Top > 【いかりでも、にくしみでもない!】
HTML convert time to 0.018 sec.


【いかりでも、にくしみでもない!】

Last-modified: 2018-09-05 (水) 22:04:41

ガラフ対エクスデスでのやりとり

エクスデス「な、なぜ死なん!?」
ガラフ「まだまだ! まだまだ死ねんのじゃ! この命 燃え尽きても! わしは きさまを たおす!!」
   ↓
エクスデス「いかりやにくしみで わたしを たおすことはできぬ!」
   ↓
ガラフ「いかりでも・・・にくしみでもない・・・!!」
   ↓
エクスデス「では、なんだと・・・」

この後ガラフは何と言おうとしたのか考えてみる。


まじめに考察 Edit

ガラフ「未来への希望じゃ!」
根拠:FF5のエンディングでクルルが持っていたのが「土の心 希望」だから。
↑それと↓のハイブリッドが個人的にはしっくりくるかな


ガラフは背負ってるものが多すぎて言葉に出来なかったんじゃないかと思う。
「過去にエクスデスを封印した責任」とか「仲間や孫を守るため」とか。
一言では言い表せないからこそ無駄な臭い台詞がないのがこのシーンのいいところ。


ガラフ「喜びじゃ!」

  • FF5は仲間と共に笑ったりすることで友情が深まり、協力し合っているから。

ガラフ「絆じゃ!」


「意地じゃ・・・!」だと思う。
大切な仲間や最愛の孫を傷つけた相手を憎いと思う気持ちもある、暁の戦士としての使命感もある
でもそれ以上に一人の戦士、男としての意地がガラフを奮い立たせていたんじゃないかな、と
「お前だけは、意地でもここで倒す!」
その気迫と覚悟がエクスデスをたじろがせたんだと思う


「大事なものを守りたい・・・ただそれだけじゃ!」
仲間も孫もこの世界も、上記の「(自分の)意地」も全部ひっくるめて「守るべき大事なもの」と考えてみたいがどうだろうか

ネタ Edit

ガラフ「いかりよりもにくしみよりも、大事な事がある。いつかわかる時が来る。」
エクスデス「いや今教えろよw」


ガラフ「バッツの元に帰るタメじゃ…♂」
エクスデス「な、なに!貴様まさか…!?」
危ない関係


ガラフ「激怒と憎悪じゃ!」
エクスデス「・・・・・・いいぞ、暗黒面に身を委ねるのだガラフ。」


ガラフ「エクメトテトエロ……エクトメテロエス……エクスカリバー……エクメトテロエスじゃ!」
エクスデス「なにそれっ!」


ガラフ「最終強化した正宗とアルテマウェポンじゃ!」←力255
エクスデス「俺勝てないじゃん!」


ガラフ「金じゃ!」
エクスデス「この成金野郎が!」


ガラフ「Hな本じゃ!!」
エクスデス「俺にも見せろよ!!」

  • クルル「ふ、不謹慎よ!」
    ガラフ&エクスデス「ああっ!」
    クルル「何よ! (..;
    ガラフ&エクスデス「いや…」

ガラフ「まんじゅうが怖い!!」
エクスデス「喉詰まらせたんだろ?w」


ガラフ「自爆じゃ!」
テレポ
エクスデス「わ わりぃ長老さま ここしかなかったんだ…」

__じばく__

ドカーン!!


