青魔法・敵の技/【エアロガ】 の変更点


 風属性攻撃魔法「エアロガ」には青魔法バージョンが登場する作品も存在する。
 ----
 関連項目
 →[[エアロ系>魔法/【エアロ系】]]:[[エアロ>魔法/【エアロ】]]/[[エアロラ>魔法/【エアロラ】]]/[[エアロガ>魔法/【エアロガ】]]/[[エアロジャ>魔法/【エアロジャ】]]
 →[[トルネド>魔法/【トルネド】]]
 →エアロ系(青魔法):[[エアロ(青魔法)>青魔法・敵の技/【エアロ】]]/[[エアロラ(青魔法)>青魔法・敵の技/【エアロラ】]]/エアロガ(青魔法)
 ----
 #contents
 
 *&color(blue){FF5}; [#FF5]
 下位の[[エアロ>青魔法・敵の技/【エアロ】#FF5]]共々[[青魔法>青魔法・敵の技/【青魔法】#FF5]]に移った。今作では[[エアロラ>青魔法・敵の技/【エアロラ】#FF5]]も青魔法として初登場している。
 単体・全体に対象変更できるが、[[リフレク>バトル/【リフレク】#FF5]]で反射される。
 攻撃力140、消費MP24。[[ファイガ>魔法/【ファイガ】#FF5]]など他の[[ガ系魔法>魔法/【ガ系魔法】]](攻撃力185)より攻撃力が低い。
 消費MPはガ系黒魔法より1だけ低い24。
 -下位魔法のエアロは、[[ファイア>魔法/【ファイア】#FF5]]など他属性の下位魔法より攻撃力が高い。
 エアロラは他のラ系攻撃魔法と互角の威力である。
 -エアロは消費4で攻撃力20、三色ア系は消費4で攻撃力15。ラ系は全て消費10で攻撃力50。
 エアロガは消費24で攻撃力140、三色ガ系は消費25で攻撃力185。
 比較するとエアロガだけ攻撃力が低く設定されていることが分かる。
 ----
 最も早く[[ラーニング>バトル/【ラーニング】#FF5]]するには、[[ギードの祠>地名・地形/【ギードの祠】]]で[[旋風魔神>モンスター/【せんぷうまじん】#FF5]]に変身した[[メタモルファ>モンスター/【メタモルファ】#FF5]]から。
 ただしメタモルファが旋風魔神に変身するパターンが出るまで待たなければならず、変身したとしても単体がけしかしないため、少々面倒である。
 -せんぷうまじんには地下二階と地下三階でしか変身しない。
 変身パターンが違う個体の場合はどれだけ待っても無駄。
 -イフリート/ワイバーンに変身する個体が旋風魔神に変身するパターン。
 当たりパターンで初回変身がハズレなら[[リターン>魔法/【リターン】]]を使えばよい。
 
 拘りがないなら、[[クリスタル(風)>モンスター/【封印を守る者】]]からの方が楽(こちらは全体化してくる上、強制戦闘)。
 ----
 第三世界では[[シルドラ>幻獣/【シルドラ】#FF5]]に代用される事も多くなる。
 単体のボス敵相手に味方全員で[[デルタアタック>裏技・バグ/【デルタアタック】#FF5]]すればかなりの威力が出るが、
 それなら元々の攻撃力で勝るガ系黒魔法でも使った方が良い。
 そのため、なかなか活躍の場がないのが現実。
 風属性弱点の[[全てを知る者>モンスター/【すべてをしるもの】#FF5]]に3人で挑み、デルタアタックでもかましてみる?
 -デルタアタック戦法するなら青魔法(というか[[ホワイトウインド>青魔法・敵の技/【ホワイトウインド】#FF5]])が必須に近いので、
 なんだかんだで使う機会あるよ。下記にもあるけど黒魔法より風属性の方が強化しやすいし。
 ----
 FF5の青魔法には攻撃魔法が少ないため、「青魔法に属する」という意味では価値がある。
 [[マインドブラスト>青魔法・敵の技/【マインドブラスト】#FF5]]もあるが単純な火力で見ると物足りないし、属性強化も全体化もできない。
  
 この魔法が属している「青魔法」自体が、
 どんなジョブにつけても活躍できる優秀なコマンドであるのも大きい。
 大半のジョブで装備可能な[[エアナイフ>武器/【エアナイフ】#FF5]]で[[属性強化>バトル/【属性強化】#FF5]]できるため、ジョブを選ばないという利点もある。
 手の空いた支援役などに使わせる攻撃手段としてはなかなか有用。
 -[[ミニマム>魔法/【ミニマム】#FF5]]で[[盾>防具/【盾】#FF5]]の[[回避率>バトル/【回避率】#FF5]]を上げる戦法を使いたい、
 でも[[小人状態>バトル/【小人】#FF5]]でダメージが通る魔法アビリティを覚えていない。
 そんな時は青魔道士にしてエアナイフを装備させ、エアロガを使うといい。
 ----
 味方が使う分には比較的便利という程度だが、敵が使うと非常に厄介な魔法に化ける。
 FF5では仕様上風属性への耐性を付けることが出来ない([[GBA版>防具/【フォースシールド】#FF5GBA]]除く)ため、
 被ダメージ軽減は[[魔法防御力>バトル/【魔法防御】#FF5]]上げと[[シェル>バトル/【シェル】#FF5]]頼みとなる。
 低レベルプレイの場合は発動が死とほぼ同義。使う敵が少ないのがせめてもの救い。
 ----
 [[アポカリョープス>モンスター/【アポカリョープス】#FF5]]が未修得の青魔法の1つ。
 ラーニングさせた後からこれを使って来るように。
 ----
 同エフェクト色違いに[[テールスクリュー>特技/【テールスクリュー】#FF5]]があるが、あちらの方が早くお目にかかる事になる。
 -あちらはエフェクトの緑色部分が青色に変わっている(下位魔法のエアロラの[[色違い>特技/【虹色の風】#FF5]]も同様)。
 
