Libertouch の変更点

*製品URL [#hb7ed83e]
//製品のページへのリンクをここに貼る
http://www.fcl.fujitsu.com/services/input-devices/kb-standard/ 
//http://www.fcl.fujitsu.com/services/input-devices/kb-standard/  リンク先変更
http://www.fcl.fujitsu.com/services/input-devices/kb-desktop/
http://www.fcl.fujitsu.com/release/2007/20070619.html 
http://www.fcl.fujitsu.com/release/2009/20090722.html

*基本スペック [#f2de97ed]
//分からないところは後回しで
|CENTER:|CENTER:|c
//|画像|#ref(添付したファイル名,,コメント,表示時の倍率%)|
|メーカー| 富士通コンポーネント |
|キースイッチ| メンブレン |
|アクチュエータ|ラバーカップ・スプリング複合型|
//メンブレン,メカニカル,静電容量等
|キータッチ|ノンクリック、動作荷重45g(35g/55gに変更可能) |
//クリック,ノンクリック,リニア等
|キーストローク| 3.8mm |
|接続方式| USB |
|重量| 約1500g |
|色| ホワイトまたはブラック |
|言語| 日本語108 / 英語103 |
|発売時期| 日本語配列:2007年6月 US配列:2009年8月|

//画像ファイルがあれば、
//&IMG(画像ファイルのURL,nolink);
//または
//#ref(添付したファイル名,,コメント,表示時の倍率%)
//例:#ref(hoge.jpg,,foobar,25%)
//どっちかはお好みで


*特徴 [#saf409c7]
-富士通コンポーネントの高級メンブレンキーボード。「Realforceの対抗製品」として知られている。
-高い静音性と快適な操作感を売りにしている。
-ラバードームを交換することにより、ユーザー側で動作荷重の変更が可能(35g/45g/55gの三段階)。
-キートップの引き抜き工具と交換用ラバードーム(35gと55g、各15個ずつ)が同梱。(足りない場合は別売りの交換用ラバーを購入する必要がある)
-アクチュエータを工夫することにより、メンブレンスイッチであるにもかかわらず、底つき不要となっている。
-USB1.1ハブを1つ搭載


*レビュー [#u1d94404]
//2chからのコピペでもよし、レビューサイトへのリンクを貼るのもよし。
//もちろんあなた自身の感想も

各所のレビュー記事:
http://game.watch.impress.co.jp/docs/20070810/liber.htm 
http://japan.cnet.com/review/editors/story/0,3800080080,20357663,00.htm 
-キートップの質感や打鍵感などで「Realforceよりも劣る」という意見もあれば、安メンブレンからの乗り換えとしてはむしろこちらの方が馴染みやすく疲れにくいという意見もある。
-キーの同時押しに強いわけではないため、他の用途はともかくとして''ゲームには不向き''というのが定評。


*その他 [#h27ce398]
//その他あれば
-日本語配列の初期の製品には、キーが誤作動を起こしたり、あるいは入力を受け付けなくなる不具合がある(Rev.04D以降では解消されたとの報告あり)
--参考:富士通コンポーネントのサポートページ http://www.fcl.fujitsu.com/support/input-devices/

#comment