ガラフ「地獄に道連れじゃ!!」
エクスデス「そうはいかん!」


ガラフ「それは…うっ…頭がいたい!記憶そうしつじゃ!
エクスデス「・・・・・・・・。」


ガラフ「かなしみじゃ!!」
エクスデス「ダメージ減少は発生していなかったではないか!」


ガラフ「リフレクじゃ!」
エクスデス「ならばディスペルじゃ」


ガラフ「まだわからぬか・・・愛じゃよ。」
エクスデス「歳考えろよw」


ガラフ「クルルじゃ!!」
クルル「おじいちゃ-ん!!」
ガラフ「クルルー!!可愛いのう!」


ガラフ「人間の使命じゃ!!」


ガラフ「わしの物語じゃ!!」


ガラフ「愛と友情、勇気の大作戦じゃ!」
エクスデス「クサいんだよw」


ガラフ「伝説の珍断末魔じゃ!」
エクスデス「そのネタはもうワンパターンなんだよ!!」


ガラフ「全部破壊じゃ!」
エクスデス「ケフカ乙!!」


ガラフ「えーっと…その…」
エクスデス「考えるな!」

  • Take2
    エクスデス「ファファファ!考えるだけ無駄だ。」

ガラフ「やっぱり怒り!」
エクスデス「おい!」


ガラフ「憤怒と復讐心!行くぞ、貴様が血祭り1号じゃ!!」
エクスデス「何をするだァー!」


ガラフ「あんっ。快感じゃ!もっと痛くしてぇ!」
エクスデス「どう反応したらよいのだ・・・。」


ガラフ「知らん!」
エクスデス「知らんのかい!」


ガラフ「いかりでも、にくしみでもないなにかじゃ!!」
エクスデス「それを聞いとるんじゃ!!ボケェ」


ガラフ「融合じゃ!」

__融合__

エクスデス「あおおーっ! こ…ここで話のフラグを折るなきさまー!」


ガラフ「お前には一生分かるまい…。」
エクスデス「分かった!『体を通して出る力』だな!?」
ガラフ「Zガ○ダムかよ!」


ガラフ「ソルジャーの誇りじゃ!いらっしゃいませー!」
エクスデス「いやマジで反応に困るから…」


ガラフ「hp(ヒットポイント)2971じゃ!!」
エクスデス「罪は消し去れんぞ!!」


ガラフ「それは、わしにもわからんのじゃ~クリティカルモーメント!」

__クリティカルモーメント__
__空からピコハンがふってきた!__

ガラフ&エクスデス「ウボァー」


ガラフ「念願のアイスソードじゃ!げじゃげじゃじゃ!フヒフ」
エクスデス「例の選択肢一つで冥府行きになるが、いいのか…?」


ガラフ「怒りだの憎しみだの口だけか?」
    圧倒的な力こそが全てを制するのだ!!」
バルガス「わ!」


ガラフ「まだまだ!」(プロテス)
ガラフ「まだまだ死ねんのじゃ!」(シェル)
ガラフ「この命燃えつきても!」(ヘイスト)
ガラフ「わしはきさまを倒す!」(リフレク)
エクスデス「いかりやにくしみで わたしを たおすことはできぬ!」
ガラフ「怒りでも・・・」(ドラゴンパワー)
ガラフ「憎しみでもない!」(ドラゴンパワー)
エクスデス「では、なんだと・・・」
ガラフ「卑怯と・・・」(竜のくちづけ)
ガラフ「イカサマと・・・」(ドラゴンシールド)
ガラフ「老獪じゃ!」(エリクサー)
エクスデス「俺が悪かった・・・そんなに補助使われちゃ・・・手も足も出ないぜ・・・」

  • エクスデス「・・・ってのはウソだけどな!」
    __デジョン__
    ガラフ「あーれー!」
    竜の口づけで防ぎました。(投稿者より)
    • エクスデス「つかの間の優越感は楽しんで貰えたかな?」
      __リターン__
      ガラフ「あーれー!」

ガラフ「カレーライスがたべたい」
エクスデス「なんだ寝言か・・・」
ガラフ「ハヤシライスも・・・」
エクスデス「永遠に寝ろ!」


ガラフ「いたーい!!!
 血が・・・血が・・・
 ちっくしょ・・・
 ちくしょう・・・ちくしょう・・・
 ちくしょう ちくしょう ちくしょう
 ちくしょう ちくしょう ちくしょう
 ちく ちく ちく ちく ちく
 ちく ちく ちく ちく ちく

 ちっっっっくしょーー!!」
エクスデス「ジジィが・・・」


ガラフ「絶望じゃ!!」
エクスデス「贈ろうか?」


ガラフ「力と狡猾さじゃ!さすれば、勝つ!」
エクスデス「私は人は殺さぬ! その怨念を殺す!」
バッツ「……どっちが悪役なんだよ……」


ガラフ「臭い……息を……はきかけ、る、な」
エクスデス「どうだ!私をバカにするとこうだぞ!」


ガラフ「あほーが、見ィーるゥー」
エクスデス「うぐぐぐ・・・お前のかーちゃん、でーべそ!」
ガラフ「お前の眼ェふしあな~(木だけに)」
エクスデス「うるせぇ!この老いぼれじじい!」

バッツ「毒舌大会かよ・・・」

  • レナ「毒舌大会っていうより、悪口合戦でしょ。まるで小学生みたい。」

ガラフ「偽善者ぶって生きたいだけじゃ!」
エクスデス「???なんかおかしくないか?」
ガラフ「し、しまった・・・てったいしなければならかった」


ガラフ「アンナが火事になってとなりの家が巻き込まれて・・・」
エクスデス「落ち着け。意味不明だし、二重にシリーズ違いだ」


ガラフ「殺してでも奪いとる!