 **&color(blue){FF5(GBA版以降)}; [#FF5GBA]
 追加モンスター勢では[[ダークエレメント>モンスター/【ダークエレメント】#FF5GBA]](全種)が使用する。
 -上記のように(オメガ改を撃破しフォースシールドを入手するまでは)「風属性は耐性をつけられない」点を突いた攻撃パターン。
 [[Exダンジョン>地名・地形/【封印の神殿】]]で頻繁に複数で登場するうえ魔法倍率がかなり高いため、連発されるとネオエクスデス討伐後のパーティーでも全滅しかねない。
 
 *&color(blue){FF6}; [#FF6]
 [[ストラゴス>キャラクター/【ストラゴス・マゴス】#FF6]]の「[[おぼえたわざ>アビリティ/【おぼえたわざ】#FF6]]」の1つ。本作でも[[青魔法>青魔法・敵の技/【青魔法】#FF6]]である。
 FF6には風属性の下位魔法「エアロ」「エアロラ」が存在せず、この「エアロガ」だけが単独で登場している。
 使うと敵全体に風属性のダメージを与える。単体がけは不可能。消費MPは41。
 使用者は[[デスゲイズ>モンスター/【デスゲイズ】#FF6]]や[[鬼神>モンスター/【鬼神】#FF6]]など。
 -[[ゾゾ山>地名・地形/【ゾゾ山】]]の[[ストームドラゴン>モンスター/【ストームドラゴン】#FF6]]が一番手っ取り早い。
 ただしHPが減少して攻撃が激しくなった時に使うので、対策は万全に。
 -下記にあるように威力が高いので[[アイスシールド>防具/【アイスシールド】#FF6]]の装備中弱点となり、痛撃となりうる事に注意。
 デスゲイズに遭遇した際に、[[夢幻闘舞>特技/【夢幻闘舞】#FF6]]で最もダメージが期待出来る[[マッシュ>キャラクター/【マッシュ・レネ・フィガロ】#FF6]]が上記を装備していたために即死……。
 デスゲイズに遭遇した際に、[[夢幻闘舞>特技/【夢幻闘舞】#FF6]]で最もダメージが期待出来る[[マッシュ>キャラクター/【マッシュ・レネ・フィガロ】#FF6]]が
 上記を装備していたために即死……。
 -本作では青魔導士の登場が遅いので、エアロガの下位魔法があっても使い道が無いという事もあるのだろう。
 
 同じ「おぼえたわざ」の中に[[グランドトライン>青魔法・敵の技/【グランドトライン】#FF6]]があるため、イマイチ影が薄い。
 ----
 [[「おぼえたわざ」の一覧>青魔法・敵の技/FF6]]のページによれば、その中で最も威力が高い(効果値125)。
 レベル?ホーリーが120、グランドトラインが84、[[クエーサー>青魔法・敵の技/【クエーサー】#FF6]]が57。
 グランドトラインやクエーサーと違って魔法防御無視ではないが、消費MPも考慮すると結構有用かも。
 ちなみに普通の攻撃魔法はファイガ121、ブリザガ122、サンダガ120等となっている。参考に。
 ----
 「[[あばれる>アビリティ/【あばれる】#FF6]]」では、[[スプリンター>モンスター/【スプリンター】#FF6]]、[[マルコシアス>モンスター/【マルコシアス】#FF6]]で使用可
 **&color(blue){FF6(GBA版以降)}; [#FF6GBA]
 追加モンスター勢では[[アンラックズ(緑)>モンスター/【アンラックズ】#green]]([[スケッチ>アビリティ/【スケッチ】#FF6]]使用時のみ)、[[ドラゴンエイビス>モンスター/【ドラゴンエイビス】#FF6GBA]](スケッチ,[[あやつる>アビリティ/【あやつる】#FF6]]使用時のみ)、[[マジックドラゴン>モンスター/【マジックドラゴン】#FF6GBA]]、[[強化ストームドラゴン>モンスター/【ストームドラゴン】#FF6GBA]](スケッチ使用時も)、[[カイザードラゴン>モンスター/【カイザードラゴン】#FF6GBA]](風属性弱点時)、[[オメガウェポン>モンスター/【オメガウェポン】#FF6GBA]](第2段階以外)が使用する。
 *&color(Blue){FFEX}; [#FFEX]
 [[青魔法>青魔法・敵の技/【青魔法】#FFEX]]の1つ。