点


 ''【関連項目】''
 →[[地名・地形/【時間圧縮世界】]](FF8)
 →[[ffex:【魔女考察】#CompressionofTime]]
 ----
 #contents
 
 *&color(blue){FF8}; [#FF8]
 FF8のみに登場する時間魔法の一種。
 時間と空間を圧縮することで、時代が溶け合って融合し、
 以後は『時間圧縮』を発動した者以外の存在が保証されない世界になる。
 ----
 チュートリアルで見られる情報。
 >なぞ。どのような状態になるか不明。
 あらゆる「いま」が圧縮されてしまうと考えられている。
 全ての時代の魔女の力が合わさって魔女はとてつもない力を得ることが予想される。
 それに対して、普通の人間がどうなるのかは分からない
 
 確かに具体的な事象を表現するのは難しいとはいえ、説明が少々投げやりである。
 ----
 過去、現在、未来を一つにするらしい。
 ある意味時間が存在しない点で、「無」の世界と言えるかもしれない。
 ----
 『時間圧縮』後も[[スコール>キャラクター/【スコール・レオンハート】/FF8]]達が無事だったのは、[[ラグナ>キャラクター/【ラグナ・レウァール】#FF8]]が『愛と友情、勇気の大作戦』で話していた通り、
 パーティーが仲間どうし、お互いの存在を消さずに信じ合ったおかげである。
 発動後ルナティックパンドラから海底に飛ばされ、海底からさらに空へ飛ばされる
 上空にいたウミネコは幻術にかかったかのように姿を変え
 7のEDでセフィロスと戦う前のようなトンネルのような空間を通り、はじまりの部屋へ飛ばされることになる。
 (ただし、ラストバトルの段階では『時間圧縮』が未完了だったため、完了時には消滅する可能性もある)
 なお、[[CC団>設定/【CC団】]]や[[カードクイーン>キャラクター/【カードクイーン】]]が消滅せずに済んだ理由については明らかになっていない。
 -スコールの仲間でありCC団の仲間でもある[[キスティス>キャラクター/【キスティス・トゥリープ】#FF8]]がつなぎとめたのだろうか。
 -[[時間圧縮世界>地名・地形/【時間圧縮世界】]]の記事にもある通り、
 フィールドに出ても「人が住んでいたり、利用したりしている場所」は全て青い光に包まれ入れなくなっている。
 が、[[ショップ呼び出し>アビリティ/【ショップ呼び出し】]]や[[ジャンク屋呼び出し>アビリティ/【ジャンク屋呼び出し】]]を使えば、
 各町のショップやジャンク屋を利用することが可能。
 つまり、ショップやジャンク屋の店主も無事だということがいえる。
 彼らが無事な理由としてはその飽くなき商売魂に尽きる。と思う。
 -『愛と友情、勇気の大作戦』の発案者であるはずのラグナ本人はなぜか時間圧縮に巻き込まれている…。
 --ラグナ「実はエルオーネにもスコールにも信頼されていませんでした」
 --レインの件を相当後悔していて、本人がレインの時間に引っ張られてしまったんだと予想。
 ----
 [[はじまりの部屋>地名・地形/【はじまりの部屋】]]の[[セーブポイント>システム/【セーブポイント】#FF8]]の所を出た後に戦うことになる[[魔女>モンスター/【『魔女』】]]達は、
 『時間圧縮』の効果で、時空のかなたから現れたらしい。
 -KH3Dの終盤でも歴代の闇の探求者が時空を越えて一堂に会した。設定は大分に違うが。
 ----
 [[サイファー>キャラクター/【サイファー・アルマシー】#FF8]]を倒した後は、後戻りできない状態になるので、
 発生前のDisc3のセーブを別途用意しておく事をお勧めする。
 -[[もう戻れねえんだよ!どこも行けねえんだよ!>セリフ/【もう戻れねえんだよ!どこも行けねえんだよ!】]]
 -予備セーブ無しでアビスにセーブしたのと似たような状態に陥る。
 -次回作でも終盤に入れる場所がなくなるが、やることが色々と発生する。
 ----
 CC団のダイヤの言葉が興味深い。
 「個人は、連続した時間の同じ軸にはいないから、圧縮が進めば進むほど希薄な存在になるということね」
 
 
 *&color(blue){DFF・DDFF}; &aname(DFF){}; &aname(DDFF){}; [#DFFDDFF]
 [[アルティミシア>キャラクター/【アルティミシア】#DFF]]の目論見。
 目的は、DFF世界の運命から逃れて自身が存続するためで、自分だけの世界を創ろうとしていた。
 また、[[EXバースト>バトル/【EXバースト】#DFF]]の[[技名>特技/【時間圧縮】]]でもある。
 -自分ひとりじゃできないはずだけど、その辺はスルーされている。
 原作に関連した単語を出すことは極力避けられているみたいだから仕方ないのか。
 --「神竜が来るまで生き延びる」「戦いが終わると神竜が時間を巻き戻す」
 などのセリフがあることから、神竜の力を利用するつもりだったのかもしれない。
 具体的に何をどうするのかは全くの不明だが。
 また永い戦いによって十分な力を蓄えられた、という趣旨のセリフもある。
 神竜による再生を何度も観察・体験しているうちに完全な時間圧縮の方法を見つけたのだろうか。
 -おそらく神竜に時間を巻き戻される前に自分を時間圧縮世界へ逃げ込ませて
 自分ひとりだけが唯一の存在となれる世界を作りたかったと思われるが・・・
 皇帝の主張にしろこいつの主張にしろ、意味があるのかどうか疑問に思う「支配」である
 --この魔女は極端な個人主義だから、
 自分自身だけ支配できればいい、他は消えてくれということだろう。
 --個人主義と言うより超常の力を持つ魔女ゆえ嫌悪され恐怖される、
 なら自分以外が存在しなければ自分を虐げる者もいないって発想。
 -DDFFでの台詞「この世界のくだらない摂理を停止させ 私が世界で唯一の存在となる」
 ----
 [[アルティミシア城(真)>地名・地形/【アルティミシア城】#DFF]]マップのエフェクト。
 通常歯車は停止し、破壊したらせん状の床は戻ることは無いが、
 時間圧縮が発生すると歯車が回転しだし、破壊した床が元に戻る。
 また、ランダムでマップブレイブが変化する。
  
 ちなみに回転している歯車に触れるとブレイブダメージを受ける。
 ----
 発売前は、時間圧縮の影響でDFFの世界を作り出されたのではないか、と一部のファンは推測していた。