ガラフ「私が町長です」
エクスデス「きょ、強制イベント終了・・・い、怒りをどこにぶつければ・・・」


ガラフ「お前が死にたいと思って無駄に過ごした今日は、昨日死んだ奴が一生懸命生きたいと思った明日なんだ。」
エクスデス「んなもん、どこの誰がいつ死のうが、生きたいと思おうが、このわしには関係ないことだ!!」
ガラフ「わしも『一生懸命生きたい』と思って死んでいく奴の一人じゃ・・・。」
エクスデス「臭えな・・・」


ガラフ「いい加減にしろよな、コノヤロー!!」
エクスデス「死ぬ前にブチ切れか。」


ガラフ「わしの分も生きることじゃ!」
エクスデス「俺がか!?」
バッツ「言う相手が間違ってるぞ。」


ガラフ「てったいしなければ ならかった」
エクスデス「何を今更・・・しかも脱字か」


ガラフ「大増毛、○ープナ○ュレじゃ!」
エクスデス「孫からカツラをもらっていかり、植毛に失敗してにくんだという訳か」
ガラフ「わしゃハゲじゃないぞい!」
エクスデス「ならばなぜ言ったし」
ガラフ「語感がいいからじゃ!」
エクスデス「ですよねー」


ガラフ「ッシュレインまど」
エクスデス「????何がやりたかったんだ?」


ガラフ「おれは しょうきに もどった」


ガラフ「たわごとなどききたくない(バタッ」
エクスデス「死んだか・・・」
(幽体離脱後)
ガラフ「わ!」
エクスデス「最後の1文字だけ、死んでから言うとは・・・」


ガラフ「大人のみりきじゃ!」
エクスデス「みりき?」


ガラフ「罰として……ピヨピヨグチの刑じゃ!」
エクスデス「ラグナ乙!」


ガラフ「私の事が好きにな~る、好きにな~る ダメ?」
エクスデス「こんな時に呪いをかけるとは…。」

  • Take2
    エクスデス「ファファファ、呪いをかけても無駄だ」

ガラフ「ハグハグじゃ!」
エクスデス「貴様…そっちの気があったのか…」


ガラフ「ヴァリーじゃ!」

__ヴァリーメテオ__
__ヴァリーアポカリプス__

エクスデス「ウボァー」


ガラフ「4本目をくれたのは、あんた……ん?お、おまえなのか……バ……バッツ?」
バッツ「???」
ガラフ「もし、そうならわしの剣を交わせるはず!行くぞ!」
エクスデス「ぎにゃぁぁぁぁ!!」
ガラフ「どこにあるやら、次元のはざま」
全員「…(唖然)」


ガラフ「夢も希望もありません。」
エクスデス「不幸自慢かよ。」


ガラフ「とくれせんたぼーび」
エクスデス「貴様、何を言いたい?」


ガラフ「『ウボァー』って何なんスか?」
エクスデス「(怒)(怒)(怒)(怒)あと数秒で貴様が吐くセリフだ!死ねェ!ファイガ!」
ガラフ「ぬわーーーーーーっ!!」
エクスデス「・・・・」


ガラフ「それは…、エクスデス…わしらはいつまでも一緒じゃ♂」
エクスデス「ガラフ…ッ!」

__ゆうごう__

エクスデス「…これでいつでも貴様の好きな触手責めができる…愛してるぞ、ガラフ…」(腹をさすりながら微笑み)
HAPPY END
GAME OVER [heart]


ガラフ「ラリホー!」
ガラフは ねむってしまった!


