2ch用語/【エストシーモア】 の変更点


*&color(blue){概要}; [#about]
FF史上最強のボスとも噂されるFFXのラスボス。
----
[[&color(blue){''FF10''};>作品/【Final Fantasy X】]]の発売当時に2chの各板にとにかく貼られまくった迷惑コピペ。
その内容は「FF10のラスボスはエストシーモアである」というもの。
FF10の話題性等も相俟って発売当初から1~2ヶ月はそこらじゅうにコピペされまくった。
もちろんガセである。
-元があの悪名高いストーカーの[[シーモア>キャラクター/【シーモア=グアド】]]だけに、妙に信憑性があるのが、困りもの(笑)
-何度も対戦させられているし、散々ストーリー上で振り回されているから
リアルタイムでプレイしたプレイヤーが信じるのも無理はないと思う。
むしろあれだけ付きまとっておいて段々存在感がなくなり
最後はあっさり倒されるシーモアに問題があるw
----
//→「[[ラスボスはエストシーモア>http://www.media-k.co.jp/jiten/wiki.cgi?%A1%E3%A4%E9%A1%E4#i17]]」(2典Plus)
→「[[ラスボスはエストシーモア>http://seesaawiki.jp/w/niten_plus/d/%a1%e3%a4%e9%a1%e4#content_18]]」(2典Plus)
----
以下は当時のコピペの一例。

>ラスボスは「エストシーモア」なり。
ユウナは究極召喚と唱えるとともに命がたえる。~
エストシーモアはティーダが存在する限り何度も復活する。
倒す方法はティーダの存在を消すこと(詳しい説明は省略)~
キマリとワッカは死亡なり。(育てようとしてる人は:注)
<
>ラスボスはエストシーモアで間違いないよ。
シンはティーダのことです。
ティーダが消えないとシンは復活し続ける。
だから、その召喚主であるシーモアとの
バトル中にティーダを戦闘不能にして実質1人で
ユウナを守らなくてはならない。
ユウナが戦闘不能になってもゲームオーバーです。
僕の場合7分くらいで究極召喚が発動したから、
いかにぎりぎりのところまでティーダを生かしておくかが
カギになると思います。ちなみにユウナがオーバードライブで
究極召喚を発動したらエンディングへと流れていきます
<
>今回、恐らくエストシーモアには最大HPは設定されていないと思います。
もし倒せるのなら何か変わるかも?ある程度ダメージ毎に喋り、攻撃パターンが
変化します。最初はラインオブ○○○ばかり使ってくるので、辛いですが
【全員に3000前後のダメージ+スロウ+リフレク(これのせいで回復し辛い)】
セリフが出るごとにシーモアが喋り、シーンが変化していきます。
この時のユウナのセリフも切ないです。守ってるだけではとてもこの攻撃に
耐え切れないので、積極的に攻撃しないとやられます。ユウナはこの戦闘では
コマンド入力できないです。魔法はかけることが出来ますが。
音楽は今までに無い、静かなピアノが主旋律です。誰がティーダを
殺すかで全然言う事が違う。
まとめると、
ティーダ戦闘不能:もう蘇生は不可能
ユウナ戦闘不能:ゲームオーバー
任意のメンバー戦闘不能:ティーダのみ蘇生を行える。
条件がかなり厳しいです。以上です。
<
----
未だに新作ゲームの話題になると、FFに限らず「ラスボスはエスト○○」とネタにされ続けている。
----
結構、見ていて腹が立つような立たないような
「○○なり」というところが特に
-細かすぎて腹が立ちますとも
----
実際、[[「ネオ」という前例>モンスター/【ネオエクスデス】]]があるために一瞬信じてしまった・・・
----
『音楽は今までに無い、静かなピアノが主旋律です』
一瞬[[エボン=ジュ>モンスター/【エボン=ジュ】]]戦「[[決戦>音楽/【決戦】(FF10)]]」の事かと思ったけど…なんか違うな。
----
FF13でも[[似たようなネタバレコピペ>2ch用語/【セラフィナ・ラ・ピピータ】]]が出回っている模様。
12のときは見かけなかったけど、あったんだろうか?
-発売当時、FFDQ板にラスボスはヒロインの兄的なスレが立ってたような気がする(このヒロインというのがアーシェのことなのかはわからない)。あまりはやらなかったのだろう。
--ラーサーがヒロインってことで・・・

----
時は流れ、ボイスドラマなどでシンの復活が示唆されているが、ティーダの処遇だけはあながち間違いではないのかもしれない。
むしろヘタをするとシーモアまでまた出てくる可能性も。
当時このコピペを考え付いた人はさすがにそこまで予測はしていなかったのだろうが、意外と考えさせられる文章である。