音楽/【バトル2】(FF4) の変更点


 #contents
 
 *&color(Blue){FF4}; [#FF4]
 通常のボス戦や、[[幻獣神の洞窟>地名・地形/【幻獣神の洞窟】]]の固定エンカウント、[[月の地下渓谷>地名・地形/【月の地下渓谷】]]後半の通常エンカウント敵相手に流れるBGM。
 緊迫したリズムとリズミカルな旋律は聴いていて飽きない、ボスバトルにふさわしい名曲。
 ちなみに「[[いいですとも!>セリフ/【いいですとも!】#FF4]]」のシーンの曲として多くのプレイヤーには認知されている。
 -何気にザコ戦の時のBGMと同様に例のイントロ(音程は違う)から始まる。
 -ラスダンではザコ戦として流れる演出は素晴らしいと思う。
 プレイヤーの緊張感を高めてくれる。
 -最初に流れるのは[[ミストドラゴン>モンスター/【ミストドラゴン】#FF4]]戦。
 -----
 曲のスピード感はFF4から導入されたATBの緊迫感を引き立ててくれる。
 ----
 これを聞くと毎回フェイズを思い浮かべるのは俺だけ?
 -俺はベヒーモスだな。
 -俺はメーガス三姉妹なんだが…
 -何故だろうオクトマンモスが出て来た。
 -私はミストドラゴン
 -俺は制御システム
 -マザーボムが思い浮かぶ自分は異端だろうか?
 -続編だがカイン編での悪カインがローザを引きづり回す→善カイン一行がそれを追うシーンが印象的だった。
 ----
 ファブールの6連戦などでは戦闘終了後も流れ続ける。
 リザルト画面になるDS版でも流れ続け、敵を倒しても気の抜けない感じが出ている。
 -ギルバートが[[転んだ直後>セリフ/【うわあ!】#FF4]]からは[[ピンチの時に流れる曲>音楽/【脱出】#FF4]]が代わりに流れる。
 
 ちなみに戦闘終了後も流れ続ける曲は[[ビッグブリッヂの死闘>音楽/【ビッグブリッヂの死闘】]]、[[幻獣を守れ!>音楽/【幻獣を守れ!】]]などがある。
 ----
 [[ダークドラゴン>モンスター/【ダークドラゴン】#FF4]]や[[カルコブリーナ>モンスター/【カルコブリーナ】#FF4]]戦では変身直後に流れ始める。
 その前の戦闘に似つかわしくない曲から急に変わるので否が応にも気合が入る。
 ----
 バトル1との一番の違いは主旋律と副旋律でトランペットとバイオリンを交換していること。
 これによりバトル1はどこか優雅で快活な印象を与え、バトル2は流れる中での一瞬の緊張感を表現している。
 まさにボスの曲であろう。
 ----
 ちなみに海外版では「Fight2」に変更されている。
 3や5のは「Battle2」のままなのに・・・何故4だけ?
 ----
 ''【視聴覚室】''
 絵が気になって曲が聞けない。アレンジは神なのに
 -PSP版のFF1はこれを使うべきだった。
 #nicovideo(sm2287505)
 
 **&color(blue){FF4(GBA版)}; [#FF4GBA]
 [[デスマシーン>モンスター/【デスマシーン】#FF4GBA]]や[[プリンマスター>モンスター/【プリンマスター】#FF4GBA]]等の追加ボスにも使われている。
 また、[[モンスター図鑑>システム/【モンスター図鑑】#FF4GBA]]では[[デモンズウォール>モンスター/【デモンズウォール】#FF4]]やラストダンジョンの武具守護神、[[ゴルベーザ>モンスター/【ゴルベーザ】#FF4]]等、本来別のBGMが使われている筈のボス達のページに何故かこれが流れる。
 また、[[モンク兵>モンスター/【モンク兵】#FF4GBA]]などバトル2が使われている相手でも図鑑ではバトル1になっているケースも。
 ----
 月の遺跡では、フェイズ・ベヒーモス・レッドドラゴンが出てきても
 この曲が使われることはない。そして、簡単に逃げることが可能。
 月の遺跡では、フェイズ・ベヒーモス・レッドドラゴンが出てきてもこの曲が使われることはない。
 そして、簡単に逃げることが可能。
 
 **&color(blue){FF4(DS版)}; [#FF4DS]
 「激しい戦いのメロディだね。
  ファブールの戦いを思い出すな…。」by[[ギルバート>キャラクター/【ギルバート・クリス・フォン・ミューア】#FF4]]
 
 *&color(blue){FF1(PSP版以降)}; [#FF1PSP]
 PSP版以降のFF1にもアレンジ版として出る。
 しかし何故、四天王にその曲なのか…
 四天王なら[[これ>音楽/【ゴルベーザ四天王とのバトル】]]と思いますが…
 -実は本家FF4でも、試練の山でのスカルミリョーネ戦の一戦目とエッジとルビカンテの一騎打ちのシーンでのBGMもバトル2だったりする。
 ----
 イントロの音程がFF1のバトルと同じだから、途中まで聞かないと「ああ、これ4のボス曲だ」と気づきにくいかもしれない。
 
 *&color(blue){FF15}; [#FF15]
 [[レガリア>乗り物/【レガリア】#FF15]]のカーステレオで放送される曲として聞くことができる。
 
 *&color(blue){DFF・DDFF}; &aname(DFF){}; &aname(DDFF){}; [#DFFDDFF]
 アレンジされて登場。やっぱり名曲である。
 ----
 かっこいいロックアレンジである。
 ドン、ドンと低い音がリズム良く鳴るのが良いのだが、
 PSP本体のスピーカーではこの音が全く聴こえない。
 イヤホンで聴いてみるべし。
 
 **&color(blue){DFFAC}; [#DFFAC]
 戦闘曲の1つとして登場。
 上記のアレンジ版の他、アップデートにより原曲版も選択できるようになった。
 どちらもプレイヤーズサイトのショップにて3600ギルで販売されている。
 -音質が大幅に向上しているため、上記の低い音もより一層引き立つ。
 
 *&color(blue){TFF}; [#TFF]
  FFIVのボス戦などで流れるバトルBGM。緊迫間をあおるトロンボーンのリズムに、
  闘志をかき立てられる。おなじみのイントロも嬉しい!(DL画面より)
 2012年5月2日から、DLCで[[BMS>システム/【BMS】]]として配信されている。
 配信前スタッフが「難しめの曲に仕上がったと思います」と宣言した通り、難易度は今のところ[[ゴルベーザ四天王とのバトル>音楽/【ゴルベーザ四天王とのバトル】#TFF]]や[[闘う者達>音楽/【闘う者達】#TFF]]の更に上を行く最高難易度と言って差し支えないほどの難しさ。
 -難しいというか、リズムが取り難い印象
 
 **&color(blue){TFFCC}; [#TFFCC]
 原曲が収録されており、BMSとしてプレイできる。
 
 *&color(blue){スーパーマリオRPG}; [#n875678f]
 [[スーパーマリオRPG>その他/【スーパーマリオRPG】]]で[[クリスタラー>その他/【クリスタラー】]]戦で流れるのはこの曲のアレンジ。
 ----
 実際に聴き比べてみると、実は原曲の方が僅かにテンポが早い事が判る。
 -サビ部分など、何か所か音色が異なってもいる。
 ----
 サウンドトラックで登録されている曲名は「対 クリスタラー戦」。まんまやね。
 ----
 攻略サイトとかそんなものない発売当時のあの時代、兄から「『モンスタウン』の開かない扉はぴかぴか石を使うと開けられるらしい」という話しを聞き、やってみたら開けられて、そしてこいつと戦闘に入った時のこの曲のアレンジに冗談抜きで感動すら覚えた。(この後瞬殺されたけど…)数多くのFFの戦闘BGMの中から大好きなこの曲を採用したスタッフの方々に感謝するばかり。