ガラフ「大人のおもちゃじゃ!」
エクスデス「貸せ!俺が使い方を教えてやる!!」


ガラフ「お前の父はわしだ!エクスデス!!」
エクスデス「ウソだー!!」


ガラフ「それはわしのおいなりさんじゃ!」
エクスデス「この変態じじい!!」


ガラフ「心なんて一生不安じゃ!」
エクスデス「生活はできそう?」


ガラフ「クスリじゃ!」
エクスデス「クスリは注射より飲むのに限るぜ?ガラフさん!」


ガラフ「酒と泪と男と女じゃ!」
エクスデス「やがて静かに眠るがいい」


ガラフ「放屁じゃ!」

__ちくしょー オナラぷー__

エクスデス「き、貴様…臭ぇ!ウボァー」


ガラフ「負け惜しみじゃ!」

__究極のオナラ/ガラフの負け惜しみ__

エクスデス「クセェェェッー!」


ガラフ「ちょっと背伸びパンツじゃ!」
エクスデス「ちょ、何処から取ってきたんだよw」

  • ティファ「…すりつぶすわよ!?」

ガラフ「下着を子供に盗ませる事じゃよ。」
エクスデス「貴様、そんな趣味だったのか…」
クルル「おじいちゃん… (..;

  • 妙子「あんた達ぃry!! (..;

ガラフ「キレたナイフじゃ!」
エクスデス「キレたナイフじゃ物は切れんぞ!!」


ガラフ「後は頼んだぜ… 未来の王様…」
エクスデス「ここで死亡フラグか!?」


ガラフ「わしと共に、十万億度とやらの彼方にまで行ってもらう!」
エクスデス「私を道連れにする気か!?」


ガラフ「葬式じゃ!」
エクスデス「それはお前だろう!」


ガラフ「魂の消滅じゃ!」
エクスデス「無に帰るのはお前だろうが!!」


ガラフ「まだわからんか‥‥
    心じゃよッ!
エクスデス「こ このジジイ・・・・

  • クルル「心山拳奥義・・・・」
     エクスデス「ククッ‥‥しょせん付け焼き刃よ !」
     クルル「旋牙連山拳・・・・!!」

ガラフ「この暁の4戦士、ガラフ…一世一代の出番じゃあ…ッ!」
エクスデス「ジジイが…」


ガラフ「……誰もわかってくれない。暁の4戦士はひとりぼっちなんじゃ……ひとりぼっちの世界で精神をとぎすまして一発の弾丸に自分の存在をかけるんじゃ。 その瞬間のプレッシャー。その瞬間の緊張感。わしはこれから……それに耐えなくちゃならない。……こわいんじゃ。だから、ちょっとくらい…… ちょっとくらいハメはずしても……いいじゃねっかよ~!なんて言ったりしてみた」
エクスデス「この…ジジイが!!」


ガラフ「うっ!
急用を思いだしたぜ!!
必ず もどって来るからなっ!」

__とうそう__

バッツ「おいてきぼりは、なしだぜーー!!」

エクスデス「孫や仲間を置いて逃げるとは・・・」


エクスデス「気軽に増やせるスピード増毛!」
ガラフ&エクスデス「マープマッハ!無料増毛体験実施中! アートネイチャー♪」


ガラフ「ブタさんじゃ!」
エクスデス「私はそんな趣味はない!!」


ガラフ「世界に皇帝は私1人だ!」
エクスデス「どっちが悪役なのやら・・・」


ガラフ「流し切りじゃ!」
エクスデス「完全に入ってもだめだぞ」


ガラフ「不死身じゃ!」
エクスデス「噓つけ!」


ガラフ「転生の炎じゃ!」
エクスデス「!」


ガラフ「アンデットとなって、バックアタックじゃ!」
エクスデス「なんだと!させるか!」
ガラフ「っと見せかけて・・・居合抜きじゃ!」
エクスデス「ウボァー」
ガラフ「見たか!これがわしの実力!!」


ガラフ「べ、別に世界のためとか、仲間のためとか、そんなんじゃないんだからねっ。勘違いしないでよねっ」
エクスデス「可愛い女の子が言えばいいが・・・ジジイが言ってもだめだぞ」


ガラフ「お前が魔法なんか捨ててかかってくる事じゃ!」
エクスデス「テメェナンカコワカネェ!!ヤロォブッコロシテヤラアアア!!」


ガラフ「いまじゃ!パワーをメテオに!」
エクスデス「いいですとも」


ガラフ「この気持ち、まさしく愛じゃ!!」
エクスデス「愛!?」
ガラフ「じゃが愛を超越すればそれは憎しみとなる!!」
エクスデス「さっき言ったよな、怒りや憎しみで倒せないって」
ガラフ「忘れてたぁぁぁッ